fc2ブログ
2023 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 02

安否

インフルエンザから復帰し、なんかの資格試験が終わった、
いつもの居酒屋のバイトМえから電話がかかってきた。

「そういうわけで、久しぶりにバイトなので飲みに来なさい」

つまり、正規のМえだろうが、臨時のAりだろうが飲みに行かねばならんのだ。
とはいえひとつ気になることがあるので私も行こうと思っていた。

それは、常連スキンヘッド1号の安否だ。
土曜日、Aりがわらび餅を渡そうと電話をしたのにつながらなかった。
出ない、ではなく「おかけになった番号は…」というやつだ。
彼は70代半ばの一人暮らし、万が一と言っても千が一ぐらいなはずだ。

わらび餅を預かった居酒屋のオーナーも何度か電話してダメだった。
同じ会社に行っている常連から、金曜は仕事に来たという証言があったらしい。
アパートの近くの常連は、土曜日に部屋の明かりが点いているのを見たという。
しかしそれはなんの確認にもならない。
むしろ深夜も昼間も点けっぱなしだったら余計怖い。

とはいえこの男、以前酔っぱらって冷蔵庫にケータイを入れてしまい、
数日連絡がつかなくなったこともあった。
電源が切りっぱなしで気付かなかったこともあった。
ちなみに、スマホではなくいまだにガラケーだ。

そういった理由で電話がつながらなかったとしても、
生きていればこの火曜には自主的に飲みに来るはずだ。
私も確認に行こう。


私が店に着いたとき、カウンターには常連が一人だけだった。
その後、Мえが出勤してきて、他の常連が2人来た。
事情を知らない常連にも説明し、やつが来るのを待つ。
やつが来るのはいつも7時ごろだ。
7時になっても来なかったらМえが電話を掛けることになっている。

みんなが酔っぱらって、そんなことを忘れかけたころ、やつが来た。
「おー」というみんなの歓声を理解できない様子だ。
なにしろ彼にしてみたら、電話がかかってきていないというだけなのだ。

原因は、どうやら料金の滞納だったらしい。
本人は引き落としにしてあるというが、以前も止められたことがあるという。
Мえが自分のスマホでAりに電話を掛け、1号とかわった。

「すいませんすいません、私が悪いです、うめあわせします」

と謝り続ける1号。
どうやら臨時の飲み会がありそうだ。





↑別の常連が転んで目の周りを青くしてたけどクリックしてね。





置手紙
スポンサーサイト



[ 2024/01/31 07:01 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(4)

区画はメモリ

私には「気温がわかりにくい」という特性がある。
もちろん、暑いか寒いかぐらいの判断はつくが、
「昨日より暖かいか」とか「一枚余分に着た方がいい」というのがわからない。

朝起きたとき、まずはパソコンのあるこたつを点ける。
そして温度計を見て、10度を下回っていたらエアコンを点ける。
これははっきり数値で示されているからわかりやすい。

わかりにくいのは家を出るときの寒さだ。
ホットカーペットでの仮眠から起きるのだからまずは寒い。
出勤までの時間がないから、考えることもなくいつも通りの服装になる。

足には、あったかい靴下と先日からつけ始めたレッグウォーマー。
これは会社で暖かいので助かっている。
ただし、ズボンの中に着けているので出勤途中で脱ぐことはできない。

ヒートテックの肌着、トレーナー、防寒ベスト、作業服を着る。
ニット帽をかぶり、風を通さないヤッケを着て、手袋をする。
先日、ここにネックウォーマーをプラスした。
おかげでググンと暖かさが増した。


で、徒歩出勤だ。
もちろん歩いていると体がどんどん暖かくなってくる。
そしてすぐに暑くなる。
それを我慢して歩いていると、汗をかいてしまい、会社で寒くなるのだ。
だから、歩きながら少しずつ防寒を解いていく。

まず、ネックウォーマーを取ってリュックに入れる。
次に手袋を取ってヤッケのポケットに入れる。
ヤッケの前のチャックを開ける。
ニット帽を取る。
ベストの前のチャックを開ける。

この順番は変わらないのだが、重要なのは脱ぐ場所だ。
私が歩くコースは毎日ほとんど一緒なので、
「昨日はあの田んぼでネックウォーマーを取ったのに今日は公園だ」
という行動でその日が暖かいかどうかを占う。
私は、会社までの通勤路が巨大な温度計なのだと思っている。


途中でよく会うウォーキングのおじいさんがいる。
会うと「今日は冷えますね」とか「ちょっと楽ですね」などと挨拶をする。
このおじいさん、まさか私の挨拶が巨大温度計で決まっているとは知るまい。
というか、あなたも巨大温度計の中にいるんですよ。


昨日の夜、お風呂から出て着ようと思ったら長袖がない。
仕方がないので半そでのヒートテックを着て寝た。
もちろん今日はその上にトレーナーを着て出かけるので普段より薄着だ。
これが温度判断にどんな影響を与えるか心配だ。






↑帰りはまた理屈が違うのクリックしてね。




道は続く
[ 2024/01/30 06:55 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)

強制お土産

牡蠣食い放題で昼間っからベロベロになり、
帰宅後、ソッコーで寝落ちして気がついた深夜3時、
「電話が何度も鳴っとったよ」とちづるに言われた。
見てみるといつもの居酒屋の臨時バイトAりから
13回もかかってきているではないか。
ちづるとお出かけするから飲みには行けないと伝えたはずなのに。

嘘がバレたのか?
なんにせよそんな時間に変身はできないので風呂に入って寝た。
アラームをセットせずに目覚めたのは9時ごろ。
10時にAりから電話が来た。

「わらび餅を買ってきたのに!」

お出かけの帰りにでも取りに来い、ということだったようだ。
なのに買ってきた私とスキンヘッド1号の両方が電話に出ない。
「絶対許さん!」とお怒りだ。
1号め、キサマが電話に出ていればこんなに怒られなかったのに。

ともかく、そのわらび餅はいつもの居酒屋のオーナーが預かってくれたらしい。
届けてくれるつもりだったらしいのだが、私の家がわからないと連絡があった。
どうせ買い物に出るからその時に取りに寄ることにした。
遅い朝食を摂って仮眠し、畑に出かけた。
オーナーとこに行くなら手ぶらでは申し訳ない。

そろそろおしまいのサトイモを収穫して帰宅。
それを持ってスーパーで買い物の後、わらび餅とサトイモの交換。
帰宅して遅いお昼はそば。
その後仮眠して、遅いおやつにチーズケーキ風お菓子。
ここでわらび餅を食べればよかった。

『3月のライオン』を一冊読み、読みかけの小説を1章読み、仮眠。
夕食は、鶏の照り焼きとあげおろしとサトイモ煮。
今年三回目の休肝日にした。
日曜だが、パンを買い忘れていたので、朝にごはんを炊いたのだ。

夕食後、少し時間を置いてから、例のわらび餅をいただくことにした。
なんか、ワシの知ってるのと違う。

わらび餅

うまい!
正直なところ、ちょっとわらび餅を侮っていた。
さすがAりが、わざわざもう一度電話を掛けてきて、

「ピークは土曜やったんやからな、土下座しながら食え」

というだけのことはある。





↑なんのお土産だかはわからないんだけどねクリックしてね。





素手
[ 2024/01/29 07:04 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(3)

食い放題は飲みすぎる

会社のみんな10人で牡蠣の食べ放題に行った。

天気は上々。
場所は風光明媚な三重県鳥羽市。

太平洋

お店は小さい湾の中。

お店

各テーブルにお盆があってこれを持って焼き場に並ぶ。
カキフライは一人3個。
お酒は持ち込み自由でクーラーボックスに大量に。
そのうえ、お隣のグループがワインをどんどんくれる。

焼き牡蠣

このドラム缶でドカドカ牡蠣を焼く。

ドラム缶

牡蠣ごはんと牡蠣汁。

牡蠣ごはん

このあと、順に人を送っていき、
最後に残った6人でギョーザ屋さんに行った。
帰宅したのは7時過ぎらしいのに、
ギョーザ屋さんの後半から記憶なし。

ハッと目覚めたのは3時過ぎ。






↑記憶がないのが一番怖いクリックしてね。




しんどい
[ 2024/01/28 09:38 ] 寝る | TB(0) | CM(3)

うそつきは手を上げろ

先日もここに書いたように、いつもの居酒屋のバイトМえが、
なにやら資格試験の前だというのにインフルエンザに罹ったらしい。
その代理で、以前МえといっしょにバイトをしていたAりがバイトに入った。

「私が来たんだから飲みに来なさい」

という恫喝の電話をもらい、火曜日は出かけて行った。
ただし、Мえのシフトは火曜と金曜だ。
もちろん金曜も飲みに来るものとされている。
しかし私は金曜は飲みに行きたくないのだ。

というのも、土曜の昼間に牡蠣を食べに行く約束があるからだ。
同僚N岡の親戚がやっているところに会社のみんなで繰り出す予定だ。
ドラム缶に炭をたっぷり熾して牡蠣を焼いては食いする豪快な食べ放題。
それとは別にカキフライと牡蠣ごはんもセットになっている。
お酒は持ち込みと言われたのでちゃんと日本酒を木曜に買いに行った。
ピークを過ぎると味変しないと辛いと聞いたので、
チューブのもみじおろしとニンニクごま油も入手した。
そりゃもう、完全に健康体で臨みたいではないか。

前日に飲みに行って、飲みすぎて、家で寝落ちして、
寝不足の二日酔いでなんてまっぴらだ。
これは金曜はお断りしなくてはいけない。
だが、土曜の昼間の予定で、金曜の夜を開放するほどAりはお人よしではない。
「早く帰ったら大丈夫」と言って来させて夜更かしさせるに決まっている。


仕方ない、方便という名のウソをつこう。
牡蠣のためなら私はなんでもしよう。

「会社の人と飲み会なので金曜は行けません」
と翌日水曜にLINEを送っておいた。
AりはほとんどLINEを見ない。
私がどれだけ言っても電話を掛けてくるやつだ。
でも、これが送ってあれば「連絡しておいたじゃないか」と堂々と言える。

しかもこれはあながちウソではない。
飲み会が金曜だなどとはかけらも伝えていない。
「会社の人と(土曜に)飲み会なので金曜は行けません」
の簡潔な省略形なだけだ。
だから、なにも心は痛まない。
私は、心のつっかえを一つ取り除いて、牡蠣の夢見心地でウキウキ仕事をしていた。


Aりから珍しくLINEで返信が来ていた。
木曜の夜に来ていたらしいが、気付いたのは金曜の朝だ。

「あら、それは残念。でもな、土曜も入ることになった」

とても困っている。






↑土曜日は妻とお出かけ、と返事したんだけどクリックしてね。




五本
[ 2024/01/27 07:04 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(3)

君は納豆をどう食うか

先日、『納豆に何をプラスするか』というアンケートを見た。
私は納豆を月~金、つまり出勤の日の朝に必ず食べている。
たいていは卵とネギなのだが、最近はめひびと交互だ。
めひびとはワカメの根っこ辺りのネバネバするとこで、めかぶともいう。
それに酢を混ぜるという健康っぷりだ。

アンケートの結果は様々で、マヨネーズやわさび、キムチなどが多い。
中には砂糖やフルーツなんてツワモノもいて、
アンケートとは関係ないが「混ぜない」という人もいて驚いた。
オクラや山芋、なめこなどの同じネバネバ系は多数派だ。

この結果を見ると、納豆には何を混ぜてもおいしくなるようだ。
というか、納豆にはなんでも受け入れてくれる懐の深さがある。
特に奇抜なものに挑戦しようとは思わないが、
健康によさそうなものはどんどん取り入れていきたい。

考えてみたら、卵とめひびを同時に入れてもいいのではないか。
ズルズルドロドロ度が増し、更に他の物も受け入れやすくなりそうだ。
朝食には、そのほかにキムチやらっきょ、昆布など健康ラインナップが並ぶ。
これらも混ぜてしまえばいいのだ。

会社ではまず血圧を下げるヤクルト『プレティオ』を飲む。
午前中にはコーヒー、午後には脂肪を燃やす濃いお茶を淹れる。
お昼はオートミールのあと、炒り大豆とゴマをつまむ。
これらも頑張れば混ぜ込むことができるのではないか。
そしてここまでいけば、ハイカカオチョコレートを入れても違和感あるまい。

できたら最近休んでいるバナナも復活させたい。
タンパク質を摂取するために、サラダチキンや魚肉ソーセージも入れたい。
潰したり練ったりすれば無理ではないだろう。
というか、メーカーでそういうのを作って売ったらどうか。

そうだ、企業の力を借りればこれらを最高の配合で練り混ぜることができる。
ここまで来るとおっさんが箸で混ぜるのは無理だ。
機械を使ってクリーミーにしてもらえばいい。
何なら宇宙食のようにチューブに入れてもらえたら仕事中でも摂取できる。

どうせなら、一食分を個包装にしてもらいたい。
となったら、もはや頭に浮かぶのはあの商品しかない。
『ちゅ~る』だ。
犬や猫がぺろぺろやっているCMを見るが、アレの人間用でいいではないか。

そう、今、猫用、犬用と別れているのを、
『血圧ちゅ~る』『痛風ちゅ~る』『中性脂肪ちゅ~る』と分類するのだ。
そうすれば「会社に大豆がなかった」とか「オートミールがない」とか、
「ゆで卵作るのめんどくさい」とか言わなくても済むではないか。
お願い、いなばさん。





↑ネバッとクリックしてね。





納豆
[ 2024/01/26 07:01 ] | TB(0) | CM(2)

並ばない理由

『丸亀製麺』といううどん屋さんがある。
私はあのシステムが大好きだ。
トレイをスライドさせながら、うどんをもらい、天ぷらをトッピングしたり、
おにぎりやいなりを取ったり、ミニ天丼を注文したり、
自分でネギや天かすを乗せてお勘定してもらう。
なんてウキウキするのだろう。

だが同時にものすごく嫌いでもある。
私と同じようにこのシステムが好きな人が多いのか、混んでいるのだ。
人が多いととても不安になる。
うどんや天丼を受け取った後、座れる席は確保できるのか。
その心配をするのがイヤで、もう何年も行ったことがない。

丸亀製麺ではないが、同じようなシステムのうどん屋ができたと聞いた。
ちょうどお出かけ帰りのお昼時、
チラ見してみて空いていたらはいってみよう。
お昼時とは言ったが、昼休みならもう後半の時間で、行列はできてなかった。
どれどれ。


行列どころか、食べている人はいても並んでいる人は一人もいなかった。
これで心配はないのだが、なにをどうしたらいいのかわからない。
入り口には大きなうどんのメニュー写真があるだけだ。
ミニ天丼のセットもあるらしいが、それをどこで言えばいいのかわからない。
そして私がしたいようにするにはどのうどんを頼めばいいのか。

突然ちづるが「私決めた」と行ってしまった。
私はまだ決まってないのになぜ勝手に行く。
しかも、私たちとほぼ同時に入ってきた大家族が動き出したではないか。
なんだ、ちづると離れ離れということは、自分で払わなければならないのか。

先に席にたどり着いてしまったちづるがお金を渡しに来た。
もうなんかめんどくさくなって、一番写真の大きい肉うどんに決めた。
うどんコーナーで肉うどんと、ミニ天丼を注文するとカードを2枚渡された。
そのままてんぷらやおにぎりのコーナーは素通り。
トレイがカラのままレジにたどり着いたら、ピーピーなる機械を渡された。

肉うどんとミニ天丼は作るのに時間がかかるのか席まで持ってきてくれるらしい。
ある意味、このシステムの楽しさがまったくないではないか。
幸い、そんなに待たずに機械がピーピー鳴って注文が届けられた。
が、何やこの肉うどん、肉とキャベツの炒め物がうどんに乗っているではないか。

私は丸亀のCMで見た甘辛く炊いたぶりんとした肉を想像していた。
メニュー写真を観直してもキャベツなんて見当たらないし、
色は濃くてごぼうが一緒に煮こんであるように見える。
ていうか、誰がキャベツ炒めをうどんに乗せようなんて意見を出したのだ。

ちづるに置いてけぼりにされてテンションが下がっているうえに、
肉うどんにはガッカリだった。
でも、確実に席に座れるから、カレーうどんを食べに行くかもしれない。





↑やっぱり休日のお昼は中華よねクリックしてね。





汁物
[ 2024/01/25 06:58 ] 納得できん | TB(0) | CM(5)

呼び出しリンリン

日のあるうちは暖かいと思っていたのだが、
夕方になったらゴンゴンと冷えてきてぶるぶる震える羽目になった。
ちづるにLINEでごちそうあるか確認したらないという。
では、スーパーで買い物をして帰ろう

電話が鳴ったので誰かしらと見てみたら、Aりだ。
これは「いつもの居酒屋のバイトМえが資格試験の勉強で休むので、
代りに私が行くのだから飲みに来なさい」という内容にちがいない。
それをスルーして、ちづるに「やっぱり飲みに行く」とLINEを送った。

その後でAりに「交代したな」とLINEすると、すぐに電話がかかってきて、
「なんで電話に電話で返さへんのや!」と怒られた。
Мえの代わりにバイトに入るから飲みに来い、は間違っていなかったのだが、
Мえが試験勉強だから、ではなく、Мえがインフルエンザになったからだそうだ。
試験前なのに。

どうやら今は流行っているらしい。
本社では数人が休んでいると聞いたし、
小柄子ちゃんの子供は学級閉鎖になっているそうだ。
ちなみにAりの家族は正月にみんなインフルエンザに罹り、
おせちと餅とカニはAりが一人で全部食べたそうだ。


スーパーで時間つぶしをした後、いつもの居酒屋に行くと、
カウンターには常連のアベックだけ。
私が座ってしばらくしたら、同じく呼び出されたスキンヘッド1号が来た。
あまりに寒すぎてお客は少なそうだ。

居酒屋というのは糖質制限するには具合がいい。
私が食べたのは、ブリ照りとモヤシ炒めだけだ。
照り、の部分にちょっと糖質があるが、大目に見よう。
家でなら、煮物やジャガイモやサトイモをたっぷり食べてしまうところだ。

9時ごろになって座敷にお客さんが来始めたので帰ることにした。
外はビックリするぐらい寒い。
家に着いたら凍えていた。
なにか食べなくては。

ポテトサラダと鶏のトマト煮があったのでそれでごはんを食べて一杯飲んだ。
居酒屋で日本酒を飲んだのもよくなかったのかもしれない。
今日は25分寝過ごした。






↑昨夜長袖のヒートテックを出したよクリックしてね。




ひそひそ
[ 2024/01/24 06:54 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(3)

未明の断末魔

数日前、寝ている最中にちづるに起こされた。

「なんかひーひー言うとるよ」

幼い兄弟を楽しませるために細長いロッカーに入って着換えていたら、
それが倒れそうになってビビっている夢を見ていたのだ。

今朝はそんなレベルではなかった。
はっきりと、事件性を感じるレベルで、

「ぎゃー!」

と悲鳴を上げてしまった。
別に夢を見たわけではない。
おそらく暑かったのだろう、足で布団をはねのけようとして、
ヒザが曲がっちゃいけない方向に力がかかった。
で、ポキ、となったのが痛かったのだ。

布団の中で、ヒザを曲げたり伸ばしたりしてみた。
幸い関節の機能に問題はないらしい。
徒歩通勤でちょっと弱っているのだろうか。
ちなみに、今回はちづるは目を覚まさなかった。


でも、それが影響したのだろう。
40分ぐらい寝過ごした。
えらいこっちゃ。
ここまで書いてもういつもの終了時間だ。
サッサと雑な絵を描いて朝食にしよう。

もし普段より早めに用意ができたら、仮眠に当てよう。





↑関係ないけど会社の隣の建物が解体されることになりましたクリックしてね。





決まり
[ 2024/01/23 06:58 ] 寝る | TB(0) | CM(7)

見知らぬ宴会部長

もう2週間ほどいつもの居酒屋に行っていない。
最後に行ったのが1月9日で、この日が今年初だったのだから、
年が明けてから一回しか行っていないことになる。
事の始まりは去年の暮れだったらしい。

バイトのМえの職場の先輩二人が飲みに来たらしい。
30代の女子で、とても気さくで陽気な人たちだったようだ。
ちょうど居合わせたのが、常連のK氏とスキンヘッド1号だ。
4人で意気投合し、ずいぶんに盛り上がったという話だ。

このK氏が、二人のことをとても気に入り、
「あの日はここ数年で一番楽しかった~」
と夢見心地でつぶやいているのだそうだ。
そんな彼が「新年会をやろう」と言い出した。

言い出したのが9日だ。
その日のバイトはМえで、カウンターにはK氏と1号と私だけ。
そういった事情で「お前も来い」と言われてしまった。
「絶対におもしろいから」だそうだ。


絶対に行きたくない。
そりゃキミらは楽しく盛り上がれるだろうよ。
でも私にとってその二人は見ず知らずの二人組だ。
私は初対面の人に会うのが嫌いなのだ。

いい人だとか面白い人だとかは関係ない。
そういう判断は私自身がする。
K氏やМえから見たら、私はカウンターで隣り合った人と、
誰とでも仲良く話しているように見えるかもしれない。
しかし、それは私のセンサーで距離感を決めているのだ。

それが、いきなり新年会ということになると、
「面白くて楽しい人なんだからさあみっちり距離を詰めなさい」と命令される。
特にK氏にはそういう無神経なところがあるのだ。

というわけで、それ以来いつもの居酒屋には行かないようにしている。
幸いその人たちは週末が忙しいらしく、話は進んでいないらしい。
このまま『新年会』という概念が壊れる日まで粘るつもりだ。


それに私は今忙しい。
会社から帰宅すると、1時間かけて『3月のライオン』を1冊読む。
ともかく字が多くて読むのに時間がかかるのだ。

その後は食事をしながら録画した『孤独のグルメ』を観ている。
正月に再放送したのを全部録画したのだ。
一番長いのは690分もある。

どちらも一人ぼっちのお話だ。
私も一人にしておいてほしい。






↑スキンヘッド1号はそんなに乗り気でもないようでクリックしてね。




仲間でしょ
[ 2024/01/22 06:59 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(7)

数字を数えてください

朝食後、ちょいと仮眠をしてしまい、トイレ行って外を見たら、
まだ予報されていた雨は降っていなかった。
ここは動き出すチャンスかもしれない。
歯を磨いて髭を剃って着換えて外に出た。
車のワイパーを一回動かすだけの雨度だ。

畑に行き、ちっちゃめのダイコンを3本とサトイモを3株収穫。
帰宅して、コメダ珈琲で昼食、スーパーで買い物して帰宅。
さあこの後は、読みかけの『私が殺した少女』を読むか、
ちづるに借りた『三月のライオン』を読むか、
録画してある『押しの子』を観るか。

それはいいとして、気になるのはフィットネスの歩数だ。
徒歩通勤はもちろん、畑仕事もショッピングウォーキングもしない日。
このままでは目標を達成できない。
またそんなときに限って「あと三日達成したら新記録」とか言うのだ。

なので帰宅後、20分の仮眠の後、自分の部屋に行った。
歩数を稼ぐ運動をしよう。
というか、歩数の稼げる運動を確認するのだ。
雨の日に家で目標を達成するには、疑似歩行運動を会得するしかない。


どのぐらいの体の動きがあったら、スマホはそれを歩行と認識するのだろう。
これからの雨天の時のためにも、それを知っておきたい。
だからなるべく少ない運動量の動きから試しておこう。

まずは足首、気を付けの姿勢から足首を上げる運動だ。
100回、のつもりだったがふくらはぎが攣りそうで50で休憩。
あと30やって、20やって、スマホを見る。
1616…運動前に観た数字と同じだ。
この運動は感知されない。

徒歩に近いモモ上げを100回してみた。
1616,感知されていない。
スマホの歩数計は何を基準にカウントしているのだろう。
なんでもいいけど、息が切れる。

次はダンス的な動きを取り入れてみた。
肩幅に足を開き、左右に体重移動しながら足首を伸ばす。
そうしながら、腕を左右に回すところがダンスティックだ。
でも100回やって数値は1616だ。

やはりもっと大きな動きをしなくてはいけないらしい。
肩幅より広く足を広げ、スピードスケートのラストのように左右の運動、
腕も大きく降り、派手に体重移動をする。
これで感知されないはずがない。
100回やってスマホを見る。

見たタイミングで数字が変わった。
2027?
411増えとるやないか!
何やこのシステム、一歩ごとに増えてくんじゃなくて、
どんだけかのまとまった時間で感知して、ビュッと増えるのか?

それより、今までの運動は感知されていたのか?
ということは、その他の細かい徒歩も、ビュッとまとめて上がるのか。
だとしたら、少しの生活徒歩もちゃんと積み重ねられるのか。

最終的に2165歩で、目標は達成できた。
というか、目標低すぎないか。






↑確認後は『三月のライオン』を読んでたのでクリックしてね。




断言
[ 2024/01/21 07:21 ] 健康 | TB(0) | CM(3)

おなかとアタマと買い物に

外を見ると地面はとっぷり濡れていた。
空は曇天、鉛色。
天気予報では一日くもりとなっていたが、とても心配な空模様だ。
徒歩で出勤して途中で降られたらえらいことだ。
ここは総合的に判断して仮眠……いや、車で出勤しよう。

会社に着いて仕事の準備をしていたら、お腹の様子がおかしくなってきた。
朝から私にしては珍しく便通が良くなかったのだ。
コロコロというよりはドスーンとした感じだ。
当然トイレに行った。

こんな話で申し訳ないが、内臓が空っぽになったような気がした。
年に一度あるかどうかの出来事だ。
先週からお昼をオートミールにしたからか、
今週からごはんにもち麦を入れ始めたからか、
ダイコンやジャガイモの食べ過ぎか…ひょっとして歩くのを休んだからか。
ともかく体は快調だ。


金曜日なのでヤクルトさんが来た。
車で出勤して正解だ。
ちづるが飲まないから二週ほど買わなかったミルミルも購入する。
それにプレティオと豆乳だから結構な重量になるのだ。
そして金曜はパン屋さんも来る。

なぜだかパン屋さんが来なかった。
だからお昼は、ゆで卵とオートミールと炒り大豆だ。
ちづるに連絡したら買い物には行っていないという。
となると土日の朝用のパンを買って帰らねばなるまい。
仕事が終わってから、近くのスーパーに寄った。

まずは焼き鳥売り場に急いだが、この日もボンジリはなかった。
最近ではこのスーパーにしかないのだが、それもあったりなかったりだ。
店内をぐるっと一回りする。
ちづると来ると買ってもらえないニンニクショウガの大びんを買った。
ふふふ、一度これをごはんに乗せて食べたかったのだ。

なにか買うのを忘れているような気がする。
そうだ、だしの素だ。
朝、みそ汁を作ろうとしてお湯を沸かし始めてからないことに気付いたのだった。
さあ、他に忘れ物はないか?
スライスチーズも、大豆も、モヤシも、なんかうまそうな甘いものも買った。
よし、OKだ。

パンを買うのを忘れていた。
なので土曜の朝は冷凍ごはんの雑炊だ。
ひょっとすると、ニンニクショウガ雑炊になるかもしれない。






↑雨で何もしない土曜だけどパン買いにいかねばクリックしてね。




忘れたわ
[ 2024/01/20 07:28 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(6)

歩かなくてもいいんだよ

テレビの天気予報が雨だという。
スマホを見ると一日くもりだ。
次のテレビの天気予報を見ると、津は雨で尾鷲はくもりだ。
その中間の伊勢はどうなのか。

朝食後、窓から外を見る。
あっ、車が濡れているではないか。
これははっきり雨天だ。
雨天だ雨天だ。
車で出勤するしかない。

となると、朝ドラのオープニング曲が終わるまで仮眠できる。
曲前の前振りがどのぐらいかで変わるけど、
だいたい8時2分から4分ぐらいだ。
徒歩出勤だと7時43分のアラームで起きるので、20分も余分に寝られる。
うわーい。

大急ぎで歯磨きとヒゲ剃りを済ませ、毛布の中に潜り込む。
下はホットカーペットなので純粋天国だ。
「あ~」と温泉に入った時のような声が出る。
普段より、プラス20分、んふふ。

ちょっと体をもじもじしてみる。
あーぬくいぬくい。
足をちょっと組んでみよう。
しんどくなったら戻してみよう。
膝をちょっと曲げてみよう。

左目だけうっすら開けて、テレビで時間を確かめる。
あっ、普段なら起きてる時間だ。
ああ、この時間に起きなくていいなんて、誰が与えてくれたシアワセか。
もう音楽が聞こえてくるまで目を開けない。


うぇ~ん、歌がはじまった~
おわった~
出勤せなならん、いや、毛布から出なならん~
しくしく泣きながら準備をして家を出る。

いえーい、車で歌が歌える~
帰りも歌える~
帰りも歩かなくていい~
早く家に着く~

『プレバト』だから夕食はカツオのたたきと唐揚げとおでんと肉じゃが。
その後、寝落ち。
目覚めたら1時半。





↑仕事でなんとかフィットネスの目標は達成したよクリックしてね。





衰える
[ 2024/01/19 06:56 ] 寝る | TB(0) | CM(2)

ワンタンクのあたたか

月曜日、寒風吹きすさぶ中、私が徒歩で帰宅すると、
ちづるが丸くなっていた。
日曜に実家から持ち帰った石油ファンヒーターが稼働していたのだ。

「灯油、買おかいな」

とちづるが言い出すのもわかる。やっぱり火は暖かい。
我が家のリビングの暖房は、ホットカーペットとエアコンだ。
ホットカーペットは接地面しか暖かくないし、
エアコンは設定温度を超えないようにおそるおそる暖房している。

いや、火がないわけではない。
本来、我が家のメイン暖房はガスストーブだった。
ホースさえ差せば灯油を入れる手間のいらない優れモノだ。
しかも上に鍋を乗せて温めることもできる。

ただ、ある時そのスペースにテーブルを置いてしまったのだ。
テーブルとホットカーペットの間は狭い。
ここにガスストーブを置くと、両方が危険にさらされる。

だったらなんでファンヒーターは置けるのか。
ファンヒーターは一方向だけに温風を出すからだ。
ウチのガスストーブは丸型、つまり全方向に熱を放射する。
暖房としては良いことなのだけど、おそらく使えばテーブルが焦げる。
冬場だけテーブルを片付ける…となると朝食が困る。


そんなことよりも、目下の問題は灯油がもうそんなに持たないということだ。
実家の残り灯油を処分するためだけに我が家に運ばれたファンヒーター。
灯油が無くなったらお役御免だ。
燃えないファンヒーターはただの冷たい箱だ。
撤去されるしかない。

スキマというのは人を凍えさせる。
事務所の入り口の下駄箱が無くなっただけでなにやら寒々しく感じる。
なのに燃え盛っていたファンヒーターが無くなったらどれだけ寒々しいか。
いや、寒々しいのではなくて寒くなるのだ。
かといって、今買っていない灯油を新たに買い始めるのはあまりに面倒だ。
やはりこのファンヒーターは処分して、ガスストーブを考えよう。

で、どのように処分しよう。
まだ生きているのだから捨ててしまうのはもったいない。
かといって実家に戻したらジャマではある。
誰かもらってくれる人がいればありがたいのだが。

ただ、以前母が使っていたファンヒーターなので、
上に赤マジックで、

「ついてなかったら一回だけボタンを押すこと」

と大きく書いてあるのをどうしよう。






↑ちづるが昼間どれだけ使っているかで決まるなクリックしてね。




ファンヒーター
[ 2024/01/18 06:49 ] 世間話 | TB(0) | CM(3)

ズカズカ

月曜の朝、出勤すると通達を受けた。

「今日から事務所は土足です」

最初、この店舗ができたときには、事務所は土足だと聞いていた。
しかし事務所の床にはじゅうたん的なものが敷いてあり、
「気が引ける」とか「汚れが心配」という理由で靴を脱ぐことになったはずだ。
それが、「この秋で十周年」ってほども年月が流れてなぜ急に?

確かに今までも不便ではあった。
事務所の出口は、店舗側、倉庫側、私のいる機械側と三つあり、
女子はその時によって出口が違うのでスリッパがあったりなかったりしていた。
出る時と入るときが違ったりするときもあるからスリッパは移動する。

それを一切気にしなくていいようになるのだ。
スリッパ自体が必要でなくなるので、二カ所にあった下駄箱が処分された。
入り口あたりが広々として気持ちがいい。
実は事務所に商品を持って行くとき、スリッパはジャマだったのだ。
小物を置く台が一歩入ったところにあるので、片足だけ靴を脱いでいたが、
それも堂々と靴のまま入れるようになる。


とはいえ、今まで靴を脱いでいたとことに土足で踏み込むのは気兼ねする。
段はないが、じゅうたん的なものの厚さ分だけ高いのも気になる。
一応事務所に入るときは、中にいる女子の足元を見て、土足なのを確認してから、
おそるおそる、抜き足差し足で入室し、逃げるように出ている。

女子にはまた別のお悩みもあるようだ。
小柄子ちゃんは、
「お客さんに見られるからきれいな靴を履かなくちゃ」
なんてお嬢様みたいなことを言っていた。
私はどうせ安全靴だから、それは気にしない。


初日で慣れたはずだが、二日目になってまた気兼ねがリセットされた。
ずっと事務所にいる女子はもうなじんだだろうが、私は事務所度が低い。
事務所に行くのは、朝礼とお客さんが取りに来る商品を持って行くとき、
あとは夕方、事務所の紙ゴミを分別して、その袋を返すときぐらいだ。

夕方、袋を返しに事務所に入った時、靴を片一方だけ脱いでしまった。
その段階で気付いたので、右足だけつっかけた格好で事務所に入り、
出るときに右足の靴を履き直してでてきた。
その時に、朝から安全靴に履き替えてないことに気付いた。
ほうら、意識が事務所に取られちゃったじゃないか~






↑ひょっとして寒かったのか?クリックしてね。




じゅうたん
[ 2024/01/17 06:58 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(4)

かわいそうな紙

日曜の午後、おそらく世界中でたった一人私だけが、
去年のカレンダー制作という作業をしていた。

プリンターで一か月分ずつ印刷しながら、
刷り上がった分にミシン目を入れていく。
順調だと思っていたら、あと少しというところでプリンターが止まった。
印刷用紙が無くなったのだ。
去年の残りがかなりあったのだが、やはり足りなかったようだ。

買いに行くとしたら一番近い大型電気店『毛ぇズ電器』だ。
そういえばこの日はフィットネスの歩数が目標に全然足りていなかった。
時間はまだ3時、天気もいいし、歩いて行くことにしよう。
私はジャージの上にヤッケを羽織って家を出た。

毛ぇズまでは運動として歩くにはちょうどいいぐらいの距離だった。
体が暖まってちょっと汗ばんでいる。
紙を買って帰ったら、歩数は目標の2倍ぐらいになるかもしれない。
私はエスカレーターで二階にのぼり、紙売り場にむかった。

いつもの紙がない。
なにしろカレンダーと言えば続き物なので、途中で変わるとちょっと困る。
なんでないのだろう?
ふと見ると、ガラガラの棚に張り紙がしてあった。

なにっ? あのメーカーの紙はなんだかんだで棚にあるだけで終わりだと?
棚には一つもないではないか。
だが、そういうことなら、他の店にならまだある可能性があるわけか。
他の棚にあるのは、厚さが今までのと同じかどうかわからないし、なにやら高い。
ううむ、天気もいいし歩数が稼げるから他店へ行こうか。

次に近い『イヤンマダヨ電気』に向かって歩き始めた。
ちなみに我が家と毛ぇズとイヤンマダヨは正三角形に近い位置にある。
しかもぞうりで来てしまったので、到着前に足が疲れてしまった。
その少し手前にあるホームセンターにあるかもしれないから寄ってみよう。
この際、違うメーカーでもいいとしよう。

あるやないか!
しかも最後の100枚だ。
歩いた甲斐があったわい。
家にたどり着いたら、歩数目標の3倍半を達成していた。
そんな苦労をして手に入れた紙は、この世で最も無意味な事に使われるのだ。



というわけで、まもなく去年のカレンダーが完成予定だ。
先日、よこせ表明をしていただいたみなさんは控えてあるので、
それ以外で「よこせ」と思う方はご連絡を。
なにしろ去年のカレンダーだから、こちらからどうぞとは言えません。

くれぐれも勘違いしないでくださいよ。
去年の、2023年度のカレンダーですからね。
去年の毎月初めに、このブログに載せていたカレンダーを製本したものです。
で、これが最終回、2024年版はありません。
なにしろもう紙もないんだから。





↑去年やってないからやり方を忘れてしまったわいクリックしてね。





哲学
[ 2024/01/16 06:59 ] カレンダー | TB(0) | CM(13)

今年最初の顔合わせ

今年初めての母との面会に行った。
9時半に家を出て、海沿いの国道で実家に向かう。
1月いっぱいは自動車専用道路は伊勢神宮への観光客で大渋滞なのだ。

20分ほどで実家に着く。
まず仏壇に線香をあげて、家中の雨戸を開放する。
母の施設に行っている間に換気をするのだ。
神棚さんの方は、去年の暮れに終わりにさせてもらった。
線香がたったら玄関だけ鍵を閉めて施設に向かう。

ちょうど予約の10時半に着いた。
スタッフさんが気付いて食堂にいた母を連れて来てくれた。
あいかわらずシルバーカーを押してよちよち歩いている。
面会は母の部屋で。

母はベッドに、私とちづるは椅子に座って車座になる。
「ここまで来るの大変やったやろ」しか母は言わないが、
こちらからの話題にはちゃんと答える。
耳もよく聞こえているようだ。

シルバーカーを探すと、私が送った年賀状が入っていた。
印刷したヨンホンゲとトケ井のイラストに新年のあいさつを書いただけだ。
おそらくその絵を理解はしないだろうけど、部屋のにぎやかしに飾ってきた。
あまり頻繁に面会に行けないので、今年は写真や手紙を送ってみよう。

御年賀

ちなみに、その年賀状を母に見せたが覚えてはいなかった。
母はなんでも「覚えていない」とか「忘れたった」と答える。
認知症なのに「そんなことはない」と言わないのだからほめてあげたい。
自分が忘れてしまったことを認知している認知症なのだ。

実家のことも親父のことも忘れてしまったので心配をしない。
帰りたいとか、今の施設の不満を言うこともない。
いつもニコニコしていて、体も「どっこも悪いとこない」そうだ。
畑の写真を見せるとびっくりしたりうらやましがったりしてくれる。
ちょっと生えてきたヒゲを剃ってやると、さっぱりしたと喜んでくれる。
本当に子孝行だ。

11時前になると、母を食堂に誘導する途中の玄関でお別れだ。
帰りに食堂で早めの昼食を食べて実家へ戻る。
灯油が残っていたのでファンヒーターに全部入れ、ウチに持ち帰ることにした。
燃料だけ使い切ってしまえば、ファンヒーターは処分してもいいだろう。

雨戸を全部閉めて家に帰る。
ああ、もうちょっと暖かくなったら、また実家の草取りをしなければならない。






↑移動距離のわりに歩数は稼げないのよクリックしてね。




お掃除
[ 2024/01/15 07:02 ] 身内のこと | TB(0) | CM(9)

白と黒

強風の中、ちづると二人で飲みに行った。
昼間稼げなかったフィットネスの歩数を目標達成させようという目論見だ。
そして去年の暮、ほんの少しなのに飲み切れなかったボトルをおろさねば。
わずかな量を残して粘っていると思われたくない。

残念なのはカツオのたたきがなくなっていたことだ。
本当は夏の魚なのだから仕方がない。
そのかわりにやってきたのが牡蠣の旬だ。
酢牡蠣もいいのだが、寒い道を歩いてきたからカキフライを選んだ。

ここのカキフライにはタルタルソースとウスターソースがついてくる。
タルタルソースは卵サラダみたいなゴツゴツしたのではなくて、
マヨネーズ大目でクリーミーな感じだ。
私はゴツゴツしたタルタルソースはあまり好きではない。
アレは単独で食べられるサラダの一種で、揚げ物に着けるのは不向きだと思う。

昔むかし、実家でカキフライが出たときは、
マヨネーズとケチャップとソースを混ぜたものを付けていた。
父はそれに七味を振っていたっけ。
もし今自宅で自由にカキフライを食べるなら、それを選びたい。
いや、ソースはウスターよりとんかつソースがいい。

とはいえ、お店で出されたものなのだから、
ウスターソースとタルタルソースをぐちゃぐちゃ混ぜるのはみっともない。
どちらも使えばいいのだが、つけるときはどちらか一方だろう。
二択となったら、私個人としては、ウスターソースの方がカキフライに合うと思う。


のだが、合う合わないよりももっと気になる点がある。
それは、どちらが残るのがもったいないか。
もうそれは圧倒的にタルタルソースの勝ちなのだ。
ウスターソースが残ったお皿を下げられるのは何も気にならないが、
タルタルが残っているのを持って行かれたら、告訴という言葉が頭に浮かぶ。

なのでこういう食べ方になる。
カキフライを箸でつまみ、なるべく多くのタルタルソースをすくい取り、
その部分をかじり取る。
残りの半分に、ウスターソースをつけて食べる。

これで両方の味が堪能できるのだが、タルタルのすべて使い切ることはできない。
なにしろちづるとの兼ね合いもある。
フライの下にあるキャベツやキュウリなどの野菜には絶対タルタルだ。
この時にはウスターソースには見向きもしない。
刺身についているダイコンの〝けん”も使ってタルタルを消費する。

できたら最後にパンをもらって、タルタルを拭きとって食べたいぐらいだ。
なんだかんだでタルタル好きやないか。





↑亜鉛が摂れて糖質はゼロよクリックしてね





証拠
[ 2024/01/14 07:15 ] | TB(0) | CM(3)

年の初めの大掃除

先日宣言した通り、今年は糖質を制限して痩せていく予定だ。
糖質とは、ジュースやお菓子などの甘いものだけではなく、
主食たるごはん・麺・パン、芋類やカボチャなどの野菜、
ギョーザの皮や春雨、とろみとなる片栗粉なども含まれる。

まずは買うのをやめなければならない。
10時のおやつのバナナはやめて、ゆで卵を持つようにした。
ちょくちょく買っていたトマトジュースもよくないらしいからやめだ。
たまに臨時のお昼にしていたカップ麺なんてもってのほかだ。
休日の3時の生クリーム的な甘いものともおさらばなのは心が痛む。


入ってくる糖質を断ったのしても、今あるものをどうにかしなくてはならない。
かといって捨てるのはフードロスの観点からも許されない。
とっとと消費して無くしてしまおう。
無くなってしまえば、買わない限り摂取できない。

というわけで、木曜の夜に日本酒を処分した。
お酒は糖質を含まない蒸留酒しか飲まないことになったのだ。
ビールはもともと『糖質ゼロ』ってやつを飲んでいたのだが、
これもやめてノンアルコールビールにしようかと話し合っている。
オールフリーというやつはアルコールも糖質もゼロなだけでなく、
カロリーもゼロで、内臓脂肪を減らし、しかも安いのだ。

日本酒処分が木曜だったのは『プレバト』の日だったからだ。
メインおかずは糖質から考えたら最高のカツオのたたき。
日本酒を処分するにはふさわしい。
なのでつい、残っていたごはんもチャーハンにして処分してしまった。


むずかしいのは、芋類だ。
ジャガイモはまだバケツに半分ぐらいあるし、サトイモは畑に豊富だ。
なによりも彼らはダイコンとともに冬のおかずの屋台骨を支えてくれている。
これらが無くてすべてのおかずを買っていたとしたら経済面で破綻する。
なのでこれらは地味に気付かないように食べて、無くなるのを待つとしよう。

あーそうだ、健康のために酢を摂取しようと思って買ったパイン酢がある。
炭酸で割って飲むとなかなかおいしいのだが、糖質量はかなりありそうだ。
毎日少しずつ飲んで、なくなったらみそ汁や納豆に入れている黒酢にしよう。
飲みものと言えば、金曜日にはヤクルトさんが来た。
糖質はありそうだが、血圧を下げる『プレティオ』は続けたい。

金曜と言えば、パン屋さんも来る。
新年初だし、挨拶も兼ねてやはり買わねばなるまい。
土曜の朝食用と、その日のお昼用に味噌カツサンドを買った。
いかにもダイエットの敵となりそうな味噌カツサンドだが、
問題なのはカツではなく、甘い味噌とパンの方だというのが妙な気がする。

あと残っているものと言えば、休日昼用の買い置き、パスタとそばか。
それに、夕食が足りなかったとき用の日清焼きそばとチキンラーメンだなあ。
まあ、何とか処分することはできるだろう。
サッポロ一番塩ラーメンが食べたいなあ。






↑木曜はチャーハンの後おかきも処分したよクリックしてね。




ごはんだよ
[ 2024/01/13 07:18 ] 健康 | TB(0) | CM(4)

あたたかたたかい

なんだか一気に寒くなった。
25分間歩いて会社に着くと暑いぐらいになっているが、
家を出るときは清水の玄関を開けるつもりでドアを開ける。
もちろん完全防寒だ。

半そでシャツ、トレーナーの上に防寒ベストを着て作業服。
ズボンの中、ひざ下にはレッグウォーマー。
頭にはニット帽、手にはニットでない手袋。
腰にカイロを貼って、ヤッケをかぶって完成だ。

だいたい会社手前で帽子と手袋を取る。
ホントはヤッケを脱ぎたいが、手間がかかるので会社までガマン。
到着したら防寒ベストまでを一旦脱ぐ。
ラジオ体操して機械を拭いてベストを着る。
トカゲウォークと逆立ちをして、作業服の上着を着る。

これでしばらくは暖かい。
徐々に寒くはなっていっているんだろうけど、そんなにはわからない。
機械や手すりや金属の棚は冷たいので手先は辛いけど、
動いているからか案外寒いとは思わずに過ごせている。

急激に寒さを感じるのが昼休みだ。
おそらく食事の時に座るイスが冷たいからだろう。
お昼の暖房、その1はスープ、今週からは主食をオートミールにしている。
食事の後は機械の裏にこもり、電気ストーブと湯たんぽを使っていた。
電気ストーブはむこうずねしか温めないので、太ももには湯たんぽを与えたのだ。


その話をちづるにしたら、

「実家のアレを持ってきたら?」

と勧められた。
母のイスに敷いていた、ざぶとん2枚分のホットカーペット的なものだ。
半分に折れるので、イスに敷けばお尻と背中が暖かい。
そいつはいいやと、去年の内に取りに行き、初出勤で持ってきた。

暖房

あたたかい。
まるで保温の神様に抱かれているような心持だ。
これを始めて使った日は、湯たんぽのことを忘れていたが、
無くてもいいやと思えるぐらい全身が温まる。
ストーブは相変わらずむこうずねを炙っているのだが、あまり感じない。

なんて昼休みがステキな時間になったのだろうとうっとりして、
キリのいいところまで本を読んだらちょっと寝ることにした。
ああ、天国……

アチチチチ!

腰のカイロが密着して熱い!
お尻をずらして腰のところに隙間を作ろうとしても、
カーペット的なものが薄いのでついてきてしまう。
腕力でお尻を浮かせて体を前にずらす。
アチチチ、ストーブに近づいたからむこうずねが熱い!

というわけでカイロを廃止し、朝の清水玄関がもっと厳しくなった。





↑今日、ひざ掛けを持って行こうクリックしてね。





貼るカイロ
[ 2024/01/12 06:58 ] ワシのこと | TB(0) | CM(4)

アラウンド脱ぎ捨て魔

私は洗濯があまり好きではない。
もちろん自分ではしないのだが、してもらうのもどうかなと思っている。
一回袖を通しただけで洗う人もいるらしいが、もったいないではないか。
だからと言って永遠に着続けるわけにもいかないので、ちづるに問う。

「これ、洗う?」

「好きにせい」

つまり、私が洗濯かごに入れれば洗うし、入れなければ洗わないということだ。
この場合、私はなるべく洗わない方向に向かう。
いっそ大汗でもかけばためらわずにかごに入れられるのだが。

5日は一日だけ出勤だった。
そんな作業服を洗うのはもったいないから、掛けておく。
あ、もちろん肌に触れていたものは毎日洗うのよ。
迷うのは主にズボンだ。

6日は朝から畑に行った。
仕事に行った作業ズボンを穿いてもいいし、
どうせ三連休は畑だから、別のズボンを出してもいい。
と思っていたらおそらく2~4日のウォーキングに穿いたズボンがあった。
あったのは、洗濯かごの中だが。

正月ウオーキングでは多少汗をかいたが、ズボンに被害はなかったはずだ。
どうせ畑で汗をかくのだからこいつを穿いていこう。
で、それを穿いて畑に行き、帰宅するとそれを脱いで置いておく。
代りに私にとってお出かけ用のズボンに穿き替える。
買い物や食事に行くのには、このズボンを穿くのだ。

買い物や食事から帰ると、ジャージに穿き替える。
これは上下が揃いのジャージで、正月の四日間着ていたものだ。
なにしろそこに脱ぎ捨ててあるのだから手に取りやすい。
そのかわりにお出かけズボンを脱ぎ捨てるのだ。
ちなみに、風呂に行ったあとはパジャマに着替える。

7日は、前日のズボンを穿いて朝から畑に行った。
この日は、お出かけをしない予定だったので、帰ったらジャージに着替えた。
でも、フィットネスの歩数が足りなかったのでコンビニまで歩いた。
その時はお出かけ用ズボンに穿き替えた。
もちろん帰宅したらジャージになり、寝るときはパジャマだ。

8日は例のズボンで畑に行き、帰宅したら洗濯かごに入れた。
翌日から出勤なのでお役御免だ。
お出かけズボンを穿いて、昼食、買い物にお出かけをした。
帰宅したらジャージに替え、お出かけズボンは洗濯かごに入れた。
翌日から出勤なのでお役御免だ。

仕事から帰ると、ジャージに着替えている。
このジャージはいつになったらお役御免になるのだろう。
上下とも黒なので、私の影が畳に脱ぎ捨てられているように見える。






↑エコのつもりなのでクリックしてね。




良い日
[ 2024/01/11 06:59 ] ワシのこと | TB(0) | CM(6)

年間計画を実践せよ

久しぶりにTarzanを買った。
特集は『年間糖質計画』だ。
糖質制限とは、肉も揚げ物も食べ放題というありがたいダイエット法だ。
ただし、残念なことに糖質にはごはんや麺などの炭水化物が含まれる。

ザザッと目を通して、だいたいのところは理解した。
血糖値云々、インスリン云々というのは理解しなくったって痩せるはずだ。
ともかくその方向で生活に変化を与えてみよう。
とりあえず連休明けの火曜日、朝はごはん少な目にして、初徒歩出勤した。

10時のバナナと3時の魚肉ソーセージは去年の暮れから中止している。
持って行ったのは、血圧に効くヤクルト『プレティオ』と豆乳。
ハイカカオチョコレートと、うっかり買っちゃったお昼のカレーパンだ。
次の日からお昼はオートミールを復活させよう。

10時のおやつが無いと昼前にとてもお腹が減る。
Tarzanから許可をもらっているゆで卵を持ってくるようにしよう。
裏庭の鉢に溜めていたバナナの皮がカラスに荒らされて困っていたのだ。
卵の殻なら量も知れている。

夕方、いつもの居酒屋に行くことにした。
新年のあいさつがまだなのだ。
この冬一番の寒さで帰りたくなっていたのだが、
「飲みに行くと言ったから夕食はない」とちづるに帰宅を拒否されたから仕方ない。

店では新年のおとそサービスをやっていた。
糖質制限では、蒸留酒はOKだが、日本酒は禁じられている。
でも、タダだし、縁起物なので、大きい方の器で一杯いただいた。
逆に、それがあったから最初のビールを飲まずに済んだ。
糖質のないハイボールにしたのだが、やはり焼酎ボトルをキープした方がいいか?

おつまみはキンメダイの干物と牛筋煮しか食べなかった。
居酒屋だとこういう節制ができるのはなぜだろう。
みんなとしゃべっていたらあっという間に時が過ぎ、帰宅時間になった。
帰ったら何か暖かいものを食べよう。

翌日のことも考えてみそ汁を作ることにした。
ワカメとなめこと豆腐のトリオは、Tarzanでもおススメだ。
あと、前日のポトフが少しだけ残っていた。
ちづるの食べ残しの春雨サラダもある。
そんなわけで、つい横に置いてあった日本酒を飲んでしまった。

口直しにみそ汁を一杯。
の時に、つい炊飯器からごはんを一つまみいただいてしまった。
ちなみに、ポトフのジャガイモと春雨も禁止食物だ。
体重は、三が日より重いではないか。

で、今朝は味ごはんが炊いてあった。






↑休日の中華料理はどうしようクリックしてね。




一年
[ 2024/01/10 06:56 ] 健康 | TB(0) | CM(3)

さまよう昼時

4日までは家でダラダラ過ごし、5日は初出勤。
6日のお昼は第一中華料理店に行った。
初外食は、とんこつちゃんぽんとギョーザだ。
7日は自宅でイタリアン、というのは世間で言うナポリタンスパゲッティだ。

そして迎えた連休最終日の8日。
普段なら第二中華料理店に行く所だが、月曜定休ということを忘れていた。
もう自宅に食料はないのでどこかに行かなければならない。
さて困った。

こういう場合に三番手だった定食屋さんは、減塩生活をしているからか、
なんだか塩辛く感じるようになって足が遠のいている。
次の食堂は、伊勢うどん目当てなのか、最近観光客が増えてきて、
何度か入れないことがあったので避けている。
あの喫茶店は椅子が嫌いだし、ラーメン屋は混んでいる。
蕎麦屋は畑帰りに見たらすでに車がいっぱいだった。

さてどうしよう。
で、思いついたのが行ったことのない中華料理店だ。
家からは近いのだが、日曜が休みなので行くチャンスがなかった。
逆に成人の日で休みの月曜、やってるかどうかわからないが試してみよう。

幸い営業していたし、時間が早めだということもあってまだ空いていた。
第一、第二は従業員やバイトも数人いる比較的大きな店なのだが、
ここはテーブル2席、座敷2席だけの町中華だ。
メニューは本格的な中国名が漢字で書いてあり、その横に和名が記されている。
なのに味噌ラーメンのことは『サッポロラーメン』となっている。

私は焼豚ニンニク炒飯、ちづるはソース焼きそば、そして餃子を頼んだ。
焼きそばは細麺で、ちづるの求めていたものだったらしい。
炒飯は炙った焼豚が三枚上に乗っていてびっくりした。
写真を撮ればよかったのだが、出てきたころにはお客が増えていたのだ。

食べ終わって、店を出てからちづると感想戦をする。
なかなか良かったので今度はラーメン系を食べてみたいと意見が一致した。
第一、第二にはないニラレバ炒めもここにはある。
よし、ここを第三中華料理店と定めよう。
あ、墓参りの時だけ行く中華料理店があるから第四か。


それにしてもどうして中華ばっかり行くのか。
めんどくさくないからだ。

ラーメン屋は麺の硬さやトッピングを指示しなくてはならない。
お好み焼きは自分で切らねばならない。
うどん、そばはセットのミニ丼で悩む。
パスタは名前が長い。
回転寿司は自分でやることが多すぎる。

なか卯は食券機で食べたいものが見つからないし、
すきやは○○牛丼の種類が多すぎるし、
吉野家は急かされているような感じを受けるし、
松屋はない。
それ以外の飲食チェーンは、必ず混んでいる。

ちなみに会社に行く今日のお昼はカレーパンだ。





↑愛するマーボー飯も試したいクリックしてね。





困った
[ 2024/01/09 06:59 ] | TB(0) | CM(2)

スクワットを一回だけ

年が明けて一週間が過ぎた。
出勤は一日だけだが、畑やコンビニ、ショッピングセンターなどへ歩いて、
健康アプリ『フィットネス』の目標は毎日達成している。

しかし、私は気付いた。
本当にしなければならないのは筋トレだったのだ。
特にスクワット、おっさんの足腰は思っている以上に衰えている。


この休日に一度、とあるショッピングセンターに買い物に行った。
ちづると私では見たいお店が違うので、解散することにした。
まず私はトイレに向かった。
ビロウトークで申し訳ないが、お腹がコロコロなっていたのだ。

ちょうど施設内でも閑散としたあたりのトイレが近かった。
入ると三つある個室のうち一つだけが空いていた。
そこは最近にしては珍しい和式だった。
昭和生まれの私には問題ない。
それに私は1分もあればことを済ませることができるタイプなのだ。

ひとつだけ誤算があった。
この日穿いていたズボンが前が開かないタイプったのだ。
ゴムなのだがひもで締めることができるようになっているのであまり伸びない。
必然的に、私はちょっと内またの感じでしゃがむことになった。


うががが、痛い痛い痛い、ヒザが痛い~
介護用の手すりなどはないし、それ以外の場所には触れたくない。
膝の裏に蛇腹状になったズボンの厚みが負担を増す。
MAXまで下がっていない、やや中腰の状態でことを済ませる。

しかし、ここは自分で拭かなくてはならない。
そうしている間にちょっとヒザがなじんできたのか、MAXに着地した。
ちょっとその体勢が楽になった気がする。
が、その時にはもう立ち上がらなければいけないのだ。

うあががが、痛い痛い辛い辛い、足しんどい~
力を入れ始めたらもう着地状態に戻すわけにはいかない。
内股フルスクワットは超久しぶりだ。
なんとか少し体を持ち上げたあと、膝に手をついて力を込める。
「んがっ」と声が漏れてなんとか立ち上がることができた。
外に人がいたら踏ん張っていると思われたかもしれない。

個室を出ると若い子が待っていた。
「君の膝なら大丈夫」と思ったが、
その子はちょうど空いたとなりの個室に飛び込んだ。

この休みが明けたら、会社でスロウスクワットを日課としよう。





↑ウォシュレットが当たり前だと思っていたらクリックしてね。





おじいさん
[ 2024/01/08 07:44 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(4)

地下組織との戦い

三連休初日、10時前に畑に行った。
目的は草取りだ。
と言っても、生えた雑草を毟ったり抜いたりするわけではない。
もっとハードなやつだ。

実は私の畑は、以前はもっと広かった。
土地が取られてしまったわけではなく、野菜を植えられる部分が減ったのだ。
畑の入り口側には野菜くずを捨てる穴があり、その手前まで畑だった。
それが今では、その横に車を停めることができるようになっている。

隣の空き地に家が建って、前の農道に駐車できなくなったのもあるが、
本当は雑草が地下で繁殖し、畑部を侵食しているからなのだ。
地下でやつらが伸ばしているのは根ではなく、地下茎という触手だ。
それを四方八方に網の目のように伸ばし、あちらこちらに草として生える。
だから生えている草を抜いても、どんどん広がっていくのだ。

これを何とか駆除したい。
完全にはいかなくとも、やつらの勢力を抑えたい。
そのためには、クワで土を塊で掘り起し、それをクワの背で砕き、
中の地下茎を手で取っていくしかないのだ。

その植物は2種類。
ひとつはススキのようなやつで、ササのように太くて丈夫な地下茎で、
もう一つはタマリュウみたいで、細くてところどころに球根を作る。
この真逆の2種類を掘っていく。

取った地下茎は野菜コンテナに溜め、踏み固めてブロック状にし、
畑の奥、水路との境目に土手のように積む。
下には古くなった竹を敷いてあるので、地面には接触できずに枯れるはずだ。
万が一生き延びたとしても、そこだったら地下茎が土手を補強するだろう。

根っこ取り

それにしても作業は遅々として進まない。
この日は畑の左側を奥に向かって進んでいったのだが、
1時間作業して、奥行きの3分の1も行かなかった。
ううむ、やはりやつらは手ごわい。
だからこそ、他の農作業の少ない冬の間に行うのだ。

春の植え付けまではこの作業を続ける予定だ。
できれば車を停めているスペースギリギリまで畑部を広げたい。
普段歩いているところだから、土は踏み固められていて硬く、
さらに地下茎がみっしり通っているのでクワを打ち込むにも力がいる。
最初はヤッケを着ていたが、すぐに暑くなって脱いでしまった。
それほどの重労働なのだ。


なのにとても悔しいことに、この運動は『フィットネス』は感知しない。
こんなにしんどいのに70歩しか歩いてないことになっている。
確かに進んでないのだから歩いてはないだろうけど、
消費カロリーはもっといっとるだろう。
あー、地団駄踏みたい。






↑トイレが近くなってるので一時間で帰って来てしまったよクリックしてね。




しんみり
[ 2024/01/07 07:25 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(5)

ポツンと一日出勤

朝ドラのオープニング曲が終わるまでゆっくり仮眠を摂って出勤。
なんだか久しぶりなので、通勤の仕方がぎこちない。
本当にこれでいいのだろうか。
でもまあ何とか、会社に到着。

すでに女子の車は並んでいた。
遅番のはずのED子さんの車もある。
この日は4時に店を閉めるのだそうだ。
なんでかは知らん。

そんなことより重要な心配がある。
休み明けはどうしてもネットでの注文が多くなる。
しかも、冬休みの後一日出勤でまた三連休だ。
もし、この一日で冬休み分が片付かない場合、土曜が半日出勤になる。
注文はやっぱり多そうだから頑張らねば。

ラジオ体操をして、久しぶりのトカゲウォーク。
体がなまっているだろうから、逆立ちはやめておいた。
のぼりとワゴンを出して、プレティオを飲んだら朝礼だ。
大みそか寄席で福引で当たった話をした。

職場に戻って仕事を始める。
そうそう、お湯を沸かしてポットに入れておかなくては。
うががががー! 何か忘れると思っていたが、それが判明。
インスタントコーヒーだ。
年末最終日にちょうど飲み終わり、買い置きもしてあったのに~


10時ごろヤクルトさんが来た。
プレティオと豆乳を購入。
ミルミルはどっさり残っているのでご遠慮する。
今年もよろしく。

パン屋さんは来なかった。
なので昼食は家から持ってったカレーヌードルだ。
でもいい、これが食べたかったのだ。
私はごはんは硬いのが好きなのだが、カップ麺はやわらか派だ。
なので非常用プロテインクッキーを先に食べて、5分半ふやかした。

そのあとは車で炒り大豆をつまみながら読書。
去年の読み残しを読み終わる。
暖かいので寝る。
なんたる気持ちよさ。
タイムワープしたかのようにあっという間にアラームが鳴る。
休み中切っておいた昼休み終わりアラームを戻しておいたエライわし。

なんとか仕事は終わることができた。
これで三連休が確保された。
でももうこれは正月休みではない。
だから昼間っから飲酒してはいけないし、餅もない。
たぶん、ウォーキングにも行かないだろう。





↑そして寝過ごしたぞクリックしてね。





カレーだから
[ 2024/01/06 07:22 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)

戸惑う初出勤

自由で怠惰な四が日が終わり、いよいよ今日から出勤だ。
新年の目標は特別に考えてはいないが、初出勤の日の目標はこう決めてあった。

『休み前より太らない』

そしてなんとそれは達成できたのだ。
昨夜、入浴前に測った体重は、休み前よりやや減っていた。
〝キログラム”には届かないぐらいだが、むしろどうして減ったのだろう。

2日までは昼間っからお酒を飲んでいたし、まだ休肝日は一度もない。
朝は餅、3時には甘いものを食べ、毎日夕食は腹いっぱいになっていた。
平日と比べて摂取しなかったものと言えば…
ごはん、納豆、みそ汁、ハイカカオチョコレート、バナナ、大豆、ゴマなどだ。
ひょっとして、健康にいいと思って摂っていたものが私を太らせていたのか。

ただし、ウォーキングだけは毎日していた。
2日は畑へ、3日はホームセンターへ、4日はショッピングセンターまで歩いた。
一応毎日『フィットネス』の目標歩数は2倍以上を達成していたのだ。
休みが明けてから徒歩出勤ができないといけないと思っていたから頑張った。


しかし、今日は徒歩出勤をしない。
いろいろ荷物があるので車で行くことにした。
休み前に持ち帰った水筒やマグカップ。
昼休みを暖かく過ごすため実家から持ってきた椅子用ホットシートと延長コード。
今日は金曜日だからヤクルトさんも来るはずだ。

パン屋さんは来るだろうか。
ヤクルトさんは休み前から約束していたから必ず来るのだが、
パン屋さんは毎週確実ではなかったのだ。
来れば私のお昼はパンなのだが、来ない場合を考えておかねばならない。
今朝はごはんを炊いてもらったからおにぎりはできるだろうけど、
そうしたらパン屋さんが来たときに困ってしまう。

そもそも、年が明けたらお昼はオートミールを復活させようと思っていたのだ。
せっかく車で出勤するのだから、大袋を持って行っておこうか。
そうそう、スープの素も持って行かねば。
来週はもう徒歩出勤のつもりなのだから。


あっ、そうだ!
車出勤ということは、朝ドラのオープニング曲が終わるまで仮眠できるではないか。
なんだか新年早々ツイてる。
いや、ツイてるわけではないか。
でも、昼休みも車でぬくぬくできる!

ただ、ひとつだけ自信のある心配がある。
絶対に何か忘れていくであろう。






↑ネット注文があまり入ってませんようにクリックしてね。




覚えてて
[ 2024/01/05 06:53 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)

サヨナラ正月

一年の121分の1ほどが終わった。
つまり、三が日が過ぎたのだ。
でも、堪能したと言っていいだろう。
実家にも親戚にも観光にも行かずに済んだ始まりの三日間。
年越し参りは別として、運動のためのウォーキング以外外出しなかった。
(ちづるは完璧に外出しなかった)←誤り(by ちづる)

それというのも、三が日の食料が確保できていたからだ。
カマボコと伊達巻、煮物の具などは買ってきたものだけど、
雑煮は庭のカブの葉、餅は友人Fのおすそ分け、
おとそは某氏に野菜の代わりのもらったものだ。

他にも、友人Fの家で飲んだ焼酎と日本酒の残りをもらったもの。
居酒屋のバイト、Aりがくれたきな粉餅。
Мえのお歳暮の缶チューハイ。
これらのおかげで、三日間買い物も外食もしなくて済んだのだ。


そしてありがたかったのが、自慢に聞こえるかもしれないが、ウチの野菜だ。
大みそかに作ったダイコンの煮物とサトイモの煮物はこの三が日の間、ずっと居てくれた。
もちろん買ってきた具材も入っているが、メインはウチの野菜だ。
肉豆腐の山東菜も、ポトフのカブやジャガイモも、あの大量のダイコンおろしも、
ウチで収穫できたかわいい野菜たちだ。

ただ、手軽に手に入るものだから、ちょっと量的に感覚が狂ってしまっているかもしれない。
ダイコン煮もサトイモ煮もダイコンおろしもあんな量はいらない。
あるからどっさり作ってしまうけど、冬野菜はちょっとでとてもお腹がふくれるのだ。
だから三日間同じものを食べ続けることになってしまった。

するとどうなるか。
うおー、カレーヌードル食いてー!、日清焼きそば食いてー!、力チキンラーメン食いてー!

♪おせちもいいけどカレーもね

とはよく言ったものだ。
ジャンクとかそういうことではなく、わからんけど、そういうモノがキョーレツに食べたくなるのだ。
あああ、そしてもちろん、白いごはん!
毎朝食べてた玉子納豆ごはん、食いてえー!


明日は出勤の前日4日。
そろそろ普段の生活に戻していかなければならない。
朝ドラも始まるのでちづるも早く起きるそうだ。
で、朝食は冷凍してあった食パンということになった。

ああ、パンもうれしい。
でもごはんも食いたい。
お昼は、きっと中華料理店に出かけるだろう。
でも、昼間っからお酒を飲んでた日々よりいいだろう。
さよなら、正月。





↑そういえば血圧を下げる食品がおろそかになっているぞクリックしてね。





カレーパン
[ 2024/01/04 07:05 ] | TB(0) | CM(7)

気持ちいいって気持ちいい

元日は年越し参りでフィットネスの目標歩数は達成できたが、
2日になったら自主的に歩きに行かなくてはクリアできない。
仕事の日より動かないし、飲み食い睡眠をフリーダムにしているから不健康だ。
そう思って、朝食後にウォーキングに出かけることにした。

それには目的と目的地が必要だ。
正月用の煮物を作るのに出た野菜くずを畑に捨てに行こう。
車で5分ぐらいだから歩くにはちょうどいい距離だ。

土手

坂

木


畑近くで偶然ランニングをしていたちづるの弟氏に会った。
うまい具合に新年のあいさつができた形だ。
私の畑を見てもらって彼は走り去り、私はごみを捨て、ラジオ体操をして帰ってきた。
天気も良かったし、なんて気持ちがいいのだろう。

気持がいいと言えば、実家から持ってきたシェービングジェル。
休みごとにそれを使ってヒゲを剃るようにしていたのだが、ちょうど大みそかに使い切った。
それとともにT字剃刀も処分できて、洗面台が旧年でスッキリしたのだ。


逆に気分の良くないこともある。
私のサイフは十年選手でボロボロだったので、クリスマスにちづるがプレゼントしてくれた。
秋におろすと『空きサイフ』で良くないが、春におろすと『張るサイフ』ということで縁起がいい。
なにも季節が春でなくても、正月と言えば新春なのだから元日におろそう。
と思っていたのを忘れていて、2日になってしまった。

あと、大みそか寄席の富くじで当たった本なのだが、
以前にちづるが同じ富くじで当てて家にあることが分かった。
くじ運がいいのはありがたいが、それなら辞退して他の人にもらってもらえばよかった。

本と言えば、去年の読書の45冊目になるはずだった都築道夫の『やぶにらみの時計』
うっかり忘れてて去年の内に読み終わらなかった。
しかもこの本、最後に別の未発表小説の第一章が収録されていて、
この後発売されるシリーズをそろえるとその小説が全部読めるというシステムだ。
でも、第二弾として発売される小説は、私は古いのを持っているのだ。
本でこんな不愉快な売り出し戦術は初めてだ。

あと、年末に爪切りするのを忘れていたし、
防草シートを敷いたはずの庭の砂利にスギナが生えてきたし……

マイナスの方が多いやないか。






↑今日は歩きに行けるかなクリックしてね。




野菜くず
[ 2024/01/03 08:00 ] ワシのこと | TB(0) | CM(6)

短い一日目

年越し参り、内宮のかがり火で餅を焼いて食べた後、バスに乗って外宮に移動した。
参拝をして友人Fとはお別れする。
彼は朝までかけて、神宮関係の細かいお宮も全部参るのだ。
駅前に停めてあった自転車で帰宅したら、もう3時になっていた。

フリーダムに寝たのだが、目が覚めたのは7時半。
元日はともかくゆっくりできる。
なんといっても年越し参りで、大みそかも元日もフィットネスの歩数は2倍をクリアしているのだ。
9時ごろにお腹が減ったので、ちづるを起こし、庭のコカブを抜いてその葉っぱで雑煮を作った。
大みそかに作った煮物と、カマボコ・伊達巻、そしておとそでお正月。

おせち替わり

その後お笑い番組を観てゴロゴロしていたのだが、どうも調子が悪い。
股関節に違和感があるのだが、歩きすぎて痛めたのか、数年前の脱腸がうずくのか。
いや、どうも腰が原因みたいだ。
昨日落語を観ている間も、腰が痛くてもじもじしていた。

うつぶせになると楽なので、お笑いを聴きながらじっとしている。
ちづるにちょっと揉んでもらい、シップを貼ってもらった。
お昼にはAりにもらったきな粉餅を食べた。

昼過ぎに、超渋滞の内宮近くの家から自転車で脱出してきたFがやってきた。
内宮には古いお札を納める場所があるのだが、昨日持って行くのを忘れていた。
Fもそれを納めに行くのでわざわざ取りに来てくれたのだ。
年越しで食べるつもりだったカレーうどんやお酒も持ってきてくれた。
ではこちらは正月気分のカマボコや煮物を提供しよう。

焼酎

夕方、Fが帰り、録画してあったお笑いを観ようと思ったのだが、
一人目が始まる前に寝落ち。
目覚めたらなんと深夜0時前だった。

なんと短い元日。






↑駅伝は観ずにダラダラするけどクリックしてね。




腰痛
[ 2024/01/02 08:41 ] 寝る | TB(0) | CM(3)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム