fc2ブログ
2023 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 01
月別アーカイブ  [ 2023年12月 ] 

粉の出ない暮らしを

12月となると後半はかなりあわただしい。
もう今の内から大掃除のことは考えていた方がいいだろう。
普段生活している範囲は常日頃から(ちづるが)きれいにしているからいいが、
問題なのはめったに使わないスペースだ。
そうだ、私の部屋だ。

そうはいっても私の部屋は美しくなりつつある。
去年の初夏、劣化して粉を出していたソファを粗大ごみに出した。
そしてこの秋、劣化して粉を出していたソファの下の敷物を処分した。
これで、劣化して粉を出すものはあと一つ、カーテン代わりの布だ。

私はカーテンが好きではない。
ビラビラして部屋の内側に飛び出して来ようとするからだ。
なので私の部屋の窓には、突っ張り棒に民族ショップで買った布をぶら下げてある。
これがもうずいぶん古くなり、色は褪せ、触れれば破れて粉を出す。
こいつを交換しなくては真に美しい部屋にはなりえない。

ビフォー

そんなわけで、ちづるがマンガを探しに隣の隣の市のショッピングセンターに行ったとき、
民族ショップに寄って布を2枚買ってきた。
もちろんこんなものに予算を割くわけにはいかないので、ほぼ最安値のから選んだ。
劣化しやすいかもしれない。

帰宅してコーヒーブレイクして、仮眠して、5分仮眠を追加して、もうちょっと目をつぶっていて、
そこから気力を振り絞って起き、布を持って部屋に向かった。
この布を付けてある突っ張り棒はフックに掛けてあるだけなのでひょいと取れる。
棒と布を接続しているのは金属の洗濯ばさみみたいなものだ。
粉がでないようにそ~ッと布をはずす。

二枚目は端っこがプラスチックの洗濯ばさみで留めてあった。
これをはずそうとしたら、瞬時に砕け散り、砂になってしまった。
なんと恐ろしい呪いか。
やっぱり床は掃かねばならないか。

アフター

完成した光景がこれだ。
西日がよく当たる方をブルー系にした。
何はともあれ粉がでないというのは美しさの基本だ。
ちなみに、この窓の網戸は粉化しているのだが、部屋の外だからかまわない。






↑イスが動いているのは床掃除をしたからクリックしてね。




毛が
スポンサーサイト



[ 2023/12/04 06:58 ] 世間話 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム