fc2ブログ
2023 101234567891011121314151617181920212223242526272829302023 12
月別アーカイブ  [ 2023年11月 ] 

ハエはまた来る

ちょっと涼しくなったからだろうか、また職場にハエが出た。
最初は視界の端っこを横切り、確認しようとするとどこかへ行く。
両手がふさがっていると目の前を飛び、何か道具を手に取るといなくなる。
休憩していると耳元で羽音を立て、退治しようと立ち上がると姿を隠す。
そしてなんとかやっつけると、待っていたかのように2匹目が現れるのだ。

今年はハエが多いとみんなが言うので、前回ハエが出たとき、ハエタタキを購入した。
機械の上に新品のハエタタキがいつでも出陣できるように待ち構えている。
このハエタタキを用意してからハエの姿を見なくなっていた。
いよいよ出番が来たのだ。


しかし最初に紹介したように、ハエはハエタタキを手に取るといなくなる。
ちょいと素振りをして定位置に置くとまた現れる。
送りの荷物を作っているときはハエタタキを机の上に置いておいた。
サッと敏捷に持てるのだが、そんなときハエは荷物や箱やテープの後ろを飛ぶ。
その辺が叩きにくいということを知っているようだ。

いた。
作りかけの荷物の段ボール箱、開いたふたの内側に止まっている。
微妙なラインではあるが叩けない位置ではない。
私はそっとハエタタキを手に取り、ゆっくりと近づき、直線で叩ける位置に構える。

バシッ!
やった! のではないか?
飛んで逃げる姿は見えなかったが、そちら方面に死骸はない。
機械のテーブル面だから一目で見渡せる。
手ごたえはあった気がする。

とすると、箱の中に落ちてしまったのか?
箱の中には緩衝材としてくしゃくしゃに丸めた紙が詰め込んである。
その隙間にでも入ってしまったのだろうか。
お客さんにハエ入りの荷物を送るわけにはいかない。
丸めた紙を取り出し、広げて確認してみる。

大丈夫だ、いない。
私は荷物を梱包し、次の荷物に取り掛かった。
が、気になる。
何かのはずみでもっと奥深いところ、底のふたを折り曲げたスキマとかにいたのだろうか。
いやそんなはずはない、やっぱり叩き損ねて逃げたのだ。

だとしたらやつはどこかにいるはずだ。
どうした、どこに行った。
元気でいるのならその姿を見せてくれ。
「ここにいるよ」と私を安心させてくれ。

いた!
なんだお前、元気だったのか。
いるならいると早く教えてくれんかい。
叩いちゃったかと思うじゃないか。

はっ、まさかお前……2匹目では?





↑入ってたらすいませんクリックしてね。





裏にいる
スポンサーサイト



[ 2023/11/02 07:05 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム