fc2ブログ
2023 101234567891011121314151617181920212223242526272829302023 12

『神去なあなあ日常』

三浦しをんの『神去なあなあ日常』という小説を読んだ。
理由はただ一つ、舞台が三重県だということだ。
逆に、ベストセラーだったらしいのだがなんで今まで読んでなかったのかといえば、
テーマが〝林業”という地味なジャンルだったからだ。
ちなみに、このモデルの地域は、私の父母の出身地のお隣だ。

そんな本を突然書店で手に取ったのは『下剋上球児』とかいうドラマが始まったからだ。
これも三重県が舞台のドラマで、案外身近なところで撮影が行われているらしい。
その情報を手に入れて、思い出したのが『神去なあなあ』だった。
「こいつは読んでおかねばならん。三重県ブームが来るのだ」という思惑だ。
ちなみに、このドラマは観る気満々でいたのだが、第一話を見逃したので観ていない。

『神去なあなあ日常』は面白かった。
昼休みに仮眠の時間になっても読み続けてしまったし、
昼休みが終わっても続きが読みたくてムズムズしていた。
没頭しちゃう系かもしれない。

で、この小説は映画化されているというので興味を持った。
どうせ三重県の山奥が舞台の映画なんてB級でテキトーに作った映画だろう、
なんて思ってたら、染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、柄本明なんて人たちが出演している。
レヴューを見てもなかなか評価が高いではないか。
この映画が観てみたい。

のだが、映画ってどうやって観たらいいのだろう。
当然、映画館での上映は終わっているし、最近はテレビで映画をやってくれない。
我が家は地上波のチャンネルしか契約していないし〝サブスク”というのは理解していない。
私は利用した経験がないのだが、こういう時はDVDとかをレンタルするのではないだろうか。
そう思って、買い物のついでに『ゲオ』という気持ちの悪い名前の店に寄ってみた。

結論から言えば『神去なあなあ』は発見できなかった。
驚いたのはそのシステムだ。
DVDを借りる人は、スーパーの無人レジのような機械のところに行き、
なにか読み取らせて、お金を払ってるんだかどうだか、ともかく何かの作業をして出ていく。
おそらく自動支払機なのだろう。

よかった『神去なあなあ』が無くて。
先日もN岡たちと餃子の王将に行き、一番年上だから払おうと思ったのだが、
N岡が「僕が誘ったのだから払いますよ」と言われて「あらそう」と任せたら、レジが機械で、
「ああやつが引き受けてくれてよかったー」としみじみ思ったのだ。
なかなかすすんでいるなあ、三重県。





↑『下剋上球児』の人が伊勢でおいしいものを食べる番組に出てたぞクリックしてね。





伐採されるぞ
スポンサーサイト



[ 2023/11/30 06:56 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(5)

ドラマのラストはお楽しみに

もう一度書いておこう。
月曜日は徒歩で出勤するつもりだったが、荷物が多かったので自転車出勤した。
荷物とは、フォークリフトのバッテリー給水用のに百均で買った水差しで、
それを持つために自転車出勤にしたのに、肝心のそれは忘れて行ったのだった。


ともかく自転車で出勤となると仮眠できるのがありがたい。
前回徒歩出勤したときは7時45分に家を出たら、普段より5分以上早く会社に着いた。
だから50分に家を出たらいいと思う。
ただし、着替えたり荷物の用意をするのに10分かかるとすると、仮眠は40分までだ。
普段遅いと仮眠に入るのが38分なんてこともあるから、それだと仮眠の時間がない。

それを考えるとゆったり仮眠して出勤できるありがたさよ。
ホットカーペットと毛布に挟まれてぬくぬくしながら、夢と時計のチクタク音のはざまをさまよう。
これが夜寝床で寝るよりも気持ちいいのだ。
ああこのまま朝ドラの時間なんて来なけりゃいいのに。

それでも無情にもちづるのスマホのアラームは鳴る。
このタイミングでテレビが『ZIP』からNHKに変えられ、天気予報になる。
残念ながら起きなければならない。
清水の舞台から裸で飛び降りる気持ちで毛布から出る。

トイレから戻ると朝ドラ『ブギウギ』が始まっている。
それをちらちら見ながら着替え、持って行く食料の用意をする。
すっかり用意ができたらちょうどドラマが終わり、次の華丸大吉の朝ドラ受けを観る。
最初の一言を確認したら外に出て、野菜苗に水をやって出発だ。

いつもすれ違う時に挨拶をしてくれる女子中学生にこの日は会わなかった。
クラブの道具らしきものを持っていたりするから、朝練があるのかもしれない。
最近、通勤路の新築の家に住んでいるのが知り合いだとわかった。
この日は車がなかったからもう出勤したようだ。

……
ちょっと待てよ、なんでワシは今朝、朝ドラを最後まで観てたのだ?
それは車出勤の時のルーティンではないか!
自転車出勤の時は朝ドラは最後まで観ずに、8時10分に家を出るのだ。
ということは、普段より家を出るのが7分も遅い。
うわー、えらいこっちゃー!

そこから全力で自転車をこぐ。
会社手前のガソリンスタンドの時計はもう8時半を指している。
大丈夫、ウチのタイムカードは2分ぐらい遅れているはずだ。
急げ~

なんとかギリギリセーフ。
ゼハゼハ、自転車でも徒歩ぐらいカロリー消費できるんじゃないか?





↑この世で一番仮眠が好きクリックしてね。





慌てるわい
[ 2023/11/29 06:53 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)

空気と明かりと事故予防

今、私の自転車通勤はええ感じで続いている。
思えばきっかけは百均で買ったタイヤチューブ用のバルブを交換したことだ。
あれでタイヤがよみがえり、心地よく走ることができるようになった。
その次には、ダメになっていたライトを交換して、夜道も平気になった。
ああ、半年前と比べたらなんと快適な自転車生活なのか。


これで十分だと思っていたが、ちづるにくぎを刺された。
自転車のタイヤに、ではなく、ヘルメットのことだ。
まだ努力義務ではあるが、どうせそのうちに着けてないと違反とされるようになるだろう。
なによりも、車通りの多い道を走るから、安全のために装着するべきだということだ。

私も身を守るためだから、着けてやらんこともない、とは思っているのだが、
アレはこれからの時期どう考えても耳が寒いだろう。
耳当てをするとしたら、ヘルメットの下か上か、あるいは耐えるしかないのか。
そんなことを考えると、軽々しく安物を買うわけにはいかない。
だいたい私は、何かを買ってから「しくじったー!」と叫ぶことが多いのだ。

で、ちづるに言われてかなり昔に使っていたバイク用のヘルメットをかぶることにした。
した、とは書いたが、ちづるがキレイにしてくれた後も、ずっと玄関に放置したままだった。
やっぱりまだ努力義務だし、居酒屋のバイトの若いバイク乗り女子に、
「え~、自転車にバイクのメットはちょっと~」なんて言われてしまったからだ。

でも一度は試してみるべきだろうと思って、月曜の朝にそれをかぶって家を出た。
会社に着いたら小柄子ちゃんに「あ~ちがう人みたい~」と言われてしまった。
こいつは恥ずかしいと思って慌てて脱ぐと、
ぼふっ。
なんか粉出たぞ~、

いつぞやの、私の部屋のソファのように、中の何かが劣化しているらしい。
粉になりかかっているヘルメットが頭をいざという時に頭を保護してくれるはずがない。
やはり二十数年玄関の収納の高いところに眠っていたようなものは廃棄だ。
自転車用ヘルメットは恥ずかしくないようなのを家計で買ってもらおう。

それはともかく、昨日の記事を見て「徒歩通勤しとらんのか」と思った人もいるかもしれない。
ちょっと説明したように、この日は荷物が多かったので自転車で出勤した。
フォークリフトのバッテリーに水を入れる道具を持って行かねばならないのだ。
それは百均で買った園芸用水差しなのだが、カバンに入れるには不向きな形状なのだ。
ただ、自転車で出勤したが、その水差しは家に忘れて行ったのであった。






↑今日は早く帰ってきたいので自転車出勤クリックしてね。




ヘルメット
[ 2023/11/28 06:56 ] ワシのこと | TB(0) | CM(2)

決断させる数値

思えば、3休1出勤のこの4日間は有意義であった。
特にしみじみと感じているのは、こたつが完成形になったことだ。
最終日の日曜、部屋を片付け、掃除機をかけ、掘りの中を掃除して布団をかけた。
おかげで今、足の裏をぬくぬくと加熱しながらパソコンをいじっている。
ああ、なんたるシアワセ。

きれいにした

他にもいろいろとやっているのだ。
ともかくの休日の三日間は朝の内に畑に行き、一仕事している。
毎日収穫してはどこかに持って行った。
金曜は出勤だったが、会社にもダイコンを持って行ってやった。
そうそう、発芽した後急に冷え込んで育ちの良くないスナックエンドウには保温をした。

温めて

収穫したものはちゃんと料理もする。
ダイコンやサトイモを煮るのはもちろん、朝のトーストにソテーしたホウレンソウを乗せたり、
ダイコンの間引きをみそ和えにしたり、カブの葉でビール漬けを試してみたりした。
おかげでヘルシーな食生活を営んでいる。


ウソだ。
ヘルシーな野菜をたくさん食べてはいるが、それ以外の+カロリーが多すぎる。
なにしろ、休みの日は必ずスーパーに買い物に行っているのだ。
毎夜締めの炭水化物を摂取しているし、おやつの甘いものまで定例化してしまった。
休日のお昼は三日とも中華だし、金曜は夜飲みに行った。

その上、会社に行ってないから仕事で体を動かさないし、自転車通勤もしていない。
出勤日だった金曜も、ダイコンを運ぶために車で出勤したのだ。
畑の仕事ったって、野菜の収穫だけだからジワリとも汗をかくようなことはなく、
ホットカーペットでの仮眠は普段の倍、というか寝てたいだけ寝ていた。


そして昨日、ダイコンとサトイモとお惣菜の焼き鳥でいっぱい飲んだ後、
シメにやきそばを作って食べたせいだろう、入浴前の体重測定でよくない数値が出た。
今朝の血圧もなかなかのものだ。

今日から徒歩出勤しよう。






↑とは思ったものの今日は荷物が多いしなあクリックしてね。




歩け歩け
[ 2023/11/27 06:55 ] 健康 | TB(0) | CM(2)

コールドネームおさむ

うわあああ~、寒いぃ~~
「土曜日は冷えるでしょう」なんて予報は聞いてたけど、
やっぱり今朝の方が寒いいい~

寝る前に北の方の寒波のニュースを見たりしたからか、早朝はちきれんばかりの尿意で目が覚めた。
一旦トイレに行って、ふとんの戻りぬくぬくを知ってしまったら、もう寝床から出られない。
でも起きなくてはと、平日よりたくさんのスヌーズを焚いて起床。
カーディガンを羽織り、ニット帽をかぶる。
ああ~ほら、やっぱり血圧が高い。

昨日出かけたりせずに、こたつを掃除してふとんを掛けておけばよかった。
でも我慢できないのでスイッチをオンにする。
このパソコンスペースのコタツは掘りごたつなので足の裏が温まるのだ。
ホコリが燃え出したとしても、入っているのだから気づくだろう。

なぜか『稗田阿礼』という名前を思い出した。
連想されるのはキンキンに冷えた鉄アレイだ。
それを懐に隠さなければならないような事態になったら、と想像しただけで身震いする。
このように、色に暖色寒色があるように、人の名前にも暖名寒名が存在する。
私が思うに、代表は『おさむ』と『れいこ』ではないだろうか。


『おさむ』でまず思い出すのは文豪『太宰治』だ。
だざいおさむ、だざいおさむ……歯がカチカチなるほど震えていると、
あら不思議、『はだざむいおおさむ』に見えてくるではないか。

次に思い出すのは、巨匠『手塚治虫』だ。
てづかおさむ、てづかおさむ……カチカチカチ、
ほうら、『手かじかむおおさむ』になってしまった。

ほかに『おさむ』はおらんかいな。
おお『鈴木おさむ』という人がいた。
鈴なんて金属製でも土製でも冷たいに決まっている。
日本人は暑い時に風鈴を鳴らすぐらいなのだ。
あと、ロックバンド『レミオロメン』のドラムは『神宮司おさむ』というらしい。
冬の伊勢神宮はかがり火を焚く年越し以外は寒いのだ。

変わって『れいこ』といえば、まずは漫画の主人公だが『白鳥麗子』が真っ先に出てくる。
もう『霜取り冷凍庫』しか浮かばない。
ええと他にれいこさんは……

バドミントンの潮田玲子さんは鍋物などの『塩だれ』を連想するし、
女優の大原麗子さんは、『大きなファー』と呼んでしまうし、
作曲家の湯川れい子さんなど、草津温泉しか浮かんでこないではないか。

これこそが男女差、なんて発言をすると冷たい目で見られるかもしれない。






↑ホントはどっちも同級生を思い出すのさクリックしてね。




寒いわい
[ 2023/11/26 07:14 ] 言葉遊び | TB(0) | CM(4)

健康ノートはなんのため

勤労感謝の日に収穫したダイコンを会社のみんなにおすそ分けすることにした。
さすがにダイコン4本を自転車ではきついので車出勤だ。
ちょっとカロリーを消費する量が減るが、昼休みに暖かい車で居られるのは幸せだ。

金曜はお昼前にパン屋さんが来る。
この日のお昼用にベーコンとチーズのクロワッサンサンドを、
土曜の朝用のカレーパンとクリームパンとアップルパイを買った。
スマホを見ながらクロワッサンサンドを食べてたら、胸が粉だらけになっていた。

仕事が終わったら自宅へ直行。
この日はちづると飲みに行くことになっている。
前回、満員で入れなかったいつもの居酒屋よりちょっといい店にリベンジだ。
この日は私たちが一番乗りで完璧なリベンジだったが、それはそれでちょっと寂しい。
そのうちお客さんが増えてきてそこそこにぎやかになってきた。

鰆のたたき、自家製チャーシュー、ハモの梅磯部揚げ、白子ポン酢、などをいただいて、
ビールの後は我ながら珍しく熱燗をいただいた。
ちょっと風が強くて寒い日、早めに店を出てカラオケに向かった。
ちづると歌いに行くのは超久しぶりだ。
ずいぶんご無沙汰しているいつもの居酒屋の横を通って、近所のカラオケ店へ。

二人だけだから気兼ねはいらない。
(私にとっての)最新チャレンジ曲から、アニメソング、懐メロまで2時間。
限界の音域を攻めたいタイプなので、立って歌わないと声が出ない。
車出勤だったけど、この日はかなりカロリーを消費したのではないだろうか。


帰宅したらお腹が減ってきた。
よく考えたらごはんも麺類も、つまりシメを食べていない。
ちょっと時間は遅いけど、ついに買い置きのカレーヌードルを食べる時が来たか。
お湯を沸かしてカップに注ぎ、お茶を出そうと冷蔵庫を開けた。

しまった! モンブランがあるんだった!
前日、勤労感謝の日に三時のおやつにとスーパーで買って、
夕方まで寝てしまって食べ忘れていたやつだ。
とはいえこれはあまり日持ちがしないから食べねばならない。

「へっへっへ、カレーヌードルを半分引き受けてあげようか」

というちづるとカップ麺を半分こして、すぐにデザートだ。
またもやカロリーオーバー。
顔が黄色くなりそうだ。






↑どうも朝のパンも一個多いように思うけどクリックしてね。




弱っている
[ 2023/11/25 07:11 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)

ダイコン感謝の日

木曜日というステキなタイミングに〝勤労感謝の日”という名目でお休み。
特に仕事はないのだけど、10時前に畑に行く。
どうせ金曜に出勤したら土曜にまた来れるのだ。
天気が良くて暖かくて居心地がいいのだけど、さてなにしよう。

そうだ、いつもの居酒屋の常連〝某氏”にダイコンとサトイモを届けてやろう。
まずはサトイモを一株掘り、洗って干しておいた。
いい感じの大きさになったコカブを収穫、これは誰かにあげるかウチで食べるか。
ホウレンソウを一回分、こいつは土曜のトーストの友にしよう。
おっと、最終で蒔いたダイコンの畝は間引きしておかなくては。

某氏用にダイコンを2本採る。
そうだ、昨日王将を払ってくれたN岡にもダイコンをやろう。
と思って2本抜いたのだけど、今日は家にいないとか言ってたんじゃなかったか。
よし、あと2本抜いて会社のみんなに明日持って行ってやろう。
某氏の分だけ家に届けて、あとは家に持ち帰った。

いろいろ採った

お昼は定食屋でチャーシューメン、その後本屋とスーパーで買い物。
帰宅して読みかけの本を読み終わり、ホットカーペットで仮眠。
夕方、台所に立つ。
ヘッドホンのBGMはあいみょんとBISHだ。

寸胴鍋にお湯を沸かし、まずは間引きのダイコン葉を茹でる。
おひたし、はもう飽きたから、ちくわを入れて母のよくやっていた味噌和えにしよう。
空いた寸胴でダイコンと鶏肉を煮始め、その間にコカブの葉っぱを始末する。
懐かしの漬物容器を出してきて、カブの葉と昆布と塩を入れて締める。
カブとほうれん草はビニール袋に入れて冷蔵庫に。

そしてダイコンおろしを大量に作る。
今日は久しぶりの『プレバト』の日なのでカツオのたたきを買った。
私が一番好きなカツオのたたきを提供してくれるお店は、たたきがダイコンおろしで和えてある。
そのダイコンおろしにポン酢が浸み込ませてあり、薬味もたっぷり混ぜてあるのだ。
ああ、ダイコンが成長して、ついにアレを我が家で実践できる日がやってきたか。

洗い物を減らすため、味噌和えを作ったボウルにダイコンおろしとタタキを入れる。
刻みショウガ、みょうが、ネギ、ポン酢を入れて混ぜる。
必ずおいしいはずだが、見た目が最悪の料理が出来上がる。
鶏大根、間引き菜の味噌和えの他、焼き鳥と助六で誕生日みたいだ。
『プレバト』が始まる20分前から晩餐が始まった。

あああ、なんてうまいカツオのたたきのだいこんおろし和え。
ただし、おろしで薄まってしまうものだからついニンニクを多めに使ってしまい、
新品だったチューブニンニクがほぼカラになってしまったことは、ちづるにはないしょだ。






↑今日は会社の人にダイコンを持ってくから車出勤よクリックしてね。




伸びるよ
[ 2023/11/24 06:58 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)

暴走アクセル

本社の後輩N岡とi田に、私の職場近くのお好み焼き屋に誘われた。
集合時間が6時半だったので一旦帰宅することにした。
6時過ぎに家を出て店に向かっていると、二人から連絡が来た。
目当てのお好み焼き屋は休みらしい。
で、急遽、さらにウチに近い『王将』に行くことになった。

i田は翌朝早くに釣りに行くというのでチャーハンとラーメンのセットのみ。
私とN岡はギョーザ、ニラレバ、酢豚でビールを飲んでいた。
シメにラーメンかやきそばを食べたかったのだが、お腹いっぱいになったのでやめた。


こういう感じだったので、帰宅時間は早かった。
なんだか中途半端な気がする。
そう思ったら、ついさっきまで満腹だったのに、胃に隙間ができたような感じだ。
たくさん歩いたせいかもしれない。
ビールしか飲んでいないから飲み足りない気持ちもある。

よし、もうちょっと飲もう。
そして、何かで締めよう。
候補は買い置きのカレーヌードルか日清焼きそばだ。
さっき「ラーメンかやきそば」と思っていたからそれ以外の選択肢とごはんはない。

冷蔵庫を覗いてみたら、ちょっとだけ残っている豚肉とキャベツを見つけた。
ちづるが夕食に食べたやきそばの残りだ。
よし、ここは日清焼きそばに決定……
いやまて、最近日清焼きそばのソースだけ残したことがなかったか。

あったあった、これで日清焼きそば味の野菜炒めを作ろう。
麺が入っているよりはずいぶんヘルシーなはずだ。
豚肉にキャベツにモヤシ、プラス粉末ソース。
ヘルシーだから、玉子を入れよう。
天かすも入れて、チューブのニンニクを絞り出して、出来上がりにマヨネーズをかけた。

こいつをおつまみにまずはビール。
その後焼酎のお湯割りを作りに台所に立った時に、カレーヌードルが目に入った。
今食べているのは、日清焼きそば味だが野菜炒めだ。
炭水化物は入っていないのだからシメにこのカレーヌードルを食べても……

いかんいかん、ここでやっと私の自制心が働いた。
私のブレーキは甘い。





↑忘年会と新年会の打ち合わせばっかりしてたわクリックしてね。





粉だから
[ 2023/11/23 06:57 ] | TB(0) | CM(2)

簡単スッキリダイエット

我が家の〝テレビ番組重要度ピラミッド”の頂点に君臨しているのは、
『プレバト』と『チコちゃんに叱られる』だ。
この二つは必ずリアルタイムで観るのだが念のため録画される。
ちなみに『プレバト』は消されるが『チコちゃん』はちづるによって保存される。

録画してすぐ観るのが『アメトーーク』『月曜から夜更かし』『関ジャム』だ。
さて今日は何を観よう、となったとき、この三つが優先的に観られる。
これらと同じように録画されるのだが、つい溜っているのが、
『探偵ナイトスクープ』と『クレイジージャーニー』だ。

ちょっと別格なのが『孤独のグルメ』で、これは再放送でも録画してしまう。
で、観たことがあるものでもまた観る。
とはいえ、観たくて仕方ないというわけでもないので、何本かは溜っている。
そして、我々の老後の楽しみが『ブラタモリ』だ。
これはDVDに焼いて保存してあるがほとんど観ることはない。

あとオードリーと星野源の出ている番組はちづるが溜めているようだ。
他にも、特番や映画など、置きっぱなしになっている大物も多い。
『鉄腕ダッシュ』『なんでも鑑定団』『ポツンと一軒家』などは好きだけれど、
録画するほどには至っていない。


こういう状態で良くない事態が勃発した。
DVDレコーダーが不調を訴え始めたのだ。
DVDに書き込むことも読み取ることもできない。
ハードディスクはほぼいっぱいだから、まとめて何かを消してしまいたい。

白羽の矢が立ったのが、おぎやはぎのキャンプ番組『ぱぴきゃん』だ。
30分番組で、一回のキャンプを4~6回に分けて放送している。
昔キャンプ好きだったので番組開始から観始めたのだが、こんなに続くとは思ってなかった。
そして、その日のゲストによって、面白さが天と地ほど違うのだ。

キャンプに詳しくても売れてない芸人やユーチューバーの回は面白くない。
キャンプ初心者でも、やっぱり売れっ子タレントは面白い。
というわけで、内容を調べてゲストに興味のない回を消すことにした。
6回放送のなら一気に1時間半も消せる。
しかも、そんなに見る気が起きないので、何年分もたまっている。

ハードディスクの空きが35時間も増えた。
スッキリ!






↑ちづるが新しい機械を買って来てなんかしてますクリックしてね。




もっとある
[ 2023/11/22 06:52 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(2)

緊急非常事態宣言だけ

さすがに本格的に寒い日が来るようになった。
十二月間近なのだから当然だ。
ちょっと前から少しずつ冬服を出し始めていたが、いよいよ作業服を衣替えせねばならん。
そんなわけで、天気が良く体調の悪い日曜に冬の作業服を出した。

で、月曜日の朝、緊急非常事態だ。
冬の作業ズボンがきつすぎる。
こんなに細かったか、というか夏ズボンはゆるかったのか、というかこんなに太ったのか。
無理やりホックを止めると、砂時計になったような気がする。
腹の皮にタックができそうだ。

とりあえずその状態で出勤するが、腸閉塞を起こすかもしれないから保険証を確認する。
最悪ガマンできなくなったらホックをはずしてベルトに頼ることにしよう。
その場合チャックが心配だから前掛けは着けたままでいよう。
とはいえそれはただのその場しのぎだ。
至急、急激に痩せなくてはならない。


そういう場合は運動とかカロリーとか考えていてはいけない。
ともかく食べる量を減らすのだ。
幸い日曜は二日酔いで休肝日にしたので、収穫したコカブでクリームシチューを作ってある。
朝食もシチューとごはんだった。
夕食もこの感じで飲まないでおこう。

と思ったが、頂き物のふくだめがあるのだった。
それにちづるが唐揚げを買って来ているではないか。
そしてシチューにしたコカブの葉っぱ部分がどっさり残っている。
これを何とかしなくては。

今年のカブは成長が良く、30センチほどもあるので二分割することにした。
柔らかい葉の部分はサッと湯がいておひたしだ。
軸の部分は細かく切って炒め物にした。
冷蔵庫をほじくってみたら、賞味期限切れのシャウエッセンがあったので使ってしまおう。

うおお、何か食卓が誕生日のようではないか。
ビールで乾杯してチューハイを飲んでその後お湯割りに移行した。
もちろんシメはカブシチュー丼だ。
ああ、おなかいっぱい。

今朝も緊急非常事態だ。
しばらく続く予定だ。





↑今日はお好み焼きに誘われているのだけどクリックしてね。





ぎゅうぎゅう
[ 2023/11/21 06:46 ] 健康 | TB(0) | CM(2)

急ぐのに不向きな体調

とりあえず目が覚めた。
リビングのホットカーペットだ。
ちづるが毛布を掛けてくれたらしい。
外はもうずいぶん明るい。
でも、そのままでいる。

しばらくすると二階で人が動く気配を感じた。
ちづるがのしのしと階段を下りてくる音が聞こえる。
リビングの戸が開いて、ちづるがこう言った。

「9時過ぎとる」

えらいこっちゃ。
この日は母の面接予約が10時半にとってある。
普段だと実家に行って風通しをしてから施設に行くのだが、そんな時間はない。
施設に直行したとして30分はかかる。
とりあえず起きなくては。

パンを食って、チャッと風呂に入って、雑な更新をして、歯磨き髭剃りをして、
あっという間に出発時間だ。
前日に買っておいたお菓子と冬の上着を忘れないように。


10時半をほんのちょっとだけ過ぎて施設に着いた。
車を降りたら、食堂の日当たりのいいところにいる母を見つけた。
手を振るとわかったらしくて、振り返してくれた。
見知らぬおっさんも振り返してくれた。

受付をするとスタッフさんが母を連れて来てくれて、部屋で面会だ。
買ってきた冬服を見せると、1着は「こわい」と言われてしまった。
毛足が長いから、ケモノっぽいと思われてしまったのかもしれない。
もう一着の方はとても気にいってもらえたようで、丁寧にたたんでいた。
クローゼットに入れると忘れてしまうだろうから、カラーボックスに入れておいた。

あっという間に面会時間は終了だ。
「時間ですよ」とストップがかかるわけではないが、スタッフさんは忙しいから迷惑はかけられない。
それに、すでに同じ話を何度も繰り返している。
「また来るからな」「また来てな」と玄関で見送ってもらった。

二日酔いだということはバレなかったようだ。






↑後半の失っていた記憶を映像で見せられてクリックしてね。




弱り目
[ 2023/11/20 06:58 ] 身内のこと | TB(0) | CM(3)

久しぶりの飲み会

さっき、リビングで目覚めた。





↑しんどいクリックしてね。




アウト
[ 2023/11/19 09:42 ] 寝る | TB(0) | CM(4)

天国を知っちゃった

木曜日は夕方から雨が降ってくるという予報だったから、
金曜日は出勤時間にまだ雨が降っているから、
という理由で、二日間徒歩通勤をあきらめ車で出勤した。
木曜に雨が降ってきたのは夜だったし、金曜の雨は11時前に上がった。
二日とも、お昼休みは上天気だったのだ。

暖かい。
天気のいい日の昼休みの車の中は本当に暖かい。
そうそう今年の春は実家通いをしていたから毎日車だったのだ。
職場で昼食を食べた後、車で本を読み、そのまま寝落ち。
毎日そんな天国を味わっていた。

確かその時期に、読書しながら食べる大豆を入れるためのカップを百均で買った。
ここの記事にもしたし、もちろん今でも使っている。
この二日間も、大豆とそのカップを車に持ち込んでいた。
あの頃はこのセットは車のダッシュボードに入れっぱなしだったなあ。

またそうしたいなあ。
機械の裏は寒いからなあ。
そのために車を日当たりのいいところに停めるようにしたのだったなあ。
でも、車出勤にすると、唯一のカロリー消費である自転車出勤ができなくなるからなあ。
会社の軽バンがあるんだけど、これは店長が昼の時間に積み込みしたりするからなあ。

車を会社に置きっぱなしにして、自転車で通ったらどうだろう。
ああ、普段はいいけれど、この土日のように雨が降ったら大変だ。
なにしろ雨の日は昼休みの車も暖かくないのだし。
カッパを着て自転車で出勤して昼休み寒かったら目も当てられん。

考えたら車でなくても、日光が入って風が入らなければいいのだ。
そもそも車が温かいのは温室と同じだからだ。
簡易温室って売ってないのだろうか。
あるいは透明テント。
それがあれば、苗作りにも利用できる。

とはいえ、毎昼休みにテントを設営するのは、毎日コーヒーを淹れるよりめんどくさい。
なんとか徒歩通勤は続けられて、昼休みを暖かく過ごす方法はないものだろうか。

はっ、昼休み徒歩……





↑また湯たんぽを持って行く季節だなあクリックしてね。





日光
[ 2023/11/18 07:08 ] ワシのこと | TB(0) | CM(4)

個人的病弱作戦

人はなぜ、お酒とおつまみでお腹いっぱいになっているにもかかわらず、
ごはんやカップ麺を食べたくなってしまうのであろう。
特に最近はおかずがダイコンやサトイモなのでそれはもう満腹になる。
なのにお腹と脳は切り離され、ごはん食べたい、カップ麺食べたいとくねくねしてしまう。

それは、健康だからであろう。
私の知り合いに、
「お腹がふくれてお酒が飲めなくなるからおつまみを食べたくない」
という人が二人いる。
二人ともとてもスリムだが、栄養剤に頼るという不健康さだ。

これを見習ってはいけないが、参考にするぐらいは良いのではないか。
自分は病弱で食が細く、飲んだ後でシメなんて食べられないと暗示をかけるのだ。
ちづるに「ごはん食べる?」と訊かれても「やめとく」と自由意志のようには答えない。
「いらない」と体が欲していないというように表現するのだ。

ただ、この作戦には難点がある。
「いらない」と答えた後も、ごはんやカップ麺は存在する。
しばらくすると、元気な胃が消化を促進させ、「いらない」が「いる」に変化してくる。
やっぱり食べようか、という葛藤が、ごはんやカップ麺が無くなるまで繰り返される。
そして『遅い時間に食う』という最悪の事態に陥るのだ。


ただ、この病弱作戦、睡眠の方には効果があると思っている。
人は、体のどこかに包帯を巻くと寝つきが良くなる、と私は思う。
私ぐらいになると、だいたいいつも体のどこかが痛い。
先日は右手親指の付け根が痛かったので、シップを貼って寝ることにした。
そのままだと剥がれてくるので包帯ではないけど、ネット上のサポーターみたいなのをつけた。
この日はすんなり眠れた。

翌日、会社の朝礼のお題が『自分を変える』だったので、この話をすることにした。
そしたらこんな日に限って社長が来たではないか。
「体のどこかに包帯を巻くと寝つきがいい」のところで、社長が「ホントに?」と食いついた。

ええと、なにしろ私調べのことであるから、堂々と「そうなのです」とも言えない。
なので、
「個人の感想です」
というような心細い返事をした。





↑昨夜は手首のサポーターをむしり取って寝たよクリックしてね。





接ぎ木
[ 2023/11/17 06:59 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)

先生

徒歩で出勤した夕方、ちづるに車で迎えに来てもらって一緒にワクチン接種に行った。
予約してあったのは、初めて訪れる個人病院だ。
ひとつだけ空いていた駐車スペースに車を停めて中に入ると、待合室には二組の先客。
この二組はどうやらワクチン後の様子見時間だったらしく、
診察室にいた人が出てきたら、すぐに二人一緒に呼ばれた。

お医者さんは失礼ながらちょっとマッドサイエンティスト感のある人だった。
頭頂部の毛はまばらで、側面には白髪が房のようになっている。
マスクをしているので表情はわからないが、にこやかで愛想がいい。
まずはちづるから、簡単な問診の後、接種だ。

「ちょっとはすかいになってください。〝はすかい”ってのはななめのことですね。
 『斜に構える』なんて言い方もありますね」

なんか面白そうな先生だ。
ちづるが打ってもらう左腕を出すためにはすかいになったら摂取だ。

「腕の上の方に打ちますので、ええ、肩を出す感じで……
 私たちぐらいだと『遠山の金さん』というと通じるんですけどね」

消毒をし、注射を打って保護シールを貼る間も、ずっと『遠山の金さん』の話をしている。
ちづるが服を直すと看護師さんがサッと来て、先生の話を遮って、
「じゃあ15分は待合室でお待ちくださいね。お大事に」
とちづるを追い出した。
すると先生も仕方なく「お大事に」とあきらめた。

次は私の番だ。
問診が済んで腕を出す準備をしていると、「飲食店をされているんですか?」と訊かれた。
ちょっと戸惑ったが、ああ頭に手ぬぐいを巻いているからか、と納得……
いや、ワシ作業服着とるやないか。
腕を出すためにシャツを脱ぐと、

「立派な体格ですねえ。投てきをされていたんですか?」

体格が良くて投てきと言われたのが初めてだったので面食らったけれど、
まあその通りだったので「高校生の頃ですけどね」と答えた。

「投てきというと、室伏が、あ、妹の方ですけどね、あの人が全国優勝したときに、
 2位だったのが三重県出身の人で、山口という人なんですけどね。
 その人が東京に行ってからなぜか柔道に転身しましてねえ、でもそれで成功して……」

注射は「いつ打ったの?」ってぐらい痛くなかったのだが、山口さんの話は続く。
続くというより、繰り返されている。
「はあはあ」と訊きながら服装を直すと、看護師さんが飛んできて、

「じゃあ15分ほど待合室でお待ちくださいね。お大事に」

と追い出された。
先生も仕方なく「お大事に」


待合室で考えた。
あの私たちを救い出してくれた看護師さん、
こちらが勝手に看護師さんだと思っているけれど、本当は先生の介護士さんではないのか。

お大事に。





↑私たちの前に診察室にいた人が長かったわけだクリックしてね。





マッドな感じ
[ 2023/11/16 06:58 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(3)

歩ける季節

コロナワクチンの予約は、5時半から6時の間。
会社から家とは反対方向に行かねばならない。
自転車でも間に合わないことはなさそうだが、帰りが大変だ。
聞けばちづるも同じ病院で同じ時間帯だというではないか。
いっしょに予約したのだから当たり前だ。

だったらちづるに車で迎えに来てもらったらどうだろう。
私の終業時間に待ち合わせて一緒に行けば時間的にも一番早い。
個人病院だから駐車場が小さい可能性がある。
ちづるにこの案を話したらOKをもらった。

となると問題は自転車だ。
また会社に戻ってきて、車から自転車に乗り換えて帰るのは不愉快だ。
かといって、会社に置いていったら、翌日は徒歩出勤するしかない。
ちづるの自転車で出勤したら、会社に自転車が溜ってしまう。
それならば、この日の朝を徒歩出勤にするのが良いのではないか。

車出勤の日は、朝ドラが終わってから家を出たらいい。
自転車出勤だと朝ドラの途中、8時10分に出発する。
さて、徒歩だったら何時に家を出ればいいだろう。
あんなに長く徒歩通勤をしていたのにはっきりしたことを覚えていない。
自転車の倍ぐらいはかかるだろうか?

ちょっと余裕をもって7時45分に家を出ることにしよう。
着替えと食料の用意の時間を10分として、アラームは35分、
いや、37分まで仮眠しよう。
ちょっとでも早く仮眠に入るために、慌てて歯を磨き、雑にひげを剃る。
その前には新聞を飛ばし読みし、その前には納豆ご飯を噛まずに飲む。

そういった苦労の末、ちゃんと45分に家を出ることができた。
さわやかな天気なので歩いていて気持ちがいい。
会社に着くころには体が暖まっていたが、気温が低いので汗だくにはならない。
タイムカードは8時13分だった。

できることなら徒歩通勤を増やして運動不足を解消したい。
その時にはもう10分出発を遅らせるとしよう。
慣れてきたら、もうちょっとギリギリを攻めてみよう。






↑会社に着いたら歩数計の目標を達成できたよクリックしてね。




徒歩
[ 2023/11/15 06:56 ] 健康 | TB(0) | CM(2)

休肝日の前の日の

火曜日は会社帰りに4回目のコロナワクチンを打ちに行く予定だ。
いろいろ賛否があるらしいが、無料なのは最後らしいのでお願いすることにした。
「だからその前日、月曜はお酒を飲まない」と宣言していたのだが、
そんなことはすっかり忘れて、コンビニでお金をおおろすついでにワンカップを買ってしまった。

帰宅するとテーブルにロールケーキ的なものが置いてある。
お酒を飲まないなら、食後にコーヒーと甘いものでも、というちづるの配慮だ。
ところが私も「飲んだ後に甘いものを」と、ワンカップとともに甘いものを買ったのだった。
ともかくこのタイミングで「今日は飲む」と宣言しなおした。
よく考えたら、お酒を休むのはワクチン接種をした日だろう。


夕食のおかずは、昨日のダイコンとサトイモと胸肉とこんにゃくの煮物と、
ちづるの作った手羽とダイコンの煮物と、買ってきたコロッケだ。
なぜ、ダイコンとサトイモと胸肉とこんにゃくの煮物が残ってるのに、
手羽ダイコンを作ったのか訊くと「味が違うからええやん」ということだった。
要するにちづるは〝テバー”なのだ。

芋、トリ、ダイコン、芋、トリ、ダイコン、芋、トリ、ダイコン、こんにゃくと食べながらワンカップを飲む。
ものすごくお腹がいっぱいになってきた。
ダイコンおろしも食べているからきっと消化を助けてくれるだろう。
しばらく休憩しよう。

しばらく休憩してちづるに「ごはんって残っとるの?」と訊ねた。
少しだけある、ということだ。
かたづけねば。
ダイコンおろしが入っていた丼にのこりごはんをよそい、ダイコンの葉のみそ汁と天かすをぶっかけた。
もうしばらく休憩しよう。

目が覚めたらまもなく寝る時間になっていた。
風呂に入る前に、健康ノートをつけておかなくては。
と思っていたらちづるが「コーヒーゼリー食べてもいい?」という。
私がワンカップといっしょに買ったやつだ。
じゃあ私もプリンを食べよう。

健康ノートの『プリン』の文字の後に、血圧を書いて風呂に入ることにした。
その前に体重を計る、
おう、なんたる数値。





↑刺身で飲みたいクリックしてね。





ごくり
[ 2023/11/14 06:54 ] | TB(0) | CM(2)

夕食はオンパレード

先週の土曜、サトイモの初掘りをしてみた。
一番端っこの大株をクワでほりおこしたら、あら立派なサトイモ。
一株で小バケツに半分以上ある。
おすそ分けもしたいのだが、初物はまずは我が家で食べるのだ。
小ぶりなやつを皮ごと茹でて『キヌカツギ』だ。

キヌカツギ

三本指でつまんでぎゅっと圧を加えると、中身がぬるりんっと飛び出してくる。
こいつに甘味噌をつけていただく。
あーうまいーうまいー、だからサトイモはたっぷり植えちゃうのだ。

ダイコン

この土曜にはダイコンを一本だけ抜いた。
夕食に、葉っぱはみそ汁、そしてダイコンの半分はダイコンおろしにした。
おろしの相方は、ジャコにしようか焼きあげにしようかと思ったけれど、
お惣菜で買ってきた唐揚げに乗せて食べてしまった。
うまいーうまいー


日曜は法事があったので夕方畑に行った。
この日の初収穫はほうれん草だ。
育ちすぎているので、売ってるのと比べると大きくて分厚い。
帰宅したら花壇のコカブが混み過ぎている。
間引きしよう。

この日は買い物に行ってないから、夕食はあるもので作らなくてはならない。
先週の残りのサトイモと、昨日の残りのダイコンを鶏肉やこんにゃくと煮た。
コカブの間引き菜はサッと湯がいておひたしだ。
ホウレンソウはベーコンとソテーにした。

夕食

うまいーうまいー、煮たダイコンとサトイモ、やらかいー
コカブのおひたし、今日はゴマ油かけたら、合うー。
ホウレンソウ、肉厚ー、ステキー。

これが飽きるまでつづくのだ。






↑冷凍室には刻んだゴーヤがたっぷりクリックしてね。




今重い
[ 2023/11/13 06:43 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)

無駄カロリーだと知ってても

日本人のソウルフード『みそ汁』について語りたい。
とはいえ、日本人である私がみそ汁について好き放題に語れば、
それはもう、銀河系の歴史について若者に教える星雲の長老のように長いものになるだろう。
なので今回は、〝だし”と〝味噌”については語らない。
つまり、〝具”のお話だ。

〝具”についても各家庭、各個人でアリ、ナシ、がはっきりしている。
例えば我が家では、キャベツ、ジャガイモ、芋類は認められていない。
ちづるに言わせるとモヤシも排除したいらしい。
豚汁にちょっと入ってるのは良いが、みそ汁には嫌なのだそうだ。
私は、モヤシ単独はいやだが、ワカメや玉ねぎのみそ汁のわき役でいるのはかまわない。

具自体の好みもさることながら、組み合わせの問題もある。
私は、ワカメ、なめこ、アオサには豆腐。
玉ねぎ、ハクサイ、ナス、にはアゲが定番になっている。
ちづるは、アゲはなんにでも合うと言っている。
そうかもしれない。


とは別に、今の時期だけ特別なみそ汁の具が頻繁に使われる。
それはダイコンの葉、あるいはダイコンの間引き菜だ。
これは『菜っ葉』というくくりなので、相方はアゲになる。
さらにプラスがある。
天かすだ。

私はともかくこの菜っ葉とアゲのみそ汁に天かすを入れて食べるのが大好きなのだ。
いや、もう小出しにするのはやめて一気に発表してしまおう。
私は、菜っ葉とアゲのみそ汁に、天かすと卵を入れて、ごはんと混ぜて食うのが大好きだ。
ちなみに、天かすの方にも好みがある。
イカやエビのエキスなんか入ってなくていいから、なるべく白くてふやふやするやつがいい。

健康のためにみそ汁に酢を入れて食べている私なのに、
そこに無為に脂っ気をプラスする天かすを入れるというのはなんたる本末転倒。
でも好きなんだから仕方がない。

本当は、ワカメ&豆腐+天かすin玉子ONごはんも同じぐらい好きだ。
ひょっとしたらこちらの方が好き度が高いかもしれない。
だとしても、ダイコンの間引きは今の時期しか食べられない。
この希少価値がありがたみを増している。

そうそう、今日はダイコンの初収穫ができた。
ダイコンもみそ汁には魅力的な具だ。
相性のいいのはアゲ、残念ながら豆腐、天かす、玉子とは相性が悪い。

豚汁……するかな。






↑今朝はパンとみそ汁クリックしてね。




おあげ
[ 2023/11/12 07:10 ] | TB(0) | CM(4)

神の一人が歌う歌

神5飲み会の開催が決定した。
ちなみに『神5』とは、いつもの居酒屋の常連筆頭スキンヘッド1号と、
バイトのМえ、その妹、元バイトのAりという最高年齢差45というメンバーだ。
他の常連からしたら〝ぬけがけ”以外の何物でもないのだが、
女子の側から声がかかるのだから仕方ない。

なぜ「神」と呼ばれるかというと、自分たちでそう呼んでいるだけなのだが、
ともかくそのメンバーで行ったカラオケが楽しかったのだ。
重要なのはAりからの指示だ。
主に若い女子3人が新しい歌をガンガン歌うのだが、
あるタイミングで「こみ、次1号の歌」と私が指図される。

ここで私は1号が歌いそうな古い曲を勝手に入れる。
例えば過去の例では、

♪景気をつけろ、塩まいておくれ (美空ひばり『お祭りマンボ』)
♪あなたが嚙んだ小指が痛い (伊東ゆかり『小指の思い出』)
♪あなたに抱かれてわたしは蝶になる~ (森山加代子『白い蝶のサンバ)

これはのもちろん1号のレパートリーなのだが、Aりの好みでもある。
彼女は介護の仕事をしていて、聴いているうちに昭和歌謡のファンになったらしい。
で、曲がかかれば1号は歌い、全員で盛り上がる。
ちなみに、1号はもっと最近の演歌も好きなのだが、それは歌わせてもらえない。

そういうわけで、私は次の回のために、新しい古い歌を用意しておかなければならない。
ちづるに協力してもらって、いくつか書きあげてみた。

夏木マリの『絹の靴下』はあんまり覚えていないが有名だ。
いしだあゆみの『ブルーライトヨコハマ』は外せない。
欧陽菲菲の『雨の御堂筋』は盛り上がるに違いない。
ちあきなおみなら『喝采』よりも『四つのお願い』か。
あべ静江の『みずいろの手紙』は1号には似合わないなあ。
小川知子『ゆうべの秘密』 弘田三枝子『人形の家』 中村晃子『虹色の湖』
ピンキーとキラーズの『恋の季節』はワシの持ち歌やないか。

断っておくが、これらの歌が流行ったのは本当に私たちが小さい頃のことだよ。





↑わたしはあいみょん覚え中クリックしてね。





ふさふさ
[ 2023/11/11 07:12 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(2)

便利なジャマ者

私は昼休み、おにぎりを食べた後、機械の裏で大豆を食べながら本を読む。
ニトリで買った折りたたみのくつろぎイスで、メッシュ地なので夏は涼しい。
その横には低い木の台があって、その上に不要なハンパ紙を積んでテーブルにしている。
ここに大豆を入れたシェラカップを置いてポリポリつまむのだ。

しかしこのターブルがとても使いづらい。
普段は端っこに置いてあるので、毎回ズルズルひきづって来なくてはならない。
椅子に座り、読書姿勢が完成した後で「ちょっとマメが遠い」と思ったら。
木の台の端をつかんで引っ張るのだが、高さ調節のための紙が重くて結構つらい。
何かいいテーブルはないかいな。

バケツを伏せて使おうかと思ったが、今まで床に設置していた面に食品は置きたくない。
適当な大きさの段ボール箱もいいが、軽すぎて当たっただけでマメがこぼれるだろう。
ベッドサイドテーブル的なものがあれば一番なのだが、お金を使うのは癪に障る。
壁沿いにある私物入れの文庫本棚を何とか利用できないか。

と思って気がついた。
その文庫本棚にテーブルが置いてあるではないか。
テーブルといっても、足のあるちゃんとしたものではない。
キャンプで使うイスのパイプ部に着けて使うものだ。
そうそう、壊れて捨てた先代のディレクターチェアに着けていたやつだ。

考えてみたらこれ以上ふさわしいものはない。
大きさもちょうどシェラカップと文庫本が乗るサイズだ。
問題なのは、これがこのイスに着けられるかどうかだ。
ドライバーなどの道具もいらないようなので、試しに着けてみた。

テーブル

おおー、完ぺきではないか。
むしろこのために存在すると言っても過言ではない。
角度も調節できるので地面と水平にできる。
ああうれしい。
悩みの解決と、不要物の再利用が同時にできて感無量だ。


で、昼休みが終わって思い出した。
これを着けると、このイスは折りたためなくなるのだ。
だから外して片付けてあったのだ。
ああ、でも使用時はとても具合がいい、ので機械の裏には椅子が常に設置されている。
だから腕立て伏せはできていない。






↑ゴマ置場も欲しいと思い始めたけどクリックしてね。




便利
[ 2023/11/10 07:01 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)

初めて焼くであろう日清の

何度も言うけど、三連休明けの月曜の、朝一番が健康診断だった。
そのため、本来なら血圧降下のために摂取している食品たち、
血圧ヤクルト、ハイカカオチョコレート、バナナ、ゴマ、酢、納豆などが不足した状態で、
数値を調べられるという不本意な事態に陥ったのだ。

それとは別に、確実に不足していたものがあった。
白ごはんだ。
我が家では休日の朝はパンと決まっている。
三連休+月曜は朝抜きだったので、この四日間はごはんを炊かなかった。
これはストレスだ。

お昼は外食だった。
金曜は唐揚げ入り中華飯とギョーザ、土曜はナポリタンとサラダ、
日曜はざるそばと天丼のセット。
「ごはん食っとるやないかーい!」と思うかもしれないが、いつものごはんが食べられていないのだ。

というわけで、火曜には中4日で久しぶりの朝食だ。
玉子納豆を混ぜたごはん、うまーい。
お昼はこんぶと梅干しのおにぎり、うまーい。
「白ごはんでもないやないかーい!」と思うかもしれないが、わかってちょうだい。

で、夕食は焼き鳥や冷奴でビールを飲んで、シメをどうしようかと考えた。
少しだけ残っていたごはんはちづるにゆずったのだ。
考えられるのは、日清焼きそば。
あと、野菜ズープが少し残っているのでオートミール粥にするか。
ああ、日清焼きそば食いたい、でも野菜ズープを残しておくと明日の朝みそ汁が飲めない。
野菜ズープを作ったから、みそ汁は白ごはんよりご無沙汰なのだ。

日清焼きそばを作るとなると、肉やモヤシや卵を入れたくなる。
この残り野菜ズープには野菜が入ってるから、こいつで日清焼きそばを作ったらどうだろう。
そうだそうしよう。
鍋の野菜ズープをフライパンに移して点火、沸いてきたら日清焼きそばの麺を投入。
ううむ、ちょっとズープの量が多かったかもしれない。

野菜ズープは味付けはしないのだが、コンソメの素にどれだけかの塩分が混入している。
しかも水分が多くて麺が柔らかくなったのにたぷたぷだ。
よし、ソースを入れるのを断念して、とろみをつけてやろう。
インスタントのあんかけ焼きそばだ。

これはこれで結構おいしかった。
ただし、日清焼きそばとは別物だ。
ソースと青のりは残っている。
さて、なにを『日清焼き○○』でいただくとしよう。





↑カレーヌードルはまだ温存クリックしてね。





青のり付き
[ 2023/11/09 06:56 ] | TB(0) | CM(4)

あっち向いて不本意

さて、どっちがいいか。
つまり、自転車のライトはタイヤに取り付けてダイナモで発電するタイプか、
ハンドルに着けて電池で光る懐中電灯タイプか。
今ついているのはダイナモタイプなのだが、何が悪いのだか点灯しない。

家にある懐中電灯タイプのライトはハンドルに接続するパーツが無い。
なので手に持って試してみたのだが、なんだかかごが大きすぎてうまくいかない気がする。
ハンドルの一番高いと思われる位置に取り付けてもかごが照らされているのだ。
やっぱりダイナモタイプがいいか。
電池もいらないし、あの負荷はカロリー消費にもつながるような気がする。

てなことで悩んでいるうちに、ちづるがネットでいいのを見つけて取り寄せてくれた。
私の小遣いが減らないのならどちらのタイプでも構わない。
日曜の午後、古いのを取り外し、新しいのを取り付けた。
はずして、つけたのだからやり方はわかった。
たいして悩むことなく、交換は完了した。

月曜は天気の都合と、健康診断という理由で車で出勤したので、
火曜の帰り道が初ライトということになる。
定時にタイムカードを打って、自転車で出発する。
明るい駐車場でペダルをこぎ出してすぐ、つま先でライトをつける。

ううむ、国道は明るいからちゃんと点灯しているかどうかわかりにくい。
しかし、ちょうどいい位置が照らされているようには思えない。
一体この自転車はどこを照らしているのだろう。
ちょっと暗い道を走ってみようと側道の下り坂に入ってみた。
おお、真正面の塀にライトの中心を発見したぞ。

下りで真正面が照らされるということは、かなりライトが上を向いているのではないか。
平坦な道になり、ハンドルを振ってみてわかった。
アパートの二階を照らしている。
上を向いているというよりはのけぞっていると表現したいぐらいだ。

ちょっと止まって、ライトの位置を見てみた。
この時にダイナモタイプの一番の弱点が判明した。
止まったらライトが消えるのだ。
こうなったら家までこのまま行くしかない。
どうせドライバーはないし、上を向きすぎていて、対向車もまぶしくはないだろう。

家に着いた。
途中で買い物をしたから、冷やすものは早く冷やしたいし、
ドライバーを使うような作業はしたくないし、ビール飲みたい。
明日出勤して、帰りの時間までに直すことにしよう。
さて、天気の良い日中に自転車のライトのことを思いだせるかどうか、お楽しみだ。






↑UFOと交信しちゃったかもクリックしてね。




反射
[ 2023/11/08 06:58 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)

食のリズムが乱れる日

いつもの時間に起きて、いつものように過ごし、朝食の時間になったのでちづるを起こす。
いつもと違うのはトイレに行ったときに採尿したことだけだ。
そう、この日は健康診断だ。
だから朝食は食べられない。

普段より早く歯を磨き、ひげを剃り、新聞を読んでふて寝、いや、仮眠に入る。
特別アラームは7時40分、いつもより18分早い。
本社には健康診断の一団が出張してくるのだが、店は休むわけにいかないので、
交代で市の商工会議所主催の中小企業向け健康診断に参加する。
早く行って整理券をもらわないと、後回しになるので50分には家を出たい。

アラームが鳴ったらすぐに起きて出かける準備をする。
朝食用のパン、昼食用のカップ麺、10時のバナナ、3時の魚肉ソーセージ、
ペットボトルのお茶、血圧を下げるヤクルト、豆乳、ハイカカオチョコレート。
よし、これだけあれば十分だ。

本当はちょっとでも体重を減らすために自転車で行きたかったのだが、
朝まで雨が降っていたし、夕方にも雨になるというので車で出かけた。
8時半からのところ8時8分に着いたのに、もう25番だった。
しかし、人員の配置が良くて、いつもよりサクサク進んだような気がする。


会社に着いたのは9時20分ごろだ。
10時じゃないけど、まずバナナを食べた。
パンを食べたかったのだが、このバナナがちょっと古くなっていたので処分したのだ。
それだけでは空腹が満たされなかったので血圧を下げるヤクルトを飲んだ。

お昼にパンを食べることにした。
日曜に行ったスーパーにカレーパンがなかったので、切り株みたいな甘いパンだ。
そして豆乳を飲んで、炒り大豆をかじる。
つまりカップ麺は食べずに持ち帰ることにしたのだ。

空腹に耐え、久しぶりのカップ麺を楽しみにしていたのになぜか。
それは、健康診断で、体重、腹囲、血圧がちょっとアレだったからだ。
優勝ではないぞ。
3時には魚肉ソーセージを食べた。

帰宅したらちづるがチャーハンの用意をしていた。
あと、ギョーザとサトイモと野菜ズープと、ビールだ。
腹いっぱい。






↑そういえばちょっと前に献血したばっかりクリックしてね。




そろそろ
[ 2023/11/07 06:56 ] 健康 | TB(0) | CM(2)

すべて栄養に

一昨日、ちづるの実家の庭の片づけをしたと書いた。
午後も実家に行き、写真の枝の葉っぱをハサミで切り落とす作業をした。
できた分だけを、畑に持って行って、処分穴に捨ててきた。

枝

次の日、午前中畑に行き、その後本屋に行った話を書いた。
その帰りにも葉っぱ切り作業に行き、できた分を畑に捨ててきた。
この二日で結構作業が進んだ気がした。

三連休の最終日の日曜、朝から墓参りに行き、そのままちづるの実家に向かった。
ちづると二人、ほぼ無言でチョキチョキ作業する。
なんとかお昼までに片付いた。
葉っぱを畑に捨ててくれば、残るは〝木”の部分だけだ。
これをどう処分するか。

60センチ以下の長さに切れば、市の燃えるゴミに出せるらしい。
でも何となくもったいないような気がする。
家の近くの田んぼの間にある土地には、毎年大量の〝木”が山積みにされる。
ときどき重機で混ぜたりひっくり返したりしているのを見たが、
これが最終的には土の山になるのだ。

アレは堆肥に違いない。
ホームセンターで買う培養土にも、材料に『チップ』と表記されているのがある。
〝木”は肥料になるのだ。
そうそう、広葉樹の落ち葉は最高の堆肥になるというではないか。

なので残った枝はしばらく干し、ポキポキ折れるものは細かくして容器に入れておこう。
大きなものは鉈で細かくして腐葉土と混ぜておこうと思う。
もちろん作業にはこれから長い時間がかかると思うが、冬場は畑作業が少ない。
なんとかなるんじゃないか。
なにしろ私は庭に防草シートと砂利を敷いた男なのだ。


買い物中に、月曜が健康診断だということを思いだした。
この日はお酒は禁止だし、夜10時以降はモノを食べてはいけない。
サトイモの煮ものとおひたしとのり巻きで夕食を済ませ、
8時前に甘いものでコーヒーをいただいた。

もちろん朝食も食べられない。
昨夜、最終食が早すぎた。
うー、腹が減った。
私用の肥料が欲しい。






↑そういえば三日間納豆もハイカカオチョコも食べてないぞクリックしてね。




食べたい
[ 2023/11/06 06:48 ] ワシのこと | TB(0) | CM(2)

あいうえおでも許す

畑でカブやダイコンの間引きやサトイモの収穫の後、昼食を食べに出かけた。
いつも中華だからたまにはラーメン、と思って向かった店が臨時休業。
しかし抜け目ないワシたち、ちゃんと第二候補の店を考えていた。
伊勢市駅近くの喫茶店で鉄板ナポリタンをいただこう。

で、そちらに向かう道中で、おかしな二人乗りのバイクに遭遇した。
あ、そういえば、明日は熱田神宮から伊勢神宮への大学駅伝だ。
これは撮影のリハーサルに違いない。
その後、走っている若者を数人見かけたが、あれは選手なのだろう。

それが影響しているのかと思った大渋滞だが、そうではない。
よく考えたら三連休ではないか。
伊勢市駅前と言えば伊勢神宮の外宮の真正面、混んで当然だ。
渋滞を避けて行くと目当ての喫茶店に行くのは無理だ。
郊外の書店横の喫茶店まで避難しよう。


店は変わったけれど、目当てのナポリタンのあと、本屋で物色。
本屋さんには二種類ある。
文庫本が出版社別になっている本屋と、作家別になっている本屋だ。
私は出版社別が好みなのだが、最近はどちらでも認められるようになってきた。
ここは作家別なのだが、苦にならず『あ』から順番に見てゆく。

見ながら不満がくすぶってきた。
スーパーなら、売れセンが見やすい高さに並べられているはずだ。
なのにこの本屋では、作家のあいうえお順だから売れっ子も新人もごっちゃだ。
なんで益田ミリや三浦しおんや宮部みゆきが最下層に並べられているのだ。

私は視力がいいから、ちょっと離れても最下層の背表紙の文字は読める。
だがそれは通路の反対側の本棚にくっつかなくてはできない。
さらに、興味が沸いた本を手に取るには、痛い膝を屈伸させてしゃがまねばならないのだ。


それとは別に、私個人の問題もある。
私は一通り本棚をチェックしてから、欲しい本を取りに戻るタイプだ。
だが、最近の脳の調子では、その本を思い出せないでいる。
今日も「あの背表紙が黒い短編集」と思ったのだが、黒い背表紙を観直したがそれはなかった。
なんという作家だったか、なんというタイトルだったか、なんてことは問うだけ無駄だ。

結局、後半の本棚で見つけた一冊と、新刊のおすすめ棚の一冊を購入した。
買うかもしれないとチェックしていた本は、チェックしてないことになっていた。
でもいい、それは今度本屋に行ったときに探す楽しみができたということだ。
ただ、次に行く本屋がどういう順で並べているかはわからない。
黒い背表紙の短編集が置いてあるかどうかは不明だ。

それを私が覚えているかどうかも不明だ。






↑『恐怖の正体』もまだ読み終わってないんだけどクリックしてね。




箱
[ 2023/11/05 07:17 ] 納得できん | TB(0) | CM(3)

家庭菜園ではない

畑作業はダイコンの間引きぐらいなので、一日でいい。
というわけで、三連休初日は空き家になっているちづるの実家の庭をきれいにすることにした。
ここは車2台が停められるぐらいのスペースに木が植えてあったり、
植えていない木じゃないものが木のようになっていたりする。

10時ごろから作業スタート。
藪のようなところに入らねばならないし、まだ虫もけっこういるので、
いつもの畑作業の衣装の上に上下のヤッケを着た。
これだと植物の破片や虫たちが衣類の中に侵入してこない。
が、暑い。

まず、のこぎりが必要な太いものを切り倒す。
大きすぎたら枝を切ったり半分にしたりする。
〝のこぎりで切る”という作業は結構な重労働だ。
内側から久しぶりのタイプの汗が噴き出してくるのを感じる。
切ったものは下がコンクリートの駐車スペースに運ぶ。

大物が片付いてから、鎌で下草を刈る。
柵に絡んだツル性のやつらがめんどくさい。
これは隅っこにまとめて置いて、後日処分することにしよう。
シダ植物が多いので、畑の肥料にはなりそうにない。

そこまでやってヤッケを脱いだ。
とても11月とは思えない暖かさだ。
さてこの後は、切った木の葉っぱを落とさなければならない。
見た感じ、この日だけでどうにかなるとは思えない。

枝

一旦帰宅し、シャワーを浴びて、昼食に出かけた。
食後、そのまま実家に向かう。
はさみとカマで葉っぱを落とし、細い枝を短く切る。
畑の処分穴に入れるもの、市のごみ収集に出すもの、枝、の三種類に分類する。

飽きたー。
それに、これはちょっと乾燥させた方が量が減りそうな気がする。
そうだ、三連休の私たちには、明日という日があるではないか。
帰ってアイスクリーム食って、夕方まで寝た。





↑のこぎりを塗り忘れたよクリックしてね。





倒れるぞ
[ 2023/11/04 07:00 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(3)

あの頃は無理できた

今日は文化の日。
金土日と三連休だ、わーい。
などとのんきに構えてはいられない。
この三連休明け、月曜日は朝から健康診断なのだ。

今回は血圧は心配していない。
つい最近献血に行ったとき「まあステキな数値」と褒められたばかりだからだ。
だからと言って問題がないわけではない。
今回の心配項目は、ズバリ体重だ。
ここしばらく経験したことのないヤバいレベルになってきている。

それもそのはず、バナナだ大豆だ魚肉ソーセージだとエネルギーは摂取しているのに、
それを利用するはずの運動を全然していない。
片道15分の自転車通勤が唯一の運動だ。
これではいかん。


先日、会社で空き時間ができたので、ちょっと運動をしてみた。
腰回しをして、タオルを持って肩のストレッチをして、腰左右曲げをして、
血圧用のストレッチを4種類ほどした。
これらは運動ではあるが筋トレではない。
筋肉を動かしてエネルギーを消費しなくてはこの腹はへこまないのだ。

久しぶりに腕立て伏せをしてみることにした。
まったく普通の腕立て伏せを10回×3セットした。
なんと、これっぽっちのトレーニングで二日後にはすごい筋肉痛になったではないか。
筋トレにノッていたころは、機械の裏で1分間に60回していたのに。

次の日はスクワットを10回×3セットしてみた。
自転車をこいでいるせいか、こちらは大した筋肉痛にはならなかったが、足の力が抜けてしまった。
むかしの体力が残っているつもりで20回×5セットなどをいきなりやらなくてよかった。
以前の私なら、急激な運動をしてどこかを痛めているはずだ。

こんなちまちました運動で始めたのには理由がある。
ちょっと前、同じように「ちょっとでも運動しなくては」と思ったとき、
寝床の布団の上で腹筋を4種類、10回ずつしてみた。
ほんの軽いものだったが、ふとんに入った時に異変に襲われた。
腹筋が攣ったのだ。

痛さのあまり「がー」と声が出た。
そうだ、10年以上前、ジムで腹筋が攣ったとき、対処法を教わったのだ。
うつぶせになってオットセイのように体を反らせる。
足の指が攣った時に引っ張るように、伸ばさねばならない。

幸いすぐに収まったのだが、これで急激な運動が怖くなってしまった。
ささやかな運動を始めてちょっとずつ増やしていくしかないのだ。
もうおじいさんなのだ。





↑休日はお昼にハイカロリーなものを食べてしまうのでクリックしてね。





攣っている
[ 2023/11/03 06:51 ] 健康 | TB(0) | CM(2)

ハエはまた来る

ちょっと涼しくなったからだろうか、また職場にハエが出た。
最初は視界の端っこを横切り、確認しようとするとどこかへ行く。
両手がふさがっていると目の前を飛び、何か道具を手に取るといなくなる。
休憩していると耳元で羽音を立て、退治しようと立ち上がると姿を隠す。
そしてなんとかやっつけると、待っていたかのように2匹目が現れるのだ。

今年はハエが多いとみんなが言うので、前回ハエが出たとき、ハエタタキを購入した。
機械の上に新品のハエタタキがいつでも出陣できるように待ち構えている。
このハエタタキを用意してからハエの姿を見なくなっていた。
いよいよ出番が来たのだ。


しかし最初に紹介したように、ハエはハエタタキを手に取るといなくなる。
ちょいと素振りをして定位置に置くとまた現れる。
送りの荷物を作っているときはハエタタキを机の上に置いておいた。
サッと敏捷に持てるのだが、そんなときハエは荷物や箱やテープの後ろを飛ぶ。
その辺が叩きにくいということを知っているようだ。

いた。
作りかけの荷物の段ボール箱、開いたふたの内側に止まっている。
微妙なラインではあるが叩けない位置ではない。
私はそっとハエタタキを手に取り、ゆっくりと近づき、直線で叩ける位置に構える。

バシッ!
やった! のではないか?
飛んで逃げる姿は見えなかったが、そちら方面に死骸はない。
機械のテーブル面だから一目で見渡せる。
手ごたえはあった気がする。

とすると、箱の中に落ちてしまったのか?
箱の中には緩衝材としてくしゃくしゃに丸めた紙が詰め込んである。
その隙間にでも入ってしまったのだろうか。
お客さんにハエ入りの荷物を送るわけにはいかない。
丸めた紙を取り出し、広げて確認してみる。

大丈夫だ、いない。
私は荷物を梱包し、次の荷物に取り掛かった。
が、気になる。
何かのはずみでもっと奥深いところ、底のふたを折り曲げたスキマとかにいたのだろうか。
いやそんなはずはない、やっぱり叩き損ねて逃げたのだ。

だとしたらやつはどこかにいるはずだ。
どうした、どこに行った。
元気でいるのならその姿を見せてくれ。
「ここにいるよ」と私を安心させてくれ。

いた!
なんだお前、元気だったのか。
いるならいると早く教えてくれんかい。
叩いちゃったかと思うじゃないか。

はっ、まさかお前……2匹目では?





↑入ってたらすいませんクリックしてね。





裏にいる
[ 2023/11/02 07:05 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(2)

早寝する11月

いつも通り定時1分前にタイムカードを打ち、ソッコーで帰宅。
家に着くとちづるが夕飯の用意をしてくれていた。
茶碗一杯のごはんをガサガサッといただいて着替える。
6時10分に家を出たい。
そう、今回からみそか寄席の第2部は7時開始なのだ。

前回までは9時半開始で、8時40分に家を出ると整理券は3~6番ぐらいだった。
それが7時だと21番、やっぱり人が多い。
いつも一緒に行く友人Fは職場が遠いので時間ギリギリだった。
ただ、会場の前の方がざぶとんで、その後ろがイスだったため、遅い番でも前の方に座れた。
どうやらみんなヒザが悪いらしい。

今回はホストの桂文我さんのほか、笑福亭生喬さん、露の真さんと、
三重県松阪市と志摩市
出身の噺家さん三人だ。
落語三席のあとの対談は地元話で盛り上がった。

いつもならコンビニで買い物をしてから友人Fと別れ、帰宅して一杯やるのだが、
駐車場所も変わったので友人Fと別れてから買い物をして帰宅した。
まだ鑑定団がやっている。


てなわけでカレンダー。
てなわけで、なんて言ってしまったが、早く帰ってきたんだから普通の更新ができるはずなのだが。

11月


カレンダーでは珍しいトケ井の後ろ姿。
と思ったけどそれほどでもないか。




↑やっぱり眠たいクリックしてね。

[ 2023/11/01 06:59 ] カレンダー | TB(0) | CM(3)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム