fc2ブログ
2022 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312023 01
月別アーカイブ  [ 2022年12月 ] 

歩行器と狼が来た

母の性能が落ちてきた。
入れ歯はどこかに行ったままだし、電話の使い方もわからなくなっているようだ。
時間の感覚がおかしくなって、寝たり起きたり食べたりのリズムがずれている。
食べ物を温めたりお湯を沸かしたりできているのかもあやしい。

というわけで実家に行く回数も多くなっている。
月・木の仕事後と、土曜のお昼前だったのが、先週はほぼ毎日だった。
朝からちづるに行ってもらったり、私が昼休みに走ったりした。
ちづるには洗濯をたくさんしてもらっているし、紙パンツも吸水量の多いのに替えた。

諸悪の根源は、膝が悪いことだ。
ともかくよちよちとしか歩けないのでトイレに間に合わないことが多い。
日によってはベッドから起きてこられないときもある。

そこで、ケアマネさんに相談して、歩行器をレンタルすることにした。
土曜に介護グッズのメーカーさんとケアマネさんが来てくれた。
室内用ということで小さい歩行器なのだが、母に使わせてみると具合がよさそうだ。
両手で取っ手をつかむので膝にかかる負担が少ないようで、
痛がらないし、歩く速度は杖の時の倍以上だ。

あと、ケアマネさんのお勧めで、玄関とトイレ横に手すりを、
お風呂用の補助台を用意してもらうことにした。
あとは母にこの歩行器を覚えてもらい、常に使ってもらえるかどうかだ。

私とちづるが帰るとき、その歩行器を使って玄関の方まで着いてきた。
ここしばらくは膝が痛いというので、食卓でバイバイしていたのだが、
ついでにトイレに行くという。
玄関を閉めて車に乗って、ひょっとしたらと思って待っていたら、
久しぶりに窓を開けて見送ってくれた。

帰宅して見守りカメラの映像を見ると、ちゃんと歩行器を押して戻っている。
コタツに入ってテレビを観ていて、早い時間に寝室に行ったようだ。
これで安心してお笑いコンテストが観える。


番組終了後、ちづるが見守りカメラを見て妙なことに気が付いた。
画面の端っこの方、トイレに近いところに母の頭の一部が映っている。
何か助けを求めているようだ。

電話に近いところなので掛けてみたが出られないようだ。
留守番電話に切り替わったら私の声が聞こえるはずなので話しかけてみる。
その返事をちづるが見守りカメラで聞いて私に伝えるというややこしいことになった。
私たちはお笑いの友にお酒を飲んでしまったので弟に行ってもらうよう頼んだ。

母は歩行器を使っていなかったが、そのあとなんとかタンスの部屋の椅子に移動した。
弟が到着、大丈夫かと訊ねたら、

「なにが?」

おいおい、ワシが嘘つきになってしまうやないか。






↑たくさん寝た母は今朝も早起きクリックしてね。




歩く
スポンサーサイト



[ 2022/12/11 07:49 ] 身内のこと | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム