fc2ブログ
2022 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 11
月別アーカイブ  [ 2022年10月 ] 

ハーネイハーナイハーアラヘン

あれっ、なんだか不審な隙間があるぞ。
母と食事をしていてそう思った。

「ちょっと、『いー』ってしてみな」

「おほほほ、歯抜けやから見せられん」

と言いながらいーっとした母の上の前歯が一本無い。
もちろん入れ歯なのだが、なんかのはずみで折れてしまったらしい。
折れた方の端があればアロンアルフアかなんかでくっつけるのだが、
母はそれをどうしたか覚えていないという。

その断面に角でもあって舌や唇に当たるのか、
母は痛いからと言って上の入れ歯を外してしまった。
これは歯医者に相談しなければならないかもしれない。

ちづるが用があって実家に行ったとき、母の歯医者の診察券を見つけてくれた。
母に訊いてもわからなかった入れ歯製作者がこれで判明した。
さて、どうしたものか。

直してもらうのは母の歯ではなく、入れ歯の一本だ。
だったら母は行かなくてもよいのではないか。
だって、入れ歯を装着してあの椅子に座るわけではない。
母は膝が悪いし医者嫌いだから、診察券と入れ歯だけで通院してもらいたい。

ちづるは「そんなわけにはいかんやろ」というが、だとしたら毎回母を連れて行くのか。
その歯医者に電話して聞いてみよう……と思ったのだがその日は忘れていた。
次の日になったらもう電話したくなくなってしまった。
そんなややこしいことを電話で訊くのはまっぴらだ。

土曜日は母の通院日だが、血圧と薬の日だから母は行かなくてもよい。
私が薬だけもらって、そのあと買い物もしてくるのが一番効率的だ。
歯医者さんはスーパーまでの途中にあるので、寄って話を聞いてこよう。

土曜日、ちづるは調子がいまいちだったので私一人で実家に行った。
母は上下とも入れ歯を外している。
私一人で病院に行き、スーパーまでにある歯医者さんを目指した。
が、その国道沿いの小さな歯医者さんの駐車場はいっぱいだった。

仕方ないので買い物をして実家に戻る。
食事をするのに入れ歯を着けさせる。
お昼を食べて、テレビを観て、お風呂に入らせる。
入れ歯のことは気にならないのか、なにも言わない。

慣れたのか。
だったらもういいか。





↑食事前に歯を着けずに豆菓子を食べようとしてたけど、出してたクリックしてね。





ネズミな人
スポンサーサイト



[ 2022/10/30 06:55 ] 身内のこと | TB(0) | CM(3)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム