fc2ブログ
2021 081234567891011121314151617181920212223242526272829302021 10
月別アーカイブ  [ 2021年09月 ] 

になう

二日雨が続いた後の秋分の日はまさに秋晴れ。
絶好の墓参り日和だ。
久しぶりにちづるの車でお出かけすることにした。

墓参りを終え、通り道にあった中華料理店でちょっと早めの昼食にした。
私は焼きそばと唐揚げの定食、ちづるはタンタンメンのセットだ。
ちづるが唐揚げとご飯を残したので私が片付ける。
こんなに一気に炭水化物を摂取したのは久しぶりだ。

久しぶりのショッピングセンターに寄ってみた。
なんと、ここまでに三回も『久しぶり』という単語を使っている。
それほど自粛していたということなのだ。
まだ緊急事態宣言が解除になってないからだろうか、お昼時だというのに閑散としていた。
解散して店内を散策したが、私は『ターザン』を買っただけだった。

ブックオフに寄った。
何も買わなかった。

スーパーに寄って食品を買う。
カツオのたたきと焼酎などを買った。
暑さ寒さも今日まで、というはずなのに暑かったのでアイスクリームも買った。

帰宅したのが早かったので実家に行こうかとも思ったのだが、
母がディサービスだと思い出してやめた。
アイスクリームを食べた。

疲れたので仮眠した。


暑くて目が覚めた。
時計を見ると夕方4時半だ。
まだ何かちょっとならできる時間だ。
これはチャンス、あるいはきっかけ、あるいは与えられたタイミングなのだ。
いよいよアレを使う時が来た。

カッター


玄関に三つ積んである発泡スチロールの箱はずっとジャマだった。
しかも金曜日はプラごみの回収日だ。
回収袋に入るよう、この箱を解体しよう。

カッターに電池を入れて、まずはふたから切ってみる。
スイッチを入れたらすぐにニクロム線が発泡スチロールに食い込んでいく。
なんだかおもしろい。
百均で買ったものにしては高性能だ。
ただ、幅が狭いので切り方を考えながらやらなければならない。

すぐに飽きた。
スイッチを押しながらしか使えないので手も疲れてくる。
だから何か造形してみようなんて気にはならない。
ひたすら箱を分解して、袋に入れて、とっとと回収所に出してきた。
ゴミ





↑このタイトルはニクロム線が発泡スチロールに食い込んでいくときの感じを表したものですクリックしてね。





白
スポンサーサイト



[ 2021/09/24 06:54 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム