fc2ブログ
2021 01123456789101112131415161718192021222324252627282021 03
月別アーカイブ  [ 2021年02月 ] 

進化を嘆く

今調べてみたら去年の6月の事だった。
我が社で朝礼をすることになった。
女子が持ち回りで進行をし、店長が連絡事項を言い、その後小冊子を読んで感想を言う。
10行ほどの文章をみんなが少しずつ読むのだが、短縮バージョンの時は私がちょっとだけ読む。
そして感想を言うのは私の役目だ。

はっきり言う。
感想なんてない。
だいたいこういう冊子に書かれていることは似たり寄ったりの繰り返しなのだ。
なので、最近では朝礼とは思えないテキトーなことを言っている。

『あきらめない心』の時には「ネットを張ったけどハトが営巣をあきらめていません」
『自然を大切に』の時には「バナナとゆで卵のゴミは土に戻すようにしました」
『仕事は計画を立てて』のときは「減塩中だけどラーメン食ってしまいました」」
というようなことを言っている。
これを、朝礼前に冊子に目を通して考えているのだ。


間もなく3月のバーゲンが始まる。
百円ワゴンがカラだからメモ帳やお絵かき帳を作り始めた。
並べるメモ帳にはあいかわらず一言添えている。
これも最初はオススメの言葉だったのだが、今では全く無意味なことを書いている。

『ボンジョビでおます』
『ひげ剃って横になる』
『うどんだけ失敗』
もう必要ないと思うのだが、小柄子ちゃんが「いや必要や」というから続けているのだ。


週に数回、仕事の後に実家で母と夕食を食べる。
食べながら6千万回目の母の昔話を聞く。

『じいちゃんが芋を安く売ってしまう』
『姉さんと畑に行ってキュウリを食べるのが楽しみやった』
『近所のみっちゃんは私が迎えに行かないと起きない』
これらを毎回初めて聞くようなふりをして相槌を打つ。


朝、本来ならもっと寝ていられる時間に起きてパソコンの前に座る。
で、こんな人さまにはどうでもいい文を書き、この後数パターンしかない幼稚な絵を描く。


人類の脳ってこんなことのために発達してきたのかー!






↑そしてお盆からカレンダーのことを考え始めるのよクリックしてね。




べー
スポンサーサイト



[ 2021/02/27 07:03 ] 納得できん | TB(0) | CM(3)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム