fc2ブログ
2020 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 01
月別アーカイブ  [ 2020年12月 ] 

ふろリズム

酔っ払って目が覚めたら2時だ。
もうお風呂に入るのはめんどくさい。
このまま寝てしまおう。

これは一昨日の話ではない。
ほんの7時間前の出来事だ。
昨夜はちづると飲みに行っていたのだ。

「なんだと、二日連続で飲みに行くとは不謹慎極まりない、毛根にバチ当たれ」

と考える人もいるかもしれない。
でも、これは仕方ないことなのだ。
使い切ってない地域振興券の使用期限が20日に迫っていた。
しかも20日の夜には一年を締めくくるお笑いの祭典『M1』がある。
19日はどんな二日酔いであったとしても、飲みに行かなければならなかったのだ。


時系列に沿って重要なことだけを説明しよう。

18日、MえとQちゃんの三人で飲みに行き、深夜1時ごろ帰宅した。
サッサと風呂に入って寝てしまえばよかったのだが、
なにやらウトウトしてしまい、気が付いたら2時。
お風呂に入らずそのまま寝室に行って寝てしまった。

19日はちづるが出勤なので普段通り起床。
朝食を食べてホットカーペットで仮眠していると、

「お風呂のお湯、置いてあるでな」

と言ってちづるは出勤していった。
実家に行く日なので10時半にはお風呂に入らなければならない。
となると10時過ぎには沸かし直しのスイッチを押しておく必要がある。
この時私はまちがえた。
『ふろ自動』ではなく『追い炊き』ボタンを押さなければならなかったのだ。

チャイムが鳴ってお風呂に行くと、お湯はふちぎりいっぱい。
そのまま浸かったら私と同量の容積のお湯が無駄に溢れてしまう。
私はお湯をザブザブ浴びて体を洗った。
となると残ったお湯ももったいない。
今夜、沸かし直して入るとしよう。


ここで話が最初に戻る。
私はお風呂に入らず寝室の布団に入った。
体が温まっていないから寒い。
布団二枚の上に毛布が掛けてあるのだが、毛布が体に接している方が暖かいのではないか。

ちょうどちづるが来たので、その意見を伝えてみた。

「私はずっと前からそうしとるよ、あんたは暑がりやな~と思とった」

なんやと、ワシも暖かく寝たいに決まっているではないか。

「そしたら毛布の端っこをつかんでおれ」

私が毛布の端をギュッと握ると「そうれっ」っとちづるが二枚のふとんを引き抜いた。
そしてそのまま毛布の上に着地。
Oh’ FUTON MAGIC!
私は8時まで安らかに眠ることができたのだ。






↑私が置いといたお湯はちづるが流してしまったのでクリックしてね。




魑魅魍魎
スポンサーサイト



[ 2020/12/20 09:30 ] 寝る | TB(0) | CM(5)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム