fc2ブログ
2020 101234567891011121314151617181920212223242526272829302020 12
月別アーカイブ  [ 2020年11月 ] 

ダイコン様へのリスペクト

この季節、ダイコンは無敵だ。
数年前、ダイコンが無敵であることを知り、畑をほぼダイコンばかりにした。
今年はダイコンとサトイモで畑の85%を占めている。
サトイモも無敵なので、無敵と無敵で十二敵だ。

植えすぎたので今まで間引きばかり食べていたが、
ようやく本番、大きいのを丸々食べられるようになってきた。
日曜日に収穫したのが5本、密な所のを抜いてきたから細めだが十分だ。
ダイコンはサイズで味が変わったりしない。
使い道はいくらでもあるからこれからはノルマのように食っていくのだ。

おでんはもちろん、みそ汁、サラダ、ダイコンおろしと温冷問わずに何でもできる。
特に良いのが名もない煮ものだ。
冷蔵庫に残っているものと煮ればそれが一流の料理になる。
ブリ大根を筆頭に魚はOK、豚バラダイコンで肉もOK。
味噌でも塩で醤油でもちゃんと受け入れてくれる。


ただし、私はちょっと言いたいことがある。
ダイコンはちゃんと切ってもらいたい。
つまり、垂直、平行、水平、直角に切られたいのだ。
基本はおでんの輪切りで、そこから大工さんのように加工していくのが理想だ。

ダイコンの煮物をどこかで食べると、おかしな切り方のがある。
そぎ切り、乱切り、斜め切りなどだ。
断面が広くなれば煮物は味が浸みやすくなるという。
だからそういう切り方も“あり”なのだろうけど、
それはダイコン本来の形ではないような気がする。

輪切りでも半月でもイチョウでもいいけど、ダイコンに薄っぺらいところがあってはいけない。
そう、斜めに切ると薄っぺらいところができる。
あれはダイコンの煮物にふさわしくない。
ダイコンはカタマリであって欲しい。

カタマリを箸で切ると、何の抵抗もなくするりと半分になる。
「おお、よう煮えとる」
これがダイコンだ。
薄っぺらいところは、箸ですんなり切れて当然だ。
いわばこれはドーピングだ。

逆に、カタマリの中の方がちょっと白くて硬い時もある。
これはこれでまたダイコンの醍醐味だ。
「ああ、私の咀嚼に逆らってやがる」
ってぐらいのを「かしゅっ」っとかみつぶすのがたまらない。
やわらかくても硬くても、ともかくキッチリ切ることがダイコンへの礼儀だと思う。


さて、今日はこのぐらい書いたからもういいだろう。
ちょっと無理のある主張だったが、反対意見が出るぐらいの方が面白い。
とっとと更新して弁当を作ろう。
コンロの鍋にはちづるの作った筋肉と大根の煮物がある。
二日目になるからさらにおいしくなっているだろう。

が、無敵のはずのダイコンにも弱点があった。
ちづるに、ダイコンを弁当に入れるのは禁止されているのだ。






↑早く煮えるように小さく切りがちなんだけどクリックしてね。




しかも白
スポンサーサイト



[ 2020/11/19 06:57 ] | TB(0) | CM(10)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム