fc2ブログ
2020 101234567891011121314151617181920212223242526272829302020 12
月別アーカイブ  [ 2020年11月 ] 

丈夫で長持ち

形あるものはいつか壊れ、大切なものは早く壊れ、買い換えたいものは壊れない。

腹筋きたえ機がやっと壊れた。
これは某氏がネットで2000円で買い、新品のまま私にくれたものだ。
本体、アタマ部、足部が板バネでつながっていて、
その反発力でハードに腹筋を鍛えられるというモノだ。
頭をあげれば腹筋上部に、足を上げれば腹筋下部に効く。

壊れたのは足部だ。
足を突っ込むところは、ベルトの4つの穴の差し込み方で3段階に調節できるようになっている。
私は部屋で裸足で使用するので、一番短くしていた。
この穴が、長く力がかかっていたのでちぎれてつながってしまったのだ。

たぶん、底の厚いトレーニングシューズを想定したサイズなのだろう。
もうゆるゆる過ぎて力が込められない。
見ればこの石油製品的なパーツは劣化してボロボロだ。
さすが2000円、捨てよう。

実は懸垂のできる鍛え機が欲しかったのだ。
腹筋なんて気持ちさえあれば道具は必要ないのだ。
その点、広背筋はなかなか道具無しでは鍛えにくい。
しかも私のパソコンは、やたらトレーニンググッズを紹介してくるのだ。


壊れないのは、というか、破れないのは畑用のヤッケだ。
畑の厳しい環境で使うことが前提なので丈夫にできているのだろう。
これを着ていれば風が吹いても寒くないし、汚れは付きにくく、
ツルツル素材でできているのでひっかけてかぎ裂きを作ることもない。

つまり、全く普通の状態で作業に使えるのに、どうして買い替えたいか。
色が“エンジ”なのだ。
畑を見たらたいていおばちゃんが“エンジ”、おっさんは“紺”を着ている。
幼稚園で男児が水色、女児がピンクを着ているようなものだ。

だったらなぜ“エンジ”を買ったのか。
“紺”がゴミ袋みたいに感じたからだ。
同じことを思う人もいるのだろうか、“エンジ”を着ているおっさんも確かにいる。
男女を考えずにトータルで見ると、圧倒的に“エンジ”の率が高い。

が、私が“エンジ”を買った直ぐ後、ホームセンターで見つけたのが“迷彩”だ。
ウチの地区の畑ではいまだにあまり見かけない“迷彩”。
ああ、アレを着て畑作業をしてみたい。
でも、ヤッケは破れない。
夏の作業服は何度も破れ、長靴には穴が空き、クワの柄が折れたこともあったけどヤッケは破れない。

そうだ、これはダイエットスーツとしてウォーキング用にして、
畑用に迷彩ヤッケを買おう、と思ったことがあった。
でもよく考えたら、ウォーキングこそ迷彩でやりたいわい。






↑フライパンはすぐくっつくようになるけどクリックしてね。




上を見た
スポンサーサイト



[ 2020/11/05 06:52 ] ワシのこと | TB(0) | CM(9)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム