fc2ブログ
2020 101234567891011121314151617181920212223242526272829302020 12
月別アーカイブ  [ 2020年11月 ] 

そろそろ考えなくてはいけない十一月

おい、なんだ、朝が寒いぞ。
それもそのはず、もう十一月だ。
その前に、みそか寄席がある。
先月から復活したのだ。

とはいえまだまだソーシャルデゴザンス。
入場者は25人に絞られ、入り口では熱を測られ手を消毒する。
出演は前回同様、メインの桂文我さん一人。
つまりは独演会だ。

ネタは『子猫』と『音曲質屋』
前回はなかった休憩が間にあった。
会場の換気をするのだそうだ。
別の部屋に移動してお茶をいただく。
その時間にちょいと写真を撮らせてもらった。

すし久

江戸時代の料理旅館を移築したというすし久。
会場のある二階階段横から下を見下ろした図だ。
この光景をお見せしたいと思い始めて二十年以上。
やっと私の望みがかなった。

画面左の方にある戸棚の上にはたくさんの招き猫の中に、一匹だけ眠り猫がいる。
そして右の方、梁の上にはネズミが一匹。
わざわざこんな彫り物を配置するなんて粋ではないか。


てなわけでカレンダー。
手持ちの手ぬぐいの柄をヒント…というか丸パクりだ。

十一月

ホントは柿に数字を入れようと思ってたんだけど、
汚くなりそうだったので別にした。
ちょうどいい柿色のペンがあったのもこれを描いた理由のひとつだ。
その色がちゃんと伝わっているだろうか。
ま、くすんでいたとして、柿の乾燥が進んだってことで。



↑トムとジェリーもクリックしてね。





スポンサーサイト



[ 2020/11/01 09:12 ] カレンダー | TB(0) | CM(3)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム