fc2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09
月別アーカイブ  [ 2020年08月 ] 

手厚くお水を

朝から墓参りに行き、ホームセンターに寄って帰宅した。
ホームセンターで買ったのは、畑用の腕時計と腐葉土を10袋。
先日土寄せをしたサトイモへのサービスだ。

なにしろ畑の状況はひどい。
長梅雨の日照不足でろくに育たなかった苗たちが、今度は日照りで痛めつけられている。
キュウリもナスももう枯れそうだ。
あのゴーヤですらろくに実をつけない。
元気がいいのはアフリカ原産のオクラぐらいだ。

だから、今年の夏野菜はあきらめた。
ここからグイグイ復活してくることはないだろう。
早めに片づけて、ダイコンの種を蒔いておいた方が良さそうだ。
そして、サトイモには頑張ってもらいたい。

ただ、このサトイモというやつがとても水を必要とする。
元々沼地に生える植物らしく、常に土がとっぷり湿っていてほしい作物だ。
だから、梅雨の間はとても調子よく育っていた。
それが、梅雨明け以降、元気がなくなりつつある。


そんなわけで14日に土寄せをした。
サトイモの畝の横をクワでガリガリ削って、その土をサトイモの根元に寄せる。
良い土ならガリガリすることはないのだが、ウチの土は痩せているし、
畝の横は通り道になっているので踏み固められている。

だから腐葉土だ。
肥料にもなるし土質を変える効果もあるという。
夕方になって畑に行き、10袋の腐葉土をサトイモの根元に撒いた。
さて、あとは水やりだ。

まず、サトイモ以外の作物に、バケツで運んだ水をやる。
キュウリやゴーヤやオクラは根元に草が敷いてあるのでバケツのままザパザパ水をかける。
ニンジンの畝には柄杓でやさしく、ナスには柄杓でザブザブやる。
さあて、残るはサトイモだけだ。

サトイモは土寄せをし、腐葉土を与えたばかりだ。
土がフワフワなのでバケツでやると流れて行ってしまう。
その代り吸水性はとてもいい。
土が固いと水が表面を流れてしまうが、フワフワになっている土はスポンジみたいに水を吸う。

なぜ、サトイモを最後にしたか。
サトイモが欲しいというだけ水をやろうと思ったからだ。
苗の根元、苗と苗の間に柄杓で丁寧に水をやっていく。
それはもうジュンジュン浸み込んでいくのだが、水が横に流れ出すまでやるのだ。
なんだかお墓参りと似ている。

このやり方だと時間もかかるし水の量もたくさんいる。
両手バケツで水を運ぶのだが、一回運んだ水で苗3本ぐらいしかやることができない。
サトイモの苗は29本植わっているのだ。

サトイモは水はたくさん必要だが、日光はそんなに必要ではないらしい。
なので夕方には影になるところに植えてあるのが唯一の救いだ。






↑クリックと雨乞いしてね。




雨欲しい
スポンサーサイト



[ 2020/08/16 07:47 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム