fc2ブログ
2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03
月別アーカイブ  [ 2019年02月 ] 

実際の出来事です

ブログなんてものをやっていると、日ごろから、
「なんかネタはないかいな~」
「なんかおもろい出来事は起こらんかいな~」
とアンテナを伸ばしてクンクン嗅ぎまわっているものだ。

しかし、あまりにできすぎたエピソードだと、逆に真実味が薄れ、
「創作なんじゃないの?」と疑われることにもなる。
だからといってそれを書かないというのもおかしな話だ。
極端な話、個人のブログなんだから創作だって怒られることはない。
ただ、これは実際に起きた話なのだ。


朝、出勤前、トイレでおしりを洗っている状態で、ウォシュレットが故障した。
『停止』のボタンを押しても洗浄は止まらない。
二度押しするとノズルが動き始める『おしり』ボタンも反応がない。
もうやたらめったらボタンを押すが「うん」とも「すん」とも「ぴ」ともいわない。
この操作パネルは死んでいる。

なかなかこんなに途方に暮れる状況はない。
最も無防備なタイミングで、新手の拉致に会ったようなものだ。
両手両足が自由なのに決してその椅子から立ち上がることができない。
スマホをトイレに持ち込んでいたらちづるに助けを求められるのに、
まるで生まれた時のように手ぶらなのだ。

右脳ではなんとかこの水流を止める方法はないかと考え、
左脳では水流はこのままでこの場から立ち去る方法はないかと考え、
脳幹の奥の方では「ちょっとおもしろいことが起こったぞ」と思っているかもしれず、
その間も肛門は洗われ続けている。

腰を浮かせ、水流を手で受けて立ち上がり、サッとふたを閉めてしまおうかと考えた。
しかし、びしょぬれになるのは必至だ。
出勤前にそんな思いはしたくない。

そうだ、出勤前だった。
のんびり逆滝行をしている暇はない。
少々濡れようが何だろうがここからでなくてはならないのだ。

ちょっと待てよ、水流の温度が下がってきたぞ。
さては水を使いすぎて温めるのが追い付かなくなってきたのだな。
はっ、この水が温められているということは、電気を使っているということだ。
どこかにあるコンセントを抜けば、この水は止まるのではないか。

おしりだけその位置のまま左右の配線あたりを探してみる。
あった! アレを抜けば水は止まるはずだ。
いや待て待て、先に流すものを流しをおかなければならない。
それからコンセントを抜くのだ。


「あー、それはタッチパネルの電池が切れたんやな」
説明を聞いたちづるはこともなげにそう答えた。
そういえば、タッチパネルのランプが数日前から点滅していた。
でも、普段からそんなに注目してなかったので、トイレを出たら忘れてしまっていたのだ。

だとして、「水が出ない」の段階で電池切れろ。




<a href="https://blogranking.fc2.com/in.php?id=1532" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/b_01.gif" style="border:0px;"></a>
↑「TOTO壊れたか」なんて考えた人もクリックしてね。




逃げた

スポンサーサイト



[ 2019/02/02 06:55 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(7)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム