fc2ブログ
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07
月別アーカイブ  [ 2018年06月 ] 

あの味を食卓で

ウチは休日の昼には外食することが多い。
特に中華率が高い。
ひいきにしている店は二軒あり、今、一方にとても比重が偏っている。
そちらは冷やし中華が4種類もあり、その量が多いのだ。
普通の冷やし中華ではすぐにお腹が減ってしまう私にはありがたい。

だからもう一軒の中華料理屋さんは5回に1回ぐらいの割合になっている。
そちらに行ったとき、私はたいていメニューを迷うのだがちづるはほぼ決まっている。
『ゴマ味噌ラーメン』だ。
むしろ、ちづるがこれを食べたがるからこの店にも行っているといっていいだろう。

確かにここのゴマ味噌ラーメンはおいしい。
私もスープの味見をさせてもらって気に入っているのだが、注文することはめったにない。
このゴマ味噌ラーメン、具がほとんどないからだ。
乗っかっているのはもやしとネギぐらい。
あとはひき肉がスープに混ざっている感じだ。

私は味や食感に変化があるように具がいろいろ乗っているラーメンが好きだ。
だからこのようにずっと均一に食べ続けなければならないのは好まない。
ああ、これにチャーシューやメンマやゆでたまごが乗っていたなら。


だったら自分で作ればいい。
おそらく、味噌ラーメンにゴマを融合させればゴマ味噌ラーメンになるはずだ。
まったく同じ味でなくても、ゴマと味噌のハーモニーが味わえればいいじゃないか。
むしろ、いろいろ模索してみれば新たなゴマ味噌ラーメンに出会えるかもしれない。
それをちづるに伝えると全く同意してもらえた。

で、ちづるが買ってきたのが『マルちゃん製麺みそ味』だ。
インスタントかい。
でも、マルちゃん製麺といえば生麺に近い本格派だ。
一回目から成功するとは限らないのだからこれで試行錯誤しよう。
5袋もあるし。

まず、胡麻をする。
家にあったいりごまをちゃんとすり鉢とすりこぎでゴリゴリする。
すりごまではダメだ。
いりごまをすってすって、粘りが出るまでするのだ。
このねりごまでなくてはあの味は出せない、と思う。

本当はここにアーモンドなどのナッツ系の物が入っていると思うのだが、
最初からそんな贅沢はしないことにした。
あいびきミンチを炒め、沸騰したお湯に入れ、麺を投入。
味噌スープの素とゴマを入れ、あと1分という時間にモヤシとネギを入れる。
あっという間に完成だ。

出来上がったのはちづるもビックリ、見た目はあの店のゴマ味噌ラーメンだ。
マルちゃん製麺の味噌が、白味噌系だったのがマッチしたようだ。
実食。
うまい。
ちづるもあらぬ方向を見て「ゴマ味噌ラーメンや…」とつぶやいている。

あの店の物とは味が違う。
でも、立派なオリジナルゴマ味噌ラーメンが出来上がった。
むしろ、ひき肉やモヤシはウチの方がたくさん入っている。
ニンニクを入れたらさらにおいしさが増した。
大成功だ。

次回こそはちゃんと具を入れよう。






↑赤みそ派の人もクリックしてね。





持久戦
スポンサーサイト



[ 2018/06/21 06:48 ] | TB(0) | CM(9)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム