fc2ブログ
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07
月別アーカイブ  [ 2018年06月 ] 

おそらく接待

はるちゃんの電気椅子が休みの火曜日。
いつもならいつもの居酒屋に行くところだが、
この日はこっそりいつもとは違う焼き鳥屋に行く。
スキンヘッド1号に誘われたのだ。
彼はいつもの居酒屋に行き過ぎて、昔なじみの焼き鳥屋がおろそかになっていたのだ。


会社から歩いて10分、玄関を開けてはいるとカウンターの真ん中に1号がいた。
彼はすでに生ビールを飲み終え、新しい麦焼酎をおろしたところだった。
そのボトルを二人で開けたら、いつもの居酒屋に行く段取りだ。
1号がいつもの居酒屋に電話をかける。
団体が入っていていっぱいらしい。
だったらゆっくり飲めばいい。

焼酎があと少しというところで、1号が“皮せんべい”を注文した。
焼酎が無くなったが“皮せんべい”がある。

「冷酒でも飲もうか」

と1号が言う。
皮せんべいが無くなったが冷酒が残っている。
1号が芋のてんぷらを注文する。
冷酒が無くなる。
注文する。
芋のてんぷらが無くなったが冷酒が残っているので塩ゆで落花生を注文する。
落花生があるのに冷酒が無くなったので注文をしようとする1号を止める。
永遠に飲むつもりか。

いつもの居酒屋に電話すると席が空いたという。

二人でテロテロ歩いて移動する。
カウンターには坊主頭Fがいた。
あちらもこちらもサッカーに釘付けで、まるでスポーツバーのような趣だ。
サッカーに興味のない1号は敵の応援ばかりするのでひやひやする。

「俺の応援するのは寝コロンビア」

そこでやめとけ。

気が付いたら1号はすっかりお支払いを済ませて帰っていた。
バイトのAりは早番で帰ってしまった。
残っているのはFとMえと私だ。
なぜか私以外の二人でラーメンを食べに行く話が出来上がっていた。
それも隣の市のラーメン屋に。

家に着いたら2時だ。
1号とFが悪いのです。






↑栄養たっぷりクリックしてね。





ベロベロ
スポンサーサイト



[ 2018/06/20 06:40 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム