fc2ブログ
2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05
月別アーカイブ  [ 2018年04月 ] 

いぢわる粗大ゴミ

日曜日に粗大ゴミの収集があったので長い間始末に困っていたものを処分した。
中でもスッキリしているのが、私の部屋にあったコタツだ。
コタツとは名ばかりで、すでにコタツではなくなっていた。
いや、『なくなって板』と表現させてもらおう。

あまりに片づけたい気持ちが強くなりすぎて、ある日分解してしまった。
そして、足は可燃物の日に、発熱部とコードは不燃物の日に出してしまったのだ。
つまり、残っていたのは天板とやぐらの天部だけ。
『コタツでなくなって板』だけになっていたのだ。
おかげでテーブルとしても使えずに板、ということだ。

あとは古い扇風機と折りたたみ椅子、棚、実家のベッドなどを出した。
大物だから無くなるとスペースがとても広くなる。
その快感で更にどんどん処分したくなるものだ。
なにしろ大きいだけでなく“粗”なのだから。


なぜ“大ゴミ”ではいけないのだろう。
不要になった段階でゴミ扱いされるのは仕方ないだろうが、
収集所では使えるものは欲しい人がどんどん持って行く。
捨てた人にとってはゴミでも、拾う人には家具となるのだ。
“粗”と呼ぶ必要があるだろうか。

逆に“粗”じゃないゴミってあるのだろうか。
その理屈で行けばゴミは全て“粗”だ。
粗生ゴミに粗可燃ゴミに粗不燃ゴミに粗紙屑に粗糸くずに粗ダストだ。
地球の周りをまわっているロケットや人工衛星の破片、
いわゆるスペースデブリだって、粗デブリなのだ。


さて、私の部屋にはまだ捨てたいものがある。
徐々に捨ててつつあると言ってもいい。
以前から何度か紹介させてもらっている原稿用紙だ。
白いままだともったいないので筆ペンで文字の練習をして捨てている。
全部のマスを埋めているのだからとても時間がかかる。

昨日、やっとA4の原稿用紙を埋め終わった。
ラストは『あいみょん』の『愛を伝えたいだとか』の歌詞だ。
今夜からはB5サイズの原稿用紙に取り掛かる。
400字詰めが50枚で1冊になっているので2万文字書かなければ終わらない。
これが3冊ある。

で、もう歌詞を書くのはやめた。
歌詞サイトを見ながら写していると、すぐに画面が消えてしまってめんどくさい。
それに歌詞だと『い』とか『た』とか『な』ばかりが出てくるのだ。
そんなわけで部屋にあった広辞苑をもってきた。
これを書いていこうという途方もない思いつきだ。

いったいこの原稿用紙を全て処分できるのはいつになることだろう。
小さい文字を書かなければならないから『粗小ゴミ』といいたい。
あるいは捨てるのに長い時間がかかるから『粗永ゴミ』でもいい。
実際のところは『粗紙ゴミ』なのだけど。

それよりも、パソコンの隣の広辞苑。
粗大だなあ、と思う。





↑スッキリした気分でクリックしてね。






上を見て歩こう
スポンサーサイト



[ 2018/04/17 06:52 ] ワシのこと | TB(0) | CM(5)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム