fc2ブログ
2017 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 02
月別アーカイブ  [ 2018年01月 ] 

年末のために今できること

去年を振り返って一番しくじったと思ったのは、大掃除ができなかったことだ。
今、コタツに入っていてそう思う。
コタツというものは周りに片づけられなかった品々が集まってくるようにできている。
見渡す限り惨憺たるありさまだ。

私の右側には片づける予定の洗濯物。
左側には脱ぎ散らかした衣服。
後ろには捨てる予定の古着。
真正面には扇風機だ。

どうしてこんなことになるのだろうかと、正月そうそう考えてみた。
すると一つのことわざが浮かんできた。

一年の計は元旦にあり

つまり、いつも元旦に掃除をしないから一年中掃除をしないのではないか。
その習慣が身について年末の大掃除もしなくなってしまうのだ。
元旦に掃除をしたら、年末にもちゃんと掃除をするようになるはずだ。

しかし、年末にちゃんと大掃除がしてあったら、元旦に掃除する必要はない。
すると、元旦に掃除をしないから年末にも掃除をしなくなることになる。
ということは一年おきに、大掃除をする年と元旦掃除をする年が巡ってくるのか。
果たしてそうなるのか、今年試すことはできない。
だって、もう2日なのだから。


もう一つ、去年の反省を踏まえて新年に考えたことがある。
それは、去年あれほど苦労したカレンダー作りだ。
毎年ドブ掃除が終わったらカレンダー、と思っているのだが、
昨年は全くネタが思いつかず、ドドドと年末になだれ込んでいった。

実は新年からずっとカレンダーのことは考えていた。
使えそうなネタを思いつくとスマホのメモに書き溜めていたのだ。
これが実際絵にしようとすると使えないアイデアばかりだった。
おもしろくなかったり、インクを使いすぎたり、私の画力で描けなかったりだ。

そこで私は考えた。
アイデアばかり溜めていて、描くのをドブ掃除後にしようとするからいけないのだ。
毎月1枚絵を完成させていけばちゃんとしたカレンダーができるではないか。
そうした方がその季節や行事、空気感を把握したまま仕事にとりかかれる。
だいたい冬に春や夏のことをイメージしようというのが間違っているのだ。

一つ問題となってくるのは表紙をいつ描くかだ。
カレンダーは13枚あるのに1年は12ヶ月しかない。
となると、その前の歳の12月に表紙を描かなければならないのか。
でも、12月には12月の絵を描いているはずだからそれでは困る。
表紙はいつ描こう。

そうだ、正月休みに描くのがいい。
なにしろヒマだし、カレンダーの表紙をめくる時期ドンピシャではないか。
三が日を表紙に費やしても1月はあと28日もある。
2月なんて元々28日なのだ。
これですべて解決だ。

いやいや何が解決や。
今自分で問題点を書いたではないか。
12月に12月の絵を描いていてどうする。
それでは去年の二の舞だ。
ええいもう、新年早々カレンダーのことなど考えたくないわ!


ちなみに今日は1月2日。
原稿用紙に筆ペンで“Aimer”の歌詞を書き初めします。





↑頭も体も動いてないけどクリックしてね。






寝ているに等しい
スポンサーサイト



[ 2018/01/02 08:12 ] ワシのこと | TB(0) | CM(7)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム