fc2ブログ
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
月別アーカイブ  [ 2017年06月 ] 

楽しくてきつい夜

いつもの居酒屋はいつもになく静かだった。
私が行ったとき、カウンターは2席ほど空いているだけだったが、
座敷には誰も居なくて、予約も入っていないようだった。
早い時間の常連さんが帰ると、残ったのは3人。
オーナーと女将さんとバイト二人で、客より店側の方が多いってなことになっていた。

こういう人数の少ないときは盛り上がる。
女将さんもバイトさんも話題に入って来られるし、
話の途中で注文が入って間が壊れることもない。

「あっ」

と何か気付いたのはMえだ。
スマホを取り出して差し出されたのは『変態度測定アプリ』
十ほどの質問に答えるとその人の変態度がわかるのだそうだ。
Mえが30%、Mえのお母さんが90%だったという。

私、10000%

というところから先日のズボンの穴の話題まで持ち出され、
それはもうみんな涙を流して笑い、久しぶりに盛り上がったのだった。


Mえのバイトが終わった11時。
私ともう一人の10000%、坊主頭のFでごはんを食べに行くことになった。
ちょっと迷った挙句、近場のラーメン屋に行った。
3人でラーメン、焼きそば、チャーハンなどをシェアして食べた。

店を出たらなぜか大雨だ。
稲妻が走るまるで嵐のような夜になっていた。
そのままMえの車で家に送ってもらう。
公民館でラーメン屋にウェストバッグを忘れたことに気が付いた。

私が明日取りに行くと言ったが、Mえが帰りに寄ってみると言ってくれた。
公民館で降ろしてもらい自宅まで走る。
鍵はウェストバッグに入っていたのでチャイムを鳴らす。
ちづるさんに開けてもらわなければならない。

が、なかなか出てこない。
何度も鳴らすが応答がない。
郵便受けのふたを押しあけて「おーい」と呼ぶ。
すると奥から、

「お風呂~」

と返事があった。
空はビカビカ光り、雨はザンザン降りしぶく。
私は玄関の隅っこでしゃがみこんでスマホをいじる。
スマホだけポケットに入れておいてよかった。
MえにLINEでこのことを伝えたらバカウケだ。

その後、なんとMえはFを送ってから戻って来てくれた。
なんと良い子だろう。
これでまた手土産を持って行かなくてはならなくなった。
そしてこの話が、常連たちのおかずにされるのだ。





↑着替えたTシャツと靴下も入っていたけどクリックしてね。






ウェストバッグやというとるのに
スポンサーサイト



[ 2017/06/02 06:50 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(7)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム