fc2ブログ
2016 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 11
月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

ないものを隠す

年を取るとどうにも頭が固くなる。
週末には母を買い物に連れていくのだが、父も母も食べ物の決めつけが激しい。
キムチはこれじゃなきゃダメ、タクアンは絶対にこれ、
味噌はこれ以外は認めない、と絶対に譲らない。
他を試してもいないのにだ。

それでも、あちらの小さいスーパーに売っているものならそれでかまわない。
ややこしいのは『あのスーパーのアレ』と店まで決まっているものだ。
私が家の近くで買って持って行ったものが気に入られると、
私がわざわざそこに行って買わなくてはならない。

親父が気に入った塩辛がそうだ。
私が以前イオン系のスーパーで買って行った3パック1セットの塩辛。
もうそれでなきゃならんと言い出して、めんどくさいことになった。
幸いにもすぐ腐るものではないので、ついでがあった時に買うようにしている。

先週、そろそろ無くなる頃だと思って持って行った。
それを母が冷蔵庫に入れようとしたら、他のパックの下から新品が出てきたではないか。
こんなものが6パックもあったら、あわてて食べようとするかもしれない。
半分は我が家が引き受けるとしよう。


さて今週、実家に行く前に買って行くものがないか電話したら、
「塩辛が無くなった」と母が言う。
塩辛だけ買うために遠回りしてスーパーに寄りたくない。
じゃあ、ウチにある2パックを持って行くことにしよう。

が、忘れていった。
これを親父に知られたら、遠いスーパーまで行けと言われるに決まっている。
母を車に乗せてからこのことを打ち明け、口止めをした。
親父に塩辛がないことを気付かれない作戦だ。

そのかわり、いつものスーパーにある、これもお気に入りの“たこわさ”を買う。
ただし、たこわさを見られると塩辛を思い出される可能性があるので隠しておく。
その分、全く別ジャンルで親父の気を引くものを買うのだ。
できるなら、すぐ食べられるものがいい。

親父は母と私が買ってきたものを冷蔵庫などに片づけるのを見ている。
そのとき、気になるものがあると手に取ってじっくり見る。
活字好きなので印刷された説明まで一生懸命読む。
この隙にたこわさを冷蔵庫にしまう算段だ。

まずはランチパックの玉子。
耳が無くて柔らかいので最近のお気に入りだ。
次に、真空パックのぜんざい。
温めても冷たいままでもイケるやつだ。
そしてイワシの丸干し。

いかん!
これは魚介類つながりで塩辛に気付かれる可能性がある。
ほうらこれこれ、久しぶりに買ったあのキムチだよ。
よし、これに興味を示したぞ。
ダメ押しに『とんがりコーン』だ。

この後、何も気づかれることなくお昼をいただき、実家を後にした。
今週は塩分を控えるがいい。





↑ちなみに親父の血液検査の結果は満点だからクリックしてね。






国旗です
スポンサーサイト



[ 2016/10/30 09:23 ] 身内のこと | TB(0) | CM(3)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム