fc2ブログ
2016 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 11
月別アーカイブ  [ 2016年10月 ] 

つるべ落としの夕方干し

ある日の朝、ちづるが「しまった!」と言った。
朝から洗濯機を回していたちづる。
洗濯が終わったものを全部取り出してないのに、
二度目の洗濯物を入れ、洗剤を入れ、水を入れてしまったのだ。
やーいやーい。

別の日、またもやちづるがしくじっていた。
洗濯物を干している最中に、NHKのドラマが始まる時間になり、
それを観に行ったまま残りを干さずに出勤してしまったのだ。
やーいやーい。


それにしても気温が高い。
薄手のTシャツで出勤したのだが、徒歩だと会社に着いたら大汗をかいていた。
幸い、会社には夏の着替え用に置いていたノースリーブがまだあった。
体を拭いて着替えてさっぱりした。

さて、この汗だくTシャツをどうしよう。
この日はカバンを持たずに出勤してしまった。
会社には置きリュックもあるが、それだけのために暑いリュックを背負いたくない。
そうだ、天気もいいことだし久しぶりに洗濯しよう。

バケツに汗だくTシャツと粉洗剤を入れ、外の流し台で水に浸ける。
ちょっとの間浸け置き洗いだ。
その間にのぼりを出したり、機械を拭いたり、荷物を出したりする。
なかなか朝はいそがしいのだ。

10時、トイレに行くのに外に出た。
流し台にバケツがある。
しまった、忘れていた。
これを洗わなくては。

そこへトイレに行くのに店長が出てきた。
店長が見ている前で仕事中に洗濯するのは具合が悪い。
居なくなるまでしばらく様子を見よう。

11時。
しまった、忘れていた。
なんともう干場が日陰になっているではないか。
そうだ、会社の裏は西日が当たるから、裏に干そう。
ザブザブ洗って、まだ日陰の会社裏に干した。


5時。
思い出した。
これでそのまま忘れていて、次の日に雨でも降れば面白いのだろうが、
なんとかギリギリセーフだ。
もう今すぐに取り込まなければならない。

生乾きだ。
というのも、西日が当たる時間に曇っていたのだ。
とりあえず、機械の横に室内干ししておこう。
明日、出勤して汗だくだったらこれを着ればいいのだ。

いかん!
明日はいつもの居酒屋に行く日だった。
ノースリーブで行ってウケなくては。





↑一枚だけの洗濯物ってものさびしいねクリックしてね。






未公開
スポンサーサイト



[ 2016/10/20 06:49 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム