fc2ブログ
2015 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 02
月別アーカイブ  [ 2016年01月 ] 

春寄り報道

ぐぎゃー!
三が日も終わり、明日からいよいよ出勤だから、
生活のリズムを戻しておかなきゃいけない。
そう思っていたのに、5時半からなり始める目覚ましを50分に止め、
気付いたら6時半やったー。

これが明日やったら出勤初日から、寝過ごし絵になるとこだ。
それもこれも、寒くてふとんから出られないから…
と言いたいところだが、この冬はやたら暖かい。
去年はお昼休みに休憩室にも行かなかったし、
年越し参りでもフリース無しマフラー無しで十分だった。

昨日は特に暖かかった。
ちょっと外に出掛けたが、海水浴にはちょっと寒いかなってぐらいだ。
ニュースを見ていたら、関東では三月中旬から四月並みの気温だったそうだ。


なにっ、年を越した途端にモノの言い様が変わったではないか。
年末までは暖かい日があっても、
「九月下旬から十月初旬並みの暖かさです」
と言っていたはずだ。
それがなんだ、新春を迎えたから春に例えるようになったのか。

ひょっとしたら気象庁の基準があるのかもしれない。
日本には四季があり、寒い冬と暑い夏の間には春と秋という中間層がある。
徐々に暖かくなる、寒くなるという違いはあるが例えるにはどちらでもいい。
しかし、経験が近い方がわかりやすいはずだ。

十月ごろの気温に匹敵する暖かさと言われたら3か月前の十月を思い出す。
それを四月並みと言われたとき、去年の四月を思い出すだろうか。
私は去年の四月がどんな気温だったか覚えていない。
となると、天気予報が言うところの平年並みの四月を思い出すしかない。

ただ、これは思い出すというよりはイメージで想像することになる。
そうそう桜が咲き始めて虫なんかが出てきて…
という、昔話のマクラぐらいのベタなイメージだ。
だいたい四月だって、五月並みにあたたかいとか、
二月並みの寒の戻りなんて表現をしていたはずだ。

やはり暖冬の例えは秋でしてもらいたい。
だいたい冬は正月という区切りがあるが、夏はどうなのだ。
夏に涼しい日があった時、五月並みから九月並みに切り替えるタイミングはいつだ。
まさかお盆か?
だとしたらこれは問題がある。

お盆は八月の半ばだ。
正月から考えれば7か月半だ。
お盆から正月は4か月半。
これでは圧倒的に春側に有利ではないか。

はっ、ひょっとしたら冬至と夏至で分かれているのだろうか。
それならとても公平だ。
いや、公平かどうかはどうでもいいことだ。
やはりちょっとさかのぼる感じで例えてもらわないとわかりにくい。
おい、どうなっとるんだ気象庁。

と、今年も決して自分では調べようとしない私であった。





↑全部ひっくるめて異常気象ってことでクリックしてね。






わかっとるわ
スポンサーサイト



[ 2016/01/04 09:10 ] 納得できん | TB(0) | CM(7)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム