fc2ブログ
2014 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 02
月別アーカイブ  [ 2015年01月 ] 

ジュエリーお椀小皿付き

食事の仕方も変わったものだ。
昔なら、おいしいものをいただいたら「おいしい」と言っていたのが、
最近では「ヤバイ」なんて表現したり、
最上級になると「宝石箱や~」と叫んだりもするらしい。

実際に宝石箱に匹敵する料理というのはあまりない。
なぜなら、宝石箱には宝石以外は入っていない。
それも自分のお好みのジュエリーだけを入れているはずだ。

お好み、という言葉が出たからお好み焼きミックスで例えてみよう。
イカ、宝石だ。
ブタ、宝石だ。
エビ、宝石だ。
でも、粉とキャベツは宝石ではない。

そもそも、お好み焼きは“箱”じゃない。
宝石箱を名乗る限りは、密閉された器でなくてはならない。
その中にお宝がザクザク入っていての宝石箱だ。


もっともその名にふさわしいのが『茶碗蒸し』だ。
あの小さな入れ物のふたを開けると、次々に現れる金銀パールたち。
「でも、あの玉子がプルプルしたとこは宝石じゃないじゃん」
と、お好み焼き派の人は言うかもしれない。
そう、あれは宝石ではない。
宝石を覆うベールなのだ。

先日、ちづると行った居酒屋でいただいた茶碗蒸しは、まさに宝石箱だった。
ふたを開けると、まず目に飛び込んでくるのは黒い琥珀と呼ばれるシイタケだ。
その横にはグリーンの結晶、ミツバ。
そして、ユズのかけらが瞬いている。

縦長の宝石箱を上から順に掘り出していく。
シイタケの下から出てきたのは、高級リングの材料ともなるイカ。
サファイアと並び称されるピンクのサーモン。
グッと大人びた、ブラックとホワイトの背中合わせ、アナゴ。

ここへきて予想外の大物が出てきた。
食の世界のルビーともてはやされる、梅干しの登場だ。
これで全体が梅干しに染められないところが、
全ての宝石の個性の強さと、宝をチョイスしたシェフの腕前なのだろう。

そして、この宝石箱の一番底に眠っていたのは、なんと貝柱だ。
しかも、真珠を生み出すアコヤ貝の貝柱だ。
これは冗談でなく本当だ。
形は勾玉、プリプリコリコリの食感がたまらない。

シェフも自信満々だ。
「茶碗蒸しというのは自由なんですよ。
 ギンナンが入ってなきゃならないとか、そんな決まりはないんですよ」

その通り!
宝石に満たされているならば、それは宝石箱以外の何物でもないのだ!

でも、ギンナン…





↑ちゃわーんとクリックしてね。






歯ごたえのアクセント
スポンサーサイト



[ 2015/01/16 06:40 ] | TB(0) | CM(7)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム