fc2ブログ
2014 031234567891011121314151617181920212223242526272829302014 05
月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 

先日、ちづるとお医者さんの話をしていて、古い出来事を思い出した。
私が二十代のころのどうでもいいことだ。

左手の小指と薬指の付け根あたりに何かができてきた。
できてきたというより、肌が荒れてきたという感じだ。
まったく何もしていないのに、軽いやけどの跡みたいになった。

これが痛くもかゆくもなく、皮が突っ張ることもない。
見ればなんかあるというぐらいのもので、
なんの支障もなかったのでそのまま何年も放置していた。

もう理由は忘れてしまったが、たぶん代休か何かで平日が休みになった。
あまりにもすることがなくて、『暇』という字の練習でもしようかと思い始めた頃、
ふと、このできもの気が付いた。
当時町内に一軒だけあった何でも屋のお医者さんの専門が皮膚科だったので、
退屈しのぎに診てもらいにいくことにした。

「イボですな」
年寄りの先生は虫眼鏡でこれを見るとすぐに診断を下した。
塗り薬をもらって帰ったのだが、この薬が水みたいな薬だった。
無色透明で塗っても何の刺激もなく、すぐ乾いてしまう。
あまりに頼りなくて、本当に薬かどうか疑っていたぐらいだ。

ところがこれが薬だった。
しばらく真面目に塗っていると、その“跡”がだんだん薄くなってきて、
やがてすっかり消えてしまった。
ああ、やっぱりあれは何らかの皮膚の症状で、薬の効果があったのだ。


話し終わって私は思った。
この出来事、“無”に等しい。
痛くもかゆくもない何かができ、無刺激の薬を塗って治った、なんて、
私の人生の中でなかったような出来事ではないか。

人が誰もいない深い森で木が倒れたとして、
その時の音は音と呼べるのか、という命題がある。
ちょっと知ったかぶりをしてみたが、全く関係ない話だった。
この例ぐらい、無に等しい出来事だ。


ある印刷屋さんが紙の注文をしてきた。
しょっちゅう返品や変更をするので評判の悪いところだ。
あるとき、配達した紙をまたもや変更してきたのだが、
紙の厚さとサイズと紙質を変えてきた。

これは全く別物だ。
最初の注文は、注文してないに等しい。
無だ。


ちづるの誕生日だったかクリスマスだったかに、Wiiを買ってあげた。
その次の誕生日だったかクリスマスだったかに、WiiFitを買ってあげた。
いま、買ってないに等しい状態だ。
無だ。







↑有馬温泉に行きたいさクリックしてね。








正夢になりませんように
スポンサーサイト



[ 2014/04/22 06:42 ] ワシのこと | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム