fc2ブログ
2014 031234567891011121314151617181920212223242526272829302014 05
月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 

8%の四月

昨日で三月も終わり。
夜はもちろんみそか寄席だ。
落語三席のあと、大喜利となったら、
「みなさん、間もなく8%でっせ~」
と噺家さんが煽る。

みそか寄席が終わったのは11時半ごろだった。
この日はいつも夕食が軽いので、そのころにはおなかがペコペコになる。
なので、帰りにコンビニに寄るのだが、時間を気にして買い物をしなくてはならない。

そういえば、このみそかは最後の駆け込みでどの店も大混雑だったらしい。
私が通ってくる道のガソリンスタンドもえらいことになっていた。
数円のために並ぶぐらいなら、少しでも自転車に乗れや、と思う。


あれもこれもと買いだめをしている人がニュースでも取り上げられていたが、
増税だといっても、慌てて買わない方がいいものも多いらしい。
大抵のものは、増税後客足が遠のいたころ、在庫バーゲンで安くなるらしい。
買っといた方がいいものを選ぶ目も消費者には必要だ。

断然買っておいた方がいいものとして、水が挙げられていた。
非常用として買い置きしている水を、この機会に新しくするというのだ。
なるほど、消費期限のあるものだからこれは理に適っている。


実はわが三重県は結構な水どころだ。
前には海洋深層水の摂れる尾鷲沖、
後ろには日本最大の保水力を持つという大台ケ原がある。
なので、他所では見ないような水も売っている。

まず、水100%の水。
最近は水にも混ぜ物が多いらしい。
なにかよくわからないもので水増ししてあるのだ。
敏感な人は飲めば水臭さを感じるそうだ。

水100%の水の中には、濃縮還元した水もある。
一旦煮詰めて濃くした水の状態で運搬し、あとで加水するものだ。
技術が進んだおかげで、味や栄養が落ちることなく100%の水が楽しめる。

あと、よく目にすると思うが、水には『生食用』と『加熱用』がある。
これは決して生食用が新鮮だということではない。
加熱用は加熱することでさらにおいしくなるということなのだ。

水は加熱したらお湯だ。
このお湯をどうするのが一番有意義か。
カップ麺なんかに使ってしまうのはもったいない。
加熱用の水100%の水のお湯を一番おいしく使う方法は、水割りだ。
好みもあるが、水6お湯4ぐらいの割合が一番水が引き立つらしい。

この話、いつもの居酒屋の常連、大田さんに聞いたのだから間違いない。






↑くれぐれも四月一日なんだからクリックしてね。




さあて、カレンダーです。
四月と言えば、と考えて、新入幕、いや新入学を思いつきました。
ホントは手前に日にちを入れて、背景を描こうと思ったんだけど、
危うく入道雲を描きそうになって変更しました。
なので手前が妙に余裕があります。

やっぱりスクリーントーンはきれいだなあ。




ちっちゃいのがウヨウヨする四月







スポンサーサイト



[ 2014/04/01 06:25 ] カレンダー | TB(0) | CM(14)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム