fc2ブログ
2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10
月別アーカイブ  [ 2013年09月 ] 

ストップは惨事のあとに

私も年をとったものだ。
スマホの文字は老眼鏡がないと読めないし、せんべいも割って食べるようになってしまった。
生活の場面で実感させられるのは、衰えを証明されているようで落胆する。

あらゆる能力が低下しているのだが、そういう話題になった時、特に言われるのが、
瞬発力が無くなって困る、というものだ。
これはその通りなのだが、ある意味では間違っている。
瞬発力が無くなるのは悲しいが、困るのは瞬止力の方だ。

最近、「あっ、これは違うっ」と頭で気付いても、
体にストップが効かなくて、そのまま失敗してしまうことがある。
「やっちゃった」ってことは仕方ないとしても、
「今、やっちゃいつつある」という状態をわかっていながら、
それを見ているしかない状況はとても歯がゆい。

先日も、仕事で機械のボタンを押す瞬間、
「あっ、サイズが違うっ」
と気づいたのだが、指先にはもうボタンを押す命令が届いている。
脳は大慌てで「ストップ!」の指令を送るのだが、これが間に合わない。
サイズが違うとわかっていながら、むざむざ不良品を作ってしまう悔しさよ。


さて、三連休ではあるけれど、日曜日にはお客さんの予定がある。
台風だ。
となると畑は土曜日にしか行けない。
短期集中型の畑仕事をしなければならない。
なんであれ、まずは草刈りだ。

私の草刈機の刃は丸鋸型ではない。
三つのプラスティック製の刃がついていて、エンジンを回すと遠心力でその刃が出るようになっている。
このタイプの利点は、刃が固定されていないので硬いものに当たった時、本体に負担がない。
替え刃式なので、刃が減ったり折れたりしたら新品と交換する。

そんな草刈り機で、いつの間にかのびのびと育っていた草を刈る。
まずは車を停めるところ、そしてパラソルを立てて休憩する場所。
そのあと畑の周囲を刈って、燃料が残っていたら土手を刈る。

刃は替えたばかりなのでとても切れ味がいい。
機械を振ると、ピャーンッと草が刈られていく。
居住スペースのすぐ横に道具入れがある。
道具入れ自体を傷つけないように慎重に、でもギリギリまで回転する刃を近づける。

緊張するところが終わり、再びピャーンっと行こうとした時だ。
道具入れの横、草の中に埋もれていたが草ではない異物を発見。
いかん、あれはツルもの用のネットだ。
海苔の養殖用の網をもらって、丸めて置いてあったのだ。
そんなものに高速回転する草刈り機の刃が当たったら!

ギャガッ!

一瞬で、回転が止まった。
ネットを見つけてピャーンっと行くのを止めようとした体は止まらなかったのに。
エンジンを止めて確認する。
一瞬で回転は止まったと思ったのに、いったい何回転ネットを巻き込んだのだ。
まるでSMのあやとりのような女王様、いやありさまだ。

三本の刃それぞれにきっちり巻き付いた網。
刃の根元から回転軸まで、憎しみを込めたとしか思えない締め上げ方だ。
ネットはあきらめてカマで切っていく。
それでも結び目の部分が狭い部分に挟まってなかなか取れない。
時間だけがピャーンっと過ぎていく。

誰か時間を止めて。








↑こちらは勢いでクリックしてね。







どちらも練習中
スポンサーサイト



[ 2013/09/15 11:02 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム