fc2ブログ
2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08
月別アーカイブ  [ 2013年07月 ] 

見栄え2%アップ

夕方、ほんの一時間ぐらいだが、庭の草むしりをした。
雑草のややこしいところは、いろんな特性を持った草がごっちゃに生えていることだ。
何でもかんでもまとめて引っこ抜いて畑に埋めてしまうわけにはいかない。

その代表はスギナだ。
地下茎で伸びるスギナは、ちゃんと枯れてないうちに埋めるとそこで繁殖する。
もうひと種類、名も知らぬ地下茎系の強力な草があり、
この二種類はほかの草とは別にコンクリートの上で枯れさせる。

似たように、根っこが残っていると何度でもよみがえってくるのが、
野菜代表の野良ニラと、庭の観賞植物代表野良たまりゅうだ。
きっちりまとまって生えていると人間が牛耳っているように見えるが、
人の手を離れて暴走を始めたこいつらは、雑草の中でもかなりの厄介者だ。

ほかにも「はいはい、最初は私が蒔きました」ってものが繁茂している。
シソと朝顔だ。
こいつらは抜きやすい。
ちょっとの力で根っこからきれいに抜けるので気持ちいいぐらいだ。

ただ、べらぼうな数生えている。
種が散らかったのだ。
しかも、シソは食べられるし、朝顔は花が咲く。
その一面で、こちらの心をチクチクと小針でつつく。


ヘクソカズラというのが生えている。
カズラを名乗っているだけあってツル性の植物だ。
そしてその名の通り、屁の匂いがする。
根っこから抜くつもりでぐいと引っ張ったら、案外ツルが丈夫で抜けず、
葉っぱだけがバリバリ破れて、ヘクソ臭くなる。

あと、草取りをする人にはとても良く知られているが、
名前はわからないという草がたくさんある。
そんなのは抜いたら野菜コンテナに突っ込んで干しておく。


そうやって干されたものがずっと置いてあった。
本来なら畑に埋めるつもりだったものだ。
だが、畑に行きたくない。
なので廃物利用することにした。

植木鉢より大きなビニールポットが二つある。
その底に枯らした雑草を敷く。
その上に、育ちが悪くて植え替えをされなかった野菜苗の残骸を敷き詰める。
実は、もう植える予定もないのに、水だけやり続けている野菜の苗があり、
その中でも、もうダメね、ってやつを入れてしまう。

それでポットの半分が埋まった。
その上に腐葉土とプランターの土を入れる。
いろいろ悩んだ結果、シシトウを植えた。
ちづるが好物だからだ。

枯れかけのバジルの苗が四本あったので、これは草を抜いた跡、
本来花壇だったところに植えてみた。
シソが育っているのだから、育つかもしれない。


こうやって草も苗もずいぶん片付いた。
でもまだ、ナス、トマト、ピーマン、ゴーヤ、シシトウの苗が残っている。
気分的に捨てにくいものだから水だけやっているのだ。
最近、ポットのままで花が咲き始めた。
なんだか、終わり時がわからなくなってしまった。









↑もっと褒められたいのだがクリックしてね。






色が足りない
スポンサーサイト



[ 2013/07/16 06:41 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム