fc2ブログ
2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08
月別アーカイブ  [ 2013年07月 ] 

デジャブじゃデジャブ

最近、気になることがある。
会社や飲み屋で愉快なことがあり、ちづるに教えてやろうと思って話すと、
「それ、もう聞いた」
と言われることが多いのだ。

これが不思議で仕方がない。
今日あったことなのに、なぜ既にちづるが知っているのか。
場合によっては、
「それ、さっき聞いた」
と言われることもある。
一体誰が言っているのだろう。

私の記憶力が落ちているのではないと思う。
その証拠に、上司Tが話す出来事は、
「それ、前に聞いた」
とわかるのだから。


しかし、ちづるや上司Tと話しているあいだはいい。
どうせ全部聞いた話、喋った話なのだから。
怖いのは、O川やN岡、新人クンと話していて、
それが既に話したことのある話だった時だ。

彼らは「もう聞いた」とはなかなか言わない。
だったら初めて話す話なのだ、とは思えない。
話しているうちに、
「あ、これ前に話した」
と自分で思い出すのだ。

「これ、前に言った」
とわかって話すのは辛い。
なのでそこで方向転換をする。

「ここまでは前に言ったでしょ。で、それからね」
みたいなふうに無理やり舵を切る。
当然キレイに話はオチない。
こういう時は、苦し紛れに疑問文にしてしまう場合が多い。
それに対して、彼らはとりあえず答えようとしてくれる。

なんと辛い会話だろう。
別に聞きたくもない質問とそれに対する答え。
ああー、無為。
でもワシが悪いのだ、すまん。


もっと怖いのは、ブログでそれをやっていることだ。
コルクボードに貼ってあるネタメモを見て書いているのに、
それが既に使ったネタだった、ということがかなりあるようだ。

先日、私は塩辛でごはんを食べるのが嫌いだという話を書こうとした。
で、その前に一応ブログ内検索で『塩辛』を調べてみたら、
なんと、三回もネタにしているではないか。

これは会社での駄弁とはずいぶん違う。
なぜなら、記録として残ってしまうし、
疑問形にして逃げることができないからだ。

えーと、ここを長く読んでくれている皆さん、
「これ、前も読んだネタだ」
ってこと、よくあります?








↑日常茶飯事にクリックしてね。







あれはワシがハタチのころじゃった
スポンサーサイト



[ 2013/07/03 06:29 ] ワシのこと | TB(0) | CM(8)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム