fc2ブログ
2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

ウチのカミさんがね

ホットカーペットの魔力から私はなんとか逃れることができるが、
魔力になすがままのちづるは、ホットカーペットに定住している。
食べ、横になり、そのまま眠りにつく。

早寝の私がひと眠りして、深夜一時ごろ目を覚ますと、まだそのままのときもある。

「ぐおら!起きさらせ!」

と怒ると目を覚まし、

「起きとるよ」

と抜かす。

「テレビの画面が省エネモードで消えとるやないか!」

「音を聞いとる」

ああ言えばこう寝るやつだ。


おとといのことだ。
夕食を終えた後、わたしは二階の自分の部屋にいた。
ふと気が付いたらもう9時半を過ぎている。
これはいかん、風呂を入れなくては。

私は風呂のスイッチを入れるべく一階に降りて行った。
お風呂スイッチは台所にあるのだが、スイッチを入れていい状態かどうか確かめなくてはならない。
そこで、テレビを見ているちづるに声をかけた。

「お風呂のスイッチいれてもいいの?」

するとちづる、ビクッとして、

「起きとるっ」

その返事こそが寝ていた証拠ではないか。

     ※

さて、こんなおいしい話を放っておいてはもったいない。
私は会社に持って行った。

朝はみんなガサガサと忙しい。
不安定な状況で話して、流されてしまったら損をする。
私は待った。
そのうちO川とN岡が配達に出て行った。
チャンスだ。
私は上司Tに声をかけた。

「ちょっと聞いて」
「なんや」
「ウチの嫁さんが・・・」

どっかーん!
大爆笑だ。


夕方、上司Tは3時に帰り、5時には片付けも終わった。
O川とN岡もまったりしている。
しかし、このタイミングで話し出してはいけない。
間もなく奥さんがおやつを持ってきてくれるはずだ。
それを待たなくてはいけない。

おやつが出てみんなが一息ついた。
今だ!

「ウチの嫁さんなんやけどな・・・」

どっかーん!
大爆笑だ。

ああ気持ちいい。
そして今、こうやってブログネタにもなっている。
一粒で三度おいしいよ、ちづるさん。






↑この話は内密にクリックしてね。





また怒られそうですよ
スポンサーサイト



[ 2012/02/25 07:01 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム