fc2ブログ
2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

望月

昨夜は私のセカンド居酒屋に行った。
このお店で女将さんと二人になると、
必ず『どうして痩せないか』をテーマに語ることになる。

昨日は、痩せている人と我々は食性が違う、ということについて話し合った。
女将さんの娘さんは、童顔で可愛らしいシングルマザーなのだが、
ものすごくスリムでガラッパチだ。
この娘さんが、食べたくなくなったらどんな微量でも残すのだそうだ。

「あと一口だから食べてしまえ」
と女将さんが言っても、決して食べない。
もったいないので女将さんが片づけるのだそうだ。
もちろん、私は女将さん派の人間だ。

先日、鍋風なものをしたとき、そこそこお腹は膨れたのだが、
「あと丼一杯だから食べちゃえ」
と思って、片づけた。
ハクサイばかりだからいいと思ったのだ。

ところが時には、
「ハクサイばかりでさびしいから、少し肉を足して食べちゃえ」
と思うときもある。
普通に一人前だ。
このもったいない性質プラスアルファが太る原因なのだろう。


「正月以来やせない」

「そう! 餅やろ」

私の嘆きに女将さんが『餅悪説』を出した。
確かに私は餅好きだ。
女将さんも餅が好きらしい。
餅は正月以外でなかなか食べる機会がない。
だからつい、頑張って食べてしまうのだ。

女将さんはこういう。
餅を雑煮に入れたり焼いたりするとき、二個にしようか三個にしようか迷う。
そこで二個にすると、確実に物足りなくなる。
とはいえ、その段階で新たに一個の餅を煮たり焼いたりするのはめんどくさい。
だから、まず三個用意する。

この気持ち、私にはよくわかる。
ここで、二個で我慢する、という選択はないのだ。
なぜなら、二個で足りなかった記憶は残り、次から確実に三個用意することになる。
だとすれば、ここで我慢しても、生涯で食べる餅の数は一個しか違わないのだ。


我が家でも、餅については悩んでいる。
この正月、餅はいつも通りの数食べたのだが、
ダイコンおろし餅をしていなかった。
考えてみたら、カレー雑煮も納豆餅もしていない。
もう一度、餅を買おうか、と相談しているところだ。

我々モチストが痩せるときは来るのだろうか。
問題は、モチストが必ず他の食べ物のマニアも兼ねていることだと思う。







↑帰ってからお好み焼きとカップ麺食べたけどクリックしてね。






三日続けて同じような絵だぞ
スポンサーサイト



[ 2012/02/19 07:33 ] | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム