fc2ブログ
2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

冬のはたらくおじさん

少し朝寝をした休日の朝、
天気はよく、久しぶりに暖かそうだ。
絶好の畑日和と言えるだろう。

しかし、ホットカーペットはもっと暖かい。
ニンゲンホイホイにひっかかったように、このペラペラの一枚から離れられない。
まして、前日の夜は家計子さんのおごりでちづると飲みに行き、
カラオケまでなだれ込むという大イベント。
心身ともに疲弊している。

ダイコンを抜いてもそんなに食べられない。
スナックエンドウを植えるにはまだ寒すぎるのではないか。
この気候だとそんなに草も生えないし。
耕すにはいろいろ野菜が残っているし。
アカギレが切れるかもしれないし。
着ていく服がないし。

と、ぐずぐずしていたら、
「そういえば、昨日のカラオケ代払え」
と言われた。
そこに一円玉を15枚入れたら、
「とっとと畑行け」
と家を追い出された。


まず、残っていたダイコンを抜き、クワで草を削って横に寄せる。
体が温まってきた

石灰と堆肥を撒く。
ヤッケを脱いだ

溝を掘って草を入れ、油かすを撒く。
腕が震えてきた

土を戻し、畝を作る。
ひざが笑いだした

スナックエンドウの苗を植える。
寒い

完成だ。
こうすると草が片付くし、堆肥を混ぜ込まなくても勝手に混ざる。
で、苗は油かすの肥料分が欲しかったら根を伸ばせばいいのだ。

さて抜いたダイコンだ。
スペースを空けるために抜いたので、曲がりや細いのもあるが、
やはりダイコンは洗うと美人になる。
ラインダンス

家にも二本あったが、生食用を六本残し、
形の良いのを四本茹でて、残りはすべて干した。
前回干したのはこうなった。
縮んだ

ふふふ、これで春まで食うには困るまい。






↑部屋でぬくぬくしてた人はクリックしてね。






肉の栄養が欲しい
スポンサーサイト



[ 2012/02/12 07:19 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム