fc2ブログ
2012 0112345678910111213141516171819202122232425262728292012 03
月別アーカイブ  [ 2012年02月 ] 

脳に味噌がつく

ちょっと待ってくださいね。
「明日はこのネタを書こう」
って決めてたのはどんな話だったっけ?
なんだかかけらも思い出せない。

最近どうも頭の中のなんとかという味噌が薄まってきた。
外側じゃないよ。
感じることも、痛い、寒い、ハラ減ったの三つだけだ。


朝、寝床から出ると、まずふとんの上に置いといたハンテンを羽織る。
暗がりの中でのことなので、ときどき裏返しに着てしまうことはあったが、
先日は、袖を通したら上下がさかさまだった。
こんなこと、今まではなかったのに。

きのうは、リビングに降りていくと、ホットカーペットがつけっぱなしだった。
起きてきたちづるを、
「ホットカーペットがついていたぞ」
と糾弾したら、
「あんた昨夜冷蔵庫のドアが開けっぱなしやったぞ」
とやり返された。

どうもすいませんと謝ったのだが、
よく考えてみたらどっちもどっちではないか。
というより、
「昨夜冷蔵庫のドアが開いていたぞ」
と言われてから、
「そういうお前はホットカーペットがつけっぱなしであったのだぞ」
と言い返せば私の方が優位に立てたのに。


先日、ダイコンを抜いてきた。
ちづるが会社の誰ぞにおすそわけしたいと言うので、
二本だけ玄関に置きっぱなしにしておいた。
ところが、他のダイコンを切ってみたらスが入っている。
これは持って行かない方がいいかもしれない、という話になった。

翌日、はやく帰って来られたので、ダイコンを煮ることにした。
どうせ煮るなら玄関のダイコンがいい。
ところが玄関になかったので、ああちづるは結局持って行ったのだな、と思っていた。

そのうちちづるが帰ってきたので、
「あんた、ダイコン持ってったんやな」
と訊くと、
「いや、持ってってないよ」
と言う。

「玄関になかったやん」

「あったよ」

見に行くと確かに昨日のままダイコンがある。
靴の配置から考えて、私はこのダイコンをまたいだはずだ。
なのにどうしてダイコンに気付かなかったのだろう。
ダイコンのことを考えていて、ダイコンをまたいだのに、
ダイコンが見えなかったってどういうことだろう。

やはりダイコンおろしの食べ過ぎで、なんとかという味噌が薄まったに違いない。







↑で、昔書いたネタをまた書いたりしてしまうけどクリックしてね。







がっかり
スポンサーサイト



[ 2012/02/03 06:26 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム