fc2ブログ
2011 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 02
月別アーカイブ  [ 2012年01月 ] 

ウッドの誘惑

うふふ、うふふ、
よく行くショッピングセンター内のファンシーなお店の商品が入れ替わっていて、
ソーダスプーンとブイヨンスプーンとティースプーンを買った。

ちづるには、
「スプーンに興味のある人はあまりいないからネタにするな」
と言われているのだが、自分の趣味をブログに書いてなにが悪い。
ひょっとしたら熱烈なスプーンファンがいるかもしれないではないか。
第一、ファンシーなお店で売っているのだから、そこそこの需要はあるはずだ。


だからこそ、どういうファンであるかをはっきりしておこう。
たとえば鉄道マニアに、撮り鉄だの乗り鉄だのNゲージマニアだのがいるように、
同じスプーンファンでもジャンルが違う場合がある。
「なーんだ、私とは目的がちがうわ」
なんて言われないためにも、私をさらけ出しておこう。


まず、私が買うのはスプーンだけではない。
フォークとバターナイフも買う。
フォークとセットのナイフはギザギザしたところがあるので買わない。
全体がぬるりとした感じのが好きだ。
だからフォークもあまりとんがっていないタイプが多い。

選ぶ基準は三つ。
全体がひとつの金属でできていること。
彫刻や装飾がしてないこと。
重さがあること。
この条件を満たした中で、形の気にいったものだけを買う。

ただし、私はコレクターではない。
いろんな種類が欲しいわけではないのだ。
だから、スプーンとフォークのセットがあっても、片方しか買わないことがある。
もちろん買うのは一本だ。
人数分そろえようという気はない。
使うのが目的ではないので、ちづるの分もない。


この日、スプーンに合う色の布を買った。
これを使い、合理的に鑑賞できるように考えてみた。

布の替えもあるよ

撮影用に移動したら、雪崩式にくずれたではないか。
どうしてくれる。


さて、私はこの正月にやってはいけないことをしてしまった。
決して手を出さないと決めていた木製のスプーンを買ってしまったのだ。

色の濃いところがステキ

元々木製の物も好きだった。
しかし、木製のモノには木目やら色やら材質がいろいろある。
一旦買い始めたらとんでもないことになりそうな気がしたのだ。

では、なぜ買ったのか。
安かったのだ。
ファンシーなお店で5百円台だったものが、
年越し参りで寄った竹細工のお店で3百円台で売っていたのだ。
もちろん木目の一番好きなのを選んで買った。

ここからコレクションが始まってはいけない。
そう考えた私は、この木製のスプーンは使うことにした。
つまり趣味ではなく、実用と決めたのだ。

長々と語ってきて、最終的にたどり着いたのは、
木のさじを使うようにした、ということだ。
しかも、まだ使っていない。
こんなことですいません。






↑交流希望のお皿ファンもクリックしてね。




ふんぞりっ
スポンサーサイト



[ 2012/01/05 06:29 ] ワシのこと | TB(0) | CM(8)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム