fc2ブログ
2010 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 01
月別アーカイブ  [ 2010年12月 ] 

無礼

わざわざ説明するまでもないと思うが、
日曜の夕方に『笑点』という番組がある。
落語家の大喜利で有名だ。

上司Tといるとき、話の流れで『笑点』が話題になった。
すると上司、なぜか自信満々でこう言った。

「オレは日曜は『笑点』で『ちびまるこ』で『サザエ』だ」

ちょっと待て。
『サザエ』ってなんや。
『サザエさん』やろが!

『ちびまるこちゃん』の“ちゃん”は省いてもいいが、
『サザエさん』の“さん”は省いてはいけない。
世の中でサザエさんを呼び捨てにしていいのは、
波平とフネとマスオさんだけなのだ。
サザエさんの両親を呼び捨てにしてしまったが。

『サザエさん』は超長寿番組だ。
アニメに限ればダントツのトップだ。
しかも常に視聴率ランキングのトップクラスにいる。
新聞連載の頃から考えれば、現代日本の歴史と言っても過言ではない。

だから『まことちゃん』や『怪物くん』や『まいっちんぐマチコ先生』を、
『まこと』『怪物』『マチコ』と略すのはいいが、
『サザエさん』だけは『サザエさん』でなくてはいけない。
ましてや『サザさん』などと妙な略し方は許されない。


それに『笑点』と『ちびまるこちゃん』を見てなかったらどうするのだ。
「オレは日曜の夜は『サザエ』だ」
って言ったら晩酌のお供としか考えられないではないか。

「じゃあ『あさりちゃん』は?」
と思ったあなた。
同じ貝類だが格が違う。

アサリよりサザエのほうが高級だといっているのではない。
魚介類としてはアサリの方が一般家庭になじんでいるが、
テレビ番組としては『サザエさん』のほうが世間に浸透している。
敬称がつくとアサリとサザエの立場が逆転するとは面白い現象だ。


さて、このように『サザエさん』に失礼な物言いをした上司だが、
実は『サザエさん』への依存度は高い。
以前、特番で『サザエさん』がないという話をO川としていたら、

「ええっ、サザエさんがっ!」

と愕然としていた。
この人にとって、なにが大切なのかわからない。





↑お魚くわえてクリックしてね。







ゆかいだな~
スポンサーサイト



[ 2010/12/09 06:18 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(14)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ