fc2ブログ
2010 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 09
月別アーカイブ  [ 2010年08月 ] 

サラサラいくよ

流行の波というのは恐ろしいものだ。
きのう行ったうなぎ屋は、地元でも老舗だというのに、
『ひつまぶし』なんてメニューができていた。
名古屋発祥のブームはそこまで来ているようだ。

しかし、私はひつまぶしが好きではない。
ご存じのように、ひつまぶしとは一杯目を普通にうなぎとゴハンで、
二杯目は薬味を入れて、
三杯目にはお茶漬けにしていただく。
つまり三種類の味が楽しめるというわけだ。

この三種の中で、私は普通のうなぎめしが断トツで好きだ。
薬味を入れたり、お茶をかけたりする分もうなぎめしで食べたい。
だったらうな重を食べればいいのだ。
しかもその方が安い。
洗い物も少ない。


で、私がひつまぶしを食べたことがあるかというと、あるようなないような。
というのも、一度注文したことはあるのだが、
テレビで見たのとは似ても似つかないシロモノが出てきたのだ。
店主が良く知らないのになんとなくマネをしてみたのかもしれない。

それなら、本当のひつまぶしは好きな可能性がある、などと言わないでもらいたい。
私は、うなぎは「こてっ」としててもらいたいのだ。
しゃぶしゃぶなのはイヤなのだ。
牛丼でもつゆだくはイヤなのだ。


お茶漬けが嫌いなわけではない。
カツオ茶漬け、鯛茶漬け、天茶漬け、みんな好きだ。
オーソドックスな鮭茶漬け、海苔茶漬け、ワサビ茶漬けもいい。

でも、梅は茶漬けでないほうがいい。
たらこ、明太子も茶漬けはイヤだ。
中でも一番いやなのが、塩辛の茶漬けだ。
アツアツのゴハンに塩辛をのっけてお茶を・・・
なんてぞっとする。


塩辛自体は食べないことはない。
でも塩辛は辛い。
濃すぎる。
カルピスの原液を飲んでいるような濃さだ。
だから薄めたいのだが、お茶漬けはいやだ。
強いて言うなら、あのどろどろ部分を拭きとって食べたい。


さて、今日のテーマはひつまぶしだったのか、お茶漬けだったのか、
塩辛だったのかわからなくなってしまったが、
やっぱり締めはお茶漬けだろう。

お茶漬けで私が一番好きなのは、
ゴハンに普通のお茶をかけて、奈良漬けで食べることだ。
これをすると無限に食べ続けてしまいそうになる。

奈良漬にならんかな、ゴーヤ・・・






↑せんとくんもクリックしてね。





s-100809sento.jpg
スポンサーサイト



[ 2010/08/09 22:09 ] | TB(0) | CM(4)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム