fc2ブログ
2010 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08
月別アーカイブ  [ 2010年07月 ] 

ひまわり 夕立 セミの声

床屋さんに行った。
ちょうどやっている最中だったのだが、
「すぐ終わるから」
と言われたので、待つことにした。

普段自分がされている時は、どんな道具でどうされているのかよくわからないので、
他人がされている様子を見て、ああこんな感じなのかと眺めていた。
それにしても、このおじさん・・・


その人の散髪が終わり、私が変わってイスに座った。
先客のおじさんは新聞を読んでいる。
私は髪を切られながら大将とたわいのない世間話をしていた。

しばらくすると、新聞を読み終わったのか、おじさんは帰って行った。
店には私と大将の二人。
会話が途絶えたとき、思い切って聞いてみた。

「大将、さっきの人、髪切るの難しいやろ」

「そう!」

私は歯にシルクの衣を着せて話したいのだが、
大将が簡潔で的確な表現を教えてくれたので、それを使うことにしよう。
そのおじさん『まだらハゲ』だったのだ。

私の感じだが、頭の黒い部分は全体の15%ぐらいではなかろうか。
牛肉の霜降りのように肌の部分が分散している。
その代わり、髪は左側に集中して伸びている。
私の座っていた位置からだと、夏場の落ち武者みたいに見えた。
大将が洗髪している時は、ハラハラして見守った。

「切ったらいかんって言うから、後ろぐらいしか切るとこない。
 なんで床屋に来るのかわからん」
と大将は言う。
そのおじさん、70歳を過ぎているらしいので、年相応なのだが、
ものすごく気にしているらしい。

私が待っている時、もうすぐ完成というところで、そのおじさん、
「ちょっとスプレーだけふいといてくれるか」
と言った。

「帰って寝るだけやのに、何でスプレーがいるんや!
 しかも、ほとんどが肌や!」
大将の愚痴は続く。

ショッキングな現場に立ち会ってしまった私。
しかし、一番衝撃的だったのは、
左側になびく落ち武者毛を向こうからこっちに持ってきて、
ぴったりと頭皮に撫でつけた場面だ。

「ああ、こうやって“すだれ”ってできるんだ!」

みなさん、知ってましたか。
すだれはスプレーで固めてあるんですよ。






↑人のこと言うておれんやろ、とか言わずにクリックしてね。






s-100711tokoya1.jpg

s-100711tokoya2.jpg
スポンサーサイト



[ 2010/07/11 22:17 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム