fc2ブログ
2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11
月別アーカイブ  [ 2008年10月 ] 

エコなだけ





これがなんだかおわかりだろうか。
箱にはこう書いてある。
『科学と実験シリーズ ソーラーサイエンス くるくるコースター』
そう、その通り。
衝動買いしてしまったのだ。

私はこういうものが好きだ。
玉が転がっていくのがたまらない。
自分でもどう言ったらいいのかわからないが、
たぶんコースを走るものが好きなのだろう。

いまだにおもちゃ売り場は胸がときめく。
プラレールやトミカタウン。
チョロQレースもいい。
コインが転がる貯金箱も素敵だ。
鉄道模型にだけは手を出しちゃいけないと思っている。
私の中で最高級なのは『ピタゴラスイッチ』だ。
どれだけ見ていても飽きない。

しかし、その理屈で言えばこの『くるくるコースター』
とても物足りないコースだ。
玉が転がるのは何のトラップも起伏もない一周半。
タマコロの醍醐味は全然ない。

ただひとつの魅力は、玉がひとりでに上に登るということだ。
階段が一段おきに交互に上下し、玉を持ち上げていく。
そして、一周半のコースを転がって階段にたどりつく。
しかも動力は太陽光発電。
半永久的にこの動きを繰り返すのだ。


組み立てるのは簡単だった。
10ほどの部品を組み合わせるだけで、接着剤もいらない。
プラモデルが苦手な私でも、すぐに完成した。

玉を転がしてみる。
つまらん。
やはりこいつは上りが華だ。
では早速スイッチを・・・
と思ったが、これにスイッチはない。
必要なのは光だ。

蛍光灯はついているが、ウンともスンともウッスンとも言わない。
持ち上げて蛍光灯のすぐそばにかざしたが動く気配もない。
これでは光が弱いのか?

机の電気スタンドの光を当ててみた。
台所の照明にも当ててみた。
懐中電灯も当ててみた。
動かない。

どのくらいの光量で動くのか、説明書を読んでみた。

『太陽の光のほか、蛍光灯や懐中電灯など、
 どんな光で動くか実験してみよう』

そうだった。
科学と実験シリーズだった。
こうなったらお日さまの光だけが頼りだ。

ということは天気のいい休日の昼間、ということか?
これが動くのを見るためには、わざわざこれを外に持ち出さなければならないということか?
何気ない時にこれが動くのを見るということはできないのか?

確かにエコではあるが、こいつは何も生み出さない。
太陽エネルギーで上に登り、引力で下に降りる。
それだけだ。

なんでこんなもの買ったんだ?






↑人力でクリックしてね



s-081008so-ra-.jpg



スポンサーサイト



[ 2008/10/09 00:23 ] 納得できん | TB(0) | CM(8)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム