fc2ブログ
2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09
月別アーカイブ  [ 2008年08月 ] 

『容疑者Xの献身』

今日は休み。
天気は待ちに待った雨。
畑仕事はできないが、ちづるが出勤なので普段通り起きた。

こんな状況は久しぶりだ。
なんだか時間がたっぷりあってウキウキする。
あれやこれやとやりたいことはいっぱいあるのだ。

なにから片付けるか、まずは段取りが必要なのだが、
とりあえずは欲求に従う。
読みかけの小説、
『容疑者Ⅹの献身』
の、残り150ページを読むことだ。


私の読書は、昼休みの30分間。
なるべくなら月曜日に読み始め、土日で読み終わりたい。
やはりラストは一気に読みたいではないか。
今回はまさに理想的ペースだ。
しかも、ものすごくストーリーに惹き付けられていた。

すごいすごいという噂は聞いていた。
ミステリー雑誌の年間アンケートで一位になり、
あの直木賞まで取ったという。
シリーズ前作はドラマでヒットし、本作は映画化された。

読みたい気持ちは強かったのだが、ハードカバーは重くて高い。
なので待ちかねた文庫化だった。
本屋で見つけてすぐ買った。


で、感想。
人によって好き嫌いはあるだろうが、
私はものすごくおもしろかった。

なのでものすごく腹が立っている。
この件に関して言いたいことがどっさりあるのに、
ちらりともいうことができないのだ。

あーしゃべりたいー
話し合いたいー
討論会したいー
評論を発表したいー
できたらまだ読んでない人に、
「この小説はあーでこーでこんなにいいんだよ」
と説明したいー

ちづるに、
「この本はおもしろかった」
という話をすると、
「じゃあ、読むからいうな」
と言われる。

なので、
「この本はとてもおもしろくて、その話がしたいから早く読め」
と言ったら、
「その本を貸してくれてもおらんうちに読め読めいうな!」
と返された。

ワシが面白そうな本を買ったら、
こっそり同じ本を買って読んでおくぐらいのことができんのかー!







↑黙っているからクリックしてね






スポンサーサイト



[ 2008/08/24 00:43 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(11)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム