fc2ブログ
2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 09
月別アーカイブ  [ 2008年08月 ] 

もも気分



夕食にビールを飲んで、
テレビを見て、シャワーを浴びて、
二階の寝室で冷房を効かせてパソコン。
ネットなどしていたら、ちづるも寝室にやってきた。
オリンピックやら野球やら特番やらで、見たい番組がないのだろう。

しばらくして、のどが渇いたので下に降りて行った。
冷蔵庫を開ける。
ビール、牛乳、麦茶・・・
あと一本残っていた缶コーヒーがない。
ふと、テレビ前のテーブルを見ると、
・・・やられた。

水分補給なら何でもいいのだが、この時間帯は甘いものが飲みたいのだ。
特にここ数日は甘い飲み物が豊富にあった。
お盆に実家でもらってきたジュースが結構あったからだ。
例の缶コーヒーもその仲間だ。
あると思っていただけに、なおさら甘いものへの欲求が高まっている。

冷蔵室の扉を閉め、大きなペットボトルの入っている野菜室をあけた。
甘い飲み物はなかったが、いいものを発見した。
桃だ。
これも実家でもらって冷やしておいたのだった。

さっそく皮をむき始める。
桃の皮ってむきやすいのかむきにくいのか。
刃物は使わなくていいけど、バナナやみかんのように簡単にはむけない。
しかし、途中までむいてかぶりつくと、皮が口の中に入る可能性がある。
あの“つるんどぅるん”の桃の実に毛っぽい皮が混じるのは不愉快だ。
生唾を飲みながら桃を裸にむいていく。

桃のいいところは、底の部分にもかぶりつけるところだ。
リンゴだと上下にヘタがあるので、食べられるのはぐるりの360度だ。
桃は下にヘタがないので・・・何度って言ったらいいのだろう?
ともかく上のヘタ部分と種以外は食べられるのだ。

皮むき終了。
シンクに移動。

「がぶじゅるっ」

ぼだぼだ汁を垂らしながら、かじるというより吸いしゃぶっていく。
まずい桃はすごくまずいが、うまい桃はものすごくうまい。
この桃は80点ぐらいだろうか。
十分甘くてうまい。
満足して寝室へ。


しかし、ごくごく飲む満足感とは別物だ。
しばらくすると、またのどが渇いてきた。
桃はもう一個ある。
どうしよう。

我が家では果物はめったに買わない。
たまにもらったものも、つい腐らせてしまったりする。
腐らせて捨てるぐらいなら、遠慮せず食べてしまった方がましだ。
めんどくさがりのちづるには、食べてしまってもいいと許可をもらっている。
よし、桃をもう一個食おう。


下に降りて行き、台所の明かりをつける。
ゴキブリがいた。
新聞を丸めて叩いた。
つぶれた。
チラシで丸めてゴミ箱に捨てた。
かんたんマイペットをスプレーしてティッシュで拭いた。
せっけんで手を洗った。

桃を食べるのはやめた。

確かに私の手はゴキブリには間接的にも触れていない。
でも、桃の皮をむくのは、ほかの果物の皮をむくより手の密着度が高いのだ。
要するに、なんとなくいや、というやつだ。

桃とゴキブリ、なんとかけ離れた存在だろう。
桃源郷とゴキブリ亭主、たとえてみたが全く共通点がない。
ピーチとコックローチ・・・あ、ちょっと共通点が。






↑新聞丸めてクリックしてね








スポンサーサイト



[ 2008/08/21 00:20 ] | TB(0) | CM(8)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム