fc2ブログ
2008 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 04
月別アーカイブ  [ 2008年03月 ] 

一声二節三啖呵

昨日は四年に一度の2月29日。
うるう年でも月末は月末だ。
毎月恒例、みそか寄席に行ってきた。

この一月二月三月は、みそか寄席200回記念公演ということで、
毎月なんらかのイベントがある。
先月は順レギュラー大集合の余興大会。
今月は打って変わって、浪曲大会だった。


構成は、まずは前座の落語。
二番手に春日恵子さんという若い女性の浪曲。
次に主催の桂文我さんの落語で、
トリはベテラン、京山幸枝若さんのいぶし銀の浪花節だ。

この会は2部構成で、7時の部と9時半の部に分かれていて、
私はいつも遅い方の部なのだが、
今回は9時半になっても7時の部が終わらない。
「おはよう浪曲」という関西ローカル番組の公開録音も兼ねていて、
予想外の大盛り上がりなのだ。
結局、9時半の部が終わったのは、日が変わって0時20分だった。


浪曲というとオヤジ系のイメージが強そうだが、
これがなかなか、私たちが見ていてもおもしろいものだった。
オヤジだからかな・・・

若手女流、春日恵子さんは、源平物の外伝を大熱演。
京山幸枝若さんは、左甚五郎と狩野派宗家の登場する、
痛快無比の演目で、大爆笑を奪っていった。


さて、ここでひとつ意外な話。

この春日恵子さん。
知らない人は知らないけれど、知ってる人は知っている。
数年前、一世を風靡したテレビ番組『進め!電波少年』で、
坂本ちゃんというお笑い芸人を大学に降格させるという企画で、
家庭教師役をしていた「恵子先生」その人なのだ。

「そんなん知らんわい」
という人もまあ聞いてくださいな。

この恵子先生、そんな企画に採用されるぐらいだから、
学歴は最高、東大卒で、もちろん若くて美人だった。
人気番組にレギュラー出演していて、人気もあったのだからタレントでもいけただろう。
これだけの学歴なら他の仕事にも就けただろう。
なのに選んだのは浪曲の道。

はっきり言って、いまや斜陽の業界だ。
売れたとしても狭い範囲。
そんなに儲かるとも思えない。

ベテラン幸枝若さんと比べたら、私たち素人の目から見ても、
まだまだだな、と思えてしまう。
だけど、ものすごく楽しそうなのだ。

私はうらやましい。
恵子先生は、自分が本当にやりたいことを見つけ、
その世界への道を歩きはじめた。
この幸運、勇気、行動力。

損得抜きで自分のやりたいことをやっている人に出会うと、
自分はなんてうすらぼんやり生きているんだろうかと反省してしまう。
いっそ、一生を賭けてうすらぼんやりしてみようか。





↑クリックしてね、人生は~♪





スポンサーサイト



[ 2008/03/01 22:56 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム