fc2ブログ
2005 101234567891011121314151617181920212223242526272829302005 12
月別アーカイブ  [ 2005年11月 ] 

おでん

先日、飲みにいった店ではおでんが始まっていた。
うほほ~、とりあえず注文だ。
タマゴ、ひりょうず、こんにゃく、あとひとつはえ~と・・・
お、たこがある。
これに決定。

なぜだかおでんと言えば4品と言うイメージがあるのだ。
たぶん、昔行っていたサウナのおでんが一皿4品だったからだと思う。
妙な記憶の蓄積がなされたものよ。

で、「たこ」などという特殊なものが入った分、定番が外れていた。
ああああ~、ダイコンがない~。
私のおでんのベストカルテットは
タマゴ、こんにゃく、ダイコン、はんぺんだ。
うわぁ~なんてこった。
いや、追加注文すればいいだけのことなんだけどね。

今朝、ちくわ、ごぼ天、こんにゃく、野菜ボールがあったのでおでんをした。
しかも「なんでもつゆ」を1:10で薄めた手抜きのだしだ。
夕方卵を茹でて入れた。
でも、ダイコンはない。
まだ収穫できないのだ。

別にダイコンがなくても、それはそれでいいのだ。
ただ、シーズン出だしで2連続ダイコンなしなんてことになると、今シーズンはダイコンと縁遠くなってしまうんじゃないかと心配になるのだ。
スポンサーサイト



[ 2005/11/17 00:53 ] | TB(0) | CM(9)

恐ろしい話

会社の営業の人が白内障の手術を受けることになった。
手術といっても切ったり貼ったりではないらしい。
何しろ金曜に手術して、土日を休んだら月曜から出勤できると言うのだ。
医学は進歩していたのだ。

しかしこの進歩の仕方が問題だ。
確かに、不治の病がいくつ治るようになっただろう。
入院の期間はどれだけ短縮されただろう。
それはすばらしいことだ。
ただ、治療を受ける側の精神的クッションはどれだけ進歩したのか?
「もっと他に方法があるだろう」そう思うことはないか?
営業の彼は今、心底おびえている。
今回の手術で目玉に注射を打たれるのだ。

目玉に注射?!
考えるだに恐ろしい。
他人のことでも目をそらせたくなる。
なのに本人は目をそらせることができないのだ。

目といえば、他者の侵入を拒むことで有名だ。
微粒子といってもいいような細かいものでも、うっかり目に入ったらとても痛い。
液体であるシャンプーでもあんなにしみるのだ。
なのに、目に針!
千本飲んだほうがマシだ。

そんな彼に対し、従業員一同は
「こわいこわい」
「絶対痛い」
「なにかのバチだろう」
「苦しむに違いない」
「なまんだぶ」
と、慰めているのだ。
[ 2005/11/17 00:17 ] 健康 | TB(0) | CM(7)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム