fc2ブログ
2005 101234567891011121314151617181920212223242526272829302005 12
月別アーカイブ  [ 2005年11月 ] 

ペンシル

仕事や外出のときはボールペン。
見えるところに置く覚書には筆ペン。
それ以外の書き物には鉛筆を使っている。

実は、お気に入りはとっておくタイプだったので、かなり古い鉛筆が保存してあった。
「トムとジェリー」「again」「週間アクション」などがある。
子供のころの宝物、ってとこか。
中学生になるとシャーペンを使うようになり、鉛筆はさらに深い眠りについた。

ところが、数年前に片づけをしていて眠り鉛筆を発見。
もったいないので使うことにしたら、これが具合がいい。
なので、居間、寝室、コタツに鉛筆を設置した。
こうなると色物もボールペンではしっくりこない。
一本で2色書ける赤青鉛筆を買ってきた。
短くなった鉛筆につける呼び名のわからないものも買った。
そして、鉛筆削りも3台買った。

「鉛筆ぐらいナイフで削れ」と言う人もいるかもしれない。
もちろん削ろうと思えば削れるのだ。
会社では「肥後の守」を使っている。
ただ、鉛筆削りが使いたいのだ。

鉛筆削りは、文房具の中でも飛びぬけて楽しい。
あんなところがあんなふうに伸びて鉛筆をはさむ。
内部ではねじねじしたものがぐりぐり動く。
削られたカスが下にたまる。
これはいっぱいたまるまで捨てる気になれない。

鉛筆はさみは、鉛筆がなくても引っ張り出した状態で止まっている。
なのにハンドルを回したとたん、ばちん!と戻る。
これはいったいどういう仕組みなんだろう。

たとえば、机の上に鉛筆が一本あるとする。
ここから連想されるのは「試験」だ。
消しゴムだったら、忘れ物にしか見えない。
ところが、もし机の上に鉛筆削りがあったとしたら・・・
「この机には持ち主がいる」
「このスペースはこの鉛筆削りの持ち主のものだ」
こんな感じがしないだろうか。

さて、このように動き出した鉛筆グループ。
実は、眠りシャーペンもいっぱいあるのだ。
しかもやつらは減らない。
壊れない。
使い切ることができない。
どうしよう・・・
スポンサーサイト



[ 2005/11/11 11:11 ] 世間話 | TB(0) | CM(9)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム