FC2ブログ

ここでは、食 に関する情報を紹介しています。
お昼を食べに出かけて、食品を買って帰宅。
録画してあった正月のドラマとお笑い番組を観たら夕方になっていた。
もちろんちづるはお笑いの途中からうたた寝している。
よし、料理に取り掛かろう。

寸胴鍋に少し残っていた野菜スープを雪平鍋に移す。
今日の料理は寸胴鍋でなければ作れない量だ。
カレーと豚肉のアブラっ気があるので洗剤で洗う。

まずはお勝手のバケツに残っていたサトイモ。
ほとんどが親芋だが、皮をむいて適当な大きさに切る。
収穫してからずいぶんになるので、悪くなっているところも多い。
キレイな所だけを寸胴鍋に入れて洗う。

次は先週採ってほったらかしにしていたダイコンだ。
手に取ると皮が少し柔らかくなっていたので水に浸けておいた。
皮を厚めに剥いて1センチぐらいの厚さに切り、4つ割りにして鍋に入れる。

続きましてゴボウ。
実家が欲しいかと思って買って行ったらいらないというのでもらってきた。
包丁の背で皮をこそぎ取り、水に晒して乱切りに。

ニンジンは2本、ピーラーで皮をむいてこれも乱切りにする。
ここまですべて根菜なので水から煮る。
麺つゆ1に対し水10でひたひたにし、コンロにかける。

煮えてくるまで時間があるので、ちづるがもらってきた大量のネギを刻むことにした。
それが終って鍋のふたを開けてみるとちょっと泡が出始めていた。
鳥の胸肉を切って入れようと冷蔵庫を開けたら、
そうだ、コンニャクを入れるのを忘れていた。
2枚を8等分にしてから斜めに切って鍋に入れる。

鶏むね肉を切っていると沸騰してきたようだ。
アクを取って鶏肉投入。
厚揚げを半分に切って投入。

そうこうしているうちに夕食の時間になっていた。
買い置きしていた鴨肉に黒コショウをまぶしたものをスライスする。
いただき物の冷凍浜松餃子を焼く。
この2品でビールを飲んだ。
そろそろ煮物もできているだろう。

味見をしてみた。
よし、上出来だ。
これを明日は保温容器に入れて会社に持って行こう。
食物繊維満載のヘルシーお昼ごはんだ。

で、今朝起きてきたら香ばしい匂い。
ちづるが味ごはんを炊いたらしい。
お昼の予定変更だ。






↑しばらく和風が続くのでクリックしてね。




持てない大きさ
スポンサーサイト



お昼ごはんを食べにうどん屋さんに行った。
こちらでうどん屋さんといえば二種類ある。
すべてが讃岐うどんの麺の新しいうどん屋と、全てが伊勢うどんの麺の昔ながらのうどん屋だ。
行ったのはどんなうどんも太くて柔らかい麺の、伊勢の老舗のうどん屋さんだ。

この店の人気メニューはカレーうどんだ。
太くて柔らかいうどんにどっぷりと粘度の高いカレーがかけられている。
隣の席の若い4人組は、全員が『カレーうどんとごはん』を食べていた。
私もここではカレーうどんを注文する確率が高い。

ちづるはカレーラーメンを注文した。
世の中にカレーラーメンは2種類ある。
スープがカレー味のラーメンと、ラーメンの麺にカレーがどっぷりかかったラーメンだ。
もちろんこの店は,どっぷり派だ。

こうなると、あのどっぷりカレーをライスで食べたくなってくる。
カレーうどんの残り汁にごはんをぶち込んだことはある。
しかし、カレーライスとはまた別物だ。
私はカツカレーを頼むことにした。

注文したらおばちゃんが、

「カツカレー“ライス”ですね」

と念を押してきた。
メニューにはないが『カツカレーうどん』のパターンもあるのかもしれない。
ともかく、出てきた『カツカレーライス』はこれだ。

カツカレー


最近カレーを食べるとしたら、『ココイチ』か『チャンピオンカレー』か『なか卯』だ。
ただ、こういうチェーン店のカレーはいかにもチェーン店のカレーだ。
それに引きかえこのカツカレーライス、なんと懐かしい姿だろう。

皿がちゃんとしたカレー皿で、福神漬けはすでにごはんの上。
大きなスプーンとフォークは正式にナプキンで巻かれている。
カレーの池が深いので、カツを浸すのに具合がいい。
カツ肉は分厚くて脂身がくっきりしていて、すぐに衣がはがれてしまう。

そして一番言いたいのは、タマネギの存在を感じることだ。
チェーン店のカレーはもう煮込み過ぎていて、野菜は影も形もない。
どうかすると野菜はトッピング、なんてこともある。
そんな中、タマネギが出迎えてくれるカレーがあるなんて。

これで870円。
あまりに量がたっぷりで胸焼けたけど。






↑ほうらあなたも食べたくな~る~クリックしてね。




なめろ
徒歩出勤した木曜日、帰りにいつもの居酒屋に寄った。
のんびりしてたら『プレバト』に間に合わない時間になっているではないか。
もちろん録画しているから問題はないのだが、
ちづるのご機嫌を取るためにポテトサラダでもお持ち帰りしよう。

いつもの居酒屋のポテトサラダは量が多い。
わざわざ「少なめで」と注文する人がいるぐらいだ。
残ったら翌日食べればいいと思い、二人前お願いした。
女将さんが透明のお持ち帰りパックにいっぱい入れて「これで二人前あるか」と悩んでいる。
もうそれで充分です、ともらってきた。
それをつまみに『プレバト』を見てお腹いっぱいになった。


土曜日、今度はいつものようにいつもの居酒屋に行った。
早い時間だったので私が一番乗りだ。
しばらく女将さんと世間話をしていたら、一人客が来て私から離れたカウンターに座った。
女将さんとの会話を聞いていると、関東から仕事でこちらに来ている人で、
この店に来るのは3度目らしい。

気が付けば座敷は満員で、女将さんもMえもKちゃんも大忙しだ。
私は相手をしてもらえないので、その一人客と軽く会話をしたりしていた。
そこへさらにお客さんが来たが、もうカウンターしか座れない。
席を詰めて、その関東の人が私の隣に来た。
お隣となったらもうお話をするしかない。

その人がポテトサラダを注文した。
お皿に山盛りなので「一緒に食べましょう」と言ってくれた。
伊勢のことや東京のことを話していると9時になった。
彼は「9時半に約束があるので」と帰っていった。
私は彼がおいていってくれたポテトサラダでチビチビ飲んでいた。


数組のお客さんが帰り、残っている人も食べるよりおしゃべりが主になってきた。
ピークの時間が過ぎたので、Mえが食事を摂るのに私の隣に座った。
Mえはもっと太らなければいけないのだが、とても食が細い。
この日のまかないは、ふわトロ豚キムチ(ヤマイモ入りのお好み焼き風)が一かけらと、
ゴマ豆腐とポテトサラダだ。

盛り付けは少なかったのだが、やっぱりポテトサラダを残した。
そのまま片づければいいのだが、「食べて」と言って置いていく。
私はけっこうお腹いっぱいだったのだが、食べ物を残すのが大嫌いだ。
そのポテトサラダが無くなるまで店にいた。

そんなわけで、私のお腹はポテポテしているのだ。






↑胸が焼けていますクリックしてね。




いばる
2020年いぢわるカレンダーできてないけど受付中

     ※

そんなにおせち三昧という訳ではないが、もう正月の食に飽きてきた。
かまぼこ、伊達巻の他、黄金イカや松前漬けがあったっけ。
あと、寿司や揚げ物をごちそうになった。
ううむ、食べてイヤになる物ではない気がする。
これは逆に、食べてないものに飢えているのだ。

なので三日の朝はトーストにした。
ちづるは素焼きでジャムを付けて、私はちょっと残ってた豚キムチとチーズを乗せて。
他にコーンフレークとヨーグルトと雑煮の残り汁。
ああ、なんだかパン屋牛乳がうれしい。

お昼はいつも行く中華料理屋さん。

「新年さっそく来ていただいてありがとうございます」

と挨拶をされてしまった。
初中華なのでお気に入りのちゃんぽんにしようかと思ったが、
奇をてらって五目ワンタンとサラダを頼んだ。
ちづるも珍しくチャーシューメンを選んだ。
あー、大満足だ。

夜は野菜。
午前中に収穫したカブを鶏ミンチと煮てとろみをつけた。
置いてあったサトイモもニンジンとコンニャクを入れて煮物にした。
カブを食べきったら、サトイモを鶏とろみ汁に移そう。
で、サトイモの煮汁で間引きした来た小ダイコンを煮よう。

さあて、となるとあと食べたいのは、あのお店の定食か。
それからカレーパンとカップ麺とゆで卵。
そしてなんといっても白いご飯。
この土日は普通食三昧だ。

で、そのあと餅とだて巻きの処分が続く。






↑今日の絵は昨夜書いた年賀状用ボツ絵だけどクリックしてね。




1ボツ

雑すぎてボツ。



2ボツ

大掃除やん! でボツ。



3ボツ

縦長だからボツ。


最近、お昼ごはんのパターンが4つに絞られてきた。

1、白いご飯とゴマスープ。
保温のスープ容器にごはんを入れて持って行くのだが、どうしても冷めてしまう。
なので会社でお茶漬けにする。
それだけだと寒くて少なくて悲しいのでゴマスープも食べるのだ。

2、味ごはんとゴマスープ。
保温のスープ容器に味ごはんを入れて持って行くのだが、どうしても冷めてしまう。
それを我慢して食べるのだが、寒くて少なくて悲しいのでゴマスープも食べる。

3、カップ麺とおにぎり。
コンビニに寄って一番安いカップ麺とおにぎりを買う。
一番安いカップ麺を選ぶのは、スープやかやくの小袋がないからだ。
おにぎりは鶏ゴボウかツナマヨ。
おにぎりをゆっくり食べて、規定より長い時間ふやかしたカップ麺を食べる。

4、カップ麺とカレーパン。
スーパーに行ったとき買い置きした安いカップ麺と、
ちづるがコンビニに寄った時買ってくるカレーパンの組み合わせ。
カレーパンをゆっくり食べて、規定より長い時間ふやかしたカップ麺を食べる。


1や2と比べると3や4の日の方がお昼が待ち遠しい。
なにしろ、ごはんはあっという間に食べ終わってしまい、お腹が早く減る。
ごはんよりカップ麺の方がありがたいというのか、と詰め寄られるかもしれないが、
ともかくカップ麺は温まるのだ。

しかも、ごはんの場合はスープ容器を持ち帰らなければならない。
つまり、それはちづるが洗わなければならないので、ちづるにも不評だと思う。
だからちづるはカップ麺やカレーパンを買ってくるのだろう。

カップ麺は、コンビニよりスーパーに安いものがある。
ただ、コンビニの方がちゃんとしたメーカー品で、おいしいとは思う。
スーパーで買う時はどうせ家計子さんが払うのだから高いのを買えばいいのだが、
家計子さんの手下ちづるが監視しているので安いのを買う。
その代り、2~3個まとめ買いができるので、カレー、塩、天そばになる。

ちづるはいろんなカレーパンにチャレンジする。
先日、ソーセージカレーパンを買ってきた。
カレーパンとは不思議なもので、ソーセージが入ると途端に中身が偏り、
パンだけの部分が大きくなってしまう。
それを見極めて、最後の一口にカレーが残るように段取りするのがなかなか大変だ。


で、どの日が一番ウキウキかというと、実は3だ。
この日は朝コンビニに寄って自分で買う。
安カップ麺とおにぎりだけだと悲しい男だと思われそうなのでゆで卵を一緒に買う。
これが一番うれしい。
コンビニに寄った日は、十時のおやつにゆで卵があるのだ。

なんや、この話。






↑会社に電子レンジが欲しいのだけどクリックしてね。




伸びるのか