ここでは、食 に関する情報を紹介しています。
オリンピックも盛り上がり、いよいよ羽生結弦登場という今、
世間の話題は「無人島に一つだけ持って行くなら何か」と
「最後の晩餐に食べるなら何を選ぶか」に二分されている。
この二つでも『最後の晩餐』の方がやや有利なようだ。
無人島に行く機会などまずないが、最後の晩餐は誰にでも必ずやってくるからだ。

その食事が最後の晩餐になるパターンはいくつか考えられる。
しかし、寿命が尽きるという設定なら脂っこいものは食べたくないだろうし、
世界が滅亡するというのなら、どこの店もやってはいないだろう。
所詮たとえ話なのだから、健康体でなんでも食べられる状態と仮定しよう。

だとして、もう一つどうしても考慮しなくてはならない要素がある。
季節はいつか、ということだ。
つまり、その時の“旬”の食べ物は何なのか。
私の食べたい“アレ”は一番おいしい時期なのか。
こんな大事な要件を忘れて話すわけにはいかない。

真冬にスイカとは、言わないだろうし真夏に鍋焼きうどんは答えにくい。
やはり最後の食事となるのなら、それにふさわしい時期に食べたいではないか。

雑煮、みかん、スキヤキ、恵方巻、おでん、カキフライ、
イチゴ大福、つくし、タケノコ、かしわ餅、山菜そば、
アユ、カキ氷、冷やし中華、そうめん、生ビール、メロン、
柿、栗ごはん、桃、サンマ、新米、クリスマスケーキ、
季節によって食べたいものが違ってくる。

さらに、私は野菜を作っている。
自分で丹精込めて作った野菜は格別だ。
季節ごとに収穫したものを、最後に食べたくなるのも当然ではないか。

冬だったら大根サラダ食べたい。
コカブの煮たのもおいしい。
サッとゆでたホウレンソウもたまらない。
採り立てレタスにマヨネーズつけて食べたい。

じゃがバターたまらない。
コマツナ炒めたい。
ミズナで味噌汁したい。
スナックエンドウにマヨネーズつけて食べたい。

トウモロコシ齧りたい。
焼いたナスをショウガ醤油でいただきたい。
トマトに丸ごとかぶりつきたい。
キュウリにマヨネーズつけて食べたい。

なんにでもニンニク入れたい。
トロトロに煮たネギをハフハフしたい。
サトイモの皮をむきながら食べたい
キャベツにマヨネーズかけて食べたい。


逆もアリだ。
私の最後の晩餐のときに、もう食べられないものがあるのではないか。
ウナギはまだあるだろうか。
クジラは獲ってもいいのだろうか。
マグロは? サンマは? フォアグラは?

ちなみに、今のところ私の最後の晩餐は『カレーパン』だが。





↑一日三食プラスおやつと晩酌だけどクリックしてね。






土手でもないのに
スポンサーサイト
私ときたら自他ともに認める好青年であるが、ひとつだけよくない習慣がある。
夕食後酔っ払ってホットカーペットで寝てしまうことだ。
このせいで他に何もできなくなるし、睡眠は中途半端になるし、肝臓にもいかんぞう。
好青年はこんなこと言わないな。

それで去年産み出したのが、ちゃんと夕食を摂る方式だ。
とはいえ、普通にごはんや麺類を食べていたのでは、ブクブク太る一方だ。
糖質カットがブームの昨今、考えたのが長崎名物『皿うどん』だった。
これはフライめんに野菜たっぷりのあんをかけたものなので、麺を茹でる手間がいらず、
しかも野菜でおなかを満たすのでヘルシーだ、と考えた。

なのにまさかこんな非常事態に陥ろうとは。
そう、尋常ではない野菜の高騰だ。
キャベツや白菜が山盛りの皿うどんを食べるなら、同じ重さのステーキが食べられる。
今年に限って皿うどんは贅沢品になってしまった。


途方に暮れる私。
もう毎日ホットカーペットで酔いつぶれるしかないのか。
あるいは普通にごはんや大盛りラーメンや味噌煮込みうどんや鉄板イタリアンを食べて、
筋トレの甲斐もなく太ってしまう道を選ぶのか。

そんなある日、スーパーで面白い麺を見つけた。
その名も『糖質カット麺』
麺類の売り場ではなく豆腐やこんにゃくの売り場に置いてあった。
説明を読んでみると、どうやらおからでできているらしい。

これが二種類ある。
白くて細いがやや平べったい、なんとなくベトナムのフォーのようなのと、
黄色がかった丸麺の中華麺っぽいのだ。
とりあえず両方買ってみた。
なに味にしたらいいのかわからなかったので、スープはラーメンの物を買った。


この麺は糖質がゼロだという以外に大きな特徴があった。
水洗いするだけで食べられるのだ。
これはとてもありがたい。
麺を茹でなければならないタイプだと、鍋を二つ汚すことがある。
それだととてもめんどくさい。

とはいえ次々と寒波が、しかもドラゴンボールのように前より強いのが続々とやってくる今冬、
冷たい麺など食べていられるか。
そう思って白い方はわざわざ茹でて食べたのだ。

それが昨日、黄色い方を食べるときに説明文を読んでみた。
そしたらなんと、電子レンジで温められると書いてあるではないか。
なんと画期的な麺だろう。
電子レンジが使えるなら、スープを丼で溶けば鍋を汚さないで済む。
どうして白いのを食べるときに説明を読まなかったのか。


このように、楽で低カロリーの麺なのだが、博多と香川の人には勧められない。
小鳥が好むぐらいコシが無いのだ。
伊勢うどんを好む土地ならではの商品なのかもしれない。






↑一つ150円もするし賞味期限が短いけどクリックしてね。





後ろに目がある
私は臭い食べ物は臭い方が好きだ。
好きな食べ物なのだから、その特徴は強い方がいい。
なのに最近の風潮はその逆を行っているような気がする。
入試では個性重視などと謳いながら、食品売り場では個性抹殺に進んでいるのだ。

例えば納豆。
昔納豆のパッケージといえば、商品名と、小粒、大粒、引き割りぐらいだった。
でも近頃では、玉子風とかシソ入りとかダイコンおろしの風味とか、
はっきり『臭わない』などと、本来の納豆ではないことが売りになっている。
そうでなければ器の形状が特殊なぐらいか。

納豆とは臭いものなのだから、臭いを売りにした商品が一つぐらいあってもいいのではないか。
『臭臭納豆』という商品があったら私は値段を見ずに購入することだろう。
「靴下より臭い」とか「鼻ひん曲がる」なんてコピーが見てみたい。
過去に存在したのだが淘汰されていった可能性もないことはないが。

さて、臭いの両巨頭といえば、もう一方はギョーザだ。
こちらも臭くないものが流行っているらしい。
臭くないギョーザには三種類ある。
臭くないニンニクを使ったもの、ニンニクを使っていないもの、
皮だけがギョーザでもはやギョーザではないもの、だ。

たしかに口臭が困る場合もあるだろう。
歯医者や美容院に行く予定のある人、チューする予定のある人、
ポッキーを両端から食べていく予定のある人達だ。
でも私は言いたい。
だったらギョーザを食うな。

接客業の人は仕方ないという人もいるかもしれない。
ここは私は世間の考え方を変えるべきだと思う。
ニンニクの匂いのする受付や営業マンがいたら、
「おっ、いい匂いさせているね」と褒めてあげるのだ。
世間全体がそうなれば、巡り巡って自分も臭くいられるようになる。

そうそう、食品売り場だけではない。
ニンニクの品種自体がそうなりつつある。
ニオイ抑えめとか、全く臭わないニンニクが品種改良で作られているのだ。
こんなもの、品種改悪だ。
育てやすいニンニクなのに、虫が寄ってくるようになったらどうするのだ。


さて、先日のどが渇いたので自動販売機でジュースを買うことになった。
ふと見ればトマトジュースがある。
私は野菜びいきのトマトジュース好きだ。
さわやかトマトとか表示されているそれを選んだ。

車に乗ってからそれを飲んでみたら、なんと甘いではないか。
これではまるでジュースだ、ってジュースなのだけど。
うわあ、これは気持ちが悪い。
トマトの匂いが少なくなったために、すきま風みたいにトマト臭い。
なんというか、リンゴジュースにトマトエキスをポタポタ垂らした感じだ。

ちづるに「すごくまずいから飲んでみろ」と勧めたが断られた。
となると、全部自分で飲まなければならない。
で、こんなものに限って350㏄入りなのだ。
トマトジュースは小缶と決まっているだろう。

これなんぞはトマト臭さを消したばかりによけい臭くなってしまった事例だろう。
やはりそのもの本来の臭さはキープするべきなのだ。
しかし、余計臭くなってしまったのなら、臭いもの好きなら好きになるはずだ。
これは臭いものの臭さの種類と臭さ量の問題で本来の臭さとは臭さが
あーもうなに言うとるかわからん!






↑パクチーは嫌いだけどクリックしてね。





赤がきつい
年末年始という時期は、いろいろと食品が集まってくる。
正月の残り、お歳暮のおすそ分け、旅行の土産、餅。
それらが集中した人からのおすそ分け。
急激に集注するためか、賞味期限が迫っているものが多い。

昨日の夕食にはレトルトのハンバーグを食べた。
真空パックだからと安心していたら期限が今月17日だった。
おいしそうだから、という理由で日持ちのする缶詰瓶詰から食べてしまっていたのだ。
それでも、このように弁当に使えるようなものは困らない。

私の弁当が困ったことになっている。
魚肉ソーセージだけは動くことが無く、あとおにぎりやパンや、
たまにカップ麺などを買っているが、そこにプラスされたものがある。
クッキーだ。
それも、個別包装されたものを一日三個ずつ。

お菓子も集中しているのだ。
先日、中にクリームのはさまったモナカの皮みたいなせんべいを食べ終わった。
そしたらすぐやってきたクッキーが2箱。
どちらもいろんな種類の詰め合わせだが、
一方は地元お菓子屋さんのものなので賞味期限が短い。

いや、実はもう過ぎている。
でももったいないので毎日少しずつ会社用のおやつにしているのだ。
はっきりわかっているのは、ただむやみにカロリーがプラスされたということだ。
このクッキーの後には、なごやんとおかきが控えている。


とはいえ、あからさまに腐ってしまわないものはまだいい。
賞味期限はタイムリミットではないのだから。
しかしそうはいかない食物軍団がいた。
フルーツだ。
やつらは簡単に腐ったりカビが生えたりするのに、凍らせるわけにもいかず、
皮をむかなければならないし、わが家にはあまり食べる習慣がないのだ。

秋に、実家でもらった栗が冷蔵庫でカビていた。
もらった時から不安だったのだ。
何分茹でたらいいかわからないし、皮は剥きにくいし、
なにより、一日の何時食べたらいいのかタイミングがわからない。

謎の巨大柑橘類が紙袋の中でカビていた。
だってみかんがあるのだ。
わざわざ刃物を使わなければならないものを食べるはずがない。
テーブルの上のミカンもシワシワになりつつあるというのに。

熊本県のおみやげだという謎の果物も新聞にくるまれてダメになっていた。
何だったか名前も忘れたが、ドラゴンフルーツみたいな形の、
いかにも南国系ハデハデフルーツだった。
ただ、熟しているかどうかがわからないうえ、どう切ったらいいのかもわからなかった。

冬至に風呂に入れるつもりだったゆずが6個もふがふがになっている。
その日に使わなかったらもうアウトだ。
皮をちょっとだけ料理の香りづけに、なんて使い方するはずがない。
傷つけた段階ですぐ腐敗が始まるのに。


そんなわけで今日は、いくつかの柑橘類と柿などを実家に持って行く。
年寄りは果物が大好きだ。
喜んでもらえて処分できればありがたいことではないか。
なんでもいいけど『フルーツ』を実家の話題が出た途端『果物』と表記してしまった。
読み方は『くだもん』だ。





↑星の子カービーもクリックしてね。






元々みずみずしくないのに
いつもの居酒屋で珍しい人に会った。
とある会社の社長さんで、元この居酒屋のオーナーだ。
不摂生を極めていたために体調を崩し、仕事は人に任せて悠々自適。
体調がよくなると飲みに出てくる。

そういうことだからお酒は熱燗を3合と決めている。
それだけ飲んだら迎えに来てもらって帰ってしまう。
おつまみはいつも一品。
カロリー制限されているのだ。

そんな状況でもこの方は食を楽しんでいる。
今、一番の趣味はウナギ巡りだ。
週に一度、県内のうなぎ屋を一つずつ試している。
最近は車で2時間もかけて行っているらしい。
およそ二年で行った店は100軒を超えたという。


では、他の食事はどうなっているのか、ふと気になったので訊ねてみた。
夕食は伊勢うどんなのだそうだ。
最近有名になってきたが、わが地元伊勢の名物料理、
たれをかけて食べる全く腰のない柔らかいうどんだ。
地元民なら飽きないけれど、毎日となるともはや主食だ。

居酒屋で一杯飲んだ後はこれを食べる。
居酒屋に行かないときも夕食はこれだけだそうだ。
ウナギに伊勢うどん、こんな濃いたれの食事をしていていいのだろうか。
昼食はカロリー計算された配達弁当を会社の事務所で食べるのだそうだ。

で、問題は朝だ。
朝食はカレーと決めているそうだ。
しかも、具は一品。
いや、これを読んだあなたは今勘違いをしている。

彼のカレーはカレールゥをお湯で溶いただけのものだ。
つまり素カレー。
これを一週間分鍋で煮ておく。
そして毎朝、これと決めた具を一つだけごはんに乗せ、このカレーをかけて食べる。

私が話を聞いた日は、焼いた牡蠣を入れて食べたらしい。
なんとなく贅沢なように聞こえるが、その前日はタマネギだったそうだ。
タマネギカレーとは斬新だ。
なぜなら、タマネギは本来カレーに入っていて当然のモノではないか。
カレーレギュラーの筆頭だ。

しかし、彼はこれによってタマネギの奥深さを知ったという。
ソテーしたり、網で炙ったり、レンジでチンしたりで味が違うというのだ。
つまり、カレーという舞台で、食材の独り舞台を楽しんでいるのだ。
だからかなり異色の舞台も経験したという。
「あんこもなかなかイケた」とおっしゃっていた。

そしてもう一つ耳寄り情報。
これに付き合っている奥さんが、便秘を解消したというのだ。
もちろん個人の意見です。






↑この朝カレーを勧められているのだけどクリックしてね。





カレーだとことわっていなかった