ここでは、食 に関する情報を紹介しています。
またもや野菜たっぷり麺類の話だ。
今調べてみたら、『食』のカテゴリーも『健康』のカテゴリーも麺類のことばかりだ。
それほどこの野菜たっぷり麺類が気に入ったのかといえば、
買っちゃうからしなくてはならない状態になるのだ。
ましてや、昨日のように二日酔いの日はお酒を休んでちゃんと食べた方がいい。

私の記憶では乾燥のそばが買い置きしてあったはず。
しかし、あいにく野菜がキャベツ・タマネギ・ゴーヤ・モヤシと洋風しかない。
さて、どないしよかと悩んでいると、ちづるが焼きそばがあると言う。
私が夜中まで飲んでいると思ったちづるは買い物に行ってきたらしい。

「ちょっといいヤツ」
という言葉が引っ掛かるが、焼きそばなら簡単だし大好物だ。
収納を探して見つけたのは『上海焼きそば』という大きな袋だ。
写真はとってもうまそうだ。


ちょっと話がそれるが、焼きそばのやり方は各家庭で違うらしい。
上司Tは麺にまぶしてある油が酸化しているから湯通しをするという。
О川は卓上鉄板で焼きながら、スキヤキのように卵を付けて食べるらしい。
わが家ではまず麺だけを炒めて焼き色を付ける。
これは某料理上手タレントのうんちくだが、やってみたら確かにうまかったのだ。


さて、上海焼きそばを開封して作り方を読む。
『まず、たっぷりのお湯で麺を3分茹でます』
おいおいおい、手軽で簡単が焼きそばの売りではないのか。
茹でるなら、焼かなくていいだけラーメンの方が楽ではないか。

でもしょうがない。
お湯を沸かしながら、説明書の続きを読む。

『茹でた麺をざるにとり、油を絡めます』
『油をひいていないフライパンで麺を両面炒めます』
『麺を皿に取り、油をひいて肉・野菜の順に炒めます』
『麺を加え、付属のスープを入れます』
『水分が無くなるまで炒めたら出来上がり』

なにが『できあがり』か。
これだけの手間をかけるのなら『コトコトと三昼夜』の方がましじゃい。
でも、しょうがない。
茹でた麺をざるに取り油を絡め、油をひいていない中華鍋で両面焼く。

くっつくやないか!
ええいもう、こうなったら力ずくや。
麺を箸でこそげて、くっつかないように鍋肌を滑らせながら炒める。
それを皿に取ったら次は肉だ。
一度麺がくっついたから、肉もくっつくやないか!


なんとか完成して試食を兼ねたディナーだ。

「うん、麺がモチモチしておいしい」

ちづるの言う通り、麺がモチモチしていておいしかった。
だが、もうお断りだ。





↑中華鍋は北京鍋だけどクリックしてね。






海の絵を描くのが面倒だった
スポンサーサイト
野菜たっぷり麺類を夕食に食べるダイエットを続けている。
いや、ときどき思い出したようにやっている。
炭水化物は摂るけれど、ダラダラお酒を飲むよりは低カロリーだという計算だ。
しかもおなかが膨れて時間にも余裕ができる。

今までやってきた中心メニューが野菜ラーメンだ。
タンメンとかチャンポンとか言ってしまってもいいのだろうか。
インスタントではなくちゃんと生めんの物を使っている。
他にも煮込みうどんなど、麺を変えて同じようなものを試している。

先日、いいものに気が付いた。
長崎名物皿うどんだ。
地元の人には「違う!」と怒られるかもしれないが、
こちらで言う『かたやきそば』みたいなものだ。
ベビースターラーメン発祥の地、三重の人間の舌にもマッチするのではないか。

カリカリに揚げた麺に、野菜たっぷりの中華あんをかけて、
それを崩し浸み込ませながら食べていくものだ。
元々が野菜たっぷりが売りの料理なのだから私の理念に合っている。
さっそくスーパーで探して買ってきた。
乾麺売り場にあったのはちょうどいいことに二人前入りだった。


作り方を読んでみる。
なるほど、本場ではイカやエビ、かまぼこなど魚介類をメインにするらしい。
でも、具材は何を使おうが自由だ。
とりあえず手元にある豚肉を使うことにした。

こういう物に入る野菜は種類が多い方がおいしい。
家にあったのは、キャベツ・タマネギ・モヤシ・シメジ・コーンだ。
タケノコやきくらげ、紅ショウガなんかが入ってもおいしいだろう。

作り方はカンタン。
具材を炒めたら、付属のスープを水で溶いて入れ一煮立ちさせるだけ。
それを同封のカリカリ麺にかけたら出来上がりだ。
なんとラクラクな作り方だろう。

ともかく、今までやってきた野菜ラーメンと格段に違うのは、
麺を茹でなくてもいいことだ。
野菜スープと麺をどちらも熱々で食べようと思ったらどうしても鍋が二つ要る。
しかもけっこう大きなものが必要だ。

ヘタをしたら大鍋二つとざるが洗い物になってしまう。
もちろん丼も二つだ。
一つの鍋で分けて作れば麺かスープのどちらかが冷め、生ぬるくなってしまう。
ムリヤリ一つの鍋で作ると、具が多すぎて麺を平等に分けることができない。

だからこの皿うどんの発見は我が家のビッグニュースなのだ。
冷凍のシーフードなどを使えば本場に近いものもできそうだし、
なにより味も歯ごたえもいい。
しかもビールにも合う。
ごはんのおかずにもなりそうだ。


この皿うどんの発見で、野菜たっぷり麺類を夕食に食べるダイエットは、
ワンランク進化したということができよう。
ただ、まだ痩せ始めてはいない。





↑メザシでお酒も飲んだけどクリックしてね。






久しぶりに背景つき
私は食べ物の好き嫌いが少ない方だと思う。
キライなものと訊かれた時に答えるのは、
セロリとところてん、そして最近仲間入りしたパクチーだが、
これらとて、食べられないわけではない。
味は好きでないが、食べなければならない状態だったら何とか食べることができる。

これらとは別に、味は好きだが食べないというものがいくつかある。
たとえば担々麺。
いや、食べる、食べるよ。
ただ、ラーメン屋で注文しない。
私はラーメンは具が幾種類かあって欲しいので、ずっと同じ味の麺類を頼まないのだ。

環境的に食べないものがある。
というか店的な問題だ。
まず、行列には並ばない。
並んでいるうちにイライラしてきて、食べるようになった時にはおいしくなくなっている。
サッサと片づけて出ていきたいって気持ちになってしまうのだ。

似たような理由でバイキングのお店も行かない。
ホテルの朝食バイキングが好きなのはなぜだろう。
たぶん空いているのと、朝食的おかずとジャンルが決まっているからだろう。
それに、普通のバイキングは何度もおかわりに行く。
食事中に席を立つのは嫌いだ。

食い放題のお店も行かない。
自分で取りに行くのはバイキングと同じだからもちろんだが、
お店の人が持ってきてくれる食い放題もいやだ。
私はできる限り店の人との接触を少なくしたいのだ。

焼肉屋で肉を注文するのも好きじゃない。
誰かが注文したものを適当に食べているのがありがたい。
だから、主導権を握る人と行くことにしている。
そういう人は支払いの主導権も持ってくれることが多い。

ここまでとはキライな理由のジャンルが違うが、海鮮丼も好きじゃない。
食べればおいしいに違いないだろうが、あの理屈が気にいらない。
ごはんに生の魚介類が乗っているなんて気持ちが悪いではないか。
かつ丼でもうな丼でも天丼でも、具をどけてもごはんはおいしそうなのにこれは違う。
ごはんと魚介類が別でいる方がいい。
もしごはんが酢飯なら、それはそれで寿司で食べる方がいい。


さてここまで、好きじゃない食べ物の理由をいくつか書いてきた。
ひとつ自分でも食べない理由がわからないものがある。
ハンバーグだ。
もちろん食べたことはあるしおいしいと思うのだが、気が付くと避けていることに気付いた。

一時期サイゼリヤに通っていたが、ハンバーグを注文したのは一回だけ。
それもウインナーやチキンも乗った全部盛りだった。
弁当を注文するときもハンバーグを選んだことはないし、
居酒屋連中でハンバーグ店に行ったときは参加しなかった。
ちづるとお出かけ中にハンバーグ店に寄った時も、私はロコモコ丼を頼んだ。

ハンバーガーは好きだ。
肉団子も食べる。
どこかで出されたならうれしい。
でも、自分で注文することがない。
なぜなのだ。

普段からヘリクツばかり言っているのに、自分の好き嫌いの理由がわからないなんて。
どうしてなの? 
教えて、ハンバーグ師匠!





↑理由はわからなくてもいいからクリックしてね。






冷めないうちに食べなさい
飲食業は浮き沈みが激しい。
私の生活圏でも、新しい店ができたかと思ったら老舗がのれんをおろし、
できたばかりの店も「そろそろ行ってみようか」という頃にはなかったりする。
私の職場は数年前に引っ越したのだが、久しぶりに以前の通勤路を通ると、
全然違う街並みになっていて驚いたりする。

悲しいのは好きだった店が無くなることだ。
今もふと考えてみると、いくつかの馴染んだ店を思い出す。
特に印象深いのはラーメンだ。
居酒屋帰りにたまに寄っていたラーメン屋がいくつつぶれたことだろう。
飲み仲間でも「ちょうどいいラーメン屋がない」というのが合言葉になっている。


以前気に入っていた某ラーメン屋。
ちづるも好きで、休みの日の昼食にもよく利用していたが、
2店目ができたらすぐに閉めてしまった。
巷では、欲を出して手を広げるとダメだね、なんて言われていた。

ちなみにそのラーメン屋の最初の店は、その後フランス料理店になり、
今は焼肉屋になっている。
なのにちょっと離れたところにできた2号店は、
テナントの借り手がないのかずっとその店の看板があがったままだった。

が、先日その前を通ってみたら、復活しているではないか。
新しいラーメン屋になっているのではなく、前の店のまま復活だ。
これはぜひ行かねばならん。
日曜日にお昼を食べに行ってきた。


実は2号店に入るのは初めてだ。
できてすぐにつぶれてしまったからか、店内はまだ新しくてきれいだ。
メニューはすごくシンプルでいい。
閉める前の1号店はセットやら定食やら中華料理やらややこしいことになっていた。
やはりメニューを見ておろおろするような店は行きたくない。

数種類のラーメンにギョーザとごはんモノ。
ギョーザやチャーハンとのセットが少しで、あとおつまみが数種類ある。
ラーメンは以前のままの味だった。
ちづるもとても気に入ったようだ。

しかし、とても嫌なシステムができていた。
ランチタイムに麺類を注文すると、ごはんとキムチとゆでたまごが食べ放題なのだ。
ただし、自分で取りに行かなくてはならない。
私はこれが嫌いなのだ。

ラーメンを待っている間にゆでたまごが食べたい。
客席に数個ずつ置いてあったら、有料でも食べていただろう。
でも取りに行くとなると立たなければならない。
いや、その運動量がイヤなのではなく、目立ってしまうのがいやなのだ。

ゆでたまごを食べて、ラーメンとギョーザが来たとしよう。
ごはんとキムチを食べたいではないか。
でも、席を立ってよそいに行きたくない。
その間に自分のラーメンが置きっぱなしになっているのもいやだ。

そんな事を考えている間にラーメンが来た。
私はラーメンを食べるのが早い。
ギョーザが出たころにはほとんどラーメンは食べ終わっていた。
ああー、ごはん欲しい。
キムチとゆでたまごも欲しい。

なんで、自由に食べることができて、しかもラーメンとギョーザを食べたのに、
「おあずけ」をされたような気分にならねばならんのか。
私はこのシステムが大嫌いだ。





↑夕方自宅でおでんを作った時「あのたまごがあったらば」と思ったけどクリックしてね。






ごはんを愛す
家に帰るとキッチンカウンターの上にカレーヌードルが置いてあった。
2個あるところを見ると、ちづると私の分だろう。
カレーヌードルは私の大好物だ。
おそらく、ワナだ。

私だけが痩せていくことを許せないちづるは、
自分が同じように痩せる、ではなく、夫を痩せさせない、を選んだ。
だからときどきハイカロリーなものが私に与えられる。
ただし、それは置いてあるだけで、食べるかどうかは私の自由なのだ。

いや、いつかは食べるに決まっている。
それも近々に。
食べるなら、会社のお昼ということになるだろう。
今週の出勤は木金のみとなっていた。

月火水のお昼はちゃんと鍋をした。
豆腐と白菜とシューマイで、水曜日はシューマイがウィンナーに変わった。
確か会社の冷蔵庫には、ハクサイとウィンナーが残っている。
鍋をするなら豆腐を、そうでないならカレーヌードルを持って行かなくてはならない。
とりあえず決定を先延ばしにし、両方持って行った。

決断はお昼前だ。
お腹の減っている時間帯になる。
もうカレーヌードルが食べたいに決まっている。
普段カップ麺を食べるときは、パン>カップ麺>魚肉ソーセージというコースだ。
今回はパンが無かったのでカップ麺ができるまでの時間に魚肉ソーセージを食べた。


そしてこの日はいつもの居酒屋に行く日だ。
スキンヘッド3号とMえがラーメンを食べに行く予定を立て始めた。
いかん、なんとか逃げなくては。
が、私に決断の権利はなかった
そこにMえファンの若社長が加わり、四人で隣の市のラーメンを食べに行った。

早番とはいえ、Mえのバイトが終わってから出発したので、
ラーメン屋に着いたのは0時前だった。
おっさんは酔っ払いなので運転はもちろんMえだ。
この時間なのに3号はラーメンとチャーハンのセットを食べている。
見ているだけで胸が焼けてくる。

3号と社長を送ってから私の番だ。
家に着いたのはもう1時を過ぎていた。
慌ててお風呂に入ってすぐに寝た。

今、とても胸が焼けている。
お腹は全然減らない。
ああ、やっぱり失敗だった。
行かなければよかった。

キッチンカウンターの上にカレーパンがあるのを見つけた。
今は胸が焼けているが、きっとお昼にはきっちり消化してしまうだろう。
そして私はこのカレーパンを持って出勤するだろう。
ワナと知りつつ。





↑弱くなったものだけどクリックしてね。






あぶらすましか