FC2ブログ

ここでは、食 に関する情報を紹介しています。
古くはケロッグとかシスコーンとか呼ばれ、一時期漫才で有名になったコーンフレーク。
総称してシリアルという。
合っているかな。

低カロリーでビタミン豊富、牛乳をかければタンパク質も摂取できる。
塩分はほとんどない。
そしてあの咀嚼感。
いろいろ満足できるので、日曜の朝食のほか、
飲んだ後に締めに食べたり、ジムの後の食事に愛用している。

お気に入りは『フルーツグラノーラ』だ。
メーカーも一番推しらしく、大きな袋が売り出されたり平積みされたりしている。
しかし、乾燥フルーツは高カロリーだ。
これだけを一人前食べていたらせっかくの運動が無に帰す。

そこで、低カロリーの『オールブラン』と半々にしている。
こればかりでは味気ないものだが、混ぜて食べることで気持ちは健康度2倍だ。
ジムに行った日などはプロテインを混ぜたりする。

ある日、『プロテイン入りフルーツグラノーラ』というのが店頭にあるのを見つけた。
これこそが私の求めていたものではないか。
これと『オールブラン』を混ぜたら完璧だ。
なのにある日は『オールブラン』が売り切れていた。
仕方ないので無味系の仲間『玄米フレーク』を買った。

ちづるが買ってきたのは『フルーツグラノーラハーフ』という脂質が半分のやつだ。
おお、これは都合がいい。
なにしろ『フルーツグラノーラ』で不満はカロリーだけだったのだ。

『大豆プロテイングラノーラ』というのが売られていた。
おお、これこそ私の求めていたもの。
『大豆フレーク』があった。
おお。

どれかが減ると目新しいのを買う。
なくなる前に買うのだから袋は増える。
キッチンの片隅にシリアル置き場ができてしまった。
もちろんそこには普通のプロテインも置いてある。
そこへ先日仲間入りしたのが『オートミール』だ。

袋だらけのキッチンの一角。
もはや『こみフード』と呼んでもいいぐらいだ。
しかしちづるは『エサ置き場』と呼んでいる。






↑ともかく量を減らさないとクリックしてね。




2時はきつい
スポンサーサイト



血圧が高めであるような気がして以来、減塩料理に努めている。
ともかく味をつけないのだから楽だ。
塩味が無いことにも慣れてきた。

10時と3時のタンパク質は無味だ。
今やゆで卵には塩をつけないのが当たり前になってきて、
コンビニの味付けゆで卵はしょっぱいように思い始めた。
ささみの場合はただグリルで焼くだけだが、それが一番おいしいと感じている。

しかし、味付け無しで最もおいしい素材は何かと訊ねられたら、
私は『サトイモ』と答えるだろう。
サトイモはうまい。
素材そのままでとてもうまい。
だから味付けしたらなおさらうまい。

思えば子供の頃は、夕食のおかずがサトイモだったらガッカリしたものだ。
それが今では自分で育て、年々作付面積が広くなりつつある。
初収穫の時はお祝い気分でキヌカツギでいただく。
「これよこれ」なんて言って喜びの涙を流す。


私はこう思う。
我が人生の『好きな食べ物ランキング』で最も順位を上げたはサトイモだと。
きっとちづるも賛成するはずだ。

ところがちづるは一位ではないという。
ちづるの思うランキングアップ一位は『ぬた』だそうだ。
確かにちづるはぬた好きだ。
「ヌター」と呼んでもいいぐらいだ。

なのに昔はキライだったという。
あの、ワケギの中のヌルヌルがいやでしょうがなかったのだそうだ。
なるほど、私もワケギはキライだった。
そもそも野菜が好きではなく、中でもネギ系はピーマンと並んで嫌いな両巨頭だった。

とはいえ、ぬたにはイカやアサリが入っていた。
みそ味はごはんにも合う。
だから私のぬた順位は、過去がそれほど低くなかったので上昇度では一位にならない。

むしろ昔低かったといえば、ゼンマイやフキの方が上だ、いや下だという意味で。
順位が急に上がるといえばごぼう抜き、ゴボウのきんぴらもかなりの上位に入る。
他ジャンルでは、骨のある煮魚や生臭いイワシ酢も大人になって株を上げた。

さて、みなさんの『好きな食べ物ランキングで順位を上げたランキング』一位はなに?
と、みなさんに委ねるのは、オチが無いから。






↑逆に肉や甘いものが下がっているのでクリックしてね。




捧げ持つ
火曜日が休みだったのでパンを買うことにした。
わが家のルールでは休日の朝はパンなのだ。
この意見は主にちづる側の主張だ。
パンは、減塩的にも筋トレ的にもあまりよくないと本に紹介されている。

だからせめてと『ライ麦パン』を選んだ。
ライ麦パンは普通の食パンより良いと減塩本にも筋トレ本にも紹介されている。
形が丸くておいしそうなやつを選んだ。
実は丸いパンに憧れていたのだ。
4枚切りだから土曜にも使える。


が、翌水曜日、パンが届いた。
元々レストランだった『ぼうがいっぽん』というパン屋さんがウチの店のお得意様で、
そこが月に一度作るお届けパンを契約しているのだ。
今回のはフォカッチャという丸いパンと食パンだ。
フォカッチャってなんだ。
似た言葉でも『こてっちゃん』ぐらいしか知らない。
ちなみに、フォカッチャは丸いといっても、ピザ的に丸いパンだ。

フォカッチャ

こんなにパンが大量にあったら、朝食にパンを食べなければならない。
木曜の朝はフォカッチャだ。
ただし、水曜の朝はごはんだったから、ワカメの味噌汁もある。
あとヨーグルトとコーヒーだ。

お昼用にフォカッチャかライ麦パンを持っていこうかと考えた。
消費ということを考えたらそれがいいのだろうが、それでは塩分と炭水化物の摂りすぎだ。
お昼はいつも通りバナナとオートミールにしよう。


この日は夕方実家に行った。
あちらでサンマの干物と味噌汁で軽く夕食を食べてきた。
が、帰宅したらちづるが何かを作っている。
サトイモをもらったとかで手羽と煮ていた。
刺身も買ってあるではないか。

こうなったら飲まずにいられない。
サトイモと刺身とダイコンおろしで一杯飲んだ。
最後のシメに何か食べたい。
普段ならシリアルだ。
だがこの日は当然フォカッチャだ。

あれ? ここにあるのは、ちづるが私を肥えさせるためにときどき買うカレーパンではないか?
この夕食でもフォカッチャが食べ終わらなかった上に、ライ麦パンと食パンがある。
なのにどうしてカレーパンを?

「ついうっかり」

とりあえず、今日のお昼は優先順位一番のカレーパンだ。






↑食生活を描いていると自分が変わり者のような気がしてきたけどクリックしてね。




コックさん
月曜日にイノシシの肉をもらった。
その夕方は実家に行き、帰ってから取りやすい肉だけ切り取ってスライスした。
それを三等分して店長とN岡とE子さんにもらってもらった。
小柄子ちゃんは苦手だということで辞退された。

火曜はいつもの居酒屋に行った。
女将さんに紙とマスクを注文されたからだ。
水曜はジムに行った。
Mえが久しぶりに体を動かしたいと言い出したからだ。
そんなわけで変則で木曜に実家に行った。

となるとまっすぐ家に帰った金曜、イノシシの続きをしなくてはならない。
残っているのはあばらが二枚と脂身のところと骨付きの足だ。
取りやすいところを取ったということは、あとは取りにくいところばかりだ。
骨だけでなく、筋やら膜やら関節やらがあってどうしたらいいのか途方に暮れる。

考えたのは、一旦茹でてから食べられそうなところをこそげ落とすことだ。
どうせ下茹でしないと臭いだろうし、火が通っている方が捨てやすい。
私は寸胴鍋にお湯を沸かしながら、胸膜を切ってあばら骨を一本ずつに分解した。
お湯が沸いたら投入する。

沸騰したのでトングで取り出してざるにあける。
鍋には足などの残りを入れる。
こちらは肉厚だからゆっくり煮た方がいい。
煮ながらあばらの肉を包丁で削り落とす。

肉はトレイに、骨はレジ袋にと分けていく。
あばらが終了したら足だ。
ざるにとってしばらく冷ます。

ちづるが帰ってきた。
白ネギとショウガを買ってくるように頼んであった。
この惨状を見て途方に暮れている。

肉分け作業を終了する。
ちづるがカツオのたたきとアジフライを買って来てくれたが、
これを途中で放置するわけにはいかない。
ともかく料理として完成させておかなくては。

フライパンにごま油を引いて肉を炒める。
ショウガを多めにスライスして入れる。
ネギを一本、大き目に切って入れる。
酒・砂糖・みりん・味噌で味付けをし、汁気がなくなるまで煮込む。

心配していたのだが、ちづるには高評価をいただいた。
なかなか食べられるではないか。
たぶん数日なら日持ちもするだろう。

ただし一つだけ苦言を受け取った。
ゴミを出せる日の前日にしろ、ということだ。
骨たちは火曜まで冷凍保存しなければならない。






↑布団に入ったら自分がケダモノ臭い気がして仕方がないんだけどクリックしてね。




くさっ
凍えるような寒さだったが、久しぶりにMえ、Qちゃんと三人そろってジムに行った。
“そろって”とはいったものの、彼女らが来たのは私が1時間もウォーキングをしたころ。
2人がアップをしている間に、私は着換えに行った。
それからQちゃんと腹筋、そして三人でダンベル運動だ。

ちょっと張り切ってしまったので遅くなった。
帰宅したら当然ちづるは夕食を済ませた後だ。
今から軽く一杯飲んだりするか訊いてみたら、

「もうすぐ『相棒』が始まるから静かにして」

とのことだ。
さてどうしよう。
運動した後はビールがうまい。
寒いから焼酎のお湯割りで暖まりたい。
しかし、アルコールはトレーニングを台無しにしてしまうから、ホントは飲まない方がいい。

とりあえず、まず野菜を食べることにしよう。
タッパーにあるキャベツとニンジンの千切りにダイコンおろしをかけて食べることにした。
味付けは酢とオリーブオイルだ。
青魚の栄養素も摂りいれるために、ダシガラの煮干しも入れる。
ちなみに『相棒』が始まってしまったので、キッチンで立って食べている。

ここからが夕食だ。
食べたいのは作り置きしてある鶏ハムか、真空パックの炭火焼き鳥だ。
どちらも低カロリータンパク質だからジムに行った日にはふさわしい。
ただ、こんなおつまみがあったらお酒を飲みたくなるではないか。
他に何かないか冷蔵庫を見てみよう。

アサリの佃煮があった。
塩分を考えると敵なのだが、これで炊飯器に残っている十六穀米飯を食べたらさぞうまいだろう。
しかも残りごはんは片づけた方がいい。
その前に、だしで煮たダイコンが温まってきたのでカップ一杯食べる。

『相棒』がCMになったので、佃煮とごはんと缶ビールを持って食卓に移動する。
食べ終わったが足りない。
先日いただいたチョコレーティックなモノがいくつかあるが、これならちづるも食べるのではないか。
だとしたらここから焼酎に行くよりはウィスキーがいい。
ウィスキーに合うおつまみはと探して、クリームチーズとトマトを持ってきた。
こいつをクラッカーに乗せて食べるのだ。

変な食べ方をしたのでなんだか納得できない。
フルーツグラノーラに牛乳をかけて食べてしまった。
牛乳をかけさえすれば、トレーニングの補強になるという言い訳だ。

が、考えてみたら、ごはん、クラッカー、シリアルと主食級モノを三種類も食べている。
更に、ビールとウィスキーを飲んで、チョコレートで糖分を摂ってしまった。
佃煮とチーズで塩分もたっぷりだ。
最初迷っていて、結局全部盛りではないか。

ただ一つ、私は自分をほめよう。
最初の野菜、ダイコン煮、十六穀ごはん、トマト、シリアルは、一つのシェラカップで食べた。
食べるメニューは増やしたが、洗い物は最小限にしたのだ。







↑しかもちづるがカレーパンを買って来ていたのよクリックしてね。



道を描きたくなかった