FC2ブログ

ここでは、食 に関する情報を紹介しています。
気温は下がり、消費税は上がり、健康診断が近づいてきた。
会社での昼食について考えなければならない。

現在の昼食は、魚肉ソーセージ、サラダチキン、サラダ大豆のうちから2点。
プラスゴマスープということになっている。
炭水化物を減らし、筋トレの効果をあげるためにタンパク質主体となっている。

しかし、前々から言われていたことだが、これはとても不経済だ。
魚肉ソーセージは5本で300円、サラダチキンは3つで300円、
サラダ大豆は一番安いスーパーで98円だ。
どうせちづるの弁当を入れるのだから、同じものを持って行った方がはるかに安上がりだ。

しかも、三つとも冷たい。
だからゴマスープを持って行くようになったのだが、
結局これは昼食単価を上げることになっている。

何を持って行くのが一番お得か。
おにぎりだ。
しかも友人にもらった上物の海苔が50枚もある。

それで思い出したのが『おにぎらず』だ。
確か去年専用ケースを衝動買いしたはずだ。
それを出してきて海苔を敷き、ごはんと置かずを少し入れて会社に持って行った。
どうやらあれはラップを敷いて使うモノらしい。
海苔がケースにくっついてしまって、結局フォークで弁当みたいに食べた。
やはり普通のおにぎりにしよう。


とはいえ、カロリー摂り放題でもいけない。
なので夕食を豆腐と、これも友人にもらったワカメ主体にすることにした。
冷奴とワカメポン酢で続けていたが、さすがに家でも寒くなってきた。
お腹もふくれて温まれる汁物がいい。

私は考えた。
とうふ、ワカメ、もやし、キノコで鍋風にすれば、他におかずがいらないのではないか。
これなら温まれるしヘルシーだ。
だが、毎日同じ味では飽きが来る。
そうだ、今話題の鍋の素をスーパーに見に行こう。

シーズン到来で鍋関係の商品はたくさんあった。
そのまま鍋ツユに水で割る系、一人前ずつの固形タイプもある。
しかし、どれもこれもお高い。

悩みながらウロウロしていていいものを見つけた。
ラーメンスープだ。
なんと一人前55円。
よし、これにゴマペーストを入れて、ちづるの好きなゴマ味噌ラーメン風にしよう。

これはうまかった。
だが、ラーメンだから脂分が多い。
後日ちづるとスーパーに行って鍋コーナーを見たら、3~4人前で200円ぐらいだ。
単価だとラーメンスープと変わらないではないか。
とりあえず、一人前ずつ作れる固形の『鍋キューブ』というのを買った。

ただし、今日は朝昼晩と炊き込みごはんだ。






↑「あんたほど食べ物のことを考えとる人はおらんな」とちづるに言われたけどクリックしてね。




具を描かずにすむが
スポンサーサイト



昨日は、折りたためる車のシートやスマホの地図機能がめんどくさいという話を書いた。
しかし、実際一番めんどくさかったのは『しゃぶしゃぶ食べ放題』だったのだ。

予約席に案内されると、6人用の席に鍋が二つあった。
その二つがそれぞれ韓国の陰陽道のマークみたいに二部屋に仕切られている。
説明によると肉をしゃぶしゃぶするダシが何種類もあるのだそうだ。
お湯でいいのではないか。
でもそういうのがあればいろいろ試したい方々はちゃんと4種類のスープを選んだ。

次は自分で飲み物とつけダレを取りに行かなければならない。
オーソドックスなポン酢やゴマダレのほか、全部で6種類ぐらいのつけダレがあった。
そこにネギやらゆずコショウやら薬味がたくさんある。
だから、みんないくつもの器を持ってウロウロしているのだ。
私はめんどくさかったのでゴマダレにネギを入れたのだけにした。

次は飲み物。
よくあるドリンクバー形式で、好きな飲み物を機械から注いで来ればいい。
残念ながら、車で来ているため、ビールを飲むことができない。
なので、大きめのコップに氷抜きでウーロン茶を入れた。

肉は店員さんを呼んで持ってきてもらう方式だ。
選んだコースによって頼める肉が違う。
高いコースだと良い肉が注文できるのだ。
我々のコースはそんなに高くないはずだが、それでもメニューの数は多い。
でも、実際のところ、来た肉を見てそれが何かなんてわからないのだ。

ダシが沸いたらドカドカ肉を入れていく。
一番食いっぷりがいいのは、モデルさんのようにスラリとしたSちゃんだ。
私とSちゃんは席の一番奥になったので、重役のように座ったままだ。
入口にいた店長の奥さんや小柄子ちゃんがいろいろ持ってきてくれる。

「これも試してみたら?」と奥さんがポン酢を持ってきてくれた。
なんだか梅干しの破片の入ったごはんをよそってきてくれた。
店長が寿司を持ってきてくれた。
肉の最中にごはんモノの攻撃を受けた。

ここからSちゃんがパワー全開になってきた。
小食な女子はもう肉を食べるのを休んでいる。
油っ気の苦手な年配連もペースが落ちてきた。
なのにまだまだ肉を追加するSちゃん。
さらに、野菜やうどんも持ってきてもらう。

制限時間が近づいてきた。
ギブアップした女子がソフトクリームを食べているのを見てSちゃん奮起。
鍋に入っているうどんをキープした状態で、ソフトクリームを食べ始めた。
ちなみに取ってくるのは食べ終わった女子だ。
ソフトクリームのあと、ソフトクリームの乗ったワッフルを食べ、
それからうどんを片付けた。

けっこう私も着いていったつもりだったが、甘いものは無理だ。
なのにSちゃん、帰り際にごはんコーナーを見て、

「あー、カレー食べそこねたー」






↑Sちゃんとデートはできないクリックしてね。




肉
最近、母を買い物に連れていく回数が少なくなった。
天気が悪かったり、足が痛いとかで、
「おまえ、買うてきてくれ」
と言われるのだ。

これは全く問題がない。
私はスーパーに行くのは平気だし、必要なものはだいたい頭に入っている。
実家近くの小さな店でなく、品ぞろえの豊富なショッピングセンターで買うことができる。
しかも、よちよち歩く母と行くより断然早く買い物が終る。
おつりをお駄賃にくれるときもある。

ただ、わが家の食材が買いにくい。
母と行くと、あれも買え、これはいらんか、と目についたものを勧めてくる。
こちらもありがたいものだから、ホイホイとかごに入れる。
これが私一人で行くと実家でいるものだけを買うことになる。
親子とはいえ、これは私の分だけど金はよこせ、とは言えないではないか。


そんなわけで、わが家のエンゲル係数が少し上がっている。
増税もあることだし、なんとか始末をして家計を助けなければならない。
一番簡単なのはあるものを食べることだ。
「あるもの」って、ニュース番組みたいに正体をぼやかしたわけではない。
わが家に存在する食材を消費するということだ。


以前ここのネタにも書いた乾麺たちはかなり消費した。
残っているのはうどんが一回分と汁無し担々麺が一箱だ。
収納スペースに余裕ができたほどだからかなり頑張った。

そして野菜。
今はナスだけが収穫できている状態だ。
これもそろそろ終わりかけだが、冷蔵庫に15個ぐらいはあるだろう。
あと、冷凍のゴーヤがある。
これはできるだけ温存して、長く食べ続けたい。


で、今わが家に一番豊富なのがワカメだ。
朝は乾燥ワカメで味噌汁を作り、夜は塩ワカメを戻して酢の物にしている。
この塩ワカメ、母が使い物にするのにキロ単位で買うのだが、
そのたびにわが家の分も1キロ買ってくれる。

前回も、まだあるうちに1キロもらったのであちこちにおすそ分けした。
1キロだが、これを水でふやかして食べるのだからかなりの量になる。
実は実家の冷蔵庫にはこれがまだ3キロほどある。
親戚にあげようとしたのがタイミングが悪くて渡せなかったのだ。
つまり、次に私がもらう分がキープされているのだ。

昨日ジムに行ったら、ここで再会した同級生が来ていた。
私の住む伊勢志摩には離島が多いが、彼もそのうちの一つの出身だ。
地元産の塩ワカメを1キロと、焼きのりを100枚くれた。
彼の島産のモノは高級品なのだ。

一つ言い忘れていたことがあるが、私はワカメをたくさん食べるとお腹を壊すのだ。







↑昆布もあるよクリックしてね。



生えろ生えろ
今日は春分の日でお休みの月曜日だ。
墓参りと実家の買い物は昨日のうちに済ませておいた。
台風の影響で雨が降っているので畑に行くことはできない。
お昼からAりの誕生日のプレゼントを買いにお出かけの予定だ。

なぜお出かけが午後か。
ちづるが仕事関係の会合で午前中はいないのだ。
しかも、その会合は昼食会を兼ねているので、

「お昼ごはんを食べておくように」

と言われている。
なんと、久しぶりのお昼フリーだ。
よし、食べに行くぞー!


考えてみると、普段は会社で魚肉ソーセージやサラダ大豆。
休日にちづると行くのは、いつもの定食屋か中華料理屋と、
食べるものがほぼ決まってしまっている。
ラーメンとかお好み焼きとかハンバーガーとか、もういつから食べていないだろう。
お昼ごはんを食べに一人でどこかにお出かけ、これは気分的には大人の遠足だ。

筆頭候補は『なか卯』だ。
ここの親子丼とミニうどんのセットは大好きなのだが、ちづるがあまり行きたがらない。
以前は飲み屋の帰りに寄ったりもしたがトンとごぶさたしている。
季節ごとのメニューもなんかあるはずだ。

『モスバーガー』も魅力的だ。
私の得意は照り焼きチキンバーガーだ。
おっさん一人のハンバーガーショップは恥ずかしいが、ドライブスルーという必殺技がある。

『王将』も捨てがたい。
オープンして何年も経つのに一度しか行っていない。
そう、その一度もちづるの居ない一人お昼だった。
そしてここのカウンターはおっさんがなじみやすい。

『小作』という大盛りが売りの定食屋がある。
ここはいつも満員なのだ。
でも、ひとりならカウンターに滑り込める可能性がある。
久しぶりにチャレンジしてみたい。


外食じゃなきゃダメ、ということはない。
実はここしばらくインスタント麺も食べていない。
今憧れているのは『サッポロ一番塩ラーメン』だ。
これにもやしと卵を入れて、バターを乗せたのが大好きだ。

最近できた『キッチンローソン』のカツサンドも試してみたい。
その店で調理しているという極厚カツのサンドイッチ。
いつも野菜ジュースを買う時に指をくわえてみているのだ。


ああ、今日のお昼、私は何を食べることになるのだろう。
今からなんだか夢いっぱいだ。
が、何にしたところでカロリーたっぷりには違いない。
午前中は寝てしまわず、腹筋をしよう。
だがこれは宣言しないでおこう。






↑カレーパンはときどき食べてるのでクリックしてね。




自慢の品
わが家では今、とうふブームが起きている。
夕食の一品は必ずと言っていいほど冷奴だ。
カロリーが押さえられ、たんぱく質が摂取できるありがたい食材だ。
しかも、火を通さず、何か乗っけるだけで完成する。
非の打ち所がないといって良いメニューではないか。

毎日なので工夫はしている。
味付けはしょうゆだったり伊勢うどんのたれだったりもろみ味噌だったり梅肉だったり。
薬味はネギだったりミョウガだったりシソだったりじりめんじゃこだったり。
プラスアルファはかつおぶしだったりごま油だったりオリーブオイルだったり。
切り方は半分だったり4切りだったり三角だったり上下だったりする。

それでも最近飽きてきた。
いや、とうふに飽きたのではなく、冷奴以外のものが食べたくなったのだ。
それというのも、実家に余っていた麻婆豆腐の素をもらってきたからだ。
まだ気温は高い。
でも、麻婆豆腐食べたい。

アンケートを取ったなら「すればいいじゃん」が一位になるだろう。
それができないのは、ちづるも変化を求めているのか、変わったとうふを買ってくる。
濃厚だとか、どこそこの大豆をつかっているだとか、エダマメの香りがするとか、
そういう小オシャレな豆腐はちょっと小さいのだ。
麻婆豆腐にはドーンと1丁、ってとうふが必要だ。


だったらナスを使ったらどうだろう。
麻婆茄子というのはよく聞く料理だ。
麻婆豆腐の素にナスを合わせてはいけないのだろうか。
そう言えば、麻婆春雨なんてものもある。
春雨を買ってこようか。

考えてみたら、とうふかナスか春雨って、どういうラインナップなのだ。
なぜ、麻婆はこれ以外の食材に広がっていかないのか。
私はあの『麻婆豆腐の素』を早く使ってしまいたいのだ。
ジャマなのだ。
わが家に豊富にある食材を使って、新マーボーメニューを作ってしまおうか。

マーボーゴーヤ
これはなかなかイケるのではないか。
語呂もいいし、世間に広がる予感がする。

マーボーカボチャ
ヒョウタン型のがまだたくさん畑に転がっている。
食感がどうだろう。

マーボーうどん
『麻婆豆腐のかかったうどん』はどこかのうどん屋さんにありそうだが、
とうふの替わりにうどん、でもうまそうな気がする。

マーボーワカメ
うーん。

マーボーバームクーヘン
うーん、名前も間延びしてるし。

やっぱり『わが家に豊富にある食材』でなく『麻婆に合う食材』で考えればよかった。






↑しかも甘口なのよクリックしてね。




硬いのか