FC2ブログ

ワシのこと

ここでは、ワシのこと に関する情報を紹介しています。
来週からウチの店は秋のバーゲンだ。
例年なら十月なのだが、今年は消費税増税なんて不愉快なことがあるので前倒ししたらしい。
そのおかげで、今週は荷物がドカドカ入ってきた。
いつもの運送屋さんが「ドッサリ来たぞ~」というほどだ。

入荷したものは開封して分類される。
たいていは女子が仕分けて店に出したり棚に入れたりするのだが、
私が倉庫に入れる分もある。
私の分はたいてい重い。
これを棚の下の方に押し込んだり、脚立に上って高いところに上げたりする。


このように、片付けはみんなで手分けしてするのだが、
残った段ボールの始末はすべて私の役目となっている。
女子は空き段ボールができるとジャマにならない所に積んでおくのだが、
女子にとってジャマにならない所は、私にとってジャマな所だ。
なので私が分解しなくてはならない。

大きめの箱をまず選ぶ。
そこにバラいてたたんだ段ボールを大きさの順に並べていく。
ミッチリ入ったら、小さい方の横に隙間ができているので、そこに細かい破片を詰め込む。
いっぱいになったのを置いておくと、配達係の人が本社に持って行ってくれるのだ。

もちろん使える箱もある。
適当な大きさで、都合のいい形で、妙な柄のないものはキープしておく。
こちらから荷物を送るときに使うのだ。
送り用に新品もあるのだが、そればかり使うのは私の貧乏性が黙っていない。
使えるものはみな使うのだ。

ある正方形の大きな段ボールは側面の角を切って分解する。
すると長方形の段ボール板が4つできる。
これが、A3サイズの荷物を梱包するのにちょうどいいのでキープする。

ある細長い段ボールも側面の角を切って分解する。
両端の2枚はそのまま、長い2枚は半分に切るとA4サイズを梱包できる。
これが6枚できるのでキープする。

あるやや長の段ボールも側面の角を切って分解する。
これは短い方がA4、長い方がB4を梱包するのに都合がいいのでキープする。

このキープしてあるのが溜まってきている。
分解してあるのだから小さく納まっているのだが、チリも積もれば山、
段ボール板も重ねれば壁になる。
なるべく捨てるようにして入るのだが、“切る”という加工をしたものは捨てにくいのだ。


あと、荷物の隙間にクッション材として詰め込んである紙。
これを女子が伸ばして私にくれるので、たたんでキープしてある。
クッション材や下敷き、試し切りとして使っているが、入ってくる量の方が多い。
増してバーゲンなのでその量はかなりで、たぶん今、20kgぐらいはあるだろう。
でも、女子が伸ばしてくれているものだから捨てることができない。

包装紙や紙袋や箱を捨てられずに溜めているお母さんの、規模の大きいやつだ。
ただし“いざという時のために”でなく、毎日使っているだけこちらの方が偉いと思う。






↑寝床としても使ったりするのでクリックしてね。




楽するつもりで手間かかった
スポンサーサイト



いろいろあって十日ぶりのジムになってしまった。
会社での腕立て伏せや、家での腹筋もおろそかになっていたから、
トータルの運動能力が衰えているかもしれない。
それがわかるのが、いつも最初にやるウォーキングだ。

このマシンには様々な計測機能がついている。
私の目標は、4のコースで30分間で420キロカロリーを消費することだ。
そのためには負荷が10で、1分間に160のストライドをキープしなければならない。

初めのころは400キロカロリーが目標だった。
達成するには3分間に40キロカロリーだ。
それを目安にペースを上げて、毎回チャレンジしていた。
目標達成してからは、目標は新記録を出すことになっていた。

ずいぶん間が空いたにもかかわらず、新記録が出た。
428キロカロリーだ。
後半、角度が上がってからペースを落とさずに歩けたからだろう。
汗の量は変わらないが、はっきり数字が出ると気分がいい。


それとは別にチャレンジしていることがある。

①作業ズボンのベルトを車で取っていく。

どうせロッカールームに行ったらジャマなだけなので車に置いていきたいのだ。

②運動後、ロッカールームで靴下を洗濯物袋に入れる。

靴下を脱ぎ忘れて、車まで来てから洗濯袋を開けることがよくあるのだ。

③玄関の鍵をポーチからポケットに移しておく。

でないと、家に帰った時ポーチをガサゴソしなければならないのだ。

④ジム用の靴を車に置いてくる。

ロッカールームからはバッグに入れてくるので、つい家まで持ってきてしまうのだ。

⑤帰ったらスポーツドリンクの残りを冷蔵庫に入れておく。

すぐにシャワーを浴びるのでよく忘れるのだ。


ジムに通い始めて1年3か月。
この5項目をコンプリートしたことは一度もない。






↑怒られないよう洗濯ものばかり気にしているのでクリックしてね。




あきらめた
なんだかんだで間もなくお彼岸。
昼間の時間が短くなっているとはいえ、サンシャインの強さは衰え知らずだ。
運転をするときや、畑で作業するときにはサングラスがかかせない。

サングラスのUVカット能力は徐々に落ちていくという話を聞いた。
だからあまりに古いサングラスは紫外線から目を守ってくれないのだ。
わたしは手持ちの安サングラスたちを処分して新しいのを買った。
その名も『富士山ブルー』
私が名付けたのではなく、ツルの部分にはっきりそう書かれていたのだ。

今調べてみたら2016年の7月だった。
三年前から愛用していたサングラス。
車のひじ掛けにある収納にいつも入れていた。
それがどこかに行ってしまった。
畑作業の時に掛けて、その辺に置いてしまったのかもしれない。

で、新しいのを買った。
同じブルー系の形も似たやつだ。
たぶん、そのタイプがお気に入りなのだろう。
ただ、ツルにおかしな名前が書いてあったりはしない。
それを、車の肘掛けにある収納に入れていた。


ある日、畑に行ったとき、ひじ掛けの収納を開けてみた。
ない。
辛酸グラス、いや、新サングラスが入っていない。
どこに行ったのだろう。
前回の畑作業の時、その辺に置いてしまったのだろうか。

ひょっとしたら助手席にポイと置いてしまったのかもしれない。
シート周りを探してみたら、ちょうど肘掛けの下、
二つのシートの間に落ちているのを発見。
よかったよかった。


『富士山ブルー』ではないか!
いったいいつからここにあったのか。
で、辛酸グラス、いや、新サングラスはどこに行ったのだ。

先日、余っている老眼鏡を会社用にしようと、部屋の収納を探していた。
すると、銀縁丸型のサングラスが出てきた。
おお懐かしい、これを畑用にしよう、と思って車の肘掛け収納に入れて畑に行った。

暑い、あまりにも暑い。
水分を摂らなければ死んでしまう。
畑用クーラーボックスを開けた。

ああっ、辛酸グラス、いや、新サングラスではないか!
ここにあったのか!
っていうか、なんで飲み物を入れた時に気付かなかったのか。

度の入ったグラスが必要。






↑西日がまぶしい季節だぜクリックしてね。




ムスカの家来


あのキョーレツな台風がそれていってくれたのはありがたいことだが、
なんじゃい、この尋常じゃない暑さは。
睡眠不足で二日酔いの私をどうにかしようという魂胆か。


月曜日はジムに行く日だ。
一応その準備もして出勤した。
しかし、、夕方になっても眠いし体はだるい。
早く帰って『あなたの番です』を観たいとも思う。
だるいから休憩をたくさんとるのだが、ネットニュースは見ていない。

だったら休めばいいのだが、先週は月曜しか行っていない。
土日が台風で雨の可能性が高かったので、金曜は畑に行っていたのだ。
この月曜を休むと次は水曜、十日ぶりということになってしまう。
ただ、体調不良でジムに来ていなかったMえが今度の水曜に復帰するという。
今週のジムは水金にしようか。


火曜日はいつもの居酒屋に行く日だ。
とはいえ、貴重な夕方の時間をダラダラ飲んで過ごすほどヒマではない。
畑横の道の草刈りをしてこなければならない。
草の勢いがすごすぎて、通る車の底のすす払いをしている状態だ。
ここをきれいにしておけば、次の休みの畑仕事が一段階早く進む。

車に草刈機を積んで出勤し、直で畑に行けば明るいうちに片付くはずだ。
それから帰宅し、シャワーを浴びて居酒屋に行けば時間的にもちょうどいい。
あまりに早く行くと長居をしてまた二日酔いになるおそれがある。

水曜はMえとジムだ。
木曜は早く帰って『プレバト』を観る日。
金曜は二回目のジム。
土曜は休みだが、実家に行って午後は車の点検だ。


この完璧な週間予定に新たな要素が入ってきた。
月曜が、Mえの妹の誕生日だというのだ。
日曜の飲み会で聞いたのだが、すっかり忘れていて月曜の夕方に思い出したのだ。
どうしてMえは私に何度も言わないのか。

ジムは中止だ。
なにかプレゼントを買いに行かなければならない。
月曜にモノを用意しておけば、火曜に居酒屋に持っていてMえに託すか、
水曜のジムでMえに渡すことができる。

しかし、遠くに買い物に行くことはできない。
一日中、アタマの中の引き出しを引っ掻きまわして知恵を絞りだす。
良いことを思いついた。
彼女はあぐらをかく癖があるので、内股フィットネスグッズにしよう。
それなら近くのホームセンターで売っている。

ただし、ホームセンターではプレゼント用の梱包はしてくれない。
今夜、プレゼントの包装という仕事が一つ増えた。






↑私は『あなたの番です』には満足したのでクリックしてね。




急げ
朝から畑に行き、2畝ほど草取り、施肥、畝立てしてダイコンの種を蒔いた。
とりあえず第一弾が蒔いてあると安心だ。
タイミングのいいことに、午後になって夕立があった。
棚卸しも終わったし、いろいろ落ち着いて気分がいい。


そうでない分野もある。
私のサイフの中だ。
今月分のお小遣いをもらった時、わざわざ銀行の支店まで行って入金した。
ここなら一円玉まで入金できるのだ。
私の小銭入れは百円玉だけになった。

ニュースを見ていたら、これからはキャッシュレスにするとお得になるらしい。
なので久しぶりにエディカードに3000円入れた。
これでコンビニでの買い物で小銭ができることはない。
おそらく、コンビニと居酒屋以外でお金を使うことはほとんどないはずだ。

と思っていられたのもほんの一瞬。
棚卸しの帰りに実家の買い物をして4円できてしまった。
母は「釣りはいらねえ」というタイプなので4円は私のサイフに残る。
ああ、なんといやな金額だろう、4円。


こんな時はキッチリ金額が予測できる百円ショップに限る。
畑作業をした午後、ショッピングセンターに買い物に行った。
実家の買い物をしたとき割引券をもらったから、そのショッピングセンターでなければならない。
そこには百円ショップも入っている。

私は考えた。
サドルカバーと会社の洗面台のメガネ置きが必要だ。
が、それだと端数は6円。
なにかもう一つ買わなければならない。
でないと小銭が8円に増えてしまう。

おっとその前に本屋に行くのを忘れていた。
最近は本でも一円単位の端数ができる。
しかもこちらは予測ができない。
先にこちらで買い物をしておかなければバカを見る。

本の端数は6円だった。
なので財布の中には一円玉が8枚になった。
レジがこんでいたので1円出すのがはばかられたのだ。

ハンパが8円となると、買えるのはサドルカバーかメガネ置きのどちらかだ。
しかし私は百均で1品だけ買うということができない。
悩んだ挙句、2品をちづるに買って来てもらうことにした。
私は買った食品を背負っていたからだ。

私はちづるに216円渡した。
2円は残ったが、幸いにも本屋でできた10円玉が役に立った。
小銭入れに残ったのは402円、まあ良しとしよう。
ショッピングセンターを出たら、空は明るいのに雨が降っていた。
帰り道、地面から地面までの大きな虹を見た。






↑税はかからないのでクリックしてね。




貯金です