ワシのこと

ここでは、ワシのこと に関する情報を紹介しています。
日曜日は確実に雨。
ってな予報を見た限りは、土曜の午後は畑に行かなければならない。
夏野菜は植え終わり、キュウリネットやトマトの支柱は完成している。
ただ一ヶ所、どうも気になっている一画がある。
妙な空白地帯ができているのだ。

隣はトウモロコシが順調に伸びている。
ただ筋蒔きで4列蒔いたトウモロコシの一番右一列だけ発芽率が悪かった。
なのでその隙間に太いタイプのオクラを蒔いた。

少し間を開けて草まみれになっているところがある。
サトイモ地域だ。
これも雨が少なかったからか発芽したのが半分だ。
その横には、どうせサトイモは育つのが遅いから、という考えから、
レタスとコマツナの苗を並べて植えた。

この、トウモロコシ・オクラゾーンとサトイモ・レタス・コマツナゾーンの間に、
ちょうど通り道ぐらいの隙間がある。
畑の左右から蒔いたり植えたりしていったら、こんなハンパスペースができたのだ。
とりあえず草を取り、取った草をサトイモとレタスの根元に敷いた。

さて、できた隙間には何か植えるしかない。
残っていたのはキュウリが6本、等間隔に配置した。
その両側にレタスの残り苗、一本足りずに11本。
その隙間にマリーゴールドを8本、なかなかハイカラな畝ができた。
捨てちゃうよりはいいか、という感じの救済措置だ。


これで日曜日は全くのフリー。
あまりに久しぶりなので、ちょっとお出かけすることにした。
目的は三つ。
新しい短パンと中古CD探しとかき揚げうどんだ。

津市の『鍾庵』という静岡のチェーン店のオープンに間に合うように家を出た。
ここはサクラエビかき揚げのうどんがおいしいのだ。
できたら週一ぐらいで食べたいのだが、遠いのでめったに来られない。
早く着き過ぎて、開店を待って一番乗りで堪能した。

次はCDだ。
なぜかQちゃんに「こみやん“ブリリアントグリーン”を聴きなさい」と言われた。
ネットを調べたらアルバムが5枚、シングルは20枚も発売されているではないか。
YouTubeで聴いてみたらなかなか好きな声の人だ。
安いCDを見つけたら買ってみよう。

ブックオフの「ぶ」の部でブリリアントグリーンを探す。
これが私は大嫌いだ。
最近の中古CDは横文字ばかりだし字が小さいし、へんな文字を使っている。
おそらく、ブリリアントグリーンも小さくて変な横文字だろう。

真っ黒なCDを見つけた。
取ってみるとこれがブリリアントグリーンではないか。
黒地に黒という世にも見にくいデザインだ。
ちづるに見せたら「ブリリアントグリーンはグリーンにしろ」と怒っていた。

ただ、これはデビューからのシングル曲が17曲も入ったベスト盤だった。
しかも500円。
まさに願ったり叶ったりだ。
さて、この中からお気に入りの曲を探し出し、覚えて歌えるのはいつになるだろう。





↑所詮全部遊びなのでクリックしてね。






無駄な汗
スポンサーサイト
店長の奥さんは私を観察している。
前日に飲みに行った私を見ると、
「あっ、目が違う」
と言うのだ。
どうやら目は口ほどに二日酔いを語っているらしい。

最近はそれを先読みするようになってきた。
「今週はまだだから、そろそろお出かけするんじゃないの?」とか、
「今日は暑かったからビールが飲みたくなるんじゃないの?」とか、
「今日は天気があまり良くないのに歩きってことは、寄り道じゃないの?」
と推理を働かせているようだ。

先日『決戦は火木金土』と言うネタで書いたように、
私がいつもの居酒屋に出かけるのはちゃんとしたルールに則っているのだ。
もちろんそんなことは奥さんは知らない。
教えるのもどうかと思って説明はしていない。

月曜日は、いつもの居酒屋は定休日だ。
だから出かけないということはない。
バイトの女の子を連れてどこかに行くとしたら都合がいい。
この月曜に焼き肉に行ったのもそういう理由だ。

火曜日は飲みに行く率が高い。
日曜月曜と続けて行かないので、常連は火曜に集まる。
飲みに行くという観点から行けば、この日が週の始まりだ。

水曜はバイトがママ子さんで、みんなにケンカを吹っ掛けるので常連が行かない。
なので、女の子を誘って出かけるのはこの曜日も多いのだ。
むしろ、月曜から深酒するなら水曜の方がカラダ的にいい。

水曜をお休みにしている常連さんが多いから、木曜は集まる日だ。
一日おきと決めている人は、どうしても火・木・土になる。
そして火・木と行くと、Mえ・Aり・Kちゃんの三人の顏が見えるのだ。

土日はともかく店が混む。
なので私はあまり行かないが、たまに他の店に行くことがある。
ちづると行くのはやはり週末が多くなる。


こういうルールを店長の奥さんは知らない。
だから勝手に推理をしているのだろう。
と思っていたのだが、どうやら違うようだ。
どうも事務所の女子たちで、毎日私が飲みに行くかどうか噂をしているらしい。

「二日ぐらい元気だからそろそろ行くのではないか」
なんて話しているのよ~、と奥さんが教えてくれた。
いつの間にか女子の話題になっているとは。
まさか賭けをしているのではあるまいな。

昨日も、
「そろそろじゃないの~」
と奥さんに言われたので、一つだけヒントを与えておいた。
「水曜は若い子がいないから行かないんですよー」

が、タイムカードを打つとき、店で一番若いSちゃんに衝撃的なことを言われた。

「小銭をチャラチャラ数えてたから、行く日だと思いましたー」

いやちょっと待ってちょうだい。
立ちキューで飲むんじゃないんだから。
小銭を数えてたのは、買い物でなるべく小銭を使えるよう把握しておきたいからよ。
居酒屋の支払いはたいてい百円単位ですからー。
おーい、ワシってどう見られているんだー!





↑『立ちキュー』とは酒店のカウンターで計り飲みすることよクリックしてね。






後ろのやつが狙ってる
近頃『カテゴリー』に『いつもの居酒屋』を加えた方がいいのではないかと思い始めた。
ともかく、飲みに行く関連のネタばかり書いているような気がする。
それもそのはず、週に二回は飲みに行き、たいてい閉店までと滞在時間が長い。
しかも、Mえを筆頭に面白いネタを提供してくれるキャラクターが豊富なのだ。
どうしても話題がそちらに傾きがちになる。

居酒屋だけにとどまらず、勢い付いたメンバーとカラオケに行ったり、
さみしいおっさんの付き合いでラーメン屋に行ったり、
公民館でMえの恋の悩みを聞かされたり、
半ストーカーからMえを守るため、SPとしてどこかに連れていかれたりする。

どうかすると帰宅は深夜1時2時。
さすがにそのぐらいになるとちづるから電話がかかってくるが、
常連たちに「よく奥さんに怒られないな」と感心されている。
おそらく不愉快ではあるだろうが、私が誘いを断れない性質だと知っているのだ。


そんな私だが、たった一つだけ定められたルールがある。
二日続けて飲みに行かないということだ。
確かに二日酔いになった日の夜にまた飲みに行ったとしても、
パワーが落ちていてあまり面白くなかったりする。
一生自由に飲みに行きたいなら、そのぐらいの節制はした方がいいとも思う。

なのでこれはちづるに強制されたのではなく、
「そうしたらどうか」と勧められ「それもそうだ」と受け入れたのだ。
忘新年会などの時期に宴会が重なった時は例外として、
飲みに行った翌日はおとなしく家に帰ることにしている。


それに逆らおうという気はないのだが、このルールのせいで段取りはややこしくなっている。
いつもの居酒屋は月曜が定休日だ。
水曜と日曜は、いつもケンカ腰のママ子さんが担当なので常連は行かなくなってしまった。
残りの四日間で物事は推移する。

火曜はAりとMえ、木曜と土曜はMえとKちゃん、金曜はAりとKちゃんが基本だ。
私の理想は火・木だ。
これでバイトの子とは三人とも会えるし、週末はやはり混雑する。
このローテーションが崩れると段取りがめんどくさくなるのだ。

例えば隣の市まで鳥刺しを食べに行くのは月曜に決まっている。
となると、火・水は出かけられない。
木曜か金曜に行くことになるので、AりかKちゃんには会えなくなってしまう。
おっさんはなんだかそれが寂しいのだ。


先週の木曜、Qちゃんが来た日は体調不良でMえが休んでいた。
そのとき、坊主Fが水曜日にカラオケに行こうといいだした。
水曜はバイトの3人がフリーなので、遊びに行く予定が立ちやすい。
ただ、私は火曜木曜と飲みに行けなくなる。
木曜にMえが休んだ翌週火・木と行けないなら、Mえに2週間会わないことになる。

のどを痛めて休んでいたMえからは、
「遊びたーい、しゃべりたーい、歌いたーい」
と連日のようにラインが送られてくる。
この状況で「来週の火・木は行かない」と言ったらどうなるだろう。
しかも、のどの悪いMえをカラオケには誘っていない。

するとFから「来週は仕事の都合で参加できない」と連絡があった。
しめしめ、それならFのせいにしてカラオケを延期できる。
私はみんなにその旨を伝えた。
中止にしないのは、QちゃんKちゃんとの約束をキープするためだ。

そんなわけで今日は飲みに行く。
昨夜もMえから「明日は来るの?」とラインが来た。
1時間ほどやり取りして、おもしろいネタがいくつもあることを知った。
ただ、そのせいで夜更かしになったので、今日はなるべく早く帰ってきたい。





↑この相談をちづるにしたら「知らんこっちゃ」と言われたけどクリックしてね。






アホにしか見えない
私の部屋には食器棚があった。
これを粗大ごみの日に処分しようと思ったら、
いつもの居酒屋のバイトKちゃんがもらってくれることになった。
ところが、そのことをラインで打ち合わせていたら、友人のQちゃんが乱入。
「あなたはもらいたがるけど捨てられないから片づかないのだ」
と怒ったので、Kちゃんの受け入れ態勢ができるまで待つことになった。

このような記事を書いたのが4月17日だった。
およそ2か月、やっと古い食器棚を処分したと連絡が来た。
今日がその受け渡しだ。
やれやれやっと片付くわい。

って、のん気にしている場合ではない。
中身を出さねばならないじゃないか。
上の段、ガラスのはまっている両開き戸の中にはキャンプグッズとスプーンたちが。
下の段には大きいサイズの本とCDたちが。
その間に一つだけある引き出しにはパソコン関係の小物たちが入っている。

とりあえず中のものを出すのが先決だ。
キャンプのものとスプーンたちは一旦机代わりのテーブルに。
引き出しのものは箱に、あとは床だ。
それにしても、この部屋は書斎のつもりだったのに、
どうして食器棚やテーブルが置いてあるのだろう。

とりあえず中身は全部出した。
ホコリを拭いていると、いろいろと不具合が見つかった。
底板は本を入れていたので重みで反ってしまっている。
隠れていた方の横面はきれいだと思っていたのに、両面テープの跡があった。
Kさんに連絡したら構わないと言ってくれたが、とりあえず見てもらおう。


さて、食器棚自体は片付いたが、片付かないのが中に入っていたものだ。
なにしろ一番大きい収納が無くなったのだから、こちらも何かは処分する必要がある。
事前に捨てられるものは捨てたし、あげられるものはもらってもらった。
なのでここからさらに絞るのは結構つらい。

それよりも、もう絶対にいらないのに捨てにくいものがいくつかある。
なんというか、縁起悪そうな、罰が当たりそうな、
そんな感じで簡単に廃棄できないものたちだ。

まず、どこかの土産にもらった絵馬。
招き猫のイラストが描いてあるふざけた絵馬なのだが、
なんといっても神様関係の品物だ。
ゴミ箱にポイ、とはやりにくい。

友人にもらった噺家さんのサイン。
今もほぼ無名だし、何かの役に立つわけではないからいらないのだが、
友人が「こみさんへ」と入れて書いてもらったものだから捨てにくい。

学生時代の英語の辞書。
ともかく本は捨てにくい。
その本の中でも量的に大きいし、学問絡みってところが引っ掛かる。

学問絡みと言えばそろばん。
マラカス代わりにするのはOKだが、スケートにするのは罰当りだと思う。
一列抜けているところがあるが、これを捨てると自分の計算能力が失われるような気がする。

そういえば、未使用の原稿用紙が捨てられなくて、文字で埋めている最中だ。
ひょっとして私もKちゃんと同じ、捨てられないタイプなのか?
だとしたら、これらを収納するための食器棚を買ったりしてしまうのではないか。
誰かがくれると言ったら、もらってきてしまうのではないか。






↑断捨離マニアもクリックしてね。





こっそり片づけた
「なあ、聞いて。病院で仕事以外しゃべったらいかんって言われたー」

病院でしゃべってはいけないと言われた人間が、
「なあ聞いて」と話し始めるってなことがあっていいのか。
居酒屋でのMえのセリフだから、仕事中と言えば仕事中なのだが、
なるべく黙っていようと考えたらどうか。

Mえは今のどを痛めている。
木曜日は出番だったバイトも休んでいた。
普段元気で陽気な人が伏せっているというのは、こちらもテンションが下がる。
Qちゃんが来た時の居酒屋でも、Mえのことが噂になった。

「ところで、こみやんとMえちゃんはコンビなん?」
という謎の質問をしたのはQちゃんだ。
私とMえは口数が多いので、二人ばかりしゃべっているように見えるのだ。
それに答えたのがスキンヘッド2号。
「こみやんは影でコソコソLINEしとるんや」

別にコソコソやっているわけではないが、
LINEってそんな他人に大っぴらにやるものではないだろう。
文章によるプライベートな会話なんだから、コソコソ感が出るのは仕方ない。
そして、私もMえも自分から終われないのでダラダラ続く。
私はむかし、電話で話した時、自分から受話器を置けないタイプだったのだ。


昨日の夕方、ジーッと物陰から覗いているキャラクターのスタンプを送った。
「体調はどうなの?」という意味だ。
なのに、ジーッと物陰から覗いているキャラクターのスタンプが返ってきた。
なので「どう?」と送り返して「ましになったかも」と戻ってきた。
こういうやり取りがものすごく間隔を開けて深夜まで続く。

そろそろ寝床に入るころ、リアルタイムのやり取りを始めてしまった。
いつ居酒屋に来るかとか、病院にまた行かねばならんとかというたわいない話だ。
そこへ、Mえの妹からLINEが入った。
なにかの試験を受けると聞いたのでエールを送ったら、合格したとの報告だ。
なんでMえの妹とまでLINEしてるかというと、Mえが繋いじゃったからだ。

「おめでとう」の返事を送ると、Mえから、

「妹からLINEが来たやろ」

とLINEが送られてきた。
もちろん、姉であるMえにも連絡はきただろう。

「今、妹と電話中」

なにっ!
ということは姉妹でしゃべりながら、両方が私にLINEを送っているのか。
えーと、なんやその複雑なやり方は。

「もう1時間半もしゃべっとる」

おまえ、仕事以外はしゃべっちゃいかんのではなかったのか。

「妹、睡魔に負けて撃沈」

ワシも昨夜遅かったから睡魔が来とるのだ。

「ストレス発散」

ワシに発散するなー


気が付くと、老眼鏡を掛けて寝ていた私。





↑写真は貼れるようになったのでクリックしてね。






進化した糸電話やがな