FC2ブログ

身内のこと

ここでは、身内のこと に関する情報を紹介しています。
週に一度、母を買い物に連れていくのだが、
『連れていく』というのが失礼なぐらい、わが家のモノも買ってもらっている。
あれも買え、これはいらんのかと、あちらからグイグイ推してくるのだ。
せっかくなので、肉や刺身やフルーツグラノーラなど、
自分で買うには負担の大きいものを主に買ってもらう。

買ってもらうばかりが私の役目ではない。
買物チェックもしなければならない。
母はもう結構な年なので忘れっぽくなっている。
入口でちりめんじゃこを買ったからシシャモはいらんやろ、とか、
みりんは先々週買った気がするから大丈夫のはず、などと指示する。
ときどき、母の方が正しくて文句を言われることもある。

私の記憶も当てにならないので、最近は買い物前に冷蔵庫を確認することにした。
なにしろ母は『週に一度しか買い物に行けない』という強迫観念があるので、
ちょっとでもたくさん買っておかなくてはいけないと思っているようだ。

よく重なるものが、あげ、ウィンナー、玉子、納豆などだ。
調味料など日持ちするものはいいが、生系のものは要チェックだ。
なにしろ年寄り二人の生活なので一回に食べる量が少ない。
古いものを見つけたらなるべく早く食べるように言っていたのだが、
私が古い方をもらっていった方が良いということに気が付いた。

偉そうに言っているが、この冷蔵庫チェックを私もよく忘れる。
こないだは、母も私も玉子を1パック買ったのだが、
家に帰ってみたら未開封の卵が1パック、冷蔵庫の上の方に入っていた。
母は背が低いので上の方があまり見えないのだ。
この日は私が卵を2パック持って帰ることになった。


先日、お菓子を入れている戸棚を見たら、ミニカップ麺が4つほどあった。
いつも母が天そばで親父はうどんかカレーなのだが、カレーばかり残っている。
おそらく、親父が天そばを見てほしくなったのだろう。
でも、これは非常食になるので置いておくことにした。
それとは別に、ずいぶん買った記憶のないシーチキンがあったので、それをもらってきた。


先週、買ってきたものを分類して片づけていると、
母が炊飯器の下の戸を開けて「あ」と言った。
あんなところにも収納があったのか。
これはチェックしておかなくては。

見たら今日買った麩が新品で2袋もある。
麻婆豆腐の素も二つ、わさびが2本。
母は麩好きだし、麻婆豆腐はときどき食べたくなると言っていた。
それぞれ古い方を私がもらっていくことにした。

こうして我が家のエンゲル係数は下がっていく。





↑我が家には魚肉ソーセージとサラダチキンが溜まっているけどクリックしてね。





久しぶりのほっかむり
スポンサーサイト



盆休みの最終日だというのに、のんびり台風のおかげで警報出まくりだ。
普段通りに朝食を食べてから、ゴロゴロウトウトしていたら背中に寝汗をかいていた。
気が付いたのは10時半。
よし、汗かきついでに腹筋をしよう。

なんだかんだで腹筋を終えたのが11時半。
体を拭いてお昼のうどんを茹で始める。
氷水に入れて冷やしうどんで昼食だ。

さて午後だ。
腹筋のあとシャワーを浴びなかったのも、お昼を軽く済ませたのも、
昨日行けなかったサウナに行こうという魂胆があったからだ。
なにしろ家に居ても暑いだけだ。
警報は出ていてもまだこの辺りは雨も降っていない。


そろそろ出発するか、という時に実家から電話がかかってきた。
これは絶対ろくな話ではない。

「パチンコに行ってタバコを買おうと思ったがタクシーが捕まらない」

という親父の泣きごとを母が代理で伝える。
アホか、こんな日にパチンコに行くな。
年寄りが何人も風にあおられてケガをしているニュースを知らんのか。
だいたいタクシーがないなら帰って来られないではないか。

電話を切ってからちづるに内容を教えると、
タバコなら電子タバコがあるはずだと言う。
そうだ、家族で集まった時弟一家がプレゼントしていたはずだ。
そのことを言ってやればよかった。


サウナの入口まで来たとき、また電話がかかってきた。
タバコがなくて困っていると母が言うので、電子タバコのことを言ってやった。
誰が大台風のさなかにタバコ買いに隣の市まで行くか。
実家に行く道は通行止めになったり水没したこともあるのだぞ。
帰って来られなくなったらどうするのか。


温泉施設を出ると雨が降り始めていた。
スーパーで食品を買って帰宅途中、家に着く手前でまた電話だ。
今度は母から親父に替わった。
耳が遠いから大声を出さなければ聞こえない。
台風! 警報! 隣の市では避難指示も出ている! 
サウナは行ったけど。

電子タバコのことを言うと「あんなのはタバコやない」とかいう。
知るか。
どうせ吸い方がわからないのだろう。
母と代わったので弟に電話して吸い方を聞くように言ってやった。

「おまえは親孝行やからサッと買ってきてくれると思ったのにな」

という親父の捨て台詞に腹が立つ。






↑今日明日は出勤なのでクリックしてね。




イライラ
実家に行く途中、直売所に寄って野菜を買った。
そろそろ夏野菜が出て来ているはずだし、
ここで一そろい買っておけばスーパーで買う量が少なくて済む。
母は一週間分のまとめ買いなのでたくさん買いたがるのだが、
私は買い物かごがいっぱいになるのが好きではないのだ。

実家に着き、買ってきた野菜を見せると母は大喜びだ。
「これでスーパーでは買わんでもええねえ」などと言っているが信用はできない。
ともかく家を出ようとすると母が炊飯器のスイッチを入れていくという。
ごはんを炊くということは、今日はお昼のお寿司を買わなくてもいいということだ。
となると、何かお総菜を買うパターンだろうか。

前日にカレーを作ったのだそうだ。
それはありがたい。
寿司もおかずも野菜も買わなくていいのなら買い物かごはスッキリのはずだ。
うまいこといけばかごひとつで済むかもしれない。
そう、いつもマイかご二つが山盛りになるのだ。


スーパーに入ってすぐスイカが目に入った。
「今日は暑いからスイカ食べたいねえ」なんてことを言うが、
出始めのモノは高くておいしくないに決まっている。
それに私が『セミノール』とかいう夏みかんみたいなのを買ってきたではないか。

野菜売り場は見なくてもいいはずなのに品定めをする母。
タマネギとジャガイモを買うという。
カレーを作ったので在庫がなくなったのだ。
ああくやしい、私が紫タマネギを買ったのに。
なにしろタマネギ、ジャガイモはかごの中で納まりが悪いのだ。

バナナは果物じゃなくてバナナ、という理屈でかごに入れる。
薬味用のネギは仕方あるまい。
その勢いで白ネギも買うのか。
シメジは絶対に買うのだな。

洗剤を買おうとするのを、来週私がホームセンターで買ってくると言ってやめさせた。
ボトル物は嫌いだと言うのに、みりんが無いと言われてしまった。
砂糖と味噌、これは重量物だ。
寿司もおかずも要らないというのに総菜売り場を見て、カレーに入れるカツを買った。
そしてスペースをとるお菓子がたくさん。

なんだかんだでやっぱりカゴはいっぱいになってしまったが、
まあ、ウチのモノも買ってもらっているから文句は言えない。
買ってきたものを冷蔵庫や棚に片づけると、わが家のモノが結構あった。
私のフルーツグラノーラが一番場所をとっているぐらいだ。

片付いたらカレーを温めてお昼にする。
カレーライスにカツを入れていたら母があっと叫んだ。

「福神漬けを買えばよかった!」

それには私も賛成だ。






↑冷凍食品は自分で買わなきゃならないのでクリックしてね。




売り飛ばす感じ
耳より情報~!
平成の次の元号は『令和』だよ。
なにより驚きなのは、今、一発変換できたことだよ。

発表されたのは一昨日。
その数日前からテレビ番組ではゲンゴゲンゴゲンゴゲンゴと騒いでいた。
「平成を振り返る」なんて番組では、ゲストの横に書道のようなものが飾ってあった。
どうやら新元号の予想をしているらしい。
一般人も予想予測に一生懸命だ。


ヒントはいくつかある。
まず、過去に使われていないこと。
当たり前だ。
地名人名会社名などを含め、人に知られた単語でないこと。
そりゃそうだろう。

あと、明治・大正・昭和・平成の頭文字、M・T・S・Hを避けること。
なんかの書類で誕生日を書くときにこういう欄がある。
そこに同じアルファベットがあったらややこしい。
避けるべきだろう。

ぼんやり見ていたニュース番組でやっていたのだが、
『めいじ。』と止まり、『たいしょー』と伸び、
『しょうわ。』と止まり、『へいせー』と伸びたから、
次は『○○。』と止まる名前が来るだろうという話だった。
なーるほど。


こんなことを踏まえ、当てられたくない政府と、当てたい国民の一騎打ちだ。
結果的に的中させた人が一人だけ居るらしい。
そんなところで運を使ってしまってもいいのか。
中には半分だけ、つまり『○和』みたいな当て方をした人はけっこういたようだ。

実はちづるもその一人だ。
ただし、やつの当て方は『令○』
前半の『令』の字だけ当てたのだ。
何度も使われてきた『和』と違って、初めて使われるという『令』を当てたのは偉い。

ちづるの予想は『令敬』だった。
漢字は後付けで、『れいけい』という音から選んだのだそうだ。
その理屈は、聞こえの良いラ行が来るのではないかというところから始まり、
『れい』という読み方に決め、そこから漢字をチョイスしたらしい。

会社で昼休みにネットニュースで『令和』になったことを知り、

「『令』を当てたな」とLINEを送った。

「えっへん」というスタンプが返ってきた。

この件に関して私が思ったのは、
そこまで真剣に予想を立てている人がこんな身近にいるなんて、ってことだ。
さてはヒマなんじゃないのか。





↑新元号になってもクリックしてね。






書かなくていい
週に一度、母を買い物に連れて行く。
実家のある町内には店がなくなってしまったし、
親父は免許を返納したのでスーパーまで行く足が無い。
車で5分ほどの道のりだが、ヒザが痛い年寄りに歩くのは無理だ。

自力で行けないことがわかっているので心配になるのだろう。
母は毎回大量に買い物をする。
いざという時のための買い溜めだろう。
肉や魚で冷凍庫はいっぱいだ。
余ってきたら誰かにあげればいいと思っているようだ。

もちろんうまくローテーションはできていない。
たまに遺跡レベルの古いものが発見されたりする。
私はときどき抜き打ち検査をして「早く食べろ」とか「これは捨てろ」とか指示している。


昨日、私が実家から帰ろうとした時、母が冷凍室を掘り返していた。

「これ、持ってくか」

と差し出されたのは、通販で買ったちょっと上等な豚のシャブシャブ肉だ。
が、私はその下にあった肉を見逃さなかった。
同じ通販の豚肉だが、冷凍焼けで変色しているのがあった。
今を逃せばこれはまた冷凍庫の奥深くにしまい込まれ、
何年も発掘の時期を待つことになるだろう。

私はそれをもらっていくことにした。
ローススライスだから生姜焼きにでもしたら食べられるだろう。
万が一、火を通してもおかしな味がしたら廃棄すればいい。


家に着いたらそのまま放置して解凍する。
古いのだからちょっとでも早くて食べてしまった方がいい。
夕方になって味付けしておくことにした。

まずはショウガをすりおろす。
あとは酒としょうゆとみりんを混ぜて漬けておけばいい。
と思いきや、日本酒がないではないか。
先日飲んでしまった日本酒は料理酒としても使っていたのだ。

なにしろショウガはすりおろしてある。
もうやめることはできない。
水で割ってなんにでもなる『白だし』を使おう。
私の勘で倍に薄め、しょうゆをちょっと足す。
思っていたのとは違うが、この内容でできるのは生姜焼きに違いない。

漬けダレができたので肉を漬ける。
白だしの説明を読むためにメガネを掛けていたので、肉のレッテルが読めた。

『生姜焼き用豚ローススライス(たれ漬け)』

ん、なんだこのカギカッコは?
なんだ(たれ漬け)って?
そうか、これは既に味付けされた生姜焼き用の肉なのだ。
冷凍焼けなんかではなく、味付けされているから茶色くなっていたのだ。

晩ごはんは正統でとてもおいしいショウガ焼きをいただいた。
で、謎の漬け汁が冷蔵庫に保存された。






↑来週はシャブシャブでクリックしてね。





キノコじゃないのか