FC2ブログ

身内のこと

ここでは、身内のこと に関する情報を紹介しています。
母がみそ汁で玉子を煮るのは、一個は自分の分で、あとは表の部屋にいる人達の分だ。
だいたい4個、最高記録は6個煮てあったことがある。
表の部屋には父の仏壇があり、遺影が飾ってあるのだが、
その遺影から人が下りてくると思っているようだ。
私が実家に行った日は、よくこういう会話が交わされる。

母「表の部屋にみんなおったやろ」

私「誰もおらへんだよ」

母「ええー、また勝手に出ていったんやね。一言言うてってくれたらいいのに」

もはや「そんな人たちは居ない」と諭しても無駄だろう。
そして、食べると思って煮たのに食べなかった、となって私ががんばることになるのだ。

私は、
「その人たちが食卓に着いて、玉子が食べたいといったら煮てあげなさい。
 半熟が好きかもしれんやろ」
と注意していたのだが一向に効き目がない。
そこで、作戦を変えた。

「たぶん、あっちの部屋の人たちは、玉子が嫌いなんやぞ」

いつも食べないんだから当然そういうことになるだろう。
これが当たったかもしれない。
それ以来まだ2回しか実家に行っていないが、とりあえずみそ汁に玉子はなかった。

もう一つの問題が干物だ。
漁師町から魚を売りにくるおばさんがいて、母はその人から干物を買う。
先日は電子レンジに焼いたサンマの開きが4枚出てきた。
これは玉子とは別の理由がある。
写真のおじいさんの分と2人前焼いて、それを忘れてまた焼いてしまうのだ。


昨日も仕事が終ってから実家に行った。
みそ汁に玉子はない。
電子レンジに干物はない。
どうしたことだろう。

ともかくこれはめでたいことだ。
よし、以前私が買って来たコンビニの『豚肉のスパイシー焼き』をおかずにしよう。
あとは味噌汁とちりめんじゃこの酢の物と漬物だ。
やや塩分強めだが普通の夕食なのがありがたい。

食べながら母と話をしていたら、表の部屋の人たちは今日で終わったからもう来ないらしい。
なにが終ったんや!







↑ま、今までにも何度か終わったんだけどねクリックしてね。



どこにいくつもりだったのか
スポンサーサイト



土曜日が出勤だったので日曜に実家に行った。
11時前に到着したら、スーパーで買い物をしてちょうどおひるごはんの時間になる。
しかし家で二度寝をしてしまったばっかりに11時を少し過ぎてしまった。
母はのんびりコタツに座っていた。

「買い物に行くぞー」」と声をかけると、
「なにがいるんやったかいな?」と動き始めた。
財布とマスクさえあればいい。
マスクはカバンに、財布はいつもの引き出しに入っているから私が用意しよう。
だから、トイレに行ってエプロンを脱いでお出かけ用の上着を着ればいい。

なのに母は黒い財布を出してきた。
それは違う。
いつも買い物にもっていってる黄色い財布がいるのだ。
その黒いのは、黄色い財布の中身が減った時に足すための隠しお金入れだ。

おかしい、おろしてきた万札しか入れないはずの黒い財布に小銭が入っている。
千円札が数枚、それに紙入れのところに五百円玉が二つ入っている。
こちらの財布で買い物をしたようだ。
しかも、五百円玉が二つということは、買い物は二回だ。
冷蔵庫を確認する。

やはり、いつもの干物を持ってくる魚屋さんとヤクルトさんが来たらしい。
だったらなぜ、千円札も小銭も入っている黄色い財布から支払わなかったのか。
いつもの引き出しにはない。
鞄の中にもない。
昔家計簿をつけていた時に使っていた引き出しを見てみたがない。

これは困ったぞ。
母に聞いても「ほかのところには持ってかへんよ~」としか言わない。
そうは言うけど、以前鞄をめったに使わない押し入れに入れていたではないか。
古い預金通帳は永遠に行方不明になったではないか。
今もコタツの中から孫の手が出てきたではないか。

別のタンス、食器棚、仏壇、寝床、鏡台、冷蔵庫、下駄箱まで探す。
ない。
「何を探しとるんやったっけ~」と母。
「財布」というと「そこにあるやないか」と黒い財布を指さす。
「黄色い財布」というと「そんなの知らんな」

ゴミ箱を探す。
収集に出すため縛ってあるゴミ袋もほどいて中を見てみる。
風呂を探し、洗濯機を確認し、トイレットペーパーの後ろを見てみる。
あっ、向こうの部屋で何かを持っている母がちらっと見えた。

「あったんか!」

「あった」

「どこにあった!」

「洋服ダンスの引き出し」

ああ~つまらん!
そりゃ、私にとっては「なんでそんな突拍子もないところに?」って場所なのだが、
文章にしたら、読んだ人は「なんでそこを見てなかったの?」としか思わないではないか。
もう!





↑スーパーのカードにチャージしてあるのがもったいないからクリックしてね。





困った
今朝はもう時間が無いのだが、少し過去記事を読んでみる。
最近物忘れが激しくて「あのネタ書いたっけ?」ということが多いのだ。

ハトのネットの事は……ああ、張ることになったとこまでだ。
こないだ社長と仲良しの電気屋さんが来て、ひさし全体にネットを張っていってくれた。
これで二度とハト害に悩まされることはないだろう。
どうせなら私が以前ハト除けのつもりでひっかけたガムテープの芯を取ってくれたらよかったのに。

母に芋天を買って行った話は……書いたばかりではないか。
でも思ってたのと違う。
だからもう一回書こう。


母に芋天を買って行った。
サツマイモ好きの母は大喜びだ。
夕食にそれを食べながら、昔話に花が咲く。

母の実家は農家だったので、ともかく大量のサツマイモを作っていたのだそうだ。
収穫したサツマイモは恐ろしいほど深い芋蔵に貯蔵する。
その芋を買いに来た人に、お父さん、つまり私にとってのおじいさんが、
大きなかご一杯を30円ぐらいで売ってしまうのだそうだ。
この話は2千万回は聞いた。

母の実家は農家だったので、サトイモも大量に作っていたそうだ。
私が作ったサトイモを持っていってやるとその話になる。
収穫したサトイモは、畑の隅っこに大きな穴掘ってそこに貯蔵する。
その芋を買いに来た人に、以下同文。
これを一回の夕食の間に7回ぐらいは繰り返す。

お姉さんと畑の草取りに行くと、お茶の木の下に植えてあるキュウリが採りごろで、
影に生えているやつはよく冷えていておいしい。
それがとても楽しみだった。
この話は4千万回は聞いた。

学校に行くときは、近所のみっちゃんを迎えに行くのだが、
このみっちゃんが寝坊助で、いつも自分が行くまで起きない。
それから用意をするまで待たされた。
という話も6千万回聞いた。

さすがに同じ話を繰り返していると、たまにかすかに記憶に残ることがあるらしい。
話の冒頭に「言うたことがあるかもしれんけど」と前置きすることがある。
あとから「昔は物覚えがよかったのに、今は何でもすぐに忘れてしまう」と嘆く。
なので私は慰める。

「年取ったらみんなそうや。
 わしも会社で脚立に上ってから『何するんやったかいな』ってことがしょっちゅうや」

このエピソードを話すと母は大爆笑だ。
この話、5千万回はしているのだが。






↑ネタはリサイクルするものよクリックしてね。




一本
実家に行く。
みそ汁を確認すると、玉子が三つ煮てあった。
もうこれはいいや。
煮た卵が入っていたら、玉子を追加することはあるまい。

続いて冷蔵庫を確認する。
水曜日に片づけたから、急いで食べなければならないおかずは茹でブロッコリーだけだ。
冷凍室にひものがべらぼうにあった。
アジ開き4匹入りが2袋、サンマ開き4匹入りが2袋、カマス開き3匹入りが2袋、
アジみりん干し6匹入りが1袋、味丸干したっぷり入りが1袋。
毎週売りにくる魚屋さんがいて、先週買ったのを食べないうちに今週買ったのだ。

スーパーに買い物に行く。
絶対買わなければならないのは、母のしょうゆと私のごま油とシリアルと魚肉ソーセージ。
母が買おうとするうどんと魚と肉はまだあるのでやめさせる。
ごはんがたくさんあるから寿司は買わない。
母はまた卵を買った。

帰宅してお昼にする。
母が買ったコロッケと卵入りみそ汁とブロッコリーがおかずだ。
高野豆腐は母の夕食だ。
電子レンジに乾きかけたごはんが二つあったので、まずそれを一つずつ食べた。


母の理屈では、表の部屋の遺影の父と、隣の市に友達と遊びに行っているおじいさんがいるので、
玉子をたくさん煮たり、買ったおかずを取っておこうとするのだ。
私が行ったときに食べたり、古くなりそうだったらもらってくることにした。
どうせ説教したって変わらないのだ。

ただ、なんとか変えさせたいのが寝床だ。
母は今、一番奥の部屋に寝ている。
その手前の部屋には、父が入院するまで寝ていた。
父が亡くなったので、母にはこちらの部屋に寝てもらいたい。
足が弱っているし、ちょっとでもトイレに近いし、手すりもその部屋の外から始まっているのだ。
なのに隣の市に遊びに行っているおじいさんが帰って来て寝ることがあると言ってこっちに寝ない。

なので、私は作戦を考えてきて、食後にすぐに取り掛かった。
まずは父のベッドの掛布団を剥ぐ。
棚の奥にあったふとん乾燥機を出してきてセットする。
母のベッドの毛布を剥いできてその上に掛ける。
その上に父のふとんを掛ける。

ふとん乾燥機のタイマーをオン。
それから母に説明に行く。
母の寝床は毛布を取られて寒々として、父のベッドはホカホカになるのだ。
これならいやでもこちらのベッドに寝るだろう。

隣の市に遊びに行っているおじいさんは今日は帰ってこない。
帰ってきたとしても表の部屋で寝る、と宣言した。

母は「あ~うれし~」と言っていたが、ここで寝たかどうかはまだわからない。






↑なにもしなくていい日曜と思って朝寝をしてしまったので更新がこの時間クリックしてね。




うなされる
実家のお風呂の栓の鎖を取り換えたので、母も普通に入浴することができるだろう。
しかし、心配なこともある。
実家の風呂は沸かすことができない。
つまり、お湯を溜めるだけなので、タイマーなどもない。
お湯を出しっぱなしで忘れてしまったら、ただただあふれるばかりだ。

しかも、ここしばらく入らない癖がついている。
お湯を溜め始めてから「今日は入らない日」なんて思ったらえらいことになる。
気を付けなければいけないぞと注意したら、

「大丈夫、お湯をあふれさせたことは一回もない」

と自信満々の返事だ。
お湯をあふれさせたことは覚えていないのだ。

そこで、キッチンタイマーを使うことを勧めてみた。
すると珍しく、「そんな便利なものがあるなら使ってみたい」というではないか。
みそ汁を噴きこぼれさせた時に勧めたら「もったいない」と拒否された。
これはチャンスだ、早速買ってこよう。


会社帰りに電器店に寄ってみた。
機械に関する知識が皆無な母が使うのだから、ボタンが少ないものがいい。
数字が大きくてボタンが3つしかないのがあった。
『分』と『秒』と『スタート・ストップ』だけだからわかりやすい。

しかしこれは考え物だ。
みそ汁を5分温めるだけなら『分』を5回押せばいいが、
ふろのお湯を溜めるとなると30回は押さなければならない。

『10分ボタン』の付いたのがあった。
これなら3回押すだけで30分を設定できる。
しかし、ボタンの数が6つもある。
『10分』『1分』『30秒』『秒』『スタート』『ストップ・クリア』
これだったら数字をうち込めた方が便利なのではないか。

0~9までのボタン付きがあった。
ボタンの数が多いとはいえ、数字なのだからそのぐらいは理解できるのではないだろうか。
あっ、ダメだ、余計なボタンがある。
『モード』の切り替えなんかできるはずがない。


いいのがあった。
私のキッチンタイマーの概念から外れていたので気が付かなかったのだ。
ダイヤル式で電池不要、おそらくゼンマイ式なのだろう。
これこそが母に最もわかりやすいタイプではないか。

音まで予想できる。
電池を使ってないなら「ジリリリ」と鳴るに違いない。
あの今どきの「ピピ」ってやつは母には届かない可能性が高い。
現に、以前のガスコンロの警告音が、母にはどこで鳴っているかわからなかったのだ。 
しかも730円とお買い得だ。

私はこれを買った。
そして土曜日に実家に行くのだが、それどころではなくなるのであった。






↑ネタが豪富でクリックしてね。




あらまあ