身内のこと

ここでは、身内のこと に関する情報を紹介しています。
両親がケータイを替えたいと言い出した。
両親が、といっても親父用の1台だけだ。
今のケータイを親父は持たない。
医者に行くときなど診察が終わった連絡をもらえればそれに合わせて迎えに行けるのに、
「重いから」と言って持とうとしない。
絶対におはぎの方が重いのに。

つまり、親父はもっと軽いのが欲しいというのだ。
母はまた別の理由を持っている。
15年も経っているから新しいのに替えた方がいいと誰かに吹き込まれたらしい。
10年経った時に「使えなくなります」という通知が来たという。
まだ使えているのに。

とはいえ、新しいのに替えるのは賛成だ。
どうせ電話しか使わないのだけど、壊れてから慌てるより早めに交換した方がいい。
そもそも、私に何かさせるときと、タクシーを呼ぶときしか使わないのだ。
家電話の方が無視できるので都合がいいのだが、緊急事態も考えておかねばならない。


で、買いに連れって欲しいと言われたが、私は拒否した。
ケータイについて私はびっくりするぐらい無知だ。
ケータイとNASAのどっちに詳しいか問われたら、きっとNASAを選ぶだろう。
だから、ケータイを買いたいなら弟一家に頼みなさい、と言っておいた。
ありがたいことに、弟一家が先週ケータイショップに連れて行ってくれたらしい。

これで安心と思っていたら、雲行きが怪しくなってきた。
土曜日に買い物に連れていくのだが、金曜に電話した時、
「ケータイを買いに連れって欲しい」
と言われた。
もう買ったのではないのか。

電話に出た母が言うには、先週カタログをもらってきて機械を決めたので、
あとはお金を払って来るだけだと言う。
ほんまかいな。
弟は親父に頼まれて西部劇のDVDを取り寄せているので、
それをもらいに行ったとき、ついでに状況を訊ねてみた。


なんと、ショップの店員さんとは一切話をしていないというではないか。
混雑していたのでカタログをもらってきただけ。
親父に至っては、店内に入りさえしなかったらしい。
そんな事でケータイが買えるのか。

実家に着くと、親父はすでに出かける用意をしていた。
でも、行っても無駄だ。
私がケータイのケーヤクの話をするのはまっぴらだ。
どうせ何にもわからないし、待たされるのは大嫌いだ。

なので、書類が必要だとか、私のケータイはメーカーが違うとか、
順番待ちが数時間だとか、今の時期は卒業生がいっぱいで混むとか、
あらゆる理由を並べ立ててあきらめさせた。
親父は西部劇のDVDが手に入ったので満足なようだ。

それにしてもケータイって本当にそうなのか。
つまり、その、お金だけ持って行っても買えないのか。
えーと、あのう、なんと言ったらいいのかわからないが、
もうちょっとなんとかならないのか。





↑「でんわいそげ」でクリックしてね。






おそろしい現実
スポンサーサイト
土曜日は実家へ行く日だ。
昨日は食品の買い物だけでなく、父を病院に連れていかなければならない。
更に母が、敬老の日に町からもらった商品券を使いに行きたいという。
この商品券が使えるのはいつものスーパーとは違うショッピングセンターだ。

こういうややこしい日はうまく段取りをしなくてはいけない。
いつもだと親父の医者が済んでから、食品の買い物だが、
そんな事をしていたら買い物がお昼を過ぎてしまう。
なにしろ病院が少ないので、いつもとても待たされるのだ。


計画はこうだ。
まず親父を病院に連れていく。
本当は親父は、私か母に付き添ってもらいたがっている。
「耳が遠いから呼ばれた時にわからない」という言い訳をするが、
実は面倒なことを全部させようとしているのだ。

できることは自分でやってもらう。
だから親父は病院へ置き去りだ。
そして私は母を連れてショッピングセンターへ行く。
商品券で買い物をして、いつものスーパー(病院近く店)で食品を買って、
親父を拾って家に帰る。


ところが、商品券の買い物があまりにも早く済んでしまった。
きっと衣類を買うのだと思っていたら、
母は乾物屋の煮干しと、お菓子を買っただけだった。
ヒザが痛いからあんまり歩きたくないのだ。

なので食品はいつものスーパー(実家近く店)で買うことにした。
ここの方が店員さんも売り場も慣れていて具合がいい。
母は無頓着だが、私はどの店員さんのレジに並べば手際がいいか、
かごへの入れ方が上手か、愛想がいいかを把握している。

生モノも買うことだし、買い物を済ませて一旦家に置きに行った方がいい。
自分は帰れるから母は大賛成だ。
それに、早く医者に戻ると、薬屋で待たされる可能性がある。
できれば親父が薬をもらった後で行きたい。


その私の気持ちを察してか、あるいは親父のことは忘れてしまっているのか、
母の買い物はいつもの通りスローリーだ。
私に「あれ買わんかこれいらんか」と勧めてくるし、
ある通路に入ってたっぷり見てから「ここには要るもんないねえ」などという。

ともかく買い物を済ませ、家に戻って冷蔵庫に入れるものをしまう。
時間は11時過ぎだ。
そろそろ診察は終わっているだろう。
親父が薬屋に行っているなら少々待ってもいい。

が、親父はすでに薬をもらい、薬屋の外で待っていた。
薬屋の中にいたら暖房もテレビもあるのに、あまりに遅いからと外に出ていたようだ。
車に乗り込むなり、どんなに待たされたかと文句を言う。
今日は採血のため、朝食を食べずに行ったから空腹で余計にいらだっている。
それを見越して用意していたパンを与えると黙って食べ始めた。

家に着いたら母にどれだけ待たされたか文句を言い始めた。
そうはいっても待ったのは20分程度だ。
というか、普段私はどれだけ待たされていると思っているのだ。





↑たっぷりお土産をもらってきたのでクリックしてね。






凡才の盆栽
12月12日は『ダースの日』なのだそうだ。
『ダース』とはお菓子の商品名で、そのCMでこの日は他にも、
『漢字の日』『明太子の日』『バッテリーの日』でもあることを教えてくれた。
更に、今年は月曜日であったため、朝の情報番組『ZIP』でも、
「今日は何の日でしょう?」というクイズをやっていた。

昨日、コメント欄ですでにお祝いを言われてしまったが、
実はこの日はウチの結婚記念日なのだ。
「どうせ飲みに行くんだろう」と思っている人もいるかもしれないが、
飲みに行くのは先週済ませておいた。

この日、一番重要なのは何をするかではなく、
覚えているかいないかだ。
もちろん覚えていたよ。
そんなわけで、お祝いでもないけれど、覚えていた証拠に何かを買おうと思い、
会社から一番近いショッピングセンターに向かった。


こんな時はケーキに限る。
しかし私はケーキを二個買うのが苦手だ。
「これとこれ、を二個ずつ」と言ってしまう。
そして必ず、その日に二個食べてしまうのだ。

最近はケーキ二個は辛くなってきた。
しかも健康診断の結果が出たばかりだ。
数値の異常はささやかだが、項目が増えている。
よし、ちづるが食べたがっていた肉を買おう。

そう決めた矢先、ちづるからLINEで連絡が入った。

「牡蠣もろた」

これは困った。
肉と赤ワインを想像していたのに魚介が割り込んでこようとは。
むしろ牡蠣の方が早く消費しなくてはいけない食材だ。
ワインはややこしいから放棄しよう。
そして日持ちするおつまみにしよう。

そんなわけで、普段なら買わないようなサラミとチーズとビーフなものを買った。
そしてちづるに連絡して、ショッピングセンターまで迎えに来てもらった。
で、ケーキはちづるに二個だけ買ってもらった。


さて、これはこれでいいのだが、もう一つ予定の狂ったことがある。
みなさんに注文だけもらってそのままになっている『いぢわるカレンダー』だ。
ちゃんと作業はしていたのだが、実は予想外の事態で2工程ほど増えてしまい、
予定よりずいぶん遅くなってしまったのだ。

その言い訳はまた後日。
めどがついたので近いうちに発送します。
「注文するの忘れとった!」という人もご連絡を。





↑バッテリー業界の人もクリックしてね。






明日?
ウチの父と母は意見が合わない。
先日、庭の植木を誰かにあげるために引っこ抜いたのだが、
(この植木を引っこ抜くことだけは意見が合っていたらしい)
親父が抜いた跡を私に均せというのでそのつもりで行ったら、
母が「そんなもん、もうやった」という。

親父は昔使っていた車いすのパンクを直せというが、
母はそんなことが得意な弟に任せるという。
親父はボイラーからの管のカバーを直せというが、
母はそんな必要はないという。
なんだかんだで振り回されるのはこちらなのだ。


母が、庭にいっぱいある植木鉢を処分するのに、
なにやらチラシを折り込んできた怪しげな業者に頼みたいと言い出した。
というより、そのチラシを見たからそんなことを考え始めたのだ。
そんなところと関わっちゃいかんので、私が処分することにした。
土は畑に混ぜてしまい、鉢はウチで使うか捨てるかすることにした。

で、二人で話し合って、いらない鉢を選別しておくということになっていたのだが、
積んで帰るつもりで行ったら、
「なんで植木鉢を処分せなならん?」
と親父が言い出したらしい。
そんなわけで、結局は普段通り母を買い物に連れて行っただけだ。


親父は私が行く日には、お昼に寿司が食べられると楽しみにしているらしい。
なので、てこね寿司セットを買ってやった。
てこね寿司とは、カツオの漬けが混ぜ込まれた志摩地方の名物ちらし寿司だ。
それと普通の握り寿司が半々の弁当がオススメだったのだ。

いつもなら私の分も買うのだが、ごはんとスキヤキの残りがあるというので、
私はそれで済ませることにした。
私は別になんでもいいのだ。
買い物をして戻ったらちょうどお昼だった。

親父はてこね寿司を食べ始め、私はスキヤキをおかずにごはんをよそってもらった。
母はスキヤキに具を追加して量を増やし、さらにコロッケとエビチリを出してくる。
親父はてこね寿司を食べ終わると、残りの寿司を私に押し付ける。
後で甘いものが食べたいから、いつも半分しか食べない。
だから私は小さいてこね寿司でいいと言ったのに、母はドッサリ買いたがるのだ。

年寄り二人の世帯に、生ものを残してはいけないので私が片づける。
すると母が、
「ごはん食うか?」
どこの世界に寿司をおかずにごはんを食べるやつがいるのだ。
というか、寿司かスキヤキかどちらかに統一しろよ。

すると親父が、
「タコ焼き食うか?」
一週間分買ったものを一度に食べようとするな!






↑食い溜め買い溜めしてきたのでクリックしてね。





行く先を見ろ
年を取るとどうにも頭が固くなる。
週末には母を買い物に連れていくのだが、父も母も食べ物の決めつけが激しい。
キムチはこれじゃなきゃダメ、タクアンは絶対にこれ、
味噌はこれ以外は認めない、と絶対に譲らない。
他を試してもいないのにだ。

それでも、あちらの小さいスーパーに売っているものならそれでかまわない。
ややこしいのは『あのスーパーのアレ』と店まで決まっているものだ。
私が家の近くで買って持って行ったものが気に入られると、
私がわざわざそこに行って買わなくてはならない。

親父が気に入った塩辛がそうだ。
私が以前イオン系のスーパーで買って行った3パック1セットの塩辛。
もうそれでなきゃならんと言い出して、めんどくさいことになった。
幸いにもすぐ腐るものではないので、ついでがあった時に買うようにしている。

先週、そろそろ無くなる頃だと思って持って行った。
それを母が冷蔵庫に入れようとしたら、他のパックの下から新品が出てきたではないか。
こんなものが6パックもあったら、あわてて食べようとするかもしれない。
半分は我が家が引き受けるとしよう。


さて今週、実家に行く前に買って行くものがないか電話したら、
「塩辛が無くなった」と母が言う。
塩辛だけ買うために遠回りしてスーパーに寄りたくない。
じゃあ、ウチにある2パックを持って行くことにしよう。

が、忘れていった。
これを親父に知られたら、遠いスーパーまで行けと言われるに決まっている。
母を車に乗せてからこのことを打ち明け、口止めをした。
親父に塩辛がないことを気付かれない作戦だ。

そのかわり、いつものスーパーにある、これもお気に入りの“たこわさ”を買う。
ただし、たこわさを見られると塩辛を思い出される可能性があるので隠しておく。
その分、全く別ジャンルで親父の気を引くものを買うのだ。
できるなら、すぐ食べられるものがいい。

親父は母と私が買ってきたものを冷蔵庫などに片づけるのを見ている。
そのとき、気になるものがあると手に取ってじっくり見る。
活字好きなので印刷された説明まで一生懸命読む。
この隙にたこわさを冷蔵庫にしまう算段だ。

まずはランチパックの玉子。
耳が無くて柔らかいので最近のお気に入りだ。
次に、真空パックのぜんざい。
温めても冷たいままでもイケるやつだ。
そしてイワシの丸干し。

いかん!
これは魚介類つながりで塩辛に気付かれる可能性がある。
ほうらこれこれ、久しぶりに買ったあのキムチだよ。
よし、これに興味を示したぞ。
ダメ押しに『とんがりコーン』だ。

この後、何も気づかれることなくお昼をいただき、実家を後にした。
今週は塩分を控えるがいい。





↑ちなみに親父の血液検査の結果は満点だからクリックしてね。






国旗です