FC2ブログ

健康

ここでは、健康 に関する情報を紹介しています。
用事があってちょっと遅れてジムに行った。
MえとQちゃんは予定があってお休みだが、
同級生のY田と、Y田に誘われてこないだから通い始めたE子さんがいた。
2人ともウォーキングをしていたので軽く挨拶。
私も歩くことにした。

ぞうきんがけウォークを取り交ぜながら35分汗を流した。
着替えてきて足裏マッサージをする。
さて、この後どうしよう。
MえやQちゃんがいたら一緒にダンベル運動をするところだ。
しかしあれは彼女らに合わせたメニューで、私はそんなに必要だと思っていない。

よし、普段よりハードで、私向きの運動をしよう。
今は使ったダンベルは自分で消毒しなければならないから、いろいろ使うとめんどくさい。
重さは12kgに限定して、回数で調節しよう。
ベンチに仰向けになって両腕を開く運動で胸筋を鍛える。
座ってダンベルを真上に突き上げる運動で肩を鍛える。
もう無理。

さて、何をしよう。
もう汗かき系はいやだし、ウェイト系は無理だし、足を鍛えるのはキライだし。
するとY田が近寄ってきた。

「いつもの腹筋はせんのかい」

普段ならQちゃんに誘われてマットで腹筋をするところだ。
最近はY田も参加して、川の字になって4種類の腹筋をしている。
ふと見ると、E子さんがマットでストレッチをしていた。
ははん、彼女を巻き込もうという算段だな。

誘ったら「いいよ」ということだったので、この三人で川の字になった。
腹筋上部、腹筋下部、腹筋深部、腹側筋の運動を10回ずつ、30秒間隔で行う。
私は余裕があるので、号令をかけたりインターバルを測ったりする。
いつもなら一番余裕がないのがY田だ。
Qちゃんは回数をこなしてきたし、Y田は体が硬い。

が、今日は新人がいる。
Y田は偉そうにも「ここはこうするんだよ」などと指図をしている。
なるほど、優越感を得たくて初めてのE子さんを誘ったのだな。
彼女は2セット目あたりから、10回終わると「うう」とうなってしゃべらなくなった。

腹筋終了。
するとE子さんから相談があった。
彼女はとてもスリムな体型なのだが、フリソデが気になるというのだ。
やりましょうダンベル運動を。


その後、二人は閉館までランニングするというので、私は帰宅することにした。
帰りがけ、Y田と二人でニヤリと悪い笑顔を交わした。
次回、E子さんの筋肉痛報告が楽しみだわい。





↑そのうち州の字になりそうだけどクリックしてね。





ストレッチしなさい
スポンサーサイト



再開後、二度目のジムに行く。
ロッカールームで着換えてトレーニングルームに行くとき、女の人に呼び止められた。
なんと数十年ぶりの同級生ではないか。
先日、友人Y田が誘ってこのジムに来た話を聞いたが、
どうやら彼女も気に入ったらしく二度目のご来場だ。

前回と曜日が違うので受付のスタッフさんも久しぶりだ。
あらまあごぶさた、なんて挨拶を交わし、ちょいとお話をした。
再開直後は少なかった人も、徐々に増えつつあるようだ。
あれ以来顔を見せない常連さんもいるし、新たに来始めた人もいるらしい。

ウォーキングをしていると、いつものマダムがやってきた。
続いてマスクの若奥さん。
さらにはスリムな奥様と懐かしい顔が次々と来る。
いちいち久しぶりの挨拶をする。

Y田がやってきて、Mえが来て、Qちゃんが来た。
勢ぞろいするのは再開後初めてだ。

2セット目のウォーキングを終えたら集合。
QちゃんとMえと私の3人で懐かしのダンベル運動。
腕を曲げる運動を3セット、腕を上にあげる運動を3セット、
二の腕の運動を3セットやるのは以前通りだ。
ただ、ピーク時の重さはできないのでちょっと軽いのでやっている。

ダンベルをする常連さんが来てご挨拶。

続いてマットでQちゃん、Y田と腹筋だ。
私がタイムを計って、4種類の腹筋を3セットする。
QちゃんとY田は悶絶だ。

そばの自転車マシンにおばさまコンビが来た。
あらあら、お久しぶりです。


過剰挨拶だ。
なんかみなさん、テンションが上がっているようだ。
以前なら軽く会釈をするだけだった人まで「元気してた~?」って感じになっている。
確かに同じ趣味、目的で同じ場所に集まっているメンバーだ。
連帯感のような空気は存在した。

それが3か月間の空白で粉飾されたような具合になっている。
こうして仲良し的挨拶をしてしまったら、もう以前の距離感には戻れない。
次回も親しい挨拶をしなければならないのだ。

帰りにロビーで休憩していたら、「お先に」と帰っていく人がいた。
もちろん皆でにこやかに挨拶を返したが、初めて見る人のような気がする。
もしかしたら「ここは挨拶が活発なジム」と思われたのかもしれない。






↑あと数回は久しぶりの人に会うと思うのでクリックしてね。




摩擦熱が起きる
『こみの動静ノート』を調べてみたら、最後にジムに行ったのは2月21日だった。
その後のブログに「3月15日までジム閉鎖」と言う記述がある。
そうそう、このころ新型コロナが全国的に流行り始めて、
どこかの県でスポーツジムからもクラスターが出たのだった。
我々も「ヤバいかもしれない」と思って閉鎖前から自粛していたのだ。

私たちが利用していたジムが再開したのは6月1日。
人数制限があるとか、マスク着用だとかいう情報があったのでそのまま自粛を続けていた。
いや、長い間休み過ぎて、きっかけがないと動けなくなっていたのだろう。
実家に行った帰りにジムの駐車場を見て「ああまだ人が少ないなあ」などと思っていた。

しかし、ジムでしか会っていなかったQちゃんが「そろそろいかが」と連絡をくれた。
Mえも運動したい気持ちになってきているようだ。
同級生のY田からもお誘いがあった。
どれ、そろそろ重くなった腰を上げて、軽いダンベルでも挙げに行くか。


私が行く数日前にY田が行って、状況を教えてくれた。
入口で名前や電話番号を書き、マシンや道具はアルコール消毒し、紙タオルで拭くらしい。
マシンの間隔も広くとってあるようだ。
そんな話を聞いていたら、なんとなく私も行きたくなってきた。
腕立て伏せや腹筋はしていたが、ともかく汗をかいていないのだ。

月曜と水曜は実家に、火曜はいつもの居酒屋に行く。
木曜は定休日で、土日は夜の部がない。
となったら行くのは金曜に決まりだ。
みんなにその旨を伝える。


駐車場で常連さんの一人に会ったので訊いてみたら、以前の通り入れるようだ。
チケットを買ってロッカールームに行く。
帰りには使ったロッカーに『使用済み』のマグネットカードを貼ることになっていた。
着換えてトレーニングルームへ。
おお~、なんと懐かしきスタッフの人~

久しぶり過ぎて何をやったらいいのかわからない。
ともかく汗を流したいので、動力の付いてないウォーキングマシンにした。
私の歩く力でコンベアを回すシステムだ。
以前は低い方のバーを持ってぞうきんがけのように歩いたっけ。

ストップウォッチを置いて、1時間歩くことにした。
歩き始めてすぐに息が上がり始め、のどがカラカラになった。
水分をときどき摂りながら、20分普通に歩いて5分ぞうきんがけだ。
この運動中にY田が来たが、しんどくて話ができない。

1時間経って着替えに行くころQちゃんが来た。
私が休憩をしている間にQちゃんが軽くウォーキング。
その後一緒に二の腕を鍛えるダンベル運動をした。
後で筋肉痛になること間違いなしだ。

続いて三人で川の字になって腹筋4種を3セット。
初日だからこのぐらいにしといてやろう。
ロビーで牛乳を買って帰宅。
影響が現れるのはあさってだろう。
ただ、とてもよく寝た。






↑力が残ってたらクリックしてね。




摩擦で暑かった
親父がリハビリ入院している病院から、請求書を取りに来るよう連絡があった。
新型コロナの影響で入院患者との面会は全面禁止だし、
リハビリ専門病院なので、今は新規の診察もしていないようだ。
でも、請求書を取りに行くのは窓口が開いている時間内。
つまり、私の仕事の時間内でもある。

どう考えても昼休みに行くしかない。
前にもそうしたことがあったので、時間もどのくらいかかるかわかっている。
お昼で道がちょっと空くらしく、片道20分で行けたはずだ。
往復40分、20分の余裕があれば、例のミステリーが最後まで読めるはず。

となると、ごはんを食べている暇がない。
運転中に何かをつまむしかないではないか。
幸い、月に一度届けられるパンの日が前日だった。
今月のパン『十六穀入り玄米ブロート』というのをスライスして持って行った。
デザートは魚肉ソーセージだ。

しかし何か飲み物がいる。
出勤の時、コンビニに寄って買い物をした。
茹で卵は売り切れなので、ココア味のプロテイン飲料と一本満足バーの補充を買った。
バーがあれば、夕方になってお腹が空いても対応できる。
対応しすぎてなくなってしまったのだが。


昼休みの30分ほど前、出発する用意をしながら考えた。
なんとなくプロテイン飲料を買ってしまったがもったいなくはないか。
『サバス』とかいう豆乳よりちょっといいやつだ。
パンやソーセージを流し込むために飲むのではせっかくの濃厚タンパク質が泣く。

検索してみた。
効果的なプロテイン摂取のタイミングは、運動後の30分以内だ。
ということは、運動するなら今でしょ、なのだ。
とはいえスクワットは昨日やったし、一昨日は腕立て伏せをした。
フォークリフトを使った広背筋の運動は夕方でないと目立ちすぎる。

となると腹筋だ。
寝転がると誰かが来た時とっさに対応できないので、会社ではあまりやらない。
なので、イスに浅く腰掛けて足を上げ下げする腹筋をすることにした。
腹筋と腹筋の間には、鉄アレイを使って肩の運動をした。
それぞれ2種類のやり方で3セットずつ、時間になったら汗をかいていた。


病院行きは順調で、信号ごとにパンとソーセージをかじり、
プロテイン飲料もちゃんと摂取した。
まさに予定通り、会社に戻ってきたのは12時40分だ。
あと20分本が読める。

と思ったがなんだか眠い。
そういえば、いつも昼休みの最後の20分は昼寝をしているのだった。
それになんだか体が疲れている。
文字を読むのが辛い。

というわけで、ミステリーの犯人はまだ知らない。






↑犯人も効率的に動いたはずだけどクリックしてね。




踊り
いよいよ“暖かい”の段階を超え“暑い”季節がやってきた。
車で出勤したにもかかわらず、ラジオ体操とトカゲウォークで体が汗ばむ。
機械を拭いて逆立ちをしたら、うちわが欲しいぐらいだった。
もう、朝のお湯は沸かさない。
ミネラルウォーターにインスタントコーヒーを溶かして飲むことにした。

お昼もカップ麺は暑すぎる。
まだ在庫のあるゴマスープは天気の悪い日用に置いておこう。
昼食はサラダチキンと食パン、デザートが魚肉ソーセージだ。
もちろんそれでも寒くない。

昼がタンパク質主体だったので気持ちがムキムキだ。
幸い夕方にヒマな時間ができた。
汗をかくに決まっているが、腕立て伏せをしよう。
早いパターンで50回を2セット、ゆっくりパターンで20回を2セットできた。

運動をしたからタンパク質を摂ろう。
マイ食糧庫には『一本満足バー、プロテイン入りチーズケーキ味』があった。
運動後30分以内のプロテインは効率的だ。
食べながら説明を読んだら『ランニングに』と書いてあるではないか。
買う時に読めばよかった。


さて、この日は実家に行くことになっていた。
昨日買った血圧計を届け、使い方を教えてこなくてはならない。
実家に着いたら晩ごはんが用意されていた。
土曜日に私があげたソラマメで作った豆ごはんと、サンマの干物と味噌汁だ。

冷蔵庫を確認する。
古くなりかけているものは食べなくてはならない。
アジフライが半分あった。
土曜日にスーパーで買ったものだが、母は小食なので食べきれなかったようだ。
こいつは片づけていこう。

少なめの一膳だったがお腹が膨れてしまった。
一本で満足できるというプロテインバーを食べていったからだ。
まだ家に帰ってからビールを飲まなければいけないというのに。

自宅での夕食は、ちづるが買って来た春雨サラダとレバニラ炒めだった。
そのほかにごはんがあった。
会社のお得意さんが自粛で困っていたのを社長が買って、
それを社員におすそ分けしてくれたアサリの含め煮をあさりごはんに炊いたのだ。
またそれがうまくて、朝からおかわりしたのだった。

こういう味付けごはんは冷やごはんでもおいしい。
ビールと焼酎を飲んだ後、少し食べようかとよそいに行ったら、なんと微妙な残量。
全部食べたら食べ過ぎっぽいが、残しておくにはわずかな量だ。

とりあえず、半分食べた。
すると、更に残しておくにはわずかな量になった。
ええい、食ってしまえ。

というわけで、トータルすると炭水化物な一日だった。






↑ソイジョイを買い足しておかなければいかんなクリックしてね。




懐かしポーズ