FC2ブログ

健康

ここでは、健康 に関する情報を紹介しています。
完全に健康な状態を100点だとしたら、今の私は70点だろうか。
仕事か腕立て伏せのし過ぎで右手首が痛いのでマイナス10点。
先日、畑で久しぶりにクワをふるった影響で太ももの裏が筋肉痛でマイナス10点。
そして後のマイナス10点が小風邪のひき初めの気配の予感だ。

風邪というのは気温の低いところに居たからといってかかるものではない。

「あ寒っ」

と瞬間的にぶるっとしたようなときにかかるのだ。
考えてみたらいくつか思い当たる節がある。

こないだ酔っ払ってホットカーペットで寝てしまったときか。
その後、早く寝ようと思って温まってないうちにお風呂から出てしまったときか。
気温が上がったからと会社でエアコンをかけずに昼寝をしたときか。
土曜の夕方、部屋で本を読みながらうたた寝してしまったときか。
畑で畝づくりをして汗をかいたあと、風に吹かれながら豆の収穫をしたときか。
仕事中に腕立て伏せをしてそのまま上着を着ずに仕事をしたときか。

ともかく三寒四温のこの季節、人はうっかり「あ寒っ」となりやすい。
風邪をひきやすいシーズン、つまり、今は風邪の旬なのだ。
だがしかし、今のご時世、絶対に風邪をひくわけにはいかない。
なぜなら、絶対に風以外のヤバい病気を疑われるからだ。
疑われて後ろ指を指されるレベルではなく、社会的に抹殺されかねない。


どういう風邪の気配を感じたかというと、ぼんやりしたものだ。
咳やくしゃみ、鼻水が出るわけでもなく、頭が痛いこともない。
ただ、鼻の奥の方で、なんか「きゅんっ」としかけたことがあるぐらいだ。
でもこれは風邪の匂いではないか。
花粉症ではありえない症状ではないか。

新型コロナウィルスの影響で、毎朝熱を測って会社の健康表にチェックをしている。
今朝の体温は36.3℃だった。
どうしよう、昨日朝ごはんを食べながら測った時より、0.6℃も高い。
布団から出てすぐ、コタツに入って測ったからだろうか。


だったら暖かい服装になればいいかというとそうでもない。
一枚増えると、動いた時に脱ぎたくなる。
一旦脱ぐと、次に着るのは「あ寒っ」となった時なのだ。

で、今の対策は、なるべくショウガを食べる、だ。
ちなみに、新型対策も同じだ。






↑万病のもとに気を付けてクリックしてね。




わかった
スポンサーサイト



「新型コロナウィルスが心配だから、毎朝体温を測るように」
と会社からお達しがあったのが木曜日。
いよいよそんなことになってきたかと話題にしたので忘れずに済んだ。
その日のうちに体温計を探し出して、食卓の私の席に置いておいた。

金曜の朝、具合も悪くないのに体温を測るのは初めてだ。
どのタイミングで計るのがいいのだろう。
あまりに起き抜けだとふとんの暖かさが反映されてしまいそうだし、
コタツに入っているときだと余計に数値が上がりそうだ。
結局、朝食を食べながら測った。

35.5℃

ほうらやっぱり低い。
噂のボーダーラインまで2℃も差がある。
体温で2℃といったら結構な幅だ。
まだまだ大丈夫。

出勤したら店長の奥さんに体温を訊かれた。
熱が出た場合だけ報告するのだと思っていたのに、毎日報告なのか。
奥さんは何かに書き込んでいたが、データを作るのだろうか。


土曜日、普段通りの時間に起きたが、お休みだ。
朝食の時間、目の前に体温計があったので測ってみた。

36.4℃

なんてこった。
そういえば頭が重いような気がする。
そうだ、昨日は夕方うたた寝をし、夜もお酒を飲んだ後ホットカーペットで寝てしまい、
寝床で寝付けなくて、暑いような気がしてふとんを一枚ひっぺがしたのだった。
いや、新型に感染したなんて思わないが、これを報告したらどう思われるだろう。


日曜の朝、昨夜は早く寝た。
頭も重い感じはしない。

35.5℃

よし、元に戻った。
これなら報告できる。
最初に「低いね~」という印象を持たれたから、うかつに人並みの体温をいう訳にはいかない。


そして今朝、なんだか気温がぐんと下がった気がする。
昨日はショッピングセンターに行ってちょっと疲れたが、うたた寝はしなかった。
健康なはずだ。
大丈夫だ。
目指せ、35℃台。

なんでこんな緊張をさせられとるのだ。






↑35.2℃の記録も持っているのでクリックしてね。




役に立っとらん
新型の何かのせいで15日までジムが閉鎖されている。
今の状況では16日以降もどうなるかわからない。
その間、ずっと何もせずにいたのでは体は鈍り、脂肪が見る見る巻きついてくるに違いない。
運動というのは、本当はいつでもどこでも気持ちさえあればできるものだ。
ジムが復活するまでは自主トレだ。

ともかく、通勤はできる限り徒歩にする。
握力ニギニギをぐいぐいしながら片道30分弱、ちょうどいいぐらいの運動量だ。
ただし、ジムのウォーキングのように大汗をかくわけにはいかない。
会社に着いたら仕事をしなくてはならないからだ。
なので、衣装で体温調節をする。

一番寒かった時期は、長袖ヒートテックの上にハイネックのトレーナ―。
ベストに作業服を着て、ヤッケをかぶって出発する。
ヤッケはポケットサイズにたためるので、体が温まってきたら脱ぐ。
頭にはフリース地の帽子をかぶり、これも暑くなったら脱いだ。

とはいえこのところの三寒四温、寒くなったり温かくなったりを繰り返している。
昨日は特に暖かかった。
半袖のヒートテックに薄地のトレーナー、と作業服だ。
頭にはタオル、これでも暑くて取ってしまった。

この間を行き来している。
ヒートテックが半袖になったり長袖にしたり、
トレーナーを薄くしたり厚いのにしたり、
ベストを着たり着なかったり、帽子にしたりタオルにしたり、
こうしているうちに、薄い作業服に衣替えしていくのだろう。


徒歩でまっすぐ帰宅した時は、体が温まっているうちに家で筋トレをする。
先日知った『筋肉体操』は短時間でできるのがウリだ。
腕立て伏せや腹筋、スクワットなどを1分単位の複合技で筋肉を追い込む。
それをちづるが帰ってくるまで繰り返す。

あるいは自分の部屋で腹筋だ。
板バネのマシンで4種の腹筋を15秒間隔で5セット。
その後この間覚えた横腹運動を3種類。
帰るのが遅かった日は寝る前に横腹だけやったりもする。


そして会社での腕立て伏せとフォークリフトでの体引き付け運動だ。
夕方時間が空いたら、メニューを変えてすることにしている。
日曜日、お出かけ中にちづるがこう言った。

「土曜が出勤の週は体が休まらないわあ」」

私もそう思う。
土曜は仕事がヒマだから、とても筋トレがたくさんできるのだ。





↑なのにおなかがへこまないのはなぜ?クリックしてね。





そういう雑誌があるけれど
三連休の二日目、日曜日にやった腹筋はかなり効果があったらしい。
火曜日のブログに「横腹に効いている」と書いたのだが、
その悶絶ピークは水曜日の朝に来た。
まるで体がサクマのドロップの缶になったようで、胴の横曲げもひねりも全然できない。

しかしこれはうれしいことだ。
なにしろお腹の肉は落ちにくい。
特に横腹は、何かの呪いがかけられているかのように決して離れていかないのだ。
そこに動きがあったとなれば、そのやり方は続けていかなければならない。


が、あの日やったどの運動が効いたのだろう。
どうせやるなら効率的に効き目のある運動を集中してやりたいではないか。
あの日のメニューを思い出してみよう。


まず、某氏にもらった板バネの腹筋機で、
上体を起こす、下半身を起こす、両方起こす、体をひねる、の4種を5セット。
ただ、今までは1分の運動に30秒の休憩だったのを、
休憩を15秒に短縮して時間を節約した。

次はちょっとフィットネス的な運動。
肘をついて横向きに寝転がり、足を大きく上げる。
左右とも10回を3セット。
大した運動ではないようだが、今までやったことがない。

続いて、同じ体勢から腰を上げる運動。
つまり肘とくるぶし辺りで体重を支え、上に向かって弓なりになる。
これも左右10回を3セット。
これも初めてやった運動だが、結構きつかった。

最後に10kgのダンベルを持ってサイドベンド。
片手を頭の後ろに当て、反対の手でダンベルを持ってからだを左右に曲げる。
これは片側20回で3セット。
ただし、この運動はけっこう何度もやっている。


効き目があったのは、やはりやったことない運動の可能性が高い。
しかし、ハードさで考えると、なじみの運動の方が強いと思う。
つまりは複合具合なのだろうか。

それを調べるのはとてもむずかしい。
次回にどれかを引いてやってみるしかないのだ。
それに、筋トレは慣れてしまうとなかなか効果を感じにくくなる。
忘れてしまうほど間を置いて試さないとあの筋肉痛は来ないだろう。

4種類の運動の組み合わせは……けっこうある。
全部試してみるにはかなりの時間がかかるだろう。
で、その頃には違う運動がしたくなっているに違いないのだ。
それでも、横腹の肉が落ちるのならいいが、
昨日は飲みに行ってお腹いっぱいをやってしまった。






↑しかもコロナのせいでジムに行きにくいぞクリックしてね。




メカこわい
ぐぎゃー!
おしりが痛い。
といっても、筋肉痛の痛みだから穴ではない。
私のトレーニングは、安倍政権じゃないけどANAは使わない。
おしりのほっぺたが痛いのだ。

それにしても不思議で仕方ない。
ワシがいつおしりを鍛えたというのだろう。
私の体に筋肉痛が現れるのは普通2日後だ。
火曜の朝から痛みがあったのだから、原因は日曜にあるはずだ。
しかし、日曜といえば超朝寝をして1日ゴロゴロし続けた。
筋肉なんておしり以外も使っていない。

となると月曜日か。
月曜は確かにいろいろやった。
が、ジムではない。
ジムではいつものウォーキング2種と、Y田とやったマットでの腹筋。
あとはダンベルで二の腕をちょっとやったぐらいだ。
おしりの要素はない。

残るは会社での筋肉体操だ。
チョイと時間があったから、胸を鍛える腕立て伏せと、足を鍛えるスクワットをした。
そりゃもう、スクワットに違いない。
しかしあのスクワットはそんなにおしりに効くのだろうか。
それより、太ももに全然効いてないではないか。

私がやったのは片足ずつのスクワットだ。
右足を鍛えるときは左足を後ろに引いて添えるだけにする。
ちょうどスピードスケートをしているような体勢になる。
これを片足20回ずつやった。
その後、普通のスクワットを1分間。

これが太ももには影響なく、おしりにだけ効果が出るとは思えない。
いっしょにやった腕立て伏せもまだ胸には現れない。
いったいどうなっているのだ。



ぐぎゃぎゃー!
おしりが痛い!
仰向けに寝ていて、起きるために横に体重移動しただけで昨日の数倍の尻のほっぺたが痛い。
それでも何とかベッドから立ち上がる。

うぎゃぎゃー、太ももが―!
さっき、階段をヨチヨチ降りてきたところだ。
この尻痛、トイレに座るのがとても辛い。

やっぱりスクワットだったのだ。
しかもあれは、筋肉痛の助走、前奏曲、食前酒だったのだ。
今日のがピーク。
あたたたたー





↑ということは明日広背筋が大変ってことだけどクリックしてね。





介護が必要