健康

ここでは、健康 に関する情報を紹介しています。
最近、腕立て伏せをあまりしていない。
私がヒマなのがバレていろいろ細かい仕事が増えてきたのも理由のひとつだが、
やはりレベルアップのために回数を増やすのが限界に来ているのだ。
準備運動+20回×5セット×2種類になっていたが、時間がかかりすぎる。
やはり重量で負荷をかけなければこれ以上筋肉も大きくならないだろう。

そんなわけで、ちょいちょいだがジムに行くようになった。
私が一人で行くのは、以前通っていた市のトレーニング施設だ。
1回200円で時間無制限。
古いけれども各筋肉ごとのトレーニングマシンがそろっている。

もう一つのジムがMえと行くサンアリーナのジムだ。
ここは民営なので、6時~9時で400円もする。
しかもパワー系のマシンが少ないので、胸筋を鍛えるのは鉄アレイになる。
でも、新しくてきれいで、ウォーキング系のマシンは豊富だ。
ちなみに、Mえと行く、と書いたが、今回でまだ3回目だ。


たとえ2回でも先に行っていれば、初めての人よりは先輩だ。
聞きたい人がいれば偉そうに教えてあげる。
いつもの居酒屋のバイトKちゃんが医者に足を鍛えろと言われたらしく、
我々が鍛えている話に興味を持った。
Mえに説明してもらい、衣装をそろえる決心をしたようだ。

先日いつもの居酒屋で会った時、一緒に行こうと話がまとまった。
私とMえ、Kちゃんとその友人のQちゃん。
そして以前から行きたいと言っていた坊主頭Fを誘うことにした。
とはいえ、雁首そろえてぞろぞろ行く必要はない。
時間も決まっているので、日にちだけ決めて現地集合となった。


サンアリーナはちょっと人里から離れている。
なので私はいつもMえに迎えに来てもらっている。
この日も私がはるちゃんの電気椅子に行くので、そのスーパーまで来てもらうことになった。

段取りをLINEでやり取りしていると、Qちゃんから連絡が来た。
家族に急な病人が出て、今回はご遠慮となったらしい。
次にFから残業で行けないと連絡が来た。
Mえと私はこう思っていた。

「Qちゃんが来ないならKちゃんも来ないな」

たぶんKちゃんの「靴が見つからない」というのはサボるための布石だろう。
念のため、KちゃんにLINEを送っておく。
すると、家族の夕食を作ってから行く、と返事が来た。

私たちがジムに着いたのが7時。
電気椅子の後、飲み物を買ったりシュークリームを食べたりしていたからだ。
遅くなった分、早く筋トレをしたいのだが、Mえにいろいろ付き合わされる。
未来の機械みたいなウォーキングマシンをやっているとKちゃんが来た。

もう8時過ぎ、前回なら帰った時間だ。
しかし、ここでKちゃんを捨てて帰るわけにはいかない。
私とMえはKちゃんに付き合う決心をした。

Kちゃんが靴を取り出した。
スポーツ店の袋に入った新品だ。
まさか買ったのか。

「Qちゃんのを借りたの」

Qちゃんが来ていたらどうするつもりだったのか。






↑9時過ぎに帰ってそうめんとごはんと柿の種でビール飲んじゃったけどクリックしてね。





徒歩通勤の方が楽
スポンサーサイト
こんな駄ブログでもやはり毎日続けているといいことがある。
それが全く個人的な、一週間の予定だったり、飲みに行った話だったり、
どこで誰と会っただとか掃除しただとか調子悪くなっただとかでも。
あとで読んで、ああこんな事になったんだったと思い出すことができるのだ。


朝、寝苦しくて目が覚めた。
寝方が悪かったのか体が痛い。
どこが痛いのか手で探っていくと、左の耳の下だ。
触れただけで腫れているのがわかる。
こ、これはまさか……

起きてきてさっそく自分のブログで検索をしてみる。
もちろんワードは『おたふく風邪』だ。
覚えている人もいることだろう。
二年前の夏、私はとても中途半端なおたふく風邪になった。

そのときの記事を読んでみる。
まず頬骨の辺りが痛くなり、その後左耳の下が腫れたと書いてある。
会社に行ったら口数多子に、
「おたふく風邪じゃないの? 今流行っとるよ」
と言われて医者にいったのだ。

人のうわさやネットで調べたところ、この後恐ろしいことになると知ってビビっていた。
両方の頬が痛くなり、高熱が出て、睾丸が腫れあがって苦しむというではないか。
いわば恐怖の前説みたいなものだ。
検査結果は後になるが、医者でもおたふく風邪だろうと診断された。

これがとんだ肩すかしだった。
熱は出ず、腫れはこの日がピークで徐々に治まって行った。
数日で腫れが引いたので出勤するようになり、
その後検査結果を聞きに行ったら、おたふく風邪の数値が上がっていないという。
でも、症状からおそらくおたふく風邪だったはず、ということだった。


そして今日のこの症状だ。
前回はそりゃおたふく風邪だと思った。
でも、今度は疑っている。
なぜなら、おたふく風邪は一度きりのはずなのだから。
おたふく風邪慣れなんてことありえない。

二年前のブログを調べたあと『耳の下が腫れる』で検索してみた。
出てくるのは、ほとんど『耳下腺炎』だ。
これはおたふく風邪の事なのだが、別の物があることを知った。
それは『反復耳下腺炎』というものだ。

片側しか腫れず、熱もあまり出ず、数週間から数年周期で繰り返されるのだそうだ。
もうこれやん、と思った。
これはおたふく風邪とは原因が違うらしい。
ウィルス性じゃないならうつる心配がない。
おできと変わらないということだ。

が、そうなると問題がひとつある。
前回のもこの『反復耳下腺炎』だったとしたら、
私はおたふく風邪未経験者ということになるのではないか。
だとしたら、今回のがおたふく風邪でないとどうして言えるのか。

でもまあいいや。





↑左耳の下以外健康なのでクリックしてね。






塗り薬にしなさい
Mえから突然LINEが来た。

「なあ、ジム行かへん?」

ジムは私も行きたいとは思っていたのだ。
やはり腕立て伏せばかりでは鍛え方が限られてくる。
前回は金曜日、腕立て伏せとフォークリフトでの体引き付け運動をした。
中二日はいいタイミングだ。
よし行こう。

ただし、はるちゃんの電気椅子の後だ。
我々の行くサンアリーナのジムは、夜の部が6時からなので慌てても仕方がないのだ。
電気椅子をおこなっているスーパーで待ち合わせることにした。
スーパーまで歩くのがちょうどいい準備運動になりそうだ。


チケットを買って更衣室に荷物を置き、トレーニングルームの前で待ち合わせる。
はて? 入口から見えるマシンの配置が以前来た時と違うぞ。
自転車こぎマシンはあんなに入口まで来てなかったはずだ。
これは何か新しいマシンが導入されているかもしれない。

Mえが来て一緒に入室すると、真正面にそれがそびえたっていた。
ボルダリングの壁だ!
つまりあの、壁にいろんなイボを取り付けてよじ登るやつだ。
下に敷いてある分厚いマットは、はるちゃんの電気椅子コーナーより広い。

壁はオレンジの地に5色のイボが取り付けられている。
その色によって難易度が違うらしい。
高さは身長の三倍ぐらいだろうか。
こんなに目立っているのに、誰もやっている人はいない。

「やりたーい」
とMえが言う。
腕立て伏せを一回もできないやつには無理だ。
それに周りに柵があるということは別料金に違いない。
ちょっと観察してみよう。

筋トレを少ししては、休憩のふりをしてそのコーナーに近寄ってみる。
やはり別料金が300円かかる。
それとは別に、ボルダリングの日というのがあるらしい。
その日は700円で指導してもらえるようだ。

おそらくだが、我々おっさん世代は、このボルダリングに自信があるはずだ。
というのも、子供時代にどんなところでもよじ登っていたからだ。
崖やら木やら廃屋やら、ともかくわずかな手足がかかるポイントがあれば登った。
たぶん、ボルダリングを発明したのも我々世代のおっさんだと思う。
高いところは怖いが、私もこれはちょっとやってみたい気がした。

しかし、手を出す前には観察をしておくものだ。
とんでもない注意書きを発見した。
「専用の滑り止めチョークを購入の事」
これが1200円もする。
一回で使い切りのはずはないから、やり始めたら通う羽目になるのではないか。

そんなわけで、私もMえもオレンジの壁を指をくわえて見ていた。
だから怪我をせずに済んだのだ。





↑直線に並べると、
 ジム>Mえの家>私の会社>スーパー>私の家
 という配置を行ったり来たりしたのでクリックしてね。






目がチカチカする
ちょっとナニな話題で申し訳ないが、いつもの居酒屋である女の子の胸の話題になった。
あるおっさんが「もうちょっと大きければ」的な発言をしたのがきっかけなのだが、
これに他の女子たちが猛反発した。
「あの子は大きい」と言うのだ。

私も正直なところ大きいとは思っていなかったのだが、
ちづるに訊いてみたら、
「体が細いのに胸の大きい子だと思っていた」という。
この「体が細いのに」がネックになっているのかもしれない。

実際はDカップなのだそうだ。
これを聞いて男子はビックリ、女子は納得だ。
たぶん男子と女子で見るところが違うのだろう。
男子は胸囲として見て、女子はカップで見る。

その子は細くて「あばら骨が小さい」といっていいぐらいに見える。
だから、男子は胸部が小さいと判断したのだろう。
女子はあばら骨からの差で考えるようだ。
なにしろ男子はカップになじみが無い。


この男女の視点の差が私にも起きているらしい。
私は徐々にではあるが体重が減りつつある。
通勤で歩き、週二回程度の筋トレをし、野菜を中心に食べている。
週6で通っているはるちゃんの電気椅子も代謝が上がる効果があるそうだ。

女子はちゃんとわかってくれているようで、何人かに「痩せた?」と言われた。
おそらく彼女たちは「どうやって?」に興味があるので敏感なのだろう。
ところが男どもは「おまえまた腹が出ただろう」などと私を誹謗中傷する。
筋肉が付いて体重が減っているなら絶対にお腹はヘコんでいるはずだ。


女子は私の顔を見ていたようだ。
あごの辺りがスッキリした、と言われる。
女子の痩せ太り判断ポイントはそのあたりのようだ。

男子は言葉の通り腹を見ている。
実は私自身も、体重が減ってどうしてお腹がへこまないのだろうと不思議に思っていた。
むしろ、ベルトから肉がはみ出してきたような気がするのだ。

もっとよく観察してみると、なんとなく見当が付いてきた。
どうもみぞおちあたりからヘソにかけては肉が減っているように見える。
腹筋とまでは言えないが、縦の線がうっすら影のように現れる。
なのにその下がだらしなくたるんとしているのだ。

なるほど、お腹周りの脂肪の総量は減っているのだ。
残りの脂肪が下の方にまとまってあるので、そこだけが出ているように見える。
なにしろ今まであれだけの腹肉が入っていたのだから、皮にはたるみができるだろう。
大きな袋の中身が減って、残ったものが横に広がっている感じなのだ。

よし、これでちょっとやる気が出てきた。
今まで通りのカロリー消費に精を出し、カロリー摂取には気を付けよう。
そして、居酒屋ではおもに女子と一緒にいよう。





↑こうなると精密な体脂肪計が欲しくなるんだけどクリックしてね。






良い傾向だ
ともかく野菜をドカドカ食べている。
今、基本はキャベツだ。
だいたい週に一個ずつ。
一回に4分の1ほどを刻んでボールに入れる。

次に多いのがニンジンだ。
一本を千切りにしてキャベツのボールに入れる。
あとはそのときの気分で、大豆だったりコーンだったりヤマイモだったり、
残ったスナックエンドウなんかを入れて大サラダにする。

味付けはほぼ二種類。
ポン酢か、塩コショーにオリーブオイルだ。
これをただひたすらかき混ぜ、朝食夕食を作りながらバリバリ食べる。
以前はシーチキンや鶏ハムなど、動物性たんぱく質をプラスしていたが、
最近ではたまにしか入れなくなってしまった。

もちろんお昼はこのサラダと魚肉ソーセージだ。
250mlのタッパーに入るだけ詰め込んで会社に持って行く。
先日、ショックなことがあった。
ボールで味付けをせずに、生野菜をタッパーに入れてからポン酢を掛けた。
で、お昼になってふたを開けたら、量が減っているではないか。
あの日の午後は辛かった。

そう、減ってなくてもこれだけのお昼だと当然お腹は減ってくる。
ただ、食べたすぐはけっこう満足できている。
おそらくたくさん咀嚼しているからだろう。
私はあわて食いの丸飲み派だ。
キャベツはどうしてもよく噛むので満足感があるらしい。


こんなことを自慢げに公表しているが、朝はたっぷり食べているし、
夕食は肉魚を食べ、お酒を飲んでいる。
もらったおやつや、たまには豆的おつまみを食べたりしている。
それでもどうやら少しやせてきたようだ。

体重はやや減だが、ベルトが緩くなってきた。
当てにならない体重計の数値だが、体脂肪率もさがりつつある。
徒歩通勤や腕立て伏せ、腹筋運動が報われつつあるのだ。


今、体は変化期に来ているのかもしれない。
こんな食生活だから、お腹が減るとカップ麺やカレーパンを食べたくなる時がある。
それとは別に、お腹が減った時、無性にキャベツを欲することが増えた。
ああ、シャリシャリ食べたい、咀嚼したいという欲望だ。

例えば徒歩出勤で体が温まっていると、
このまま腕立て伏せしたい、とか、腹筋したいと思うことがある。
筋肉が動きたがっているのだ。
となるとこの「キャベツシャリシャリしたい」願望はそちらに近いのではないか。
食欲ではなく『あごを鍛えたい』という気持ちになっているのではないか。

あご運動でも痩せるのだろうか。
かといって、あごがムキムキになるのもイヤだ。
豆腐も食おう。





↑お肌が緑の人もクリックしてね。






別のキャラやん