エンターテイメント

ここでは、エンターテイメント に関する情報を紹介しています。
恵方巻の季節が終わり、いよいよチョコレート商戦が始まった。
この後、ひな人形やらランドセル、学習机の売り出しが始まるのだろう。
そしてその後に控えているのが、エイプリルフールなのだ。

このエイプリルフールという行事はとても変わっている。
世界的に有名なのに企業がこれに結び付けて何かを売ろうとしないのだ。
ただ、かなり早い段階からこの日に向けて準備をしているようだ。
おそらく何度も会議を開き、たくさんのアイデアを出し、予算を掛けてウソをつく。
儲けない代わりに、ひねりの効いた嘘で『センスのいい会社』を目指しているのだ。


そんな私も今ごろ面白いウソを思いついた。
私の場合、企業とは違うので会議や予算は掛けていなくて、
センスの査定は毎日受けているものだと思っている。
だからただウソをつくだけだ。

ただ、ウソというのは効果的につこうと思うと、いろいろな環境を整えなくてはならない。
タイミングや状況、誰がどんな格好で言うかまで考える必要がある。
発して「うそだーい」と言われるだけでは面白くない。
やはり、一ビックリあってからウソとわかった方がいい。

私の考えたウソはこの環境設定が難しい。
まず第一にエイプリルフールに言ったのではダメなのだ。
エイプリルフールに言うことは、たとえキャスターの読むニュースであっても、
「ホントかな?」という疑いが湧いてくる。
ともかく一旦は信じてもらいたいウソなのだ。

しかも、私が言ったのではダメだ。
もっと権威と地位のある人でないといけない。
それも並大抵の権威や地位では成立しない。
学校の先生やどこかの社長クラスではバカにされてしまうだけだ。

安倍首相でも無理だろう。
トランプは問題外。
プーチンや習近平、金正恩もふさわしくない。
だったら誰ならいいのか。

私はその方面に疎いのでちゃんとしたことが言えないが、
イメージ的には北欧当たりの王室や政府がいいのではないだろうか。
スウェーデンやノルウェーあたりの、そう、ノーベル賞に関わってるところがいい。
できれば科学者の偉い人が発表してほしい。

そのウソとは、

『核兵器を遠隔操作する機械を発明しちゃいました』

というものだ。
つまり、あなたの国の核兵器をこちらで爆発させられますよ宣言だ。
これを現実味のある状況で発表してもらえたら、
ちょっと今まで威張っていた国がざわつくんじゃないかな、などと考えて、
こっそりちづるのアーモンドチョコを盗み食いしつつ、ニヤニヤするのだった。






↑幼稚だってわかってるからクリックしてね。





遠隔操作してみた
スポンサーサイト
あっという間にもう二月だ。
年越しからも一ヵ月も経ってしまったのか。
ああ、あの頃はよかった。
一日はカレンダーと初もうでの写真、二日はねんがじょうのボツ絵で更新できた。
更にその後も、カレンダーの巻テープも使えたっけ。

となるとこの二月、あれを使わない手はないではないか。
そう、二月一日に公開したカレンダーのあの写真だ。
もちろんアレが一枚っきりのはずが無い。
当時私は撮って撮って撮りまくったのだ。

ちなみにあの時計人形は紙粘土製だ。
コネコネして乾燥させて色を塗った。
これがなかなか乾かなくてイライラしたものだ。


作りたて

私は色を塗るのがヘタ。
ほうら、針の部分を汚した。

ごまかし

こっちのアングルから見たら汚れがわからないぞ。

定位置

やっぱり白で塗り直した。
この辺でお判りかも知れないが、手も足と同じL字フックだ。
撮影角度でまっすぐな手のように見せようとしている。

幻想的

下から光を当ててみた。
ちなみに光っているのは、カレンダー描きに使うトレース台だ。

頭の影が

光がうまく当たるようにクッションに寝かせて撮ってみた。
あっ、手が!

キャンペーンか

懐かしのコラボ。
トケ井うちわと。

あー、飽きた。
ちなみに彼は今でも私の机のペン立ての前にいます。





↑外で撮影会しようと思うんだけどクリックしてね。






逆転
私が小学生のころ、UFOブームというのがあった。
テレビや雑誌では未確認飛行物体の写真や、
目撃談、宇宙人に誘拐された人の体験談などがたくさん紹介されていた。
今は第何次UFOブームなのだろう。
最近再びそういった番組が増えてきているようだ。

これは、番組や情報が増えているのではない。
UFOの飛来数が増えているのだ。
やってきているのは、はるか数億光年離れた古い惑星に住むシルバー星人だ。

シルバー星人は種族としての老化で絶滅の危機に瀕している。
そのため、他の種族から若い細胞や遺伝子を手に入れるために探索をしていた。
長い間宇宙をさまよい、やっとたどり着いたのが、
誕生してわずか数十億年というこの地球なのだ。

だったらなぜ、彼らは地球人と公的に接触を持たないのか。
彼らの科学力をもってすれば、地球人とのコンタクト、
あるいは、武力で侵略することもたやすいだろう。
なのにどうしてチラチラ姿を見せるだけで、目的の行動を始めないのか。

実は今、彼らは、
「え~と、ここに何しにきたんやったかな~」
って状態なのだ。


にゃー

○シルバー星人と誘拐された地球猫


すいません。
都合で朝からお風呂に入っていたので時間がなくなったのよ。





↑長くやってるとこんなこともあるのでクリックしてね。






いい天気
ちづるの予想通り、私は『ワニマ』が気に入った。
さっそくカラオケで歌ってみたいので一生懸命聴いている。
何しろ記憶中枢がアナログなので、ちょっとやそっとでは覚えられない。
昔、福原美穂の『優しい赤』を覚えるのに苦労したが、
最近スマホの履歴を見たら450回も聴いていたわ。

こんなだから、アルバムを繰り返し聴いているだけではどの曲も覚えられない。
歌いたい歌を一曲に絞らなければ無理だ。
通勤中に聴き続けた結果、やっと曲の違いがわかってきて、
とりあえず『for you』という曲を覚えることにした。

『for you』
そういえばずっと昔、私が『AI(あい)』の『for you』を覚えたくて、
スナックのママ子さんが『モンゴル800』の『あなたに』を覚えようとしていた。
「同じ意味やんけー」と笑ったものだ。

そういえば、といえば、最近調べた高橋真梨子にも『for you』があった。
確か宇多田ヒカルにもあったのではなかったか。
西川峰子のデビュー曲『あなたにあげる』だってある意味『for you』だ。
ひょっとしたら、今の音楽界は『for you』ダラケなのではないか。
これは調べて見なければならない。

とりあえず、私が気に入っていたアーチストを調べてみよう。
まず『エレファントカシマシ』は『to you』はあるが『for you』はない。
『スーパーフライ』は『see you』と『You You』しかなかった。

そうだ、ただ調べるだけでは面白くない。
これをゲームにしよう。
『for you』というタイトルの曲がありそうなアーチストを予測するのだ。
5人挙げて何勝何敗か争うのがいい。

AKBグループなんかありそうだが、最近はアルファベット三文字だけじゃなくて、
病院坂とか小豆洗坂とか、坂グループが多くて調べたくない。
エグザイル系も、三代目税取るとかオメガトライブとか多すぎる。

まず『ドリカム』なんかありそうではないか。
なかった。
三重県の星『西野カナ』はどうだ。
なかった。
ベテラン『サザンオールスターズ』は。
『to you』と『You』はあった。
『JUJU』なんてどうだろう。
『YOU』『with you』ならあるのに。
英語が好きな『浜崎あゆみ』でいこう。
ここも『You』だけだ。

0勝5敗。
ひょっとしてそんなにないのか『for you』
いろいろ検索してみたら歌詞サイトにキーワード検索があった。

TOKIO・尾崎亜美・DJ.OZMA・may.J・久保田利伸。
倖田來未・椎名恵・佐々木希・家入レオ……
いっぱいいるではないか。

あっ『エグザイルトライブジェネレーションズ』にも。
なんやそれ。





↑「あなたに」ってつもりでクリックしてね。






外か
『ワニマ』というバンドがいる。
きっと私が気にいるはずだと、ちづるが教えてくれたのだ。
どれ、一度YouTubeで聴いてみよう、と何度か思ったが、
そのたびに『タニマ』だったか『プリズマ』だったか『キリサキマ』だったか迷った。

そしたら、クリスマスにちづるがCDをプレゼントしてくれた。
わーい。
さっそくパソコンに取り込もう。
が、おかしい。
なんか簡単な方法があったはずなのに、それができない。

ちづるに調べてもらったら、音楽ソフトiTunesがないという。
ダウンロードしてあったソフトがある日消えているなんてことがありえるだろうか。
ともかくもう一度ダウンロードしてもらい『ワニマ』を取り込むことができた。
こいつはなかなか良い。
よし、徒歩通勤で音楽を聴くのに使っているウォークマンにも入力しよう。

さっそくパソコンにウォークマンを接続。
私のウォークマンはスポーツタイプで、左右の耳部だけで構成されている。
ウルトラセブンがが変身するとき「じゅわっ」と目に当てる道具があるが。
あれの耳版だと思っていただければわかりやすいだろう。
いや、我ながらこんなわかりにくい例えがあるかと腹が立ってきた。

ワニマは無事ウォークマンに取り込まれた。
ただ、フォルダを作らずに二枚入れたので順番がごっちゃになってしまった。
こいつは入力すると勝手に順番に並べる癖があるのだ。
フォルダを二つ作って、アルバム別に分けているとき、
突然ウォークマンが「いや」と言ってパソコン画面から消えてしまった。

以前もこんなことがあった。
接触不良で接続できなくなってしまうのだ。
充電器との接合部を拭いたりはめ直したりしてみたが動かない。
ちょっと心配になって電源を入れてみた。
なんの反応もない。

死んだ。
あれは2013年の夏、前のを修理に出したら交換となり、
出たばかりの新バージョンにしてもらったのだ。
4年、アウトドアな精密機器としたらよく頑張った方ではないか。

それはいいとして、徒歩通勤に音楽は必要だ。
もう一度ウォークマンを買うか、別の音楽機器を買うか、
あるいはスマホで間に合わすか。
スマホを使うなら、ブルートゥースのヘッドホンが欲しい。
線がビロビロしているのはいやなのだ。

いろいろ考えた挙句、一番安いヘッドホン案に決定し、早速買ってきた。
充電して試してみたらとっても具合がいい。
やあ、良い買い物をした。

が、やっぱり気になるウォークマン。
ちょっと電源を入れてみる。
生き返った。
そういうやつなのだ。





↑新ヘッドホンはアラームだけスマホから鳴るんだけどクリックしてね。






ボリュームに注意