fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

収穫と消費を急げ

10時ごろ仮眠から目覚めて畑に行った。
もっと早く言ったらたくさん仕事ができるのに、と思うあなた。
年齢のせいか、そのぐらいがマイリトルボーコーのリミットなのだ。
以前なら物陰に隠れてできたのだが、お隣には家が建ち、
草むらは開墾されて家庭菜園が始まった。
ま、このぐらいで帰った方が体も楽だ。

この日はサトイモの跡に、百均で買った小松菜とチンゲンサイを蒔いた。
蒔き時は3月上旬から、となっていたが暖かいからいいだろう。
これでサトイモのあった畝は、買ってきた種イモのジャガイモ、
秋に収穫した中でこつぶだったじゃがいも、ホウレンソウで埋まった。

それ以外は、葉っぱを落としたダイコンがまばらに残っている2畝、
スナックエンドウの1畝のほかは天地返しをしてある。
これからは休みごとに少しずつ耕していかねばならない。
気温が上がってくれば、マイリトルボーコーも長持ちするようになるだろう。

植え付け完了

ダイコンを2本収穫して帰宅。
もちろんトイレに行ってからだが、家の裏にあるサトイモを十ほど洗う。
これはこの日の夕食用だ。
花壇のカブも7つほど収穫した。
食べるものが採れるというのはありがたい。


夕方、種といっしょに百均で買ってきた金ダワシでアウトドアな網を洗う。
これは年越しの時に伊勢神宮で餅を焼いたやつだ。
ちょっと錆びているところがあったので、磨いて片付けたいと思っていた。
それが一か月半も放置されていたということだ。

サトイモの皮を剥いて厚揚げと白だしで煮る。
鍋を火にかけてから、カブの皮を剥く。
こちらは鶏肉と麺つゆで煮る、つもりだったのだが、
麺つゆが足りなくて白だしをプラスした。
同じようなものが2種になってしまった。

あと、寸胴鍋に作った野菜ズープがある。
これは具が少なくなっていたので、モヤシと豆腐を足した。
だしだけで味付けはしていないので、アクセントにおろししょうがも入れた。
あとはスーパーで買ってきた鶏肝と海苔巻きだ。
この布陣で夜のお笑い番組に備える。

食物繊維はたっぷり。
コンロは鍋でみっちり。
野菜くずはどっさり。





↑花壇は菜の花畑になるかもクリックしてね。





三種
スポンサーサイト



[ 2024/02/18 07:08 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(3)

天地が変わるシーズン

日曜には母の施設に面会に行く予約を入れていた。
幸い、と言ったらおかしいが、天気予報は雨なので、どっちみち畑には行けない。
なので土曜に働いておくことにした。

冬の畑はもう終盤に入っている。
ホウレンソウは黄色くなってしまったし、山東菜も咲きたくてうずうずしている。
ダイコンは最終種蒔き分がまだあるのだが、そろそろ〝ス”が入ってきた。
もうおすそ分けには使えない。
サトイモもどの株もちいさいのだけど、水不足で縮んだのだろうか。

収穫

一応収穫をした。
ダイコンもおろしだったら食べられるだろう。
サトイモも数株残っているはずだが、掘ってみないとあるかどうかわからない。
ホウレンソウは全部刈って捨てた。
山東菜はジャマじゃないのでそのままだが、今度処分しよう。

で、しなければならないのは天地返しだ。
スコップで土をひっくり返していく。
なんでも冬の寒い時期にこうすると、土が冷気に当たって殺菌できるそうだ。
とはいえ、この冬は暖かいから効果があるだろうか。
どのみち、耕すためにしなければならないことだ。

作業

一息ついていると電話がかかってきた。
母のいる施設からだ。
入所者で発熱した人が出たので面会中止になったらしい。
10日ぐらいは閉鎖になるそうなので、あたらめて予約を入れねばならない。

急遽、日曜が空いた。
ついでに天気予報を見てみたら、日曜の雨が無くなっているではないか。
よし、明日も畑作業の続きをしよう。
やろうと思えばすることはいくらでもあるのだ。

「こんにちは」ととなりの畑の人に声を掛けられた。
私が天地返ししているのを見て「ジャガイモですか?」
そうか、ジャガイモを植える季節か。
よし、サトイモを掘った後に植えてみよう。
ジャガイモの収穫後にサトイモを植えればタイミングがいい。

帰宅して、お昼を食べた後、ホームセンターに行ったら種イモ市になっていた。
秋に植えた品種は忘れてしまったが、ちづるのお気に召さなかったらしい。
確か売れ残りを見つけて、スキマがあるから植えてみたのだ。
そしたら出来が良くて重宝したのだ。
明日、さっそく植えようと、男爵の種イモと肥料を買った。

夜、寝落ちから目覚めたら、雨降っとるやないかい。





↑雨は止んだみたいだけど夕方植えられるかいなクリックしてね。





天地
[ 2024/02/04 08:36 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)

地下組織との戦い

三連休初日、10時前に畑に行った。
目的は草取りだ。
と言っても、生えた雑草を毟ったり抜いたりするわけではない。
もっとハードなやつだ。

実は私の畑は、以前はもっと広かった。
土地が取られてしまったわけではなく、野菜を植えられる部分が減ったのだ。
畑の入り口側には野菜くずを捨てる穴があり、その手前まで畑だった。
それが今では、その横に車を停めることができるようになっている。

隣の空き地に家が建って、前の農道に駐車できなくなったのもあるが、
本当は雑草が地下で繁殖し、畑部を侵食しているからなのだ。
地下でやつらが伸ばしているのは根ではなく、地下茎という触手だ。
それを四方八方に網の目のように伸ばし、あちらこちらに草として生える。
だから生えている草を抜いても、どんどん広がっていくのだ。

これを何とか駆除したい。
完全にはいかなくとも、やつらの勢力を抑えたい。
そのためには、クワで土を塊で掘り起し、それをクワの背で砕き、
中の地下茎を手で取っていくしかないのだ。

その植物は2種類。
ひとつはススキのようなやつで、ササのように太くて丈夫な地下茎で、
もう一つはタマリュウみたいで、細くてところどころに球根を作る。
この真逆の2種類を掘っていく。

取った地下茎は野菜コンテナに溜め、踏み固めてブロック状にし、
畑の奥、水路との境目に土手のように積む。
下には古くなった竹を敷いてあるので、地面には接触できずに枯れるはずだ。
万が一生き延びたとしても、そこだったら地下茎が土手を補強するだろう。

根っこ取り

それにしても作業は遅々として進まない。
この日は畑の左側を奥に向かって進んでいったのだが、
1時間作業して、奥行きの3分の1も行かなかった。
ううむ、やはりやつらは手ごわい。
だからこそ、他の農作業の少ない冬の間に行うのだ。

春の植え付けまではこの作業を続ける予定だ。
できれば車を停めているスペースギリギリまで畑部を広げたい。
普段歩いているところだから、土は踏み固められていて硬く、
さらに地下茎がみっしり通っているのでクワを打ち込むにも力がいる。
最初はヤッケを着ていたが、すぐに暑くなって脱いでしまった。
それほどの重労働なのだ。


なのにとても悔しいことに、この運動は『フィットネス』は感知しない。
こんなにしんどいのに70歩しか歩いてないことになっている。
確かに進んでないのだから歩いてはないだろうけど、
消費カロリーはもっといっとるだろう。
あー、地団駄踏みたい。






↑トイレが近くなってるので一時間で帰って来てしまったよクリックしてね。




しんみり
[ 2024/01/07 07:25 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(5)

ダイコン感謝の日

木曜日というステキなタイミングに〝勤労感謝の日”という名目でお休み。
特に仕事はないのだけど、10時前に畑に行く。
どうせ金曜に出勤したら土曜にまた来れるのだ。
天気が良くて暖かくて居心地がいいのだけど、さてなにしよう。

そうだ、いつもの居酒屋の常連〝某氏”にダイコンとサトイモを届けてやろう。
まずはサトイモを一株掘り、洗って干しておいた。
いい感じの大きさになったコカブを収穫、これは誰かにあげるかウチで食べるか。
ホウレンソウを一回分、こいつは土曜のトーストの友にしよう。
おっと、最終で蒔いたダイコンの畝は間引きしておかなくては。

某氏用にダイコンを2本採る。
そうだ、昨日王将を払ってくれたN岡にもダイコンをやろう。
と思って2本抜いたのだけど、今日は家にいないとか言ってたんじゃなかったか。
よし、あと2本抜いて会社のみんなに明日持って行ってやろう。
某氏の分だけ家に届けて、あとは家に持ち帰った。

いろいろ採った

お昼は定食屋でチャーシューメン、その後本屋とスーパーで買い物。
帰宅して読みかけの本を読み終わり、ホットカーペットで仮眠。
夕方、台所に立つ。
ヘッドホンのBGMはあいみょんとBISHだ。

寸胴鍋にお湯を沸かし、まずは間引きのダイコン葉を茹でる。
おひたし、はもう飽きたから、ちくわを入れて母のよくやっていた味噌和えにしよう。
空いた寸胴でダイコンと鶏肉を煮始め、その間にコカブの葉っぱを始末する。
懐かしの漬物容器を出してきて、カブの葉と昆布と塩を入れて締める。
カブとほうれん草はビニール袋に入れて冷蔵庫に。

そしてダイコンおろしを大量に作る。
今日は久しぶりの『プレバト』の日なのでカツオのたたきを買った。
私が一番好きなカツオのたたきを提供してくれるお店は、たたきがダイコンおろしで和えてある。
そのダイコンおろしにポン酢が浸み込ませてあり、薬味もたっぷり混ぜてあるのだ。
ああ、ダイコンが成長して、ついにアレを我が家で実践できる日がやってきたか。

洗い物を減らすため、味噌和えを作ったボウルにダイコンおろしとタタキを入れる。
刻みショウガ、みょうが、ネギ、ポン酢を入れて混ぜる。
必ずおいしいはずだが、見た目が最悪の料理が出来上がる。
鶏大根、間引き菜の味噌和えの他、焼き鳥と助六で誕生日みたいだ。
『プレバト』が始まる20分前から晩餐が始まった。

あああ、なんてうまいカツオのたたきのだいこんおろし和え。
ただし、おろしで薄まってしまうものだからついニンニクを多めに使ってしまい、
新品だったチューブニンニクがほぼカラになってしまったことは、ちづるにはないしょだ。






↑今日は会社の人にダイコンを持ってくから車出勤よクリックしてね。




伸びるよ
[ 2023/11/24 06:58 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)

夕食はオンパレード

先週の土曜、サトイモの初掘りをしてみた。
一番端っこの大株をクワでほりおこしたら、あら立派なサトイモ。
一株で小バケツに半分以上ある。
おすそ分けもしたいのだが、初物はまずは我が家で食べるのだ。
小ぶりなやつを皮ごと茹でて『キヌカツギ』だ。

キヌカツギ

三本指でつまんでぎゅっと圧を加えると、中身がぬるりんっと飛び出してくる。
こいつに甘味噌をつけていただく。
あーうまいーうまいー、だからサトイモはたっぷり植えちゃうのだ。

ダイコン

この土曜にはダイコンを一本だけ抜いた。
夕食に、葉っぱはみそ汁、そしてダイコンの半分はダイコンおろしにした。
おろしの相方は、ジャコにしようか焼きあげにしようかと思ったけれど、
お惣菜で買ってきた唐揚げに乗せて食べてしまった。
うまいーうまいー


日曜は法事があったので夕方畑に行った。
この日の初収穫はほうれん草だ。
育ちすぎているので、売ってるのと比べると大きくて分厚い。
帰宅したら花壇のコカブが混み過ぎている。
間引きしよう。

この日は買い物に行ってないから、夕食はあるもので作らなくてはならない。
先週の残りのサトイモと、昨日の残りのダイコンを鶏肉やこんにゃくと煮た。
コカブの間引き菜はサッと湯がいておひたしだ。
ホウレンソウはベーコンとソテーにした。

夕食

うまいーうまいー、煮たダイコンとサトイモ、やらかいー
コカブのおひたし、今日はゴマ油かけたら、合うー。
ホウレンソウ、肉厚ー、ステキー。

これが飽きるまでつづくのだ。






↑冷凍室には刻んだゴーヤがたっぷりクリックしてね。




今重い
[ 2023/11/13 06:43 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム