FC2ブログ

世間話

ここでは、世間話 に関する情報を紹介しています。
「この中から好きな物を選べ」的なカタログが届いた。
どういう理由でそれがもらえるのかは聞いたが、忘れてしまった。
ともかく、そのカタログを読んで欲しいものがあれば主張せよ、ということだ。
どれどれ。

最初の方にはちょっと特別扱いされた感じの商品が載っている。
なにしろ見開き2ページに一品だ。
オススメなのか、新製品なのか知らないがグイグイ推してくる感じだ。

しかし残念なのがそのラインナップ。
アクセサリー、コーヒーメーカー、旅行用トランク、鍋、掃除機、毛布。
私に興味のないものばかりだ。
鍋にチラッと心が動いたが、今わが家は鍋だらけなのだった。

続きは、こないだまでトップページグループだったものなのだろう。
片側1ページに一品ずつ。
オーブントースター、傘、フォンデュ鍋、財布、リュックサック。
一つだけ興味を持ったのが、車を洗うのに便利そうな脚立だ。
だが、私は車を洗わない。


そこからキッチングッズのコーナーになる。
おそらく、このカタログの中で、私が興味を持つベスト3ぐらいに入るジャンルだろう。
あっ、電磁調理器だ。
これを会社に持って行けば、機械の裏でお昼に湯豆腐を食べられるではないか。
と思うのだが、使うのはあと一ヵ月ぐらいだろう。

その後、あまり面白くないページが続く。
家具の手合いは邪魔になるだけだ。
和風の小引き出しは魅力的だが、どこに置き、何を入れるというのだ。
障子張りの屏風もおもしろいけど、それに隠れて腹筋するのか。

とても興味のあるページに来た。
アウトドア&フィットネスだ。
なんでこの2ジャンルがひとくくりなのだ。
なんでペラペラッで終わりなのだ。
で、私が欲しいと思ったハンドル付きステッパーは却下なのだ。


やはり後に残るものは良くない。
壊れるか使わないか邪魔になるのだ。
その場で足踏みをするためのステッパーなどその代表格だ。
あとくされのない食べ物にしよう。

肉、蟹、果物、酒、B級グルメ。
ちづると話し合ったがなかなか決まらない。
お互いが押し付け合う感じになってしまうのだ。
自分で決断して、送られてきたものがガッカリだったら断罪されそうではないか。

なので、米はどうかという話が持ち上がった。
あまり楽しくはないが、一番の必需品だ。
それでもいいと思う。
どうせ届いた時、なんでそんなものが送られてきたか覚えてないのだから。






↑私が本当に欲しいのはタブレットの説明書だけどクリックしてね。




他のページが見たい
スポンサーサイト



2020年いぢわるカレンダーできてないけど受付中。

     ※

やっぱり片手鍋が欲しい。
去年あの雪平鍋を捨てたのは失敗だったか。
でもあれは取っ手が緩んでいて、ラーメンなんかを丼に移そうとすると、
カクッとなってこぼしてしまうのだ。

とはいえ、今二つある片手鍋はどちらも小さすぎる。
インスタントラーメンが入らないのは致命的だ。
だからステンレスの方は『ゆで卵用』、アルミの方は『一人みそ汁用』だと思っている。
それはそれで必要なものだ。

あの雪平鍋を捨てたのは、鍋が渋滞してきたからだ。
去年、坊主頭Fが大きな鍋を二つくれた。
これはセットになっていて、小さい方を丸ごと大きい方に入れると保温調理ができる。
ガス代節約になるから喜んでいた。

しかしこの大きい方が、鍋として使うとなると寸胴鍋と役割がダブる。
どちらかを使うなら、洗いやすい寸胴にしろとちづるには言われているのだ。
だからといって大きい方を処分してしまっては保温調理ができない。
コンロの下の収納はいっぱいになってしまった。

大きな鍋はあと三つ。
わが家で鍋をするときのアルミ鍋とトウモロコシを茹でるときのホーロー鍋。
そして、去年無印良品で衝動買いしたもつ鍋用の浅い鍋。
これが二人で鍋や湯豆腐をするのにちょうどいい。

だからアルミの鍋用鍋を処分しようかというと、ちづるは反対する。
どうやら、私のお気に入り鍋とちづるのお気に入り鍋が一致しないようだ。
なにしろ私は作りやすさ、ちづるは洗いやすさで考えているのだから。


一番活躍しているのは、毎日味噌汁を作っている両手鍋だ。
これが処分した雪平鍋と同じぐらいのサイズだったので、役割がカブっていた。
今度、雪平を買うのなら、これとゆで卵用の間ぐらいのサイズが欲しい。
夕食で食べきってしまうぐらいの量のサトイモを炊けるぐらいの大きさのが。

で、ちょうどいいのを買ってしまった。
買ってしまった、などと後悔している感じに描いているが、これが一番便利だ。
ただ、やはり鍋が多過ぎる。
収納で鍋渋滞が起きている。


やはりアレを処分する時期が来たか。
一時期私が愛用していた鉄のフライパンと中華鍋を。
一昨年買い換えたガスコンロが三口とも熱センサーが付いていて、
表面がお手入れのしやすいガラス製になっている。
これは暴れ料理になりやすい鉄鍋には向いていない。

中華鍋が一つとフライパンが大小二つ。
錆びないように油を敷かなければならないし、使う時にはその油を取らなければならない。
めんどくさくて実際もうずいぶん使っていない。
鉄ならいつでも処分できる当てがある。
どうしよう、捨てようか。

でも、鉄のものを処分するのなら、あのキャンプ用ダッヂオーブンはどうしよう。





↑部屋にある飯盒なんかもクリックしてね。





くっつくならベルだろう
そろそろ自転車通勤を始めよう、と思って自転車を見てみたらパンクしていた。
今度は前輪だ。
後輪がパンクした時、自転車屋さんにこう言われた。

「中のチューブがズタボロだったので交換したが、外側のゴムもかなり傷んでいる。
 おそらく前輪も同じ状態だろうから、近いうちにダメになるだろう」

そのぐらいシロートの私が見てもわかるわい、と言えるぐらいタイヤは悪かった。
で、そのときが来たようだ。
タイヤ自体を替えるとなると、前輪だけでは済まないだろう。
じきに後輪もアウトになる。
両輪替えるお値段で自転車が買えるのではないか。

考えてみれば、他の部分もずいぶん傷んでいる。
ブレーキは絹を引き裂く断末魔の悲鳴を上げるし、
以前、自分でパンクを直そうとして以来、後輪は謎の摩擦音が止まない。
サドルには百均のカバーが掛けてあるし、金属部はすべてさびていると言っていい。
つまり、自転車自体の買い替え時期が来ているのだ。


自転車を選ぶとき、ちづるには三つの条件がある。
スタンドは斜めになるやつじゃなく、まっすぐ後ろに引いて立てるやつ。
ライトは前輪に内臓されていて自動点灯するやつ。
もう一つはなんやったかいな。

「いやいや、自分の好きなのを買ってくれたらええんやからな」

つまり、家計子さんからは一銭もでないということだ。
となるとここは悩みどころだ。
私は先日タブレットを買ったばかりで貯金が減っている。
しかもあのタブレットは充電だけして、なんの設定もできてない。
ここは少しでも安く抑えたい。

ホームセンターで一番安いのは1万円だった。
が、見れば欲しくなるような自転車があるものだ。
中でも魅力的な売り言葉は『ノーパンクタイヤ』だ。
パンクがなければ今回のように買い替える必要もないのだ。

とはいえ、やはり好みの形というのもある。
自転車屋さんに行ったら、ライトがセンターにあるレトロなのがあった。
幅広タイヤで安定感のあるミニサイクルもいい。
小型なのにスポーティーなのは都会的でカッコいい。

さあ、値段か、性能か、形か。
と考えているうちに誰かくれないか。






↑私はハンドルがまっすぐなのがいいのだけどクリックしてね。




少しは見せておかないと
良い気候だ。
晴れれば空はどこまでも澄み、暑くもなく寒くもなく、温かくて涼しい。
一年で私が一番好きな季節だ。

しかしやがて寒い冬や、花粉の飛ぶ春、そしてマラソンもできないような灼熱の夏がやってくる。
ちづるが思い立った。
数年前に故障して放置してあったリビングのエアコンをなんとかしよう。
つまり、新しいのに買い換えようというのだ。
この暑くも寒くもない季節は、エアコンが最も安い季節でもある。

近いうちにちづるの知り合いの電気屋さんが来てくれることになった。
となると部屋の片づけをしなければならない。
ふと見回せば、リビングは災害レベルの散らかりようだ。
このホノ暖かかったり、ウスラ寒かったりする季節は、最も部屋が散らかる季節でもある。

仮眠を摂るのにタオルケットを出したけど、やっぱり毛布が欲しくなったり、
部屋で羽織るのにチャンチャンコを出したけど、綿入れが恋しくなったり、
夜お出かけするのに、上着をアレやコレやと物色したり、
車通勤用と自転車通勤用と仕事中用と昼寝用の衣装が必要になったりする。
それらがなぜかすべて床にばらまいてある。

洗濯する物は洗濯カゴへ、着るものはハンガーへ、毛布類はたたんで片づける。
なぜそれが毎回そのときにできないのか。


もう一つ部屋を散らかしているジャンルがある。
坊主頭Fがクレーンゲームで獲ってきた景品だ。
本当にこんなものが獲れるのか、と思うようなラインナップだ。
スピーカーが3つに加湿器が2台に薄型タブレットが2台。
監視カメラに水中撮影用カメラに札束クッションにアウトドアツール。

いくつか使ってみたが、さすがは安物ポンコツだ。
スピーカーと加湿器を1台だけ残して、あとは会社に持って行った。
ポンコツであることを説明したうえで、欲しい人にもらってもらう。


こうなると勢いだ。
ちょうど金属ゴミの日が近づいていたので、鍋をいくつか捨てることにした。
くっつくようになったフライパンと小鍋。
持ち手がぐらぐらする片手鍋。
焼くと網で焼いたような焼き目が付くフライパン。

まだ使える、いや、今一番愛用していたグループだが、思い切って捨てる。
そして未使用のもらい物の鍋たちに活躍の出番を与えるのだ。
そうすれば、ただしまってあった鍋置き場がスッキリするし、
入れてあった箱を捨てることができる。

こうしてリビングとついでにキッチンもずいぶん片付いた。
ただ、電気屋さんはまだ来ない。
早く、また散らかり始める前に来てほしい。






↑それで片付いたってわけでもないんだけどクリックしてね。




百年やってる
とんでもない台風がやってくるらしい。
進路を見るとわが三重県は西側に当たるようだが、かなり近くを通る。
これは用心をしておかなくては。

昨日、仕事が終ってから庭の植木鉢のシソを畑に捨てに行った。
もう枯れかけていたし、植木鉢だけなら重ねて置いておける。
ついでにナスを収穫してきた。
これが最後の収穫になるだろう。


今日は朝から外に出ているものを片付けていかねばならない。
夕方には雨になっているらしいので濡れてからでは玄関に入れたくない。
しかし、家の中も狭いのだ。
なにしろ、組み立て前の物置が廊下に立てかけてある。

あと、物置を組み立てるときの天気が悪かった場合を考えて、
会社から借りてきたテントも置いてある。
誰もこのテントの存在に気付いてなかったので、もらっちゃおうかと思っていたのだが、
ジャマだから一旦会社に返そうかと考えている。

玄関にモノを入れることになるなら、履き物も片づけた方がいい。
なにしろ私のぞうりだけで通勤用、お出かけ用、ジム用、予備と4足もある。
履き物も衣替えを兼ねて片づけるとしよう。

悩みどころは苗だ。
プラグトレイに7枚分。
平べったいから飛んでいきやすいし場所を取る。
しかも生きているから湿っている。
車の下とか考えたが、忘れてしまいそうな気がする。


夕方はジムに行きたかったのだが取りやめだ。
裏の軒に入れてあるものをどうにかせねば。
自転車は大丈夫だろうか。
ポリタンクと噴霧器は車に乗せてしまおう。
草刈機も乗るだろうか。

台風のピークは何時頃だろう。
明日は土曜なので実家の買い物の日だ。
日曜は忙しくなりそうだから、午前中が静かなら私が買い物をして届けておきたい。
が、車にはポリタンクや噴霧器や草刈機を積むのだった。
それで買い物に行けるだろうか。


せっかくの三連休だというのになんということだろう。
日月の予定はもう決まっている。
物置の組み立てとAりの誕生日のプレゼントを買いに行くことだ。
だから、余計な手間がかかるようなことになりませんように。

皆さんもお気を付けて。






↑停電しませんようにクリックしてね。




当たると痛い