世間話

ここでは、世間話 に関する情報を紹介しています。
昨日、録画してあったら落語を観ていたら、こんなフレーズが出てきた。

「おかみさん、絶対人に言っちゃうでしょ」

「なに言ってんだい、あたしゃ口が堅いんで有名なんだよ」

これは落語に限らず、世間一般でよく使われている。
さあ、あなたならこの“口が堅くて有名”な人を信用できるだろうか。


まず問題になるのは“有名”の部分だ。
本当に口が堅くて秘密を人に話したりしない人だったとしよう。
でも、この人が秘密を持っていることは周りに漏れているのだ。

これは『完全犯罪とは何か』という問題に似ている。
名探偵にそのトリックが見破られなかったら完全犯罪か。
逮捕されても警察がそれを立証できなかったら完全犯罪なのか。
事件が迷宮入りし、犯人が疑われさえしなかったら完全犯罪なのだろうか。

『完全犯罪とは、事件があったことすら誰にも知られないことだ』とする説がある。
だとしたらこのおかみさんは、完全犯罪にはあたらない。
「捕まったってあたしゃ絶対しゃべらないよ」
というレベルの犯人なのだ。

本当に口が堅い人なら、周りにいる人が「この人は口が堅い」と気づかないはずだ。
むしろ「なにも秘密を持っていないところを見ると、誰もこの人に相談しないんだな」
と、口が軽いと思われがちである可能性が高い。
秘密自体をないことにする、それこそが本当に口の堅い人なのだ。

更に、このことからわかるように、この“口が堅くて有名”な人たちは、
本当に秘密を漏らしたりしていなかったとしても、
『まだ、秘密を漏らしていない』という段階にいるに過ぎない。
本当に口が堅いかどうかは、その秘密を墓まで持って行って初めて証明される。

この人の立場は『まだしゃべってはいないが、秘密を持っていると知られている人』だ。
そしてこの人が口が堅いと“有名”だとしたら、
身近には知ったことを吹聴して回る人間がたくさんいるということになる。
こんな危険なことがあるだろうか。
うっかり一言漏らしたら、それを有名にしてくれるグループなのだ。


もう一つ疑わしいのは、この人が聞きたがりだということだ。
「私は口が堅いのだから安心して秘密を打ち明けなさい」と勧めている。
「あの人は口が堅くて安心だから相談してみよう」と打ち明けられたのではない。
本当に秘密をしゃべらない人が、他人に「秘密をしゃべりなさい」と言うだろうか。

落語ではなく実際にそんな事を言う人を思い出してみよう。
数人思い浮かんだ。

「お前、噂で○○って聞いたけど、俺は口が堅いから話してみ」

なんて居酒屋のカウンターで話させようとするやつが信用できるか!
それどころかあることないこと尾ひれがついて、
翌日には常連みんなに知れ渡り、どうかするとメールで確認されたりする。
ヘタをしたら、紙に書いて張り出されるのだ。

なのに彼らは自分は口が堅いと思っている。
あれだけベラベラしゃべっておいて「大事なことは言ってない」と思っているのだ。
この部分はしゃべっていい、と勝手に判断しているのだ。

さて、最初に登場した『口が堅くて有名なおかみさん』だが、
こういう人がうじゃうじゃいるところを想像してみよう。
果たしてそのうちの誰かに秘密を打ち明けようと思うだろうか。
みんなわかっているだろうからはっきり言おう。
なにか宣伝したいことがあったら、その人にしゃべるといい。






↑秘密なんかないからクリックしてね。





褒められてるはずがない
スポンサーサイト
たまにクイズ番組などを見ていて思うことがある。
自国の言語がクイズ問題にされている国なんて他にあるのだろうか。
普段かいたりしゃべったりしている言葉ではないか。
それを理解していなくてどうするのだ。

ことわざや故事成語的なものはどの国でも有名無名いろいろあるだろう。
こういう言い回しを知っていますか、というのは問題にされると思う。
しかし、文字自体がクイズにされていてどうするのか。
そうなっている諸悪の根源が漢字だ。

漢字と言いうのはともかくややこしい。
ともかく数も種類も多いので全部を覚えることは不可能に近い。
当用漢字だけでもかなりの数があるというのに、
それが当用漢字かどうかまで覚えなければならなくなった。

漢字という文字が一つあれば、当然読み方がある。
音読みと訓読みがあったりする。
それも、一つとは限らない。
訓読みだと送り仮名という問題も生じてくる。
『細い』と『細かい』のようにその送り仮名によって読み方が変わる場合もある。

音読みだと、漢字同士の組み合わせによって読み方が変わる。
ある一つの場合オンリーの読み方があったりする。
地名や人名に至っては、考えたところで答えが出ないものもどっさりある。
むしろ最近は、クイズのような名前の人がいたりしてややこしい。


漢字がクイズにしやすいのは、似たのがたくさんあるというのも理由のひとつだろう。
その責任は部首にある。
つくりが同じでも部首が違うと意味が違う。
なのに音読みが同じだったりするから余計に紛らわしい。

部首の王道は『へん』だと思うが、へんがあっても部首がそれとは限らない。
うろ覚えの記憶だが『相』という字の部首は『目』だったはずだ。
そんなことがあるか、と叫ばずにはいられない。
いやがらせ以外のなにものであろうか。

そのうえ、書き順なんてことを言う。
もうそのぐらい自由にさせてくれと思う。
ところがこれが、書いた時の美しさがちがってくるのだそうだ。
毛筆ともなれば書き順はかなり重要なファクターとなる。

この毛筆漢字がさらにややこしい。
くずして書いたりするからだ。
その崩し方は書道家が勝手に考えているのではないかと勘ぐってしまう。
そうなるともう正解なんてない。

実は、文字を崩すのは書道家だけではない。
例えば、映画の字幕や、このパソコンの文字も読みやすくするために簡単にされている。
線を少し省略したりするのだ。
画数の多い文字はごまかされているのだ。
そういえば画数なんて問題もあったか。

さて、少し前に紹介させてもらったが、私は今字の練習をしている。
未使用の古い原稿用紙を消費するために、筆ペンで文字を書いている。
やみくもに書くわけにもいかないのでいろいろテキストを探して写しているのだが、
先日、百人一首を検索して書き写していた。
するとやたら複雑な漢字が出てきて、老眼鏡ごと顔を寄せて精密に見た。

ははーんここは『自』ではなく『白』なのか、と、部分的に集中して観察した。
妙な字だと思って詳しく調べると、やっぱり『自』が正解だった。
省略されていたのだ。
もうこうなると、世の中が漢字を間違えさせようとしているとしか思えない。
クイズ業界と活字業界は裏で結託しているのか。

と思ったが、キーボードで打つならそれでいいのだと気が付いた。
世の中には、そんなに原稿用紙が余っている家ばかりではないのだ。






↑かんじたままにクリックしてね。





誰か足してくれ
昨日は会社関係のお通夜に行っていた。
自分は行かなくてもいいんじゃないかな~と思っていたのに、
「やっぱりあんたも行きなさい」とのお達し。
天気が良くなったらお花見でもと考えてたのに、テンション急降下だ。

私はお通夜とかお葬式というものが大嫌いだ。
もちろん好きで好きでウキウキする、なんて人はいないだろうが、
やたら場慣れしていたり、仕切るのが好きな人というのは存在する。
確かに、数をこなしてこそドキドキせずに事なきを得ることができるようになるのだろう。


初めて葬祭に参加したのはおばあさんが亡くなった時だと思うが、
この時はまだ小さすぎてほとんど記憶がない。
おじいさんが無くなった中学の時が実質的デビューだと思う。
この時の緊張感はハンパではなかった。
ともかく神妙な儀式だから、何一つ間違ったことをしてはいけないと思っていた。

笑顔を見せてはいけない。
言われたことは完璧にこなさなくてはいけない。
読経の間は身じろぎひとつしてはいけない。
なにしろ人が無くなったのだ。
厳格なルールに則って、失敗があったら厳しい叱責を受ける。

ということは一切なかった。
足を崩している人もいるし、あちこちで私語が交わされているし、
なかには談笑している人たちもいた。
案外適当でいいものだということが、何度か参加していくうちにわかってきた。
年上の人がいろいろ教えてくれるものなのだ。

気が付くと、私も教える方の立場になっていた。
どこにいたらいいかおろおろしている若い子に手招きしたり、
久しぶりに会う人とにこやかに挨拶したり、
隣の人とひそひそ話をする姿を見せたりしていた。
私も長年の実績を積み重ねて、少しずつ慣れていったのだ。


が、たまに緊張することがある。
わが伊勢市に多い『神式』というやつだ。
これは数珠はいらないし、焼香もない。
じゃあ、なにをするのか。
これがわからない人がけっこう年かさの人にも多い。

今回が、この神式だった。
現場で会った人たちが集まって「どうしたらいいのか」を話し合っている。
詳しく知っている人はいないが「仏より楽なはず」という噂は流れていた。
となると対応の仕方はただ一つ。
『前の人のマネをする』だ。

大抵この手の儀式では、親族の人が先に事を行う。
それを見ておいて、それっぽいまねごとをすればいいのだ。

そうそうそれで思い出した、葬儀のおける教訓を。
1、人はあまり私の行動なんて見ていない。
2、見ているのは私のやり方をまねようとしている後ろの人ぐらいだ。
3、その人は私以外の人のやり方も見ている。
4、私が何か失敗したとして、後ろの人に安心感を与えるだけだ。
5、ゆえに失敗したってかまわないのだ。





↑20年以上前の礼服をまだ着てるけどクリックしてね。






葬式で目立つぞ
世の中にはすごい社長さんたちがいる。
奇抜なアイデアを出し、タイミングをうかがい、ドーンと投資して会社を大きくする。
一代で大企業を築き上げた強者もいる。

が、すごくない社長もいる。
たくさんいる。
いや、すごくない社長ばっかりだ。

困るのは、このすごくない社長たちが「自分はすごい社長だ」と勘違いしていることだ。
とんでもないタイミングでとんでもないアイデアを出し、
「やれ」と部下に命じる。
この「やれ」とは「自分の考えたアイデアを実行しろ」ではなく、
「自分の考えたアイデアを成功させろ」だ。

こういう社長には決まった口癖がある。
「だから私はこう言ったじゃないか」
本当にそういったかどうかは関係ない。
だって口癖なんだから。
ただ、物事が失敗した時にこの口癖が出る。

社員たちは、自分の会社の社長がすごくない社長だと知っている。
だから、社長が何か言いだすと「まあまあ」と納めようとする。
実はここはすごい社長とすごくない社長では変わりない。
凡人の社員は普通でないアイデアには「まあまあ」というものだ。

ただ、結果が違う。
すごい社長が行ったことはすごい結果を生み、
「まあまあ」と言った社員が「いやさすが」と驚くことになる。
すごくない社長が行ったことは、違う種類のすごい結果を生み、
社員は「そらみたことか」と思い、
社長は「だから私は言ったじゃないか」と責任逃れをする。


先ほど、社長にはすごい社長とすごくない社長がいると書いたが、
『すごい』にも二種類ある。
すごい社長もすごくない社長もすごいことを言うのだが、
この『すごい』が別の『すごい』なのだ。

すごい社長が出す、すごいアイデアは、「社長がすごい決断をなされた」と言われる。
すごくない社長が出したすごいアイデアは、社員たちが影で、
「おいおい、また社長がすごいことを言い出したでぇ」と言われる。
すごくない社長は、独断の判断で決断をし、あとでだんだんボロが出てくる。

いや、すごくない社長はもっとすごくない。
いやいや、ある意味すっごいことを言う。
矛盾とか破綻とか「え?理解してないの?」みたいなことを言う。
大抵社員は「勘弁してよ」と嘆いている。

さて、今日のこの社長論、カテゴリは『ワシのこと』ではなく『世間話』だ。
はぁ~あ。






↑無いものをしろと言われてもクリックしてね。





働きが悪そうだ
ちづる家のお彼岸の墓参りの帰りにはいつも温泉に寄ってくる。
枕草子で日本三名泉と言われた榊原の湯と地下でつながっているであろう温泉だ。
私は体を洗わないが、それでもお肌がスベスベになる。
更にサウナで体を絞る。

ここのサウナは小さい。
座れるのは5人ぐらいだ。
この狭い密室に汗まみれのおっさんが無言で集う。
景色も見えずテレビもないのでただ時計を見ている。

サウナの時計は12分計だ。
数字は普通の時計と同じように12まであるが、短針と長針はない。
赤針と黒針というか早針と遅針というか、ともかく同じ長さの針が二本ある。
赤い針が1分で一周すると黒い針が数字一個分進む。
黒い針は12分で一周することになる。


さて、ここからはちょっとわかりにくい説明になるのでよく読むように。
この時計にも『7』という数字がある。
幸いここに表示されているのと同じような字体だ。
つまり、左側に短い縦棒が無く、横棒と斜めの直線だけで構成された『7』だ。

サウナの熱で蒸されてぼんやりこの時計を眺めていてふと考えた。
この『7』の斜め棒、回ってくる針とピッタリ重なるのではないか。
何しろ『7』は最下部にある『6』の次だ。
理屈で行けば『7』を指し示すときの針の傾斜はおよそ60度。
『7』の縦棒もそのぐらいの傾斜ではないのか。

確認できるのは遅くても数十秒後。
1分に一度は赤い針が回ってくる。
3・2・1・ピッタリ!
…だと思う。
でも早すぎて本当にピッタリなのかどうかわからない。

だったらもう一本ゆっくり来る針があるではないか。
黒い針が回ってくるのは遅くても12分以内。
スピードは赤い針の12分の1だ。
さ~~ん・にぃ~い・いぃ~ち・ピーッタリ!

なんだかささやかだが感動があった。
よくぞアラビア数字の七番目をこの形にしたことぞ。
そしてこの数字の形をこのようにデザインしたことぞ。
これこそ奇跡なのではないか。

いや、ただの偶然ではないだろう。
時計職人が何らかの手心を加えたに違いない。
この字体だってもうちょっと丸いのや横長のがあったはずだ。
そこから彼は、ピッタリ合うものをわざわざ選んだのだ。
ひょっとしたら、ピッタリ合うようにわずかながら数字が傾けてあるかもしれない。

そしてもう一つの感動は、
普通の生活の中で、リアルタイムとスローモーションを体験できたことだ。
まるでテレビの科学番組のように、一度見た映像を12分の1のスピードで、
もう一度繰り返して見られたのだ。
そういう体験ができることもあるのだなあ、と感慨を受けた。


ってなことでも考えていないと、
汗まみれのおっさんだらけの密室で黙って座ってはいられないのだ。





↑あったまったらクリックしてね。






針はオプション