ある日の出来事

ここでは、ある日の出来事 に関する情報を紹介しています。
コカブの畝を耕してチンゲンサイと辛みダイコンの種を蒔きビニールのトンネルを掛け、
ダイコンやミズナが植わっていたところを天地返ししたい。
だから午前中実家で親父に「昼から畑か」と訊かれた時に「そうだ」と答えた。

親父は私によくそう訊く。
たいていそういう時は「大きな風呂に行きたい」「メガネを作りに行きたい」
「ケータイを買い換えたい」「太鼓見に行きたい」などと言い出すのだ。
そんなことをしていたら私の一日が終わってしまう。
しかも、自分でタクシーで行けるくせにそう言うのだ。

もし、これを聞いてそこへ連れていったら、私は家来のようにこき使われる。
医者にも「できることはなるべく自分でするように」と言われているし、
どんなところでも平日の昼間に行った方が空いているに決まっている。
母にもそう言われるのだが、絶対に自分では動こうとしないのだ。


この日は母を買い物に連れて行ったあと、スーパーのお寿司をお昼に食べた。
食後、私は少しホットカーペットのある部屋で休憩をする。
転がってテレビを観たり、ツイッターを読んだり、
帰りに車で歌うために、スマホの曲順を変えたりしている。

ここで気をつけなくてはならないのが、帰る時間だ。
1時になるとNHKのドラマが始まるので、それまでに帰らないと待たされる。
ほんの一瞬、「うとっ」としてしまった。
いかんいかん15分前だ、帰る用意をしなくては。
で、食卓の方へ戻ったら、ドラマのオープニング曲が流れていた。

どうやら私はまちがっていたらしく、ドラマは1時に終わるようだ。
そのまま帰って来てもよさそうなものだが、実はそうはいかない。
栃木の親せきから送られてきたラッキョとイチゴ、
それに母と分ける予定のサンマの干物とアゲをもらわなくてはならない。


ということは、実家を出たのが1時過ぎ。
家に着いて30分の落語を聴いたのだから2時頃だったのだろうか。
目が覚めたら5時だった。
人の睡眠のサイクルは90分だというから2サイクル寝てしまったようだ。
私の一日が終わってしまった。

いや、まだ何かできることがあるはずだ。
そうだ、某氏にもらった筋トレの道具を組み立てよう。
できた。
使ってみようかと思ったが、起き抜けに筋トレなんかして体を痛めてはいけない。
それにもう日が暮れかけている。

とりあえず、説明DVDを見よう。
そうしていたらちづるが帰ってきた。
なんとつまらない一日だったのか。
今日が日曜でよかった。

今日は、コカブの畝を耕してチンゲンサイと辛みダイコンの種を蒔きビニールのトンネルを掛け、
ダイコンやミズナが植わっていたところを天地返ししたい。
と思っている。






↑説明DVDがまた眠くてクリックしてね。





何も伝わらない
スポンサーサイト
某に、

「牡蠣を百個買ったから焼いて食べよう」

と誘われた。

牡蠣食えば


メンバーは某と彼女と坊主頭Fの四人。

なんとやつは生ビールサーバーまで用意していたのだ。

炭をおこすのに手間取り、日が暮れるまで牡蠣だけを食べ続けた。

その後カラオケに。

気持ち悪い。





↑火が起きるまでの寒かったことクリックしてね。






眠い
昼休み前から昼休みの準備は始まる。
まずは保温水筒のお湯の温め直しだ。
ティファールのポットで沸騰し直させ、もう一度水筒へ。
これでカップ麺やスープを作る。

ティファールに休んでいる暇はない。
次には湯たんぽ用のお湯を沸かす。
今度は水からだから時間がかかる。
この分を計算して、昼休み前から準備を始めるのだ。

12時数分前、作業用のテーブルを移動させ、キャンプ用の折りたたみ椅子をセットする。
足元に段ボールを敷き、寝袋を広げる。
お湯が沸いたら湯たんぽに満たし、タオルで巻いて寝袋の足先部に入れる。
これで環境は出来上がりだ。
下半身だけ寝袋に入って食事を始める。

食事は三段階に分かれている。
最初はおにぎりやパン、時には保温容器に入れたごはんなどの主食だ。
それを食べ始める前に、カップ麺やスープにお湯を入れておく。
主食が多い時は軽いスープ、少ない時はカップ麺とバランスは考えている。

主食を食べているときは、ツイッターを読んでいる。
汁物の時はメガネが曇るのでそれに専念する。
そして最後に魚肉ソーセージだ。
これで筋トレ用のタンパク質と、カルシウムを摂っている。
ソーセージタイムには読書を始めている。

読書はだいたい12時35分から40分の間までに、切りのいいところでやめる。
そこから昼寝だ。
ヘッドホンで音楽を聴きながら、頭まですっぽり寝袋に入ってかなり深く寝る。
そして12時58分のアラームで起きる。


さて昨日、魚肉ソーセージを食べ終え、本を読んでいるときだった。
なにかあちらの方で女子の話し声が聞こえてきた。
ひとりは事務所のSちゃんだ。

「たぶんまだ大丈夫やと思う。
 このぐらいの時間やと、まだ本を読んでるはず。
 でも、もしかしたらもうミノムシみたいになってるかもしれん」

Sちゃんが棚の向こうからひょいと顔を出す。

「あー、まだ大丈夫やったー」

そう言ってもう一人の女の子を呼んだ。
おお、印刷部門で働くべっぴんさんではないか。
我が社は、本社、私のいる店舗、印刷部門の三つに分かれていて、場所も離れている。
だから、他の場所にいる人とはめったに会わない。
その女の子がウチの店長に用事があり、ついでに私のところに挨拶に来てくれたのだ。
半ミノムシでいるところに。

それにしても、事務所には私の昼休みの習性が全てばれていることがわかった。
あまり早くから準備にかかるのはやめておこう。





↑春が来るまでクリックしてね。






湯たんぽもはいってます
私はかなりのガラガラ声だ。
しかも年齢を重ねてきて痰がからむようになってきた。
なので寝る前には喉ケアをしている。
のどシュッシュスプレーをして、鼻の下にヴィックス・ヴェポラッヴを塗ってマスクをする。
このヴィックス・ヴェポラッヴが残り少なくなってきた。

ちづるとお昼ご飯を兼ねて買い物に行く。

「なんか今日、のどがガラガラや」

「いつもやよ」

聞く側からはそうかもしれないが、のどを使ってる側には微妙な違いがわかる。
前日に実家への行き帰りにフルパワーで歌っていたからかもしれない。
のど飴を持ってくればよかった。

ドラッグストアに寄った。
私は風邪薬のコーナーに、ちづるはどこかに行ってしまった。
風邪薬は八割方が、いや九分九厘が飲み薬だ。
塗り薬はヴィックス・ヴェポラッヴだけといっても過言でない。
だから探すのに手間取っていた。

探している間ものどがイガイガする。
だから咳払いをする。
風邪薬のコーナーを見ているおっさんが咳をしているのだから風邪だと思われても仕方ない。
後ろから女性に声をかけられた。

「風邪ですか?」

販売員さんだ。
なにか今から「ファイト一発」的なドリンクの試飲コーナーが始まるらしい。
ヴィックス・ヴェポラッヴを探すのに手間取っていたから、それに気づかなかった。
私は風邪ではないから否定した。

「いえいえ、こんな声で」

という声がガラガラで、しかも痰がからんで咳き込んだ。
いきなり喋らせるからだ。

「風邪ですか?」

私は風邪ではないから否定する。

「いえいえ、のどがちょっと」

これでは風邪だと認めたようなものではないか。
だから私は、のどケアのためのモノを買いに来た証拠にかごの中を見せた。
中にあるのはヴィックス・ヴェポラッヴだ。
風邪だと認めたようなものではないか。

諦めて試飲させてもらうことにした。
のど飴の代わりになるかもしれない。
販売員さんはそのドリンクを少しだけカップに取り、お湯で割って渡してくれた。
飲みながらその効能を聞かされる。
「じゃあ予防にもなるんですね」などと話を合わせてしまった。

一通り講釈が終わったようなので「ありがとう」と言ってその場を離れる。
ちづるを見つける。

「誰か知った人に会った?」

私の声はガラガラなので、遠くでしゃべっていてもちづるにはわかるのだ。






↑しかも声が大きいので迷惑だけどクリックしてね。





雑音
昼休み明け、湯たんぽ付き寝袋から出るとなんたる寒さか。
この一時間で気温がぐんと下がったような気がする。
雨が降ってきたのは知っていたが、昼休みだったのでノボリは片づけなかった。
凍えそうなりながら、湿ったそれを片づける。

二時頃だったか、外を見るとなんだか雨粒の落下速度が遅いような気がする。
しかもその一粒一粒が大きい。
どうやらみぞれ化しているようだ。
この辺は雨の予報だったが、なんだかいやな予感がしてきた。

それからものの十分もしないうちに、見る目にもはっきり雪だとわかるようになった。
クリスマスが似合うようなステキな光景だ。
この光景の白い部分が徐々に増えてきた。
止む気配はなく、むしろ視界が悪くなるほどの降りっぷりだ。
車の屋根や畑、塀の上などが白くなりつつある。

30秒おきに外の様子を見に行っていたが、雪の濃度はどんどん上がっていく。
駐車場や道路のアスファルトにも積もり始めている。
これはやばい事態だ。
数年前の雪パニックを思い出す。

あの時は電車も止まり、遭難しそうになりながら歩いて帰ったのだった。
こちらは雪になれていないので、ちょっと積もるとすぐパニックになる。
すでに国道は渋滞になり始めている。
友人たちからも雪情報、道路情報が入ってくる。
本社は早じまいを決め、私の職場も女子から帰ることになった。

残念なのは、私の家が近いこと。
しかも徒歩通勤だから最後まで居残りだ。
それでも運送屋さんが荷物を取りに来てくれた4時には帰っていいと言われた。
この日は仕事が終わってからMえとジムに行くつもりだったので、
着替えと靴をリュックに入れてきている。
ジム行きは中止になったので、重い荷物を背負ったまま送り迎えも無しだ。

会社に装備してあった完全雪雨対策の出番だ。
足首からふくらはぎに足カバーを装着し、リュックを背負ってポンチョを着る。
フードをかぶり顔にフィットするようにコードを締める。
これで万全、と思って歩き出したが、顔面が冷たすぎて痛い。
そして寒い。

歩きながら考えるのは熱燗のことばかりだ。
早引けできて時間に余裕があるし、寒いからどこかで温まりたい。
でも、いつもの居酒屋は定休日だし、それ以前に4時だから飲み屋が開いていない。
サイゼリアにはビールとワインしかないし、あの定食屋は道からそれる。
すき家でお酒を飲むのは気が向かないし、混雑している道路を渡りたくはない。
最後の砦、王将まで来た時にはポンチョは雪まみれ、靴はびしょぬれだった。

諦めて家まで歩を進める。
いかん、冷えすぎてトイレに行きたくなってきた。
なのに路肩には雪が多くて思うように歩けない。
田んぼの辺りに来たら吹きっ晒しで更に凍えてきた。
真っ白な公園に初足跡をつけて斜め横断し、家に急ぐ。

やっと到着、まずはトイレだ。
ポンチョの顏のコードを緩め、ファスナーを降ろして脱いで雪を払う。
手が凍えているので玄関のカギをうまく開けられない。
やっと家に入ったが両足のカバーを外さなければならない。
湿った靴がうまく脱げない、脱いでも靴下がびしょびしょだ。
リュックを背負ったままトイレに飛び込んだら、手袋をしてるのに気が付いた。
ああ~~~

ギリギリセーフ。





↑ニュースは東京の雪の話題ばかりだけどクリックしてね。






言葉もない