ある日の出来事

ここでは、ある日の出来事 に関する情報を紹介しています。
いつもの居酒屋に飲みに行った。
ちづるを点検に出している車屋さんに送っていき、
一旦家に帰ってからだから普段より遅い時間だった。
二日酔いになるのがいやだし、ダイエット効果も考えて焼酎だ。
しかもすごく薄めて飲むことを覚えた。

飲み終わった。
が、お勘定をしてくれない。
店に残っているのは5人。
私・スキンヘッド1号・おかみさん・Mえ・そして匿名の紳士B氏だ。

このB氏、一回り以上も年下のMえを狙っている。
二人きりになりたいのでなかなか帰らない。
ところがMえは二人きりになりたくないので我々を引き留めているのだ。
聞いていたら確かに気持ち悪い。
周りに人がいるのも気にせずに、Mえをおだてたり誘ったりしている。

そうこうしているうちにすっかり閉店時間になった。
そこへ来たのがⅩさんだ。
この人は女将さんの身内なのだが、食べるものが何もないとわかると、
「サイゼリヤに行こうやないか」
とみんなを誘った。

「いいですね」
と乗ったのがB氏だ。
サッサと帰りたいのが私とスキンヘッド1号、そして女将さん。
夜更かしは平気だが行きたくないのがMえ。
我々はコソコソと打ち合わせをして行かない方向で話が落ち着いた。

すると、B氏がこう言いだした。

「じゃあ僕一人で行くから、Mえちゃん、送って」

サイゼリヤはまさにMえの家に帰る途中にある。
断わるには断りにくいが、二人きりにはなりたくない。
事情を察したⅩ氏が「ちょっとだけ食べて帰ってこよう」と言った。

サイゼリヤでは1号の隣にMえが座り、反対側で私がB氏をブロックする。
Mえはチーズも肉もダメなのだが、B氏はどんどん勧めている。

「これは本当においしいから食べてごらん」

「健康にもいいんだから食べなきゃダメだよ」

我々はチキンも食べてないのに鳥肌だ。
しかもピザやらパスタやら次々と注文している。
そのままラストオーダーとなった。
B氏が支払ってくれた、のだが全然ありがたくない。

帰り道、まずB氏の家方面に向かう。
Xさんが「あれ、どこにいくの」と言うのを私が人差し指で黙らせた。
B氏を降ろして車を出す。
途端にMえが爆発だ。

「なー、怖いやろー。あんなん二人になりたくない~」

さすがにそこからまっすぐ帰宅。
ちづるにはサイゼリヤに行った理由を説明した。
ともかく、私の二日酔い防止もダイエット食もすっかり台無しだ。
だから仕返しに、Mえにこう言っておいた。

「あのあと3時まで公民館に二人でいたと言ってやれ」
と。





↑眠いよクリックしてね。






しんどい
スポンサーサイト
「土曜日がMえの誕生日だって忘れるわけがないじゃないか。
 だって日曜が粗大ゴミの日なんだから」

というギャグが発端だった。
こう言ってMえに「こみのアホー」と言われてニヤニヤする段取りだ。
更にこのギャグには大事な役目がある。
翌日の粗大ゴミの回収にコタツを出すから準備をしなければならない、
と言う理由で早く帰るのだ。

これが裏目に出た。
Kさんが「コタツ欲しい」と言ってくれたのだ。
もらってくれる人がいるならその方が具合がいい。
あと食器棚と小さいテーブルも出すと言ったら、それにも興味あるという。
そんな話をしていたせいで、いつもの居酒屋にまた閉店まで居てしまった。

で、家に帰ってから食器棚とコタツとテーブルの写真を撮ってラインで送った。
食器棚もかわいくて欲しいという。
これはありがたい、もらってくれるなら日曜の朝にあわてなくていい。
じゃあ、Kさんの都合のいい時に、と言うことになった。


朝、また何かラインが来ていた。
Kさんの友達のQさんだ。
なんだかKさんに怒っている。

「あなたは何でも欲しがって物が増えて家が片付かない。
 物を捨ててからもらいなさい」

そういうタイプだったのね。
私としてはもらってもらえるならあわてる必要はない。
なので恐縮しているKさんに片付けが終ったら連絡をもらうことになった。


さて、となると朝から段取りしていた粗大ごみの運搬は無くなった。
どうしようかと思っていたら、いつもの居酒屋の常連の社長さんから電話があった。
「ウナギを食いに行こう」

この社長さん、趣味で毎週日曜にうなぎ屋巡りをしている。
地元から初めてまもなく70軒目。
今では車で1時間以上かかるほど範囲が広がっている。
遠くに行って入れないと困るので最近は予約をしているらしい。
で、今日は予約を入れたのに欠員が出てしまったのだ。

メンバーはこの社長とスキンヘッド3号と私。
ウナギ代は社長が払ってくれる代わり、3号が車を出す。
私は両方に便乗する形だ。

店に到着してビックリ。
旅館のようなたたずまいで、玄関を入るとスリッパがずらりと並んでいる。
高級店だ。
着物を来た仲居さんの案内で奥の座敷に通された。
席は三つ用意されていて、まさに旅館みたいに茶うけのお菓子が置いてある。

社長のポリシーで、うな重だというのを無理にうな丼にしてもらった。
お重は食べにくいから嫌いなのだそうだ。
たれの甘みが控えめで、よく焼いた香ばしいウナギだった。
こんな上品なウナギは支払い係がいるときしか食べられない。
ありがたやありがたや。


こんなにも予定が変更された日曜日。
だが、トータルで考えたらよい一日だった。
ウナギを食べていないちづるはどう考えているか知らないが。





↑どうしてKさんやそのお友達とLINEでつながっているかはまた後日クリックしてね。






張りぼてです
昨日はMえの誕生日だった。
珍しくプレゼントは早くから用意してあったのだ。
「北川景子に似てる」とおだてられてウキウキになっているので、
『けいこ』というはんこにした。

買ったのはおかげ横丁。
伊勢神宮参道にある土産物屋の巣窟だ。
毎年年越し参りで行っているので、何があるかはわかっている。
先々週ごろ、それがいいと思いつき、買いに行った。

ただ、休日の伊勢神宮あたりはものすごい混雑する。
駐車場なんぞ大行列だ。
だから自転車で行った。
近いようでいても、手漕ぎ足漕ぎとなると時間がかかる。
途中上り坂もあるので片道およそ40分ぐらいだ。

そんな苦労をして買ったのが、ハンコとがま口タイプの印鑑ケースだ。
桜の柄でちゃんと朱肉の付いたものだ。
が、これが大失敗だったと帰宅してから気が付いた。
『けいこ』のハンコは普通の印鑑と違って木製の角型。
大きくて入らない。

その後、文房具屋さんでミニーちゃんの朱肉を買った。
入れ物は適当にどこかで探そうと思っていた。
でも、いいのを見ていると他で妥協できないものだ。
印鑑ケースを買ったのは和モノが揃った専門店。
他にもステキながま口がたくさんあった。

そんなわけで、昨日実家にいったあと、またもや自転車で神宮を目指した。
ハンコと朱肉の大きさはちゃんと計った。
二つ合わせてちょうど目薬ぐらいだ。
店について目薬を当ててみて角型がま口に決めた。
ピンクの唐草模様だ。

家に帰ってプレゼントを整える。
がま口にハンコと朱肉を入れる。
少しスカスカするので、詰め物を半分にして戻した。
ちょうどいい納まりだ。

もう一つ、ちょっと一言添えるアイテムがある。
「かあさんにはないしょだぞ」と書いてあるポチ袋だ。
おもしろいので一回目の買い物の時に買ってしまった。
問題は中にどんな文面の物を入れるかだ。
ピンクのメモに『公民館で会いましょう』と書いた。


で、昨日。
いつもの居酒屋は二組の宴会が入っていて大騒動だった。
一組は女子だけの誕生会だった。
照明が消されてケーキが運ばれた時は店中が拍手。
その後、その女子たちからMえにエール返し。

そんなこんなで店のスタッフは大忙しだ。
早番が終る時間、友達と約束があるらしいMえはあわてて帰って行った。
そんなわけで、Mえの反応はまだ見ていない。






↑女子グループの一人に「私を覚えてない?」って言われてドキドキしたけどクリックしてね。





使えないハンコ
いつもの居酒屋の入り口前に、大きな“くふもほ”が死んでいた。
八本足の恐ろし気な節足動物のことだが、はっきり名前を出したくないのでこう表記する。
これはいったいどうしたものか。
店に入るのはもちろん、戸を開けるにもかなり接近しなくてはならない。

そのまま帰ろうかとも思ったが、この日はスキンヘッド2号に貸すCDを持ってきていた。
ええい、外にいるくふもほなんか怖くない、あれは家に出るから怖いのだ、
と思い込むことにした。
ほら、釣った魚がまな板に乗せると小さくなるように、野外だから大きく見えているのさ。

それよりなにより、このくふもほがこの店に出たのかどうかだ。
場合によっては『くふもほの出る店』として、店との接し方を変える必要がある。
また、この店で退治したとして、こんな始末の仕方があるか。
確認と、場合によってはクレームを付けなければならない。
私は手を伸ばして戸を開け「う…う…、へゃああああ」とくふもほの横をすり抜けた。


この店は玄関が斜めの位置についていて、奥に細長くなっている。
入ってすぐ右手にトイレがあり、店内の左側がカウンター、右側が座敷だ。
天気が悪いのでお客さんはカウンターの奥に二人、中ほどにN氏がいるだけだ。
バイトはMえ、そして女将さんだ。

「玄関に大きなくふもほが死んどる」

「ええ~」

女子二人が嫌そうな顔をしたところを見ると、この店が出所ではなさそうだ。
しかも店に入るときには誰も気付かなかったらしい。
誰かがここに捨てていったのか、あるいは自分でここまで来て行き倒れたのか。
ともかく問題はヤツの始末だけとなった。
女将さんがホウキとチリトリを持ち出すと、N氏が「私がやりましょう」と名乗り出た。

「ティッシュください」

ティッシュ?
あの薄ら紙の?
それで、アレを、持つ?
何を考えているのだ!

彼はそれを持った。
で、店に入ってきた。

「どうしましょう?」

あほか、そんなもん県外か海底か、最低でも道の向こうやろが!

「トイレに流しましょうか?」

そうだ、それがいい、そうしろ、すぐしろ。

「それはイヤ、奥のゴミ箱に捨てる」

女将さん、なんでそんなことを言う。
私はニジニジと後ずさりして、カウンターと座敷の間の狭いところまで来ていた。
こっちに捨てに来たら、ほぼすれ違うぐらいの距離を通ることではないか。

「ちょっと待って」

と言ったにもかかわらず、Nの野郎はつかつかこちらへ歩み寄る。

「あー、ぎゃー、冗談でもこっちへホイとしたらあかんのやぞ」

フリじゃないのにやつは私の前でちょっと歩みを緩め、7ミリほどティッシュをこちらに…

「うぎゃー、ナニしくさるー!!!」

ちなみにN氏とは普段敬語で会話をしている。
Mえはこっちを指差してケラケラ笑っている。
バレてしまった。
だから4月6日はくふもほ記念日。





↑このせいで後半の記憶がないんだと思うんだけどクリックしてね。






瞬間移動した
昨日書いた通り、ちづるのいない夜だった。
いなくてウキウキ、という訳ではないが、会社にいる9時間中、
ほとんどの時間を「焼きそばかチャーハンか」と考えながら過ごした。
最終的に決まったのは焼きそばだ。
チャーハンは野菜をたっぷり入れることができないからだ。

まずは中華鍋で麺だけを炒める。
粉末ソース付き三食入りの安物ではない。
一人前の深蒸しもっちり麺だ。
全体に軽く焦げ目がついたらお皿に取る。

豚肉を炒め、火が通ってきたら野菜をどんどん入れていく。
タマネギ・ピーマン・春キャベツ・モヤシ。
(反省1、ニラを買うのを忘れていた)
塩コショウしてチューブのニンニクと紅ショウガをたっぷり。

ああ、この鍋のあおりを皆さんにお見せしたい。
隠し味にケチャップを少々。
そしてソースをわざと大目に入れる。
(反省2、濃厚ソースを買えばよかった)

盛り付け前にワンポイント。
お皿に卵を落としておく。
その上にこんもり焼きそばをON!
出来上がりだ。

見た目はいい


さかのぼること1時間前、私は会社近くのショッピングセンターにいた。
焼きそばの材料を買うためだ。
スーパーに行く前にちょっと寄り道。
このショッピングセンターにはMえが勤めている店がある。

いたいた。
以前立ち話していてそこの店長にやな顔をされたことがあったので、
カラフルなメモをどっさり持って行ってMえに渡した。

「これを『お店でお使いください』って持ってきてくれたんだと言ってやれ」

「今日店長おらへんよ」

だからどれだけ立ち話しててもいいのだそうだ。
いやいや、よくないだろう。

「で、何しに来たの」

「(中略)ってなわけで紅ショウガとニンニクたっぷりの焼きそばの材料を買いに」

「じゃあ、明日は臭いな」


ああ、食った食った。
(反省3、野菜を入れ過ぎると水分が出て、焼きそば感が薄れる)
さっそく写真をMえに送ってやろう。
すぐに返信が来た。

「うまそー、おなか減った」

「あー腹いっぱい ぷはぷは」

「出前してー」

「まいどあり、これであんたもクサクサやな」


なんというか、いろんな面でワシは何をしとるんやろな。





↑どんろりとした濃厚なクリックしてね。






予想以上の威力